告白

告白後の相手への接し方!告白の返事を考えさせてと言われたら?

告白したら考えさせてと言われた時はどうしたらいい?

この記事で伝えたいポイント
  • 告白後の保留は可能性があるのかを解説
  • なぜ告白の返事を保留するのかを解説
  • 返事はどれくらい待てばいいのかを解説
  • 保留中の相手への接し方を解説

勇気を出して好きな異性へ告白したけれど、結果は「考えさせて」とのことでした。

これから先、もやもやした気持ちでしばらく過ごすことになります。早く結果を知りたいけれど、知るのが怖い気持ちもありますね。

ここでは、告白後に保留にされた際の相手との関係についてご紹介します。こちらも悩むけれど、相手も考えるところがあるのですよ。

考えさせてと言われた場合は脈あり?脈なし?

告白後すぐに返事をもらえない場合も多くあります。やきもきしてしまいますが、全く脈がなければその場で断ってしまうはずです。

考えさせてと言われたら、付き合うか、付き合わないかを考慮したいという意味なのです。

もやもやしてしまうこの期間の、恋人として付き合える成功確立をご紹介します。相手とのこれまで築いた関係がポイントです。

告白後の保留について成功の可能性を7つのポイントで解説

告白の返事を保留にされてしまった場合、こちらは結果を大変気にしてしまいます。告白成功の確率は、お互いにあらかじめ知っていたかどうかが、大切なポイントです。良い友達関係だった場合は、それだけでOKの確立が大きく上がるのです。

