恋愛

彼氏が重いときはどうする?重い彼氏と上手に付き合う7つの方法

彼氏が重くてめんどくさいならどうする?

大好きで、ようやく想いが通じてカップルになれた彼氏。でも……ラブラブなのはうれしいけど、最近「ちょっとめんどくさいな」「なんだか重いな」と感じている人はいませんか?

友達に相談したら、「ぜいたくな悩みだよ」と言われた人もいるかもしれません。しかし、「彼の重さのせいで気分が悪くなる……」という人は、手遅れになる前に要チェックですよ。

この記事で伝えたいポイント
  • 彼氏が重たいと感じる7つのポイント
  • 彼女が原因の3つのこと
  • 聞いてあげてもOKな彼氏の3つの言動
  • 別れたいと思ったときにする3つのこと
  • 重い彼氏と上手に付き合う7つの対処法

うちの彼氏って重い?診断のポイント

「彼氏が重い」と感じるポイントはいくつかあります。大抵は、嫉妬心から彼女の行動をチェックしてくることが多いようです。

彼氏は「俺の彼女なんだから当然」と考えているのかもしれませんが、そんな考え自体がとても重たく感じますよね。

彼氏を重たく感じるポイントはいくつかありますが、あなたの彼氏にいくつ当てはまるのかチェックしてみましょう。

嫉妬深いのは自信がないため 

嫉妬は、その背景に「自分に対する評価が定まっていない」「確固とした意見を持っていない」「理想の自分と現実の自分のギャップが大きい」と言った心理があることが指摘されています。

連絡がやたらと多い

朝のおはようからから夜のおやすみの挨拶だけではなく、「今何してるの?」や「ご飯食べた?」「これから誰とどこに行くの?」などと、やたらと連絡をしてくる彼氏がいます。

「付き合ってるんだから気になるんだよ」と言われると、さらに重いなと感じてしまいます。

連絡があまりにも多いのは、なんだか監視されているような気分になります。

LINEの返事を急かす

LINEをしていて返事をすぐにはできないこともあります。そんなときに「どうしたの?」「何かあった?」「早く返事をして!」などと急かされるのも、重いなと感じてしまいます。

彼女の様子が気になって仕方がない彼氏の気持ちもわかりますが、彼氏とのLINEばかりをしているわけにもいなかいので、とても困ってしまいます。

彼女の交友関係を知りたがる

彼女の交友関係を知りたがる彼氏も重く感じます。特に、男友達の存在には敏感です。

部活動や学校の行事、何かの集まりに対して「男性は何人いたの」と聞いてきたり、彼女と仲の良い男性がいるのかなどのチェックをしてきたりをします。

面と向かって「一緒に行動するな」とは言いませんが、遠回しに「あんまり仲良くするなよ」などと言ってきます。

SNSをいちいちチェックしてくる

インスタやツイッター、フェイスブックなどのSNSの投稿に対して「これ誰と行ったの?」「ここに男はいたの?」などといちいち聞いてこられると、とてもめんどくさいと感じてしまいます。

毎日チェックしているのが見え見えです。やはり監視されているような気分になり、ブロックしてしまいたくなります。

彼女の家族と仲良くなりたがる

彼女の家族と仲良くしている彼氏は傍から見ると「いい彼氏」と思えますが、あなたとの結婚までを視野に入れた下心がある場合もあります。

それは彼女と別れる危機に陥ったときに、彼女の家族から別れることを止めてもらえるからです。

家族と仲の良い彼女なら、「そうかな、じゃあお母さんの言うとおりに考え直してみようかな」と思ってしまいます。彼氏の巧妙な作戦です。

露出する服装を禁止する

彼女の服装にいちいちチェックを入れてくる彼氏の言動も重いと言わざるを得ません。

特に、肌が露出する服装を禁止しようとしてくる態度は呆れてしまいます。

他の男性から注目される心配があるのはわかりますが、女性はミニスカートやショートパンツも履いて、おしゃれを楽しみたいもの。

しかし「ファッションだから」と言っても理解してくれません。

「俺のこと嫌いになった?」発言をする

最後は「俺のこと嫌いになった?」という、本当に重たい発言です。LINEに返信できないでいたり、彼女の都合でしばらく会えない日が続いていたりすると、このような発言をしてきます。

彼女の自分に対する気持ちを試すために、いじけたり拗ねたりしているのですが、大人の男性がするとみっともなく思ってしまいます。

彼氏を重く感じるのは彼女にも原因がある?

