婚活

婚活の方法は様々ある!苦手な婚活は避けて楽しい相手探しを

いまどきのおすすめ婚活方法とは?

現在婚活をしている人は、どんな方法で相手を探していますか?コンパや紹介、結婚相談所など、人を介しての出会いが多いという人が多いのではないでしょうか。

しかし、対面での婚活は、時間やお金がかかる割りに出会う人が少ないため、不満に感じる人もいるようです。ここでは、いまどきのおすすめ婚活方法について解説しているので、現在の婚活に疑問を感じているという人は参考にしてください。

よくある婚活の方法とは?

最近の婚活方法は様々あり、自分の得意な方法から選ぶことができます。また、対面だけでなく、パソコンやスマホを使った検索で相手を見つけるやり方もあるので、忙しくても時間や場所を気にしなくてもよい便利な婚活もあります。

ここでは、最近の婚活方法でよく知られているものをご紹介しています。

職場など所属している場での出会い

向いている人 精神的ストレス 金銭的ストレス
自然な出会いにこだわりたい人 ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆

自然な出会いを求めている人はこの出会い方が向いています。自分のペースで自由に恋愛できるので、ストレスもあまりありません。

ただし、周りの目が気になったり、必ずしも好きになれる人が現れはしないという点が問題です。

知人の紹介

向いている人 精神的ストレス 金銭的ストレス
友人が多い人

男女を問わず友人や知人が多いという人は、異性を紹介してもらうのがおすすめです。中の良い友人なら、自分の希望を良く分かってくれていることもあるので、適する相手を選んでくれるでしょう。

しかし、気に入らなかったら断りにくくなることもあります。

趣味の活動での出会い

向いている人 精神的ストレス 金銭的ストレス
共通の趣味を相手に求める人

結婚相手と共通の趣味を持ちたいという人は、サークル活動などでの出会いがおすすめです。休日は自分の趣味に時間を費やしているなら、一緒に楽しめる人が良いでしょう。

一方で、趣味の世界だけの狭い付き合いになってしまう可能性もあります

飲食店などお酒の場での出会い

向いている人 精神的ストレス 金銭的ストレス
お酒を飲むのが好きな人

お酒が好きな人は、飲食店やラウンジ、居酒屋など、お酒を出す場所での婚活がおすすめです。緊張してしまって異性と打ち解けて話しにくいという人は、お酒が入るとリラックスして気楽に話せることもあります。

しかし、酔った勢いで話をするため、真剣に聞いてもらえないこともあるでしょう

婚活サイト・アプリ

向いている人 精神的ストレス 金銭的ストレス
時短で幅広い人と知り合いたい人

仕事などで忙しい人は、この方法がおすすめです。スマホやパソコンの検索で好みの異性を探すことができるので、24時間いつでも婚活できます。

相手探しの機能も充実していますが、メールやチャットのやり取りが中心なので、実際の相手とデートするまでに時間がかかってしまいます

街コン

向いている人 精神的ストレス 金銭的ストレス
自宅の近くで相手を見つけたい人

同じ地域に住む異性と婚活したいという人は、街コンがおすすめです。街コンは、参加者がその街限定だから、付き合う際も便利です。

しかし、出会える異性のエリアが狭くなってしまうという面もあります。

婚活パーティ

向いている人 精神的ストレス 金銭的ストレス
初対面での会話が得意な人

社交的で普段から大勢の人との会話が得意という人は、婚活パーティーがおすすめです。特に初対面で異性とやり取りをすることに慣れているという人は、この方法がよいでしょう。

3:3など少人数でのお見合いパーティーもあり、人数を選ぶこともできます

結婚相談所

向いている人 精神的ストレス 金銭的ストレス
自分に合う人をプロから紹介して欲しい人

プロの仲人から自分に合う人を紹介してもらえるのが結婚相談所です。プロの目から客観的に二人の相性を判断してもらえるので、自分ではなかなか相手が決められない人におすすめです。

しかし、結婚相談所は料金が高いといった面があるので、金銭的な負担になることもあります。

合わない婚活方法をした場合のリスクとは?

