結婚

歯科衛生士と結婚。歯科衛生士との結婚のメリット・デメリット

歯科衛生士との結婚生活ってどうなの?

歯科衛生士と結婚すると幸せ?

歯科衛生士の奥さんと結婚するだけで、自然と虫歯知らずになります。
なぜなら、共に生活する中で歯に対する気の遣い方が変わるからです。

まず、歯磨きの仕方です。1人だと急いでたり、めんどくさいとつい疎かにしてしまいがちですが、歯を大切にして丁寧に歯磨きしている人が近くにいたら自分もつられて丁寧に念入りにするようになります。また、歯ブラシや歯磨き粉といった用品を市販の物でない物を使えるのでより歯に負担の少ない物を毎日使えることもメリットとして挙げられます。

市販の物はどうしても歯を痛めやすかったりしますが、歯科医で使わられてるものなので安心して使えます。さらに、歯についての知識がつくので、今後歯を大事にしないといけないと思えるようになります。歯が抜けてしまう、歯の歪みが顔の歪みに繋がるなど恐ろしい話しも多々聞いているうちに明日は我が身で自然に歯を大切にするようになります。

歯を綺麗にすることで周りの人からの印象もよくなりました。これも歯科衛生士の奥さんのおかげです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
結婚したい!幸せになれる結婚までの6つの近道

歯科衛生士との結婚は両親から反対される?

歯科衛生士は通常は結婚したい職業の上位に位置付けだと思いますが、それは当人同士、もしくは、歯科衛生士ではない方のの両親には賛成される職業です。

では、誰に反対されるかといいますと、歯科衛生士側の両親に反対されるケースが多いそうです。

それが家の格差という訳です。

大抵が実家が歯医医院を開業していたり、医者家系だったりします。その場合、子供の結婚相手に求め条件として、同じ医師、もしくは、家の利益になるような相手となる為、例えば、相手が普通のOLの場合は余程の放任主義の家でなければ反対される事が多いそうです。

ちなみに歯科衛生士の実家が医者家系が多いのは、歯科衛生士になるにはお金がかなりかかるため、一般家庭の環境の子供は、歯科衛生士になる事を両親に反対される事が多いそうです。その為、お金持ちが歯科衛生士になりやすいそうです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
男性と女性では違いがでる?結婚したいと思う人の本当の理由

結婚相手は歯科衛生士。結婚前に知っておきたい仕事内容

歯科衛生士のお仕事ってどんなことをするの?

歯科衛生士は歯科医師の診療を補助し医師の指示のもと治療の一部を担当するなど協働で患者さんの治療をします。

歯科衛生士は、歯科衛生士法に基づいた国家資格の一つであり、資格取得は専門学校や短期大学で専門教育を受け、国家試験に合格しなければなりません。資格を取得していれば、年齢などに関係なく長く勤めることが出来る職種です。

経験を積んでキャリアアップしていけば活動分野が広がり国家資格を取得しているので結婚や出産で離職しても再就職にが比較的に有利です。

職務内容は、歯科医院が中心ですが、私たちにとって歯(口内)のケアは健康な体を作りの基本となる生活を送るための(食べる力、会話する)には歯(口内)ケアのバックアップを行う為に、各地域の保健所・保健センター・保育所・幼稚園、学校、企業、介護老人保健施設などの検診や居宅などの訪問歯科など、幅広く求められています。

結婚相手は歯科衛生士!気になる結婚のメリット

国家資格で手に職がある

現代の日本では、女性の社会進出がうたわれておりますが、実際に結婚し家事と子育てを両立しながら、さらに働くということは容易なことではありません。妊娠、出産を機に退職してしまうという人も少なくなく、再び働こうと思っても、働き口がなかなか見つからずに苦労している女性は多くいます。

しかし国家試験をクリアし、医療専門職として専門的な資格を保有している歯科衛生士さんは、たとえ結婚相手の都合で転居することになったり、環境が変化したりしても、就職口に苦労することはありません。町の歯医者さんは多く、結婚、出産、育児後も再び社会に出ることは可能です。
手に職があるということはどんな場面でも助けてくれそうですね。

