告白

好きな人から告白される方法!告白されやすい言動とは!?

好きな人から告白される方法ってあるの?

この記事で伝えたいポイント

・告白されやすい人と告白されにくい人の違い

・相手の気持ちを確かめる方法

・好きな人から告白されるテクニックをご紹介

・相手が告白しやすいシチュエーションとは

自分から告白するのは勇気が出ないので、できれば好きな人から告白してもらいたいと考えることもあるでしょう。そのためには待っているだけではいけません。告白されるように努力することが大切なので、実践してみてくださいね。

よく告白されやすい人の特徴

あなたの同級生や同僚の中に、よく告白されてモテている人はいませんか。そのような人には共通する特徴があります。それは何でも話しやすい人です。素っ気ない人よりも社交的な人の方が告白されやすいと言えます。

告白されやすい人になるには

人見知りの人や緊張しやすい人は誰かと話す時に小声になったり顔が強張ったりしてしまいがちです。できるだけ笑顔で落ち着いて話すようにしましょう。

明るくて話しやすい性格

誰とでもすぐに打ち解けられる社交的な性格の人は告白されやすいです。なぜなら、社交的な人は笑顔で人と接してくれるので、一緒にいて楽しい気分になったり癒されたりするからです。

特に小学生・中学生・高校生の場合は明るくて打ち解けやすい人に人気が集中しがちです。女性・男性関係なく、いろいろな人とすぐに仲良くなれる性格の人は告白されやすいです。

誰に対しても思いやりがある

どんな人にも優しく接することができる人は告白されやすいです。なぜなら、優しさはとても魅力的で安心するからです。特定の人にだけ優しくして差別をする人にあまり魅力を感じませんし、付き合った後に冷たい態度を取られそうだと想像します。

学生でも社会人でも、何か仕事を手伝ってくれたり失敗をカバーしてくれたりする人はモテるでしょう。また、見知らぬ困った人を助けられる人はさらに好感度が高く告白されやすいです。

両思いをにおわせる言動をとる

「あなたといると楽しい」や「あなたの優しい性格が素敵」などのように、相手に思わせぶりなことを言う人は告白されやすいです。なぜなら、相手は両思いだと判断して付き合えると確信するからです。

言葉だけではなく、ボディタッチや相手をじっと見つめるなどの行動も相手に両思いだと思われるでしょう。特に職場でこのような態度を取られると期待してしまいます。

外見と性格がよくても告白されにくい人の特徴

いくら外見と性格が良くても、隙が無かったり素っ気なかったりする人は告白されにくいです。なぜなら、仲良くなりたくても近付きづらいからです。自分に興味が無いのかもしれないと判断すると、告白するのを諦めてしまいます。

客観的に自分の性格を見ることが大切
好きな人にどのような印象を持たれているかは自分ではわかりにくいです。気付かないうちに素っ気ない印象を与えているかもしれないので注意しましょう。

素っ気ない態度を取る

人見知りの人や緊張しやすい人は、知らないうちに素っ気ない態度になってしまっていることがあります。好きな人を目の前にすると頭が真っ白になって何を話して良いかわからないということもあるでしょう。

このような態度を取ってしまうと、相手はあなたに嫌われていると思って告白されるどころか仲良くなることもできません。二人きりで緊張する場合は他の友達も交えて会話をすると良いです。

隙が無くて仲良くなりにくい

全く隙が無いと親しくなることができません。例えば、食事やデートに誘われても進んで日程調整をしたり自分の希望を伝えたりしない場合です。こちらから歩み寄る姿勢を持たないと、相手はあなたが誘いに乗り気ではないと思ってしまいます。

あなた自身では気付きにくいですが、このように隙が無いと相手は心の距離があると感じます。普段仲良く話せる仲でも、相手はあなたに告白する勇気を持てなくなります。

好意を態度で示さない

自分の好意を態度で示すには勇気が必要になります。奥手な人は特に「嫌がられたらどうしよう」と不安に思うこともあるでしょう。しかし、勇気を出さないまま他の異性と全く同じような態度を取っていると、相手はあなたの好意に気付くことができません

自分の好意を伝えようとしないと、相手はただの友達としか思われていないと考えて告白を諦めるでしょう。例え両思いだったとしても、そのチャンスを棒に振ることになります。

相手にもその気はありそう?事前のチェックポイント

相手も自分に好意を持ってくれているかどうかを判断するのは可能です。ただし、冷静に相手の言動を見て考えることが大切です。主観的な考えだと正しく判断できないので注意しましょう。

