告白

告白したいときの準備やタイミングは?勇気を出す方法もご紹介

好きな人に告白をしたいけど自信がない

この記事で伝えたいポイント

・好きな人が自分のことをどう思っている?

・相手に好意があることを態度で示そう

・告白のベストタイミングをご紹介

・告白する勇気が出ないときの対処法をご紹介

好きな人に告白をしたいけれど、勇気が出なくてできないこともあるでしょう。自信をつけるためには、相手の態度から自分のことをどう思っているかを探り、脈ありだと判断したタイミングで告白をすることが大切です。

好きな相手は自分をどう思っているか分析する方法

好きな人が自分をどう思っているかによって告白すべきタイミングは異なります。脈ありであれば告白が成功する可能性は高いですが、ただの同僚やクラスメイトとしか思われていないなら相手に好意を持ってもらう努力をしなければなりません。

冷静に相手の態度を分析する

感情的にならず、客観的な目で相手の言動を見ることが大切です。冷静さを失わないようにしましょう。

LINEの反応から分析する

好きな人と仲良くなるために、LINEで連絡を取り合いましょう。用事が無くても雑談をすることでお互いのことを知ることができます。きちんと返信をくれる場合や、相手から用事が無くても連絡をくれる場合は順調な仲と言えます。LINEの内容が盛り上がっていると脈ありです。

相手が既読スルー・未読スルーをする場合や、あなたからしかLINEを送っていない場合は脈なしです。

デートに誘って反応を見る

お互いの趣味や話題の映画の話などをして、「今度二人で行こう」と誘ってその反応を見てみましょう。嬉しそうにOKしてくれたら脈ありです。日程調整などもスムーズに進むでしょう。

「みんなで行こう」や「最近忙しい」と二人で行くことを断られたら脈なしです。なぜなら、好きな人とは忙しくても何とか都合をつけてデートをしたいと考えるからです。

脈ありサインがあるかどうかを観察する

好きな相手もあなたに好意を持っている場合、それをアピールするサインを示すこともあります。このサインがあると、あなたから告白されたいと思って待っている可能性が高いです。見逃さないようにしてくださいね。

具体的な脈ありサインをご紹介

・しばらく連絡が取れないと寂しそうにする

・用事が無いのに頻繁にLINEを送ってくる

・「あなたの○○なところが好き」と褒めてくれる

友達や同僚に協力してもらう

共通の友達や同僚に協力してもらい、相手が自分のことをどう思っているかを探ってもらう方法です。中学生や高校生であれば共通の女友達・男友達が多いので、試しやすい方法でしょう。

ただし、協力を頼む友達は信頼できる人でなければいけません。なぜなら、周囲に言いふらしたり適当な対応をされたりして正しい判断ができない可能性があるからです。

他の人との距離感の差から分析する

好きな人が自分以外の異性とどのような距離感で付き合っているのかを見てみましょう。もし、自分といるときが一番楽しそうで会話も盛り上がっているようであれば、両思いの可能性が高いです。

ただし、この方法では客観的な目で見なければいけません。なぜなら、自信がない人は他の人といる方が楽しそうと思い込んだり、逆に自信過剰な人は自分と一緒のときが一番楽しそうと判断したりするからです。

相手に好意があることを態度で示すポイント

相手に自分の好意を示すことも重要です。なぜなら、相手に好意を伝えることで相手から意識してもらえる可能性があるからです。どんどん自分の気持ちを表に出しましょう。

素っ気ないと勘違いされる

好きな人を前にすると緊張して逆に素っ気なくなることもありますが、相手はあなたに嫌われていると勘違いするかもしれないので気を付けてください。

積極的にLINEなどで関わりを持つ

好きな相手に自分からLINEを送ったり、積極的に話しかけに行ったりすることでアピールする方法がおすすめです。なぜなら、お互いのことをよく知ることができますし、自然と仲良くなれるからです。