彼氏が重たいと感じるのは、もしかすると彼女であるあなたにも原因があるのかもしれません。恋愛は、本来は結婚を前提にして2人でするものですが、どちらか一方が相手のことを気にかけなくなると要注意です。

あなたにその気がないのならば上手に別れる方向にもっていくべきですが、まだ好きならば彼氏の気持ちも考えてあげましょう。

感情は多少なりとも表情に出る

口では違うことを言っていても、表情はごまかせないようです。表情は左側が強調される傾向にあり、それだけ正直な気持ちが出やすいのです。気持ちを知りたい場合は左側に注目しましょう。

最近疲れている

単純にあなたが「疲れているから」という理由で彼氏への態度がおざなりになってしまい、彼氏から拗ねたりいじけたりするような重たい言動を引き出しているのかもしれません。

その場合は正直に「ごめんね、最近忙しくて疲れていて……」と話してみましょう。

思いやりのある彼氏ならばそこで理解を示してくれるでしょう。また、決して彼氏のことを嫌いになったわけではないこともアピールしておきましょう。

彼氏以外にも大事なものがある

あなたには、学校の勉強や仕事、友人との付き合いなど、いろいろな活動があるかもしれません。その場合は、あまり彼氏のことを構ってあげられないでしょう。

彼氏のことは好きだけれども、彼氏以外のことも好きなのです。

元々が恋愛体質ではないため、余計に彼氏の態度が重たく感じてしまうのかもしれません。

他の男性に気持ちが傾いている

もしかすると、彼氏以外の男性に気持ちが傾いてしまっているのかもしれません。もちろんその男性とお付き合いをしているわけではないけれども、何となく他の男性のことを考えているのではないでしょうか。

気づかないいうちに彼氏に冷たい態度を取っており、彼氏は敏感に感じ取っていることもあります。

他の男性の影が見えるからこそ、彼氏は重たい言動になるのでしょう。

重い彼氏の言うことは聞いてあげたほうがいい?

別れるまでの勇気もなく、でも重たいのはうんざりする……。さて、彼氏の重さが気になってきた場合はどうすると良いのでしょうか?

「自分にとって無理のない範囲で応じる」「あまりにもわがままなら指摘する」「強迫観念を感じるなら要注意」など、いろいろ考えられます。それでは細かく見ていきましょう。

ストレスがたまると病気になる

「彼氏の束縛が重すぎて、でも別れられない」と円形脱毛症になる女性も多くいます。このように”悪いストレス”は病気の原因になってしまうため、ストレスを軽くするための対処法が必要です。

無理のない範囲で応える

彼氏の重さの程度によりますが、無理のない範囲で応えることができるのならば、付き合ってあげましょう。LINEの返信をこまめにしてあげたり、自分のほうから連絡をしてあげたりすると彼氏は安心してくれるでしょう。

男性を含めた交友関係も、自分から紹介してあげると安心してくれる確率が高くなります。

度が過ぎている場合は指摘する

でも、度が過ぎている場合は、やはり彼氏に指摘をしましょう。「仕事が忙しいからそんなにしょっちゅうは返信できないよ」や、「あなたのことは好きだけど、しつこくされるのは嫌なの」などとはっきり言いましょう。

指摘されることで彼氏は「あ、俺、重たかったな」と気づいてくれることでしょう。

強迫観念や怖いと感じる場合は注意する

無理のない範囲で応えられる程度の重たさならば問題ありませんが、怖いと感じたり強迫観念を感じるならば、要注意です。

そんな感じがしたならば、決してあなたの思い過ごしなわけではなく、彼氏が持っている異常な何かを敏感に感じているのかもしれません。彼氏の言動に注意する必要があります。

重い彼氏とは別れたほうがいい?

重い彼氏とのお付き合いをいろいろ考えて、これ以上耐えられない場合は別れたほうが良いと言えます。

その場合は、彼氏を刺激しないようにして別れるのが良いでしょう。重たい彼氏を刺激すると、さらにエスカレートする可能性もあります。

しかし彼氏に未練がある場合は、自分自身の言動を見直す方法もあります。

自分は変えられるけれど他人は変えられない

何だかんだと言っても、他人の性格はまず変えられないと言って良いでしょう。それよりも手っ取り早いのが、自分の言動を変える方法です。自分が変わることで、相手の言動は確実に変化します。

負担になるなら別れるのもあり

始めのうちはいろいろと手を尽くし、彼氏の重たい言動を指摘してはみたものの、あまりにも彼氏の重たい発言が負担になるのであれば、思い切って別れる選択もありでしょう。

情にほだされて彼氏の重たい言動にずるずると付き合っていては、あなたの身も心も持たなくなってしまいます。彼氏を傷つけないようにして別れましょう。

刺激しないようにして別れる

単に重たいだけであれば問題ありませんが、もしかすると重たい言動がエスカレートしてしまいかねません。

別れを決意した場合は、彼氏を刺激しないようにして上手に別れましょう。

一番怖いのは、ストーカー行為に走られてしまうことです。それを避けるために、わざとあなたが彼氏に嫌われるようにするのもおすすめです。

自分の行動を見直す

彼氏の重たい言動が度を越えたものでないならば、そしてあなたが無理のない範囲で応えることができるのならば、あなたの行動を見直す方法もあります。

あなたのことが好きすぎる彼氏の不安を取り除いてあげるために、連絡のルール決めをするなどのいくつかの提案や行動をしましょう。自分の言動を変えることは、他人の言動を変えることよりも簡単です。