数ある婚活方法ですが、自分に合わない婚活をしてしまうと様々なリスクが出てきます。楽しんで婚活をするためにも、自分に合う婚活を見つけることは大切です。

ここでは、合わない婚活で発生するリスクについてご紹介しているので参考にしてください。

理想の相手に出会えない

苦手な婚活方法で相手を探すと、緊張してしまうため、自分の長所が分かってもらいにくくなります。苦手なビッグパーティーやコンパ、普段使わないチャットなどで活動してしまうと、婚活の形式に慣れるだけで一苦労です。

疲れだけがたまり、良い相手を見つけるどころではなくなるから、理想の相手を見逃してしまうこともあるでしょう。

お金が無駄にかかる

苦手な婚活をしてしまうと、スムーズに異性とのやり取りができないため、回数を重ねることになってしまいます。このことから、お金が無駄にかかってしまい、予算オーバーしてしまうこともあるでしょう。

アプリやサイトが苦手なら、相手とマッチングしてデートするまでに時間もかかるため、月会費を余分に払うことになります。

ストレスが溜まる

慣れないやり方での婚活は、大きなストレスを感じてしまうこともあります。初対面での会話が苦手なのに婚活パーティーへ参加する、予算を低く抑えたいのに結婚相談所へ申し込んでしまったなど、自分にとってのストレスが何かを把握して、このリスクを避けるようにしましょう。

ストレスを溜めたまま婚活してしまうと、相手も苦痛に感じることがあるでしょう。自分にとって楽な方法を選び、リラックスしながら相手を見つけましょう。

人気の婚活サイト・婚活アプリとは?

人気の婚活サイト・アプリをご紹介します。ユーザー数が一番多いペアーズは、婚活だけでなく、気軽な恋活もすることができるため、若い世代に注目されているアプリです。

他のアプリもそれぞれに個性がある、評判の良いアプリです。気軽に24時間相手が探せるので、忙しい人におすすめです。

ペアーズ

ペアーズの会員数は世界で1,000万人とされており、婚活アプリの中で一番ユーザー数が多く、より多くの異性と出会えることでも知られています。

ペアーズは、Facebook連携の婚活サイトとして知られており、安全な婚活アプリとして多くの人に活用されています。登録時にFacebookのIDが必要であることから、業者が入りにくく、安心して恋人や結婚相手を探せると評判です。

ゼクシィ縁結び

ゼクシイ縁結びは、結婚情報誌「ゼクシイ」を発行するリクルートが運営していることから、女性に良く知られる婚活アプリです。結婚適齢期を迎えた男女が中心ですが、30代が多く見られるため、できるだけ早くゴールインしたい真剣な人々が利用者に多く見られます。

ブライダルネット

ブライダルネットは、男女の会費が同額という珍しい婚活サイトです。普通は女性は無料か費用がほとんどかからないのが婚活サイトの特徴ですが、女性も同じ費用を払っていることで、かなり真剣に婚活していることが男性にも伝わります。

本人確認も徹底しており、独身、年収などの証明書を提出してもらうことも可能です。出会いからプロポーズまで、しっかりスタッフがサポートしているため、始めての婚活でも安心して利用できます。

マッチドットコム

1995年にスタートしたマッチドットコムは、マッチングサービス業界のパイオニアと言われるサイトです。日本で数百万人の真剣な恋愛や結婚をしたいという男女が利用しており、世界25か国で展開しているグローバルなサイトです。

バツ一の割合が多いといった特徴もあり、再婚者にも良く利用されているため年代の高い人にもおすすめです。

Omiai

Omiaiは、Facebook連携の恋活、婚活マッチングサービスでは、会員数がペアーズについで多いとされている人気のアプリです。Omiaiは操作がシンプルで、マッチングまでの機能で無駄がないことが特徴です。

最近の婚活アプリは機能が多すぎて使いづらいという人におすすめのアプリで、使いやすさではナンバーワンとされています。

20代の婚活のポイントとは?

婚活初心者の20代について活動のポイントをご紹介します。まだ学生時代の交友関係が深いことから、これまでの付き合いの中から相手を探す方法もあります。

ここでは20代の婚活について解説しているので、参考にしてください。

恋活から始める

20代前半はまだ結婚を考える年齢ではないと考えている人が多く見られます。しかし、この余裕がある時期から結婚を考慮した相手探しをすることで、適齢期に焦ることなく相手を見つけやすくなるでしょう。

恋活をするにしても、「この人は結婚相手として合っているか」ということを考慮するだけで、異性に対しての目が肥えていくでしょう。

学生時代の人間関係を活用する

20代は、まだ高校や大学の人間関係が濃く残っているので、この中から相手を探す婚活もおすすめです。現在も学生時代の恋人と付き合っている人は、結婚を考慮する年代になります。