ただし、あまりしつこくしすぎると相手の迷惑になるので注意してください。相手が忙しいときはLINEを控えたり受験が近づいたら邪魔したりしないなどの気遣いも大切です。

相手の長所を見つけて褒める

「いつも優しくて素敵です」などのように、相手の長所を見つけて褒めるという方法です。1回だけではなく、様々な長所を見つけて褒めてください。そうすることで相手は、きちんと見てくれているのだと実感します。

性格面や仕事面、勉強面でも気づいたことは何でも相手に伝えて褒めましょう。「あなたの◯◯なところが好き」という伝え方であれば効果倍増です。

軽くボディタッチする

一緒に話しているときにボディタッチをすることで、相手に好きだとういことを示すことができます。ただし、ボディタッチは好きな人にだけするようにしましょう。誰に対してもしていたら、みんなに同じことをしているのだと思われてしまい逆効果です。

二人きりのときであれば話の流れでマッサージするのがおすすめです。人前では談笑中に軽く肩や腕に触れる程度が良いです。

相手の趣味に興味を持つ

まずは相手の趣味を聞いてみましょう。自分も興味があってすでに詳しいものならそのままその趣味の会話で盛り上がれます。しかし、必ずしもそうとは限りませんね。その場合は相手の趣味のを勉強して、一緒に会話を楽しめるようになるのがおすすめです。

「仲良くなりたいから同じ趣味を始めてみた」「分からないことがあるから教えて欲しい」などのように伝えるとより効果的です。あなたの一途さが伝わります。

一緒にいるときに楽しそうにする

他の誰かといるときよりも、好きな人と一緒に話しているときは楽しそうにしましょう。好きすぎると緊張して上手く話せないこともありますが、まずは笑顔を心掛けてください。一緒にいるときによく笑うと、相手は自分に好意を持っているのかもしれないと感じます。

リアクション声のトーンにも差をつけると相手にも伝わりやすいです。ただし、演技のようにオーバーにすると不自然なので注意が必要です。

告白をするベストなタイミングとは?

告白したいけれどタイミングが分からなくてチャンスを逃し続けることもあります。いつ・どこで・どのタイミングで告白するかをあらかじめ考えておくことがおすすめです。早く告白しなければと焦るのは禁物です。

タイミングも大切

告白のタイミングを誤ると、成功する確率が下がってしまうこともあります。ベストなタイミングで告白して成功させましょう。

帰宅途中に公園へ寄り道

学校や会社から一緒に帰り、その途中に公園に立ち寄って告白するのがおすすめです。なぜなら、公園であれば落ち着いて話すことができ、好きな人との距離も近くなるからです。ただし、あまり遅い時間の場合は暗くて不向きなので、時間帯は夕方がベストです。

ベンチなどに座って少し話した後に切り出してくださいね。景色がきれいな公園だとロマンチックなので相手も喜んでくれます。

誰もいない教室や会議室に呼び出し

学生の場合は放課後の教室・同じ職場の人に告白したい場合は使われていない会議室に呼び出して告白する方法です。時間帯は夕方以降がおすすめです。社会人の場合は忙しい時間帯は避けてくださいね。

この場合はゆっくり話している時間が無いので、相手が来たらすぐに告白しましょう。簡潔に自分の気持ちを伝えることで、相手はドキッとするのでおすすめです。

食事デートの終わり頃に

大学生や社会人の場合はディナーに行き、食事の終わり頃に告白するのがベストタイミングと言えます。居酒屋などの騒がしい場所ではなく、落ち着いていて雰囲気の良いレストランがおすすめです。

ゆっくり食後のデザートやコーヒーを楽しんでいる時に切り出しましょう。早く告白したいと焦る気持ちもありますが、食後まで待って告白してください。この場合はゆっくり話す時間があるので、落ち着いて自分の思いを伝えるのが良いです。