また、プロ意識をもってバリバリと仕事に向かって働かれている姿は、男性、女性問わず魅力を感じるものだと思います。

仕事と家庭の両立がしやすい

歯科衛生士と歯科助手では仕事内容やお給料も大きく違ってきます。歯科助手の月収は約17~22万円。それに対して歯科衛生士の平均月収は25万円程度です。歯科衛生士は国家資格なので、新卒初任給も20万円前後となっています。
資格を持っているので資格を生かして一生働ける、とても魅力的なお仕事です。

歯科医院はコンビニよりも多いと言われているのでそれだけ求人数が多いので、出産してからも歯科衛生士として働くのであれば就職先も割と早く見つかります。
パートで働く場合も時給が約1000円以上の場合が多いので、フルタイムではなくても家庭の手助けになるのではないのでしょうか。

看護師さんと違い夜勤もなければ残業もほとんどありませんので家族との時間も充分に取れるので歯科衛生士は、仕事と家庭の両立がしやすいお仕事です。

▼さらに詳しく知りたい人へ
夫婦円満の秘訣を紹介!いつまでも仲の良い2人でいる方法

口の中からの健康管理をしてくれる

清潔感があり、白い服を着てマスクをし、きれいな目で見つめられるとドキッとしてしまう。高嶺の花のような存在なので近寄りがたい雰囲気はあるものの、あんな人が奥さんになってくれたら…と夢をみてしまいます。

衛生士をしている人は、みんな歯の大事さを知っているので自分自身の歯も大切にしています。そのため人の歯も気になり指摘もされますが、歯の健康を守ってくれるということはいいことですね。

国家資格がいるということから、簡単に誰でもなれるわけではありません。手に職をつけており、みんな自分の仕事に責任とプライドを持っておられる方がほとんどではないでしょうか?

どの仕事でもそうですが、誰かに頼ってフラフラしているよりも、凛としていて仕事に一生懸命取り組む姿が魅力的ですね。

虫歯にさせない

まず結婚するということは、「生活環境や生活習慣を共にする」ということです。歯科衛生士はもちろん専門の学校で歯の大切さやその為のケアの方法を学んできているのですから、患者さんに勧めることは自分自身で実践しています。そのような人と生活を共にするのですから、自然と歯によい習慣が身に付いていきます。

例えば、歯磨きをする回数や時間、歯ブラシを替えるタイミングなどです。歯磨きを1日1回、仕事に行く前にしかしてない人が、寝る前にもするようになります。実は口の中の細菌が増えるのは唾液の出る量が少なくなる睡眠中なのです。そのことを知っている歯科衛生士はもちろん寝る前に歯磨きをします。それにつられ、一人では面倒になって歯磨きをしないまま寝ていた人も歯磨きをすることになります。
歯ブラシも歯科医院で一度に大量に購入するため安く手に入るので、もう少し使えるかな、と歯ブラシのブラシ部分が開いてきても使用していた人も、適切なタイミングで替えることができます。

このように、自然と歯に対する知識が増え、意識が改善されることで、行動が変わり、虫歯にならなくなるのです。

復職しやすい

歯科衛生士ということは、専門の学校を卒業して国家資格を持っているということになります。資格があるということは復職する上で大きいです。

また、一般的な歯科医院では(もちろん大学病院でも)、一番人数が必要なのは歯科衛生士です。
歯科助手という職業もありますが、歯科助手は歯の型をとる印象材を練ることはできても、患者さんの口の中に手を入れることはできません。主に受付や医療事務関係のことが仕事となります。よって、求人も歯科衛生士の求人の方が多くなります。復職に関して一番問題になることはブランクです。医療は日々進歩します。復職したら材料や器具、方法も新しくなっているということもあります。

しかし、それは勉強や練習することでクリアできることなので、本人のやる気次第です。また、ブランクは新たな経験をしたという面ではプラスにもなります。
患者さんとのコミュニケーションをとることは医療ではとても大切なことなので、前よりも円滑なコミュニケーションをとることができるかもしれません。このように考えると歯科衛生士は復職しやすい職業でしょう。

結婚相手は歯科衛生士!気になる結婚のデメリット

磨き方の指導が細かい

保健所に勤務する歯科衛生士さんの主な業務は、地域住民の歯の健康を守る為の活動という事になります。そしてその中に「幼稚園や学校の口腔衛生に関わる」という役目が有ります。
分かりやすく言うと幼稚園や小学校に出向き、虫歯予防の話をしたり、正しい歯みがきのやり方などを指導する訳ですね。