女性の告白で相手が自分をよく知らない場合

相手の男性の気持ちを考えず、こちらが一方的に告白をしてしまった場合です。

通勤通学で一緒になったり、たまたま見かけて一目惚れしてしまったり、好きになる理由は様々ですね。

相手と話したことがある場合とない場合では、告白の成功率も変わってきます。全く会話したことがないのであれば、初対面ということより成功率は50%以下と考えられます。

しかし、保留期間の接し方で確率が上がることもあります。

男性の告白で相手が自分をよく知らない場合

男性が女性へ一方的に想いを寄せている場合です。男性は女性に比べて口下手な人が多いため、これまで話したくても話せなかった人もいるのです。

この場合も女性と同じく、告白の成功率は50%以下と低くなってしまいます。

女性もあなたのことをよく知らなければ「考えさせてください」と言うしかありません。友達からスタートするつもりで返事を待ちましょう。

少しでも確率を上げるために、保留期間中は彼女へ積極的にアプローチしてみましょう。

相手が自分を知らない場合は確率が低くなる

男性も女性も、見ず知らずの異性から突然告白されたらびっくりしてしまいます。

もしその場で断られてしまったら、告白のあなたの印象があまり良くないということなのです。

しかし、「考えさせて」と言われた場合、告白の成功率は0ではありません。初めてだけど、あなたの印象がわりと良かったということに他ならないのです。

友人同士で女性から告白した場合

お互いに友人同士なら全くの初対面より成功率は上がります。

友人として良い関係を保ってきたという場合ならば、告白後の接し方で異性としての印象が大きくアップすることもあります。

友人同士というプラスポイントに加えて、女性として相手への配慮を忘れないようにすることが大切です。以外に繊細な男性もいるため大きく悩んでいる可能性も高いのです。

友人同士で男性から告白した場合

女性の場合同様、男性からの告白も成功率は50%以上と高くなります。また、女性の返事は長くなることが多いということを認識しましょう。

すぐには即決するのが難しい場合や、自分の気持ちを確認するのに時間がかかる場合もあるのです。

女性は男性と違い、何でもよく迷います。飲食店に入っても飲み物ひとつ決めるのに多くの時間をかけてしまう人もいますよね。

この女性の傾向を確認し、気長に待ってみることがポイントです。

お互いが友人同士なら成功確率は高い

男女が友達同士だった場合は、告白の成功率がぐっと上がります。あらかじめお互いを認識しているということは、大きなプラスポイントなのです。

女性から告白して返事を待つ状態なら、すぐに断って傷つけてしまうことへの配慮という場合も考えられます。

しかし、すぐにOKしてしまい「待ってました」という気持ちを悟られないために返事を待たせている場合もあります。

成功確立はこれまで築いてきた相手との関係次第

これまで良い雰囲気だったという男女関係なら、どちらかが告白するのを待っていたという可能性も高いのです。

その場で即決しなかったのは相手への配慮からなのかもしれません。また、良い友人関係を壊したくないと考える人もいるでしょう。

どちらにせよ、相手はあなたの告白について考慮するところがあるということです。すぐ断らなかったということにポイントをおいて、相手の心理を考えてみましょう。

告白の成功確立はこれから変化していくこともある

返事がOKか、断られるかを思い悩んでいても仕方のないことです。それよりも、これからの相手との関係を充実させていくことを考えましょう。

告白した時点でははっきりしない相手の心も、あなたとのやり取りで変わっていくこともありうるのです。

成功確立を上げるには、相手の様子や気持ちを考慮して、こちらも問いかけてみることです。

告白を保留にする理由はなに?

告白してしばらく返事を待たせる理由は人それぞれですが、すぐには断らなかったということは共通しています。

相手もあなたの心を考えて、どういう風な行動をしたら良いか迷っているのです。早く返事が欲しいために催促してしまうのはちょっと待って、保留している相手の理由を考えてみましょう。

異性の心理をポイントにして、返事を保留する相手の理由について解説しています。

なぜ告白の返事を保留するのかを7つのポイントで解説

告白の返事を保留するのは、相手にも理由があるのです。すぐには断られなかったことが最大のヒントのため、そこから相手の心理を考えてみます。これまで友達だった場合は、友人と恋人の間で大きく悩むことになるのです。初対面の場合は、相手のことをよく知ってから答えを出そうと考えます。

相手のことを良く知らなかったから

告白が相手との初対面という場合、返事のしようがありません。

しかし、この時の第一印象が悪ければ即断ることも可能なのです。それをせずに保留ということはあなたの印象が良いことに他なりません。

返事の予想としては、お互いによく知り合うために、友人からスタートするという内容の可能性があります。

相手にじっくり考えてもらって良い結果を待ちましょう。

自分のことをよく知ってもらいたいから

告白してもらったことは大変嬉しいのですが、自分の良いところしか見ていないのではないかと感じています。

自分のことをよく知らないのであれば、良いところも悪いところも全て知って欲しいと思います。

自分のマイナスポイントも好きだと言ってくれるのであれば、ぜひ付き合いたいと思うこともあるのです。

どうやって断ろうか悩んでいるため

告白されてすぐ断るのは相手のプライドを傷つけてしまいます。しばらくして断った方が、相手の傷は浅くなる場合もあるのです。

このため、相手への配慮から保留するという人も多く見られます。特に、繊細な女性へ断りの返事をする場合、男性は細心の注意が必要です。

うっかり言ってしまった言葉で、女性の心を大きく傷つけることもあるからです。

突然の告白でどうしてよいか分からないから

異性から告白されたことが、今回初めてという人もいます。こういう人は何をどうしてよいのか全く見当がたたないのです。

とりあえず保留にしておいて、友人に聞いてみたり、検索してみたりして良い方法を探そうとします。

すぐ返事をしてよいのか、しばらく待ってもらったほうが良いのか、そこから迷っているのです。

好きでも嫌いでもなく返事のしようがないため

告白してくれたことは大変嬉しいのですが、相手のことを恋愛対象として見ていなかったため、返事を考えてしまいます。

好きという感情がないのに、OKの返事を出してしまう人もいるでしょう。しかし、その気もないのにOKの返事をもらうより保留の方が、誠意を感じます

もし、相手にとって自分が突然目の前に現れた存在であるならば、自分のことを知ってもらうような努力が必要なのです。

保留の理由は相手のあなたへの気遣い

告白の返事の保留は様々な理由がありますね。大抵は即OKではないことの表れなのです。

忙しければ即断ってしまう人もいる中、とりあえず返事を待って欲しいというのはあなたへの気遣いに他なりません。

異性への配慮を持つ優しい人が多いため、返事の内容も穏やかでしょう。自分について考える時間を持ってくれたということに感謝し、相手の返事を待ってみます。

考えさせてと言われた時はどのくらい待てばいいの?