困ったときは友達を頼るのがおすすめ

好きな人のことを考えるとどうしても感情的になったり、気持ちが先走って主観でばかりものを考えたりしがちです。信頼できる女友達・男友達に相談することも大切です。

一緒にいるときに楽しそうかどうか

あなたと一緒に話したり仕事をしていたりするときに、他の人と一緒にいるときと比べて楽しそうかどうかを見てみましょう。あなたと一緒にいるときの方が楽しそうであればこの項目はクリアです。

楽しそうかどうかの判断ポイントは、声のトーン・リアクション・よく笑うかどうかなどです。また、あなたからのボディタッチを受け入れてくれる場合は両思いの確率が高くなります。

相手から積極的にLINEが来るかどうか

お互いのことを知って仲良くなるためにLINEで連絡を取り合うこともあるでしょう。あなたからばかりではなく、相手の方からLINEを送ってきたり話を盛り上げてくれていたりするかどうかをチェックしてみてください。

何か用事が無くてもメッセージを送ってきてくれるというのもポイントです。相手もあなたと仲良くなりたいと思っている場合は、積極的に行動してくれています。

いつも気にかけてくれているかどうか

相手もあなたのことが好きなのであれば、あなたのことをよく見ているはずです。髪型などの外見の変化や体調が悪いときなど、あなたがいつもと違うことに気付いてくれるでしょう。

他にも、学生であれば部活や勉強、社会人であれば仕事や資格試験などの課題があります。それをいつも応援してくれ、無理しすぎないように気遣う言葉をかけてくれる場合は両思いと言えます。

好きな人から絶対に告白される方法

自分から告白する勇気が無い人や草食系男子は、相手から告白してもらいたいと思うこともあるでしょう。好きな人に告白してもらうにはどのような行動を取れば良いかをご紹介します。

好きな人にアピールするのがポイント

自分も好きだということを態度に表し、告白すれば成功するという自信を相手に持たせることが大切です。振られるかもという相手の不安を取り除くのがカギです。

積極的に連絡する

相手からのLINEを待つだけではなく、自分からも積極的に連絡をとるようにするのがおすすめです。用事が無くてもメッセージを送り、共通の話題で盛り上がるようにしてみましょう。LINEだけではなく学校や職場で実際に顔を合わせたときも自分から声をかけるようにしてくださいね。

あなたの方から積極的に行動することで相手は片思いではなく両思いだと確信し、自信を持って告白に踏み切ることができます。

相手の長所を褒めて伝える

相手は自分に自信が無くて告白に踏み切れないこともあります。そのため、相手の長所をどんどん褒め、自信を持ってもらうことで告白する勇気を与えるのがおすすめです。

相手は自分に自信を持てると同時に、あなたが自分のことをきちんと見てくれていると実感できます。そのため、片思いではなく両思いだと気付かせることができ、告白につながります。

バレンタインに手紙を渡す

バレンタインにチョコレートと一緒に手紙を渡す方法です。手紙の内容は「あなたのことを考えて選びました(作りました)」という内容のものが良いでしょう。好きとははっきり書いていませんが、本命であることを伝えやすいです。

この方法はかなりはっきりと相手に好意を示すことになるので、草食系男子に告白してもらいたい女性におすすめの方法です。

クリスマスまでに恋人が欲しいと言う

「クリスマスに一緒に過ごす恋人が欲しい」と相手に言って告白を促す方法です。ただし、このセリフを言う前に「あなたのことが好きです」というサインを常日頃から送っておき、両思いだと気付かせておく必要があります。そうしないと相手は自信を無くしてしまう恐れがあります。

相手はあなたの気持ちに気付いているはずなので、クリスマスまでには告白に踏み切るでしょう。

他の誰かに取られるかもと思わせる

他の人からもアプローチを受けていることを相手に伝えて危機感を抱かせる方法です。相手を焦らせる方法なので、切羽詰まった状態で告白される可能性がありますが、きちんと受け入れるようにしましょう。

ただし、この方法は度が過ぎると相手の自信を奪ってしまう可能性もあるので慎重に行いましょう。あまりにもあなたがモテている事実を目の当たりにすると、自分には釣り合わないし相手にされないと勘違いすることもあります。

絶対告白されたい!確率をさらに上げる小技

確実に好きな人から告白されたいと思うこともあるでしょう。その場合は勇気を出して自分から行動することが大切です。ただ待っているだけでは相手の心は動かせません。

思い切りも大切

告白されるためには相手に両思いだと気付かせること必要です。そのためには、思い切った言動が効果を発揮することが多いです。奥手な人は緊張することもありますが、頑張ってみてくださいね。