しっかりとした指導の為には細かい知識が必要ですから、細かい部分まで精通しているでしょう。その為一番身近にいるパートナーの方の歯みがきについても、ついつい気になって細かく言ってしまうのでしょう。

また、もし歯科衛生士のパートナーが虫歯だらけのボロボロの歯をしてたら、説得力もありませんよね。

相手の口腔内が気になる

相手が歯科衛生士なので、口の中のトラブルには気を使っているはずです。
そのため、いくら自分が気にしていても、相手の口臭や虫歯が気になることでしょう。

気にしなくても、職業柄気になってしまうはずだという思い込みから、口腔内が気になってしまい、良い関係が築けなくなってしまうと思います。好きになったから気にならないわけではなく、話している時は気になってしまうようです。

また、直接「口腔内が気になる」とは伝えられず、そのまま我慢をするということになるので、我慢した側はストレスが溜まってしまいます。そのため、口腔内が気になることは歯科衛生士と結婚するにあたってデメリットになるでしょう。

間食の仕方が気になる

歯科衛生士は、職業上とても多くの方の口の中や歯並びを常日頃から見ているので、「美しい歯」「美しい口元」への審美眼は、普通の方よりもやはり高いと思われます。

そこで、食後の歯磨きは当たり前かと思いますが、お菓子や嗜好品といった間食後の歯磨きはちゃんとされているのか、また、1日のうち間食が多く、常に口の中が食物の残渣などで汚れているのではないか、など、口腔内を清潔に保つプロであるが故、間食の仕方が気になる歯科衛生士さんは多いかと思います。

そのようなお相手との結婚となると、自分自身もそれなりに歯の美しさを保つ為、好き勝手に飲み食いする事を自重したり、といったちょっとした努力は必要です。

日頃から間食を殆どされない方は気にならないかもしれませんが、間食好きの方にとっては、デメリットの1つとなりかねません。

喫煙者に禁煙指導をしてしまう

たばこは、吸えば吸うほど歯が黄ばみ、黒いヤニで汚れてしまいます。歯科衛生士のパートナーなのに歯が汚いというのは、歯科衛生士であるというプライドが許せないことです。

禁煙指導をしてしまうのは、きれいな歯でいて欲しいからという強い思いが理由として挙げられます。また、見た目の問題ばかりではなく、喫煙は生活習慣病の一つである歯周病の原因とも言われています。歯周病菌は肺炎や心臓の血管障害にも影響を及ぼす危険なものです。

さらに、口腔(こうくう)がんのリスクを高めるとも言われ、口、歯の健康を保つためにも、たばこはやめるべきだと言われています。歯科衛生士であれば、当然喫煙のリスクを知っているでしょうし、喫煙していると歯医者での治療も困難になります。パートナーになる人には、ずっと健康でいて欲しいという願いも、禁煙指導をしてしまう理由の一つではないでしょうか。

口臭に敏感

歯や口腔の衛生管理等に対する考えが合わないと考えてしまうことが歯科衛生士との結婚にデメリットと感じることがあります。
趣味や性格が合っていても普通以上に口臭を気にするんじゃないかと思ってしまいますし、実際に歯科衛生士は気にしてしまうようです。

特に男性は歯並びや口腔内の汚れをあまり意識していなかったのに歯科衛生士の彼女は思っていた以上に気にしているんじゃないかと臆してしまうようです。
歯科衛生士といえば、口腔清掃のプロフェッショナルです。歯科衛生士の側は、口腔ケアへの意識が低い男性に対して必要以上に気になってしまうことがあります。

男性側は磨きにくい部分へのケアとか、歯磨きの頻度が低いことを指摘されたりすると引いてしまいます。結婚ともなれば、口臭の原因ともなる食生活まで一生指摘され続けると辛いと想像してしまいデメリットと感じでしまう理由です。

歯科衛生士の平均結婚年齢やどんなタイミングで結婚すべきなのか

平均年齢

歯科衛生士の周りでは20代後半から30代で結婚する人が多いようです。
平成27年度に出された厚生労働省賃金構造統計基本調査の資料によると、歯科衛生士の平均年収で30代と40代の間に90万円近くの差が見えることから、20代後半から30代前半で仕事を離れ、一旦家庭に入る人が多いのではないかと、予想されます。

そのため、独身で歯科衛生士としてのキャリアが長い人が、40代になった時に、いっきに平均年収をぐっとあげるのではないでしょうか。

また、勤続年数が約6.1年と言われているため、専門学校を卒業時が21歳のため、だいたい20代後半が結婚する歯科衛生士がふえてくるのではないかと予想することが可能になります。

▼さらに詳しく知りたい人へ
あなたはいつ結婚したい?結婚したい年齢の理想と現実

最適なタイミング

結婚し、妊娠などをしていく上で、妊娠適齢期などは20~34歳などといわれていて、出産して子育てなどは若くて体力がある時の方が比較的に楽ではないでしょうか?