告白の返事を「考えさせて」といわれても、いったいどれくらいの期間待てばいいのか心配ですね。

だめならだめで早く伝えて欲しいのに、じれったいと感じてしまいます。しかし、相手はあなたとは全くの別人です。返事までの期間が一週間の人もいれば、一ヶ月以上待たせるのが普通という人もいるのです。

ここでは、返事を待つ期間について解説していますので参考にしてください。

告白の返事はどれくらい待てばいいのかを7つのポイントで解説

告白の返事をするまでの期間は、特に決まっていません。人によってすぐに答えを出す人もいれば、じっくり考えたいという人もいるのです。あなたが相手の返事を待つつもりがあるのなら、相手のペースに合わせてしばらく待ってみましょう。

お付き合い即OKなら1週間以内の返事

相手に恋人になる意思が最初からあるのなら、一週間以内に返事をしてくることがほとんどです。

本当はその場で伝えても良いことなのですが、すぐ返事をするのも軽い行動のように感じてしまうものです。

しかし、あなたを他の異性に取られないように、できるだけ早く恋人にしたいと感じています。心の中では、すでに気持ちは決まっているのです。

自分の心を確認する2週間

二週間経っても返事がない場合は、相手への気持ちを確かめている最中ということが多いのです。

これまで良い友達だったという人は、どこからが友達でどこからが異性としての気持ちなのかということがはっきりしません。

突然のあなたからの告白で、すぐには決められない自分にもどかしさを感じながら、どう返事をして良いか迷っているのです。

相手のことをよく調べる3週間

三週間目に入ると、完全に断るということは考えていません

あやふやな自分の気持ちや、二人の関係について答えが出ないため、あなたのことを調べようとしています。

お互いの理解が足らないと感じている場合は話す機会を増やし、あなたを知ろうと努力するかもしれません。相手の様子を見て、自分に話しかけることが多いと感じたらもう少し時間を与えてあげましょう。

4週間待ったら相手に返事を聞いてみる

四週間待っても返事がないのなら、こちらから告白の様子をうかがってみると良いでしょう。

断る場合もあるため、あまり期待はせずにLINEなどでそれとなく結果を聞いてみます。

もし、まだ保留したいという答えなら相手の心の状況は三週間とあまり変わっていないということです。

どうやって答えを出してよいか分からないまま、時だけが過ぎている状態なのです。

1か月以降も保留なら相手の迷いも多い

五週間以上、保留にされているのなら、相手の心は完全に出口が見つかっていない状態です。

三週間目からほとんど進展はなく、あなたとどういう風に付き合っていったらよいか、思い悩んでいるのです。

じれったいのですが、相手はそれほどあなたのことを大切に思い、いい加減な返事をしたくないということでもあります。あなたに待つ気があるのなら、この際じっくり付き合ってみるのも良いでしょう。

それ以上保留にされたらこちらから積極的にアプローチしてみる

六週間目に入るとそろそろこちらからアプローチをしてみます。痺れを切らすというのではなく、相手の心に少し刺激を与えてみるのが良い方法なのです。

三週間あたりから相手の心は無風状態が続いています。自分で突破口を見つけることができず、どうしてよいか分からない相手にあなたから積極的に話しかけ、お互いの気持ちを確認してみると良いでしょう。

返事までの期間が長いのは脈ありの証拠

告白後にすぐには返事がもらえず、保留期間が長いのはつらいことです。しかし、突然の告白で相手も戸惑っている場合がほとんどなのです。

全くその気がないのなら、即断りの連絡を入れるはずなので、保留の期間が長いということはあなたのことをしっかり理解しようと努力していることに他ならないのです。

返事までの期間は人それぞれですが、相手の様子をしっかり見て返事をせかさず待ってみるのも良いですよ。

人の心に時間制限はない

いつになったら告白の答えをもらえるのか、大変気になりますね。

保留というのはこちらも大変やるせない気持ちで、すぐにでも返事が欲しいタイプは待てないという人も多いでしょう。

しかし、苦しいのは相手も同じなのです。異性として自分を見てもらえたという嬉しさと、人間関係が変化していく不安を大きく感じているのですよ。

心の変化に時間制限はありません。じっくり考えて答えを出してもらいましょう。

告白を考えさせてと言われた後の相手の接し方とは?