話しているときにボディタッチ

一緒に話しているときに手や腕に軽くタッチしてみましょう。共通の友達も含めて話しているときは難しいことがあるので、二人きりのときにボディタッチするのがおすすめです。

一番自然で簡単なのは、何か冗談を言って笑いながら相手の肩や背中を軽くたたく方法です。他にも「大丈夫?」と相手を気遣いながら背中や肩に手を添えながら話しかける方法もおすすめです。かなり仲が良い場合は肩や腕をマッサージするのも良いです。

自分のことをどう思っているのか聞く

二人きりのときに自分のことをどう思っているのか聞いてみましょう。この質問によって相手の本心を聞くことができます。相手が焦らないように、二人でゆっくり過ごす時間があるときに切り出してください。

直接面と向かって聞くのは勇気が必要な質問なので、LINEで聞いてしまおうと考えることもあります。しかし、メールやLINEで聞くのはおすすめできません。なぜなら、相手が返答に困ってしまって返信しない可能性があるからです。

思い切ってデートに誘う

デートには男性から誘ってほしいと思うかもしれませんが、女性から勇気を出して誘うことで相手の男性も勇気を出そうと考えてくれるようになります。デートの口実は流行の映画やレストランなどを使うと誘いやすいです。

デート中には「勇気を出して誘って良かった」ということを伝えましょう。相手は両思いだと確信し、自信を持って告白に踏み切ります。この方法は草食系男子に有効だと言えます。

友達に協力してもらう

自分の好意を相手に示すのがどうしても難しい場合や自分から行動してもなかなか告白してもらえない場合は、共通の友達に協力してもらうと良いです。友達を通して自分のことをどう思っているのか聞いてもらったり、二人きりになれるような状況を作ってもらったりしましょう。

この方法は恋愛経験の少ない小学生・中学生・高校生の女子におすすめです。ただし、協力してもらう男友達・女友達は信頼できる人に限ります。

自分からの連絡を控える

自分から頻繁にLINEを送り、その後にぱったりと連絡を取らないようにする方法です。相手はなぜ急に連絡が来なくなったのだろうと心配し、同時にあなたのことを失ってしまうかもしれないという危機感を覚えます。

相手はあなたのことが必要だと考え、勇気を出して告白してくれるでしょう。適度な危機感によって相手の勇気を引き出す方法です。

相手が告白しやすいシチュエーションを作ってあげる

自分から告白しやすいシチュエーションを作り、相手の告白を促すこともできます。できるだけ二人きりになるようにしたり落ち着いた場所に誘導したりして、告白しやすい環境を整えましょう。

相手の気持ちを考える

自分の方から告白することを想像し、告白しやすいシチュエーションを準備するのがおすすめです。相手の立場になって考えてみることが重要です。

放課後一緒に下校して公園に寄り道

小学生・中学生・高校生・大学生などの学生は、放課後に告白してもらうのがベストだと言えます。一緒に帰ろうと誘うか、下校中に声をかけて公園に立ち寄ってください。

ベンチに座って学校の話をしながら徐々に恋愛話にシフトするのがおすすめです。なぜなら、恋愛話に入ると相手は告白を切り出しやすくなるからです。相手もあなたの真意に気付き、勇気を出してくれます。

共通の友達と出掛けて二人きりにしてもらう

二人きりのデートに誘いにくい場合は共通の友達と出掛け、その途中や帰り道に二人きりにしてもらうのがおすすめです。友達の協力を得られるので、シチュエーションを作りやすいです。

出掛ける場所が遊園地がベストです。観覧車に二人で乗りましょう。素晴らしい景色で誰にも邪魔されない空間なので、告白を促すには絶好のシチュエーションです。

デートの帰り際に別れを惜しむ

二人きりでデートをした帰り道で、「まだあなたと一緒にいたいのに」と別れを惜しむ方法です。一緒に帰り道を歩いているときや別れる駅のホーム、ドライブデートであれば車の中で寂しいという気持ちを伝えましょう。

別れを惜しむようなセリフを言うのは勇気が必要ですが、あなたが勇気を出すことで相手も勇気を出して告白してくれます。

告白される方法はひとつではなくたくさんある

好きな人に告白されるには、性格面行動面を見直す必要があります。根本からの性格はなかなか変えられませんが、笑顔や冷静さを心がけることで印象はがらりと変わります。

行動面については、自分の好意を態度で示して両思いだということに気付いてもらうのが重要です。相手が両思いだと確信することで、告白する勇気を出しやすくなります。

関連記事