重い彼氏とうまく付き合う7つの対処法

重い彼氏と別れない場合は、いろいろな工夫が必要です。彼氏はあなたのことが大好きなので、別れる気があなたにないのでしたら、多少きついことを言っても問題ないでしょう。

具体的には「はっきり嫌だと伝えてみる」「忙しさを理由に距離を置いてみる」、または反対に「ぎゅっと抱きしめてあげる」などが挙げられます。それでは一つ一つ見ていきましょう。

Noを言う場合も愛情をもって

相手の欠点などを指摘しなければいけない場合、前置きとして良い部分を伝えることで素直に聞いてもらえる可能性が高くなります。恋愛テクニックとしても有効です。

嫌だとはっきり伝える

「もう本当に、重たいのは嫌なの」とはっきり伝えましょう。もしかすると彼氏は重たくすることで彼女も喜んでくれていると勘違いをしているのかもしれません。

しかしこの場合は、前置きとして「この後も良い関係を続けていくために言うんだからね」などと言いましょう。そうすることで素直に聞いてくれるでしょう。

忙しさを理由にして距離を置く

彼氏と別れるつもりはないけれど、ちょっと距離を置く方法もおすすめです。あえて遠距離恋愛もいいでしょう。そうすることで彼氏も冷静になり、重たい言動を改めてくれるかもしれません。

その場合の理由として「仕事や勉強が忙しい」と伝えましょう。そして実際に、仕事や勉強に集中しましょう。また、SNSの投稿も控えるのがおすすめです。

連絡するときのルールを作る

しょっちゅう連絡をくれる彼氏をうざったいと感じるならば、連絡をする日にちを決める方法もあります。

約束をして、1週間に一度、週末だけにするのです。2~3週間に一度でも良いかもしれません。

もちろん緊急の用事がある場合は別ですが、お互いの安否確認のような感覚でLINEやメールを利用しましょう。

あなたも新鮮な感じがし、彼を愛おしく感じるかもしれません。

行動をすべて教えてあげる

彼女の行動を把握したい彼氏には、思い切ってスケジュールをすべて教えてあげるのも良いでしょう。

もちろん何もやましいことがないので教えてあげればよいのですが、中にはあまり干渉されたくない人もいるでしょう。

しかし彼氏のことが好きなのであれば、割り切って教えてあげましょう。確実に彼氏は安心してくれることでしょう。

好きという気持ちをちゃんと伝える

彼氏はあなたの気持ちが不安だから重たい言動になっていると言えます。そのため、ちゃんと彼氏に「好きだよ」と伝えるのです。

もしかするとあなたは彼氏に対して「言わなくてもわかるでしょう」的な態度を取っているのかもしれません。

これは男性に多くみられる傾向ですが、女性にもこのような考えをする人はいます。まさにあなたがそうかもしれません。しかし、愛情はきちんと伝えましょう

いじけたら抱きしめてあげる

こちらも男性が女性に対して良く取る方法です。いじけたり拗ねたりしてきたら、黙ってぎゅっと抱きしめてあげるのです。やはり彼氏はあなたの気持ちが不安で不安でたまらないのです。

少しイラっとしても「なんていじらしいだろう」と思い直し、子猫ちゃんを抱きしめるようにして頭をナデナデしてあげましょう。

第三者に頼る

第三者に頼る方法もおすすめです。共通の友人や目上の信頼できる知人がいれば、彼氏との関係を相談してみましょう。

良いアドバイスがもらえることもありますし、さらに彼氏に上手に助言をしてくれるかもしれません。

彼氏も、大切な友人や知人からの助言であれば、素直に、そして冷静に聞いてくれることでしょう。彼女への言動が重たかったことに気づき、行動を改めてくれるかもしれません。

お互いにちょうどよく付き合えるのが理想形

彼氏の重たい言動はあなたを苦しめているかもしれませんが、もしかすると、彼氏自身が重たい言動をしていることに気づいていないのかもしれません。

まずはあなたが彼氏に自分の気持ちを正直に伝えましょう。案外と簡単に改まるかもしれませんよ。

カップルは束縛しあうことなく、お互いを尊重して付き合うのが理想です。どちらかが無理をすることにないように楽しく付き合ってくださいね。

関連記事