告白を待つ間、相手との接し方に悩んでしまいます。振られたわけでもないし、恋人になれたわけでもない、中途半端でもやもやした期間です。

催促してしまうと、相手も急いで返事をするため、煮え切らない答えとなってしまう可能性もあるのです。

相手との接し方を心地良いものにして、程よい距離感を大切にすることがポイントです。

告白の保留中の相手との接し方を7つのポイントで解説

告白を保留されている間の相手との接し方は大切です。相手にじっくり自分のことを考えてもらえるよう、決して催促するようなことは避けましょう。相手との程よい距離感がポイントです。むこうも悩んでいる最中なので、刺激的な接し方を避けて穏やかなやり取りをすることが大切なのです。

今までと変わらない接し方をする

これまで仲の良い友人関係だったという人は特に接し方を変える必要はありません。相手の方も友人関係を保っていきたい考えの人が多くいるのです。

友人と呼べる間柄でなかった人も、これを機会に挨拶をし始めるだけであなたに話しかけやすくなるものです

相手がコミュニケーション取りやすいようこちらも工夫してみましょう。

じっくり考えてもらうため距離をおく

告白するまで相手と仲の良い友人関係だったという人は、少し距離を置いた方が良い場合もあります。

あなたのことをじっくり考えてもらうため、落ち着いた環境を作ってあげるのです。

こちらから頻繁に話しかけることは控え、自分のことを遠くから見てもらいます。こうすることで、自分とあなたのことを客観的に考えることができるのです。

返事をしやすいよう頻繁に声をかける

2週間待ってみても返事をもらえない場合に良い方法です。返事を待たせる原因がお互いの理解不足であることが多いため、知り合う機会をこちらから作ってみます。

休日にデートへ誘ってみたり、自分の日々の様子をLINEで伝えるなどして、相手が自分を知ることを助けてあげましょう。口下手が原因でうまくあなたと話せないのかもしれませんよ。

遠距離は気長に待つ姿勢を見せる

LINEやメールという便利なツールがありますか、遠距離の付き合いの場合、相手との間には見えない壁があります。

このため返事までの期間も長引く可能性もあるのです。落ち着いて自分たちのことを考える環境があるのは良いのですが、実際に会うことができないため、特に返事を急ぐ必要がありません。

この場合定期的に連絡を取りつつ、気長に待つ姿勢をとってみましょう。相手との距離があるということは、冷静になれるということでもあるのです。

口下手にはメールやラインで様子を聞く

相手が口下手な場合に効果的な方法です。断るにせよOKの返事にせよ、声をかけづらいという人もいるのです。

こういうタイプは対面ではなく、スマホでのやり取りがおすすめです。しかし、異性とのLINEやメールが苦手という人もいますね。もし対面やLINEなどのコミュニケーションが不得意というのなら、手紙で返事をもらうよう促しても良いですよ。

相手の様子を見て、こちらから話しやすい状況を作ってあげましょう。

音信不通は断りの場合もあるため催促しない

告白した後に、相手が音信不通となってしまう場合もあります。普段会うことがない人は大変心配してしまいますが、お付き合いを断るという意味の場合もあります。

断りのための連絡を入れるということは、相手も大変心苦しいことであるため、省略してしまっている可能性もあります。

告白後に定期的にLINE やメールで返事を聞いてみても音信不通なら、諦めた方が良い場合もあります。

相手の性格と行動を観察する

告白の返事の仕方や期間は人それぞれです。決してこちらの常識で考えるのはやめましょう。

1ヶ月程度までなら許容範囲のため、こちらから催促せずじっくり待ってみるという姿勢が大切です。

1ヶ月以上経ったら相手の性格や態度を見て、こちらから問いかけてみるのも良いでしょう。相手がじっくりタイプか、早急タイプかによって返事の感触を予想してみるのも良いですね。

告白の答えが「考えさせて」の時はOKの可能性もある

返事までの期間が長い場合は、相手もじっくり考えている場合があります。

たっぷり自分のことを考えてもらえるよう、そっとしておくのも良いですね。

相手の性格も関係してくるため、これまでの異性の傾向や決断までの時間などを考慮して、納得の行く答えを出してもらえるよう配慮してみましょう。

告白は時短の答えが良いとは限りませんよ。

関連記事