また、仕事柄、レントゲンなど母体に悪影響な機器や薬剤なども扱いますし、最近の歯科医院などは、深夜まで営業しているところありますから、身体的にハードな職種です。

勤務形態によっては、結婚後パートナーとすれ違いの生活をする事もあるかもしれませんし、結婚=即妊娠などとは限りませんが、出産し子育てをして、もし子育てが落ち着いたら復職するなどと考えた場合、職歴1年未満よりもやはり勤務歴が長く多少のブランクがあってもキャリアなどを身につけていれば、せっかく取得した資格ですので、役立てることもできます。

▼さらに詳しく知りたい人へ
結婚ラッシュはいつ?ラッシュに乗れる人の特徴とは?

歯科衛生士が結婚相手にもとめる理想の条件

口腔内が綺麗で清潔感がある

逆に「口腔内が汚れていて不潔である」ということは、虫歯やタバコのヤニ付着などの見た目上、また口臭などの不快感が高いのはもちろんの事、口内環境が悪いと体の健康にも影響を及ぼすことを歯科衛生士が熟知しているからだと思われます。

歯科衛生士は病院だけでなく、保育園や学校、企業や介護施設などでも保健指導を行っていて、身体の健康に関する知識も豊富です。その為、口内環境を整えることに対しての意識が高く、その点の価値観が合わない相手をパートナーにするのは躊躇する傾向にあるようです。

結婚は将来の生活に大きくかかわる事柄ですし、口腔内の汚れから併発する症状をある程度想定できる歯科衛生士が、結婚相手として「口腔内が綺麗で清潔感がある」ことを条件とするのは、末永く健康な結婚生活を送りたいという想いから考えれば仕方がない事なのかもしれません。

タバコを吸わない

簡単に言うと、歯を失うことになる最大の原因である歯周病の増悪因子の筆頭にタバコが挙げられるからです。タバコは体に悪いということは現在多くの人に知られていますが、それは口腔内でも同じことです。
喫煙することで歯周病の進行を促すだけでなく、歯の着色や歯ぐきの色にも影響を及ぼします。

また喫煙者独特のタバコの臭いが口臭の原因の1つでもありますよね。歯の健康を考えた職業の人だからこそ、相手の口元に自然に目がいきますし気になってしまうものです。

例え喫煙者だとしても、マメに歯医者に定期的に検診やクリーニングをしに行って気遣っていることがない限り、プロである歯科衛生士にとっては喫煙に関してあまりいい印象は持てません。
リスクのある喫煙者をわざわざ結婚相手として選ぶことは、よっぽどのことがない限りは選択肢にないでしょう。

歯に対して関心がある

歯科衛生士の仕事は、お口の健康を守るサポートをすることです。実際は学校で専門知識を学び、歯科衛生士という国家資格を取得した人が名乗れる、いわば口腔内のプロフェッショナルです。

一昔前には「芸能人は歯が命」という言葉が流行ったほど、白く並びの綺麗な歯は好印象をもたらし、自己の意識の高さを証明するものにも成り得ます。歯科衛生士でない方でも、人と話しているとき、口元には必ず目がいきます。ガチャガチャに並んだ歯黄ばんだ歯よりも、整った白い歯の方がより印象がいいはずです。

歯科衛生士は仕事柄、日々多くの患者さんの口の中や歯を見ています。顔と同じで好みの歯並びなども出てくるでしょうし、専門的な知識を持っているからこそ、普通以上に気になり、さらには結婚相手にも口腔内の健康を意識して欲しいと思っているようです。

しっかり自分の意思がある人

職業柄、口の中が清潔に保たれているのが気になる歯科衛生士。
そのため、日常の生活がきちんとしている男性のほうが、口の清潔をきちんと保てている確率が高くなります。自然と「しっかり自分の意志がある人」を選んでしまいます。