女性が嬉しい告白のセリフ

女性には言ってもらいたい告白のセリフがあります。それは、男らしく簡潔に思いを伝えてくれるセリフです。男性心理ではカッコいいセリフを言いたいと思いがちですが、女性は男らしい態度を求めています。

簡潔に・男らしく・わかりやすいセリフがベスト

ドラマのような長い言い回しは逆効果です。なぜなら、短くまとめた方が思いが伝わりやすく女性はドキドキするからです。

ストレートに気持ちを伝える

男らしくストレートに「好き」と告白するのが一番女性の心に響きます。緊張しますが、はっきりと「好き」と言い切ってください。小声になったり「かもしれない」と濁したりするのは悪い印象を与えます。

ストレートに気持ちを伝える具体的なセリフ

・「好きです。付き合って下さい。」

・「大好きです。これからも一緒にいたいです。」

・「あなたの優しいところが好きです。」

一途な気持ちを伝える

今までずっと相手のことが好きだったという気持ちを伝えると、女性はとても嬉しく思います。一途に思っていたことを告白することで、誠実さや真面目さが相手に伝わって好印象です。

一途な気持ちを伝える具体的なセリフ

・「ずっと前から好きでした。」

・「出会ったときからあなたに魅かれています。」

・「今までも、そしてこれからもあなたのことが大好きです。」

思いやりの気持ちを伝える

好きという気持ちと一緒に相手への思いやりの気持ちを伝えるのがおすすめです。なぜなら、思いやりの気持ちを伝えることで女性は「この人となら幸せに過ごせそう」と考えるからです。

思いやりの気持ちを伝える具体的なセリフ

・「あなたのことを幸せにします。」

・「これからもずっと大切にします。」

・「絶対に悲しい思いはさせません。」

告白をする勇気や自信をつける方法とは?

告白するには勇気と自信が必要なので、なかなか踏み切れないことがあります。悩んでいるときは占いに頼りたいこともありますが、頼り過ぎるのはNGです。ここではどうすれば自信を持って勇気を振り絞れるのかをご紹介します。

プラス思考に切り替えることが大切
振られるかもしれないとマイナスのことを考えるのは止め、付き合えたらデートはどこに行こうかなど明るい未来も考えるのがおすすめです。

告白しないと後悔すると考える

このまま告白しないままだったら好きな人が他の誰かと恋人同士になるかもしれません。元カレや元カノと復縁する可能性もあります。転勤や卒業で会えなくなることも考えられます。想像するととても苦しい気持ちになると同時に、早く告白しようと考えるようになります。

焦ってはいけませんが、告白しないままだと長期間後悔してしまうことになります。出来るだけ早く行動に移し、片思いから両思いになれるように努力しましょう。

振られるのを恐れない

振られるのはとてもショックなので、もし振られたらと考えると告白できないままになってしまいます。告白しないと振られることはありませんが、関係も前に進まずもやもやした気持ちが続きます。

好きな人と両思いになるために努力をしてきたなら、その努力は必ず報われます。万が一振られてしまっても、相手と会えなくなるわけではありませんので良い友達関係を続けましょう。

自分にも魅力があると自信を持つ

好きな人が魅力的なように、あなたにも魅力や長所があります。今まで好きな人と仲良くなろうと努力してきたなら、相手もきっとあなたの魅力に気付いて素敵だと思っています。

優しい・頼りになるという魅力以外にも、真面目・努力家など自分では気付きにくい魅力もあります。また、好きな相手を一途に思っているところもあなたの長所と言えます。自信を持ってくださいね。

気になる人に想いを伝えよう!

告白をする前には、相手が自分のことをどう思っているのか探って様子を見たり、さりげなく好意を示して意識してもらったりという準備が必要です。この準備をきちんとしておくことで告白の勇気が出やすくなります。

シチュエーションやタイミングをあらかじめ考えておくことで、告白の成功確率は高まります。準備をおこたらず、自分に自信を持って告白してみましょう。

関連記事