特にアラサーなどの結婚適齢期に差し掛かると、男女ともこれまでの付き合いを見直す機会も増えるでしょう。

行動力を生かしてリアルな出会いの場に参加する

20代は新しい出会いに積極的な年代です。これまでの恋人とうまくいかなければ、コンパやパーティーなどの婚活にどんどん参加して、次の相手を見つけてみましょう。

学生時代と同じ行動力がまだあるため、リアルな出会いを積極的に探すことができるはずです。前向きな婚活は、何もしないより良い結果が出るでしょう。

30代の婚活のポイントとは?

結婚適齢期を過ぎた30代は、幅広く周囲の協力を得ることが必要です。アプリやサイトを使って、出合うはずのない人とのコミュニケーションが簡単にできるので、より多くの人と結婚の相性を見ることができます。

ここでは、30代で婚活をするポイントをご紹介しています。

婚活アプリ・サイトを最大限に活用する

30代は男女とも仕事が忙しくなる年代です。このことから、ゆっくり婚活する暇がないため、結婚相手をじっくり選ぶことが難しくなってきます。

この状況がさらに縁遠くなってしまう原因にもなるため、気軽に24時間相手探しができるシステムが便利です。

スマホやパソコンを使って気軽に異性を検索できる婚活アプリやサイトがおすすめで、寝る目にログインしてマッチングを確認したりメールのやり取りができるため、時間に縛られることなく自由に婚活することができます。

婚活していることを周りに伝えて協力を得る

自分が結婚したいことを周囲に伝えておくと、良い人を紹介してくれる場合もあります。最近は30代で結婚する男女が珍しくなく、アラサーを過ぎたからといってマイナスに思う人も少なくなっているようです。

30代こそオープンな婚活をして、様々な人から幅広い情報を得るようにしましょう。

適齢期を過ぎても焦らない

女性が30代で結婚することが普通になりつつあり、出産にも積極的なカップルが多く見られます。二人が結婚したいときが一番の適齢期とも言えるので、アラサーを過ぎてしまっても自分が充実しているのなら結婚に焦りを感じることはありません。

最近は40代でも出産している人が多くいるので、健康面がクリアしていれば20代と同じように子どもを考えた婚活をしていくことができます。

40代の婚活のポイントとは?

30代は20代の延長のようなところがありましたが、40代となるとハードルが高いと感じる人を多く見かけます。結婚自体にこれまで興味がなかったという人も多く、老後のことを考えたり、親が高齢となったため、婚活を開始するという人も見られます。

ここでは、40代で婚活をするポイントをご紹介します。

婚活への予算を増やしてみる

これまでできるだけ低予算で婚活をしたいと思っていた人も、もう少し費用をかける必要があるでしょう。なぜなら40代で結婚を希望しているという人は、全体の割合からいって少ないため、好みの人を探すのにお金や時間がかかるためです。

コンパやパーティーなど、対面形式での婚活はぐっと数が減ってくるため、他の方法がおすすめです。同級生や職場の人もほとんどが結婚していることもあるため、自然な出会いではなく積極的に行動することがポイントです。

婚活アプリだけでなく結婚相談所を使う

不特定多数に出会える婚活アプリは楽しいのですが、時間がない40代にとっては時間のロスともいえます。より確実性の高い方法なら、プロが紹介してくれる結婚相談所がおすすめで、素人が検索して出会う相手より客観的な二人の相性が合っていることもあります。

結婚相談所も絶対とはいえませんが、確立の問題からすると一番効率的な婚活といえるでしょう。

バツ一も考慮してみる

40代になってくるとバツ一の人口も増えてきます。さらに子持ちという場合も多く、異性との出会いが、家族ぐるみでの付き合いとなることもあります。

相手の結婚歴にこだわっていないのなら、再婚者も対象になってくる年代で、女性は出産せずとも子どもを持つことができるメリットもあります。

自分に合った婚活方法を選ぼう

婚活の方法についてご紹介しました。自分に合った婚活をすることが大切であることが分かったのではないでしょうか。年代や好みに応じた婚活をすることで、良い相手が見つかりやすくなるでしょう。

現代は、どんな年代、好みにも対応した婚活が気楽にできるため、自分自身を知ることが相手探しで大切になります。

関連記事