そのうちに、経験則により、しっかりとした意志がある人の男性との付き合いもおおくなりますし、口の中がきれい、ということでお付き合いしていてもしっかり来るのです。そのため、気が付けば歯科衛生士が結婚相手を決めるときの条件として「しっかり自分の意志のある人」と答え、その通りに結婚している率が高くなるのかもしれません。

また、しっかりとした自分の意志がある人は、相手が職業をもっていても、結婚後にそれをやめさせようとはしない傾向もあります。自立したしっかりとした同じような感性の人間をお互い好むからなのでしょう。

大人な誠実な人

歯科衛生士は手に職をもっているがゆえに、相手に求めるものも高くなりがちです。
また出会いも少なかったり、学生の頃の友人や資格取得を共に目指した友人は同性が多いので理想は高まりやすく、そんな歯科衛生士さんは結婚相手には「大人な誠実な人」が求められているといわれています。

今の時代、歯科衛生士の資格を持っていれば働き口もすぐ見つり、歯科衛生士の人は結婚してからも働こうと考える方が多いので、妻が働くということも寛大に受け止め互いにサポートしあえる大人の考え方なのです。

そして、職業柄、口の綺麗さ、歯並びの綺麗さなどを確認してしまったり、綺麗なものに惹かれがち。結婚相手にも、綺麗な気持ちで向き合ってきてほしいということで誠実さが合わさって 歯科衛生士さんが結婚相手の異性に求める特徴といわれています。

▼さらに詳しく知りたい人へ
独身男性の結婚に対する本音は?求める恋愛や出会いの実情も解説

歯科衛生士が結婚したいけどできない理由

職場での出会いがない

ここ最近は、男性歯科衛生士も増えてきましたが、やはり圧倒的に女性の歯科衛生士が多いです。まさに「女性の園」状態で、職場で出逢ったスタッフと結婚とかいう「職場恋愛」、「職場結婚」とは程遠い環境です。
中には、男性歯科医師や、男性歯科技工士といったスタッフ間での結婚もありますが、なんせ女性歯科衛生士に比べたら、人数的に圧倒的に少ないのが現実です。あぶれる確率が非常に高いです。

さらに職場スタッフは諦め、学生時代の友人なら、と思ってもこれまた同じです。女の子率が高すぎて、男子生徒がいないんです。ならば患者さん、となると、治療に来るお相手です。どうしても歯科衛生士として、お口の中や歯並びがとても気になり、「結婚相手」となると、なかなか一歩が踏み出せず、となってしまいます。

また土日休みが一般的な会社の方が多い中、出逢ったとしても、シフト勤務や、たいていの歯科は木日休みで休日が合わず、発展性がないといった状況も原因かと思います。

▼さらに詳しく知りたい人へ
出会いがない人に共通する11の特徴!忙しい社会人でも彼氏・彼女ができる23のコツ

家と職場の往復

労働時間は決められてはいますがバラバラになって結局は時間外勤務が当たり前になってしまうそうです。
なので家に帰っても寝るだけとかになりがちなので家族の時間が持てなくなりそうだからという意見が多いそうです。

周りは飲み会や遊びに行くという人もいる中、会社をでて、まっすぐ家に帰る方が多いそうです。かといって、職場は男の人は先生だけ、あとはみんな女性。学生時代も女性ばかり、患者さんとはありえないという方が多いそうです。
中には患者さんと結婚!っていう方もいますが、やはり患者と医者とみてしまうんだと思います。あと、男性の基準が高いというのもあるかと思います。歯科衛生士は国家資格ですから、それなりの給料があります。

自分より給料あって…と考えると普通のサラリーマンや常識ない方などは外れるということもありますね。誰でもいいというわけではないので難しいです。

同業者の友人は女性が多い

歯科衛生士になるためには、まず専門学校へ行く必要があります。男性よりも女性の方が専門学校への進学率が高いため、必然と女性が多くなるようです。そのため、歯科衛生士としての働き手がまず女性が多いことがわかります。

次に働き口についてです。他の医療機関よりも歯科医院の診察時間は、一般事務の就業時間とにています。そのため、求人募集を見て応募してくる人は、女性率が高くなります。

歯科医自体が男性も多いとはいえ、1つの歯科医としての男女比でいうと確実に女性が上回ります。そのため、結婚相手として収入も高いため望まれる一方で、同業者で女性が多いことを懸念点として挙げられる声も多いと感じます。やはり結婚相手の職場に女性が多いとなると、余計な心配や不安が払拭できないため結婚出来ないという意見が多く聞こえてくることも納得できます。

歯科衛生士と出会う方法・場所

歯医者さん

患者・医療関係者など様々な人が訪れる場所であるため出会える場所といえます。
歯科医院も「接客業」であり、いわば歯科衛生士は「店員」、患者は「お客様」であると考えれば、多くのひとの出入りがあり、その分出会いの場となりやすいことは想像できます。業者などの医療関係者の出入りもあるでしょう。

また、歯科衛生士は「白衣の天使」などのイメージから高い人気を持ち、ネット上では「美人が多い職業」などとも言われているため、出会いを欲する人が集まりやすいのかもしれません。

保健所

保健所の主な役割の一つに、「歯科保健(8020運動)に関するもの」というものが有ります。

これは「保健所法」という法律に保健所が地域住民の歯科保健、衛生を担うとしっかりと記載されているんです。となれば当然の事ながら歯科の専門家が保健所には必要という事になる訳です。

この運動のお手伝いも保健所の大切な業務の一つです。そしてそもそも歯科衛生士とは、保健所の歯科業務の担い手として、国が養成したのが始まりです。最初はいわば「保健所の為の歯の専門家」という位置付けだったのです。

ですから歯科衛生士が保健所に勤務しているというのは、至極当然の事なんです。ただそれほど多くの人数が勤務している訳ではないので、出会いは中々のレアケースでしょう。

友人の紹介

歯科衛生士の勤務時間は、パートタイムかフルタイムかで変わってきますが、最近は歯科の数も増え、会社員やOLをターゲットにしたところでは夜遅くまで診療しているところもあります。

従って、休日が日曜になるとは限らず、また患者さんが緊急で来られた場合には出勤の必要があるなど、勤務時間がバラバラになるケースが見受けられます。

日々のほとんどが、職場と家の往復で終わってしまうことが多いようです。出会いということについては、男性と関わるところは歯科医師さんか患者さんぐらいで、歯科医院というところは女性がメインの職場になってきます。

そのために、歯科衛生士さんは、とても男性と出会いにくい環境にあります。SNSで知り合ったり、相談所に登録したり、友人から男性を紹介してもらうなどして、出会いを探しているようです。

合コン

歯科衛生士は労働時間がバラバラで、全て患者に合わせて働かなければなりません。しかし、それをするためには、自分の時間が犠牲になってしまうのです。

実際は時間があるように見えても、家と病院の往復の日々という歯科衛生士も少なくありません。また、同僚が同性であることが多く、職場での出会いはありません。

また、国家試験を受けてパスするほどの頭脳を有しているので、異性のお相手もハードルが高く感じてしまい、うまくアプローチしづらいという事情があるようです。それは歯科衛生士さん自身も強く感じているところで、仕事、給与、それを異性に求めてしまうところが多く、通常の出会いというわけにはいかないようです。

その点合コンであれば、給与や仕事面のセッティングもしやすく、相手も歯科衛生士だということを理解して接してくれることが多いのです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
合コン必勝法!男女別でみる合コンでのモテテクをマスターしよう!

婚活パーティー

歯科衛生士とは、どちらかというと女性の方が選ぶ職種のようです。
なので、もちろん同僚の歯科衛生士も女性が多いので、歯科衛生士をして働いている女性は、なかなか出会いに困っているそうです。開業医の歯医者さんの場合、男性が歯科医だけというのも珍しくないようです。中には女性だけの歯医者さんもあるそうです。職場での出会いはなかなか無いので、他の出会いの場として合コンというものがありますが、学生時代の友達も、もちろんほとんどが女性です。

何度も合コンのセッティングをするのは難しいそうです。
そのために、歯科衛生士の方は婚活パーティーに参加する人が多いと言われています。歯科衛生士という職業に関しては、男性からの印象はとても良いようです。出会いを求めて婚活パーティーに参加する歯科衛生士は少なくないという情報を聞いた男性が、それを狙って婚活パーティーに参加するそうです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
出会いがない社会人に絶対におすすめしたい恋活アプリ。

関連記事