好きな人

もう好きな人の前で緊張しない!恋をスムーズに進展させる方法

好きな人の前で緊張するのをどうにかしたい

この記事で伝えたいポイント
  • 好きな人の前で緊張するとどうなる?
  • 好きな人の前で緊張してしまうのはなぜ?
  • 好きな人の前で緊張しない方法・事前準備編
  • 好きな人の前で緊張しない方法・本番編
  • 好きな人の前で緊張しない方法・日頃の心がけ編
  • リラックスして好きな人に会おう

好きな人が目の前に表れたり、すれ違うだけで緊張したことはありませんか?

緊張のあまり無表情や無口になったり、目を合わせられないという経験は誰でもあることです。緊張して恥ずかしいという姿を「可愛い」と思う異性もいます。
しかし相手に「嫌われているのかな」と誤解を与えてしまう可能性があります

できたら好きな人とは緊張せずにデートをしたり同じ時間を楽しく過ごしたいですよね。
今回は「好きな人の前で緊張してしまう」というアナタへ、解決方法をご提案したいと思います。

好きな人の前で緊張するとどうなる?

好きな人の前で緊張した時、体調の変化を感じたことはありませんか?

手が震える、声が出ない、お腹が痛くなる、吐き気がある、赤面になる、手汗をかくという不調は誰でもよくあります。せっかく好きな人が目の前にいるのに思うように話せず疲れてしまったり、相手を驚かせてしまうほどの不調に見舞われるのは嫌ですよね。

緊張は気持ちが本気だという証拠
重症化すると体が固まるなど挙動不審になってしまう人もいるでしょう。しかし本当に好きだという気持ちがあるからこそ緊張するものです。その気持ちを大切にしていきましょう。

緊張して手や体が震える

緊張したときの代表的な特徴として、声や手足が震えることがあります。
恋愛以外のシーンでも人前で挨拶をしたり、受験や就職面接の時に極度の緊張状態になる人は多く、恥ずかしいことではありません

まずは「緊張は克服できる」ということを覚えておいてください。

お腹が痛くなったり体調が悪くなってしまう

特に男性に多い緊張として、お腹が痛い、気持ち悪い、ご飯が食べれないなど、体調に現れる人がいます。重症化すると過呼吸になることもあります。
学校や職場でならまだしも、外出先や車内で体調不良に陥ると対応に困りますよね。

腹痛を止める薬などもありますが、できるなら緊張そのものを克服し体への負担を減らしたいところです。

無口や早口になるなど挙動不審になってしまう

緊張のあまり無口になったり、逆に早口になって咳き込んでしまったり、会話が思うように続かなくなってしまうこともよくありますよね。

早口になっても「緊張している」と相手に気持ちを伝えられれば良いですが、無口だと「何を考えているのだろう?」「機嫌が悪いのかな?」「無愛想だな」と相手に誤解を与えかねません。ぜひ克服したい症状の一つと言えます。

好きな人の前で緊張してしまうのはなぜ?

好きな人とお付き合いできなくても、遠くから見られるだけ・話すだけでとても緊張しますが、反面多くの幸せを感じることもできます。

楽しいはずの恋愛が緊張のせいで「疲れる」「楽しくない」と感じてしまわないように、緊張する原因と和らげる方法を調べていきましょう。

心と体は密接につながりがある証拠
なぜ緊張すると体調に変化がでるのでしょうか。好きな人が目の前に現れると心臓がドキドキしたり、赤面してしまうなどの体調の変化にはしっかりと原因があったのです。

緊張による血圧や心拍数が急上昇する

心と体は想像以上に密接なつながりがあります。そのメカニズムを説明しましょう。

血液の中に存在する神経伝達物質が、緊張状態になると活発化し血圧や心拍数が急上昇するためと言われています。緊張による体調の変化は仕方がないと言えます。
肩の力を抜いてリラックスしましょう。

「失敗」を意識しすぎる

「好きな人の前で話がしたい」「可愛いと思われたい」といつも以上の自分を演出しようとするあまり、「失敗してはいけない」と意識したことはありませんか。

「〜してはいけない」という自己暗示が実は一番厄介なものです。こうでなければいけないという心理から失敗を恐れてしまい、緊張のあまり失敗し「やっぱりダメなんだ」と落ち込んで失敗例として強く脳裏に残ってしまうことがあります。

「チャンスは一度だけ」という勘違いをしてしまう

告白する、電話をかける、初デートに誘うなど、ファーストコンタクトを実行するには相当な覚悟が必要ですよね。
「断られたらどうしよう」「もう話もできなくなるかも」という不安から「失敗してはいけない」「チャンスは一度きり」だと勘違いをしてしまう人が多くいます。

しかし相手に恐怖や不快を与え生理的に拒否されない限り、チャンスは何度でもあるという事を念頭に入れておいてください。「ダメで元々!」と開き直ることでチャレンジしやすくなることもあります。

好きな人の前で緊張しない方法・事前準備編

好きな人の前で楽しく過ごせるように、まずは自分に合った緊張しない方法を見つけていきましょう。

事前準備なしで、いきなり2人きりでデートをしてしまうと緊張して話せない、笑えない、相手の顔を見られないなど余計緊張してしまいます。
まずは連絡先を交換しメールやラインで相手との距離を縮めていきましょう。友人にサポートしてもらい、グループで遊ぶこともオススメです。

無謀な挑戦より事前準備をしよう
「当たって砕けろ」という言葉がありますが、無謀な挑戦よりも事前準備を行うことで、緊張だけでなく失敗する確率も格段に低くなります。

連絡先を交換して接点を増やす

まずはメールやLINEなどの連絡先を交換しましょう。電話番号は何かあった時に簡単に変更することができないため、交換を嫌がられる可能性があります。LINEであれば追加、ブロック、削除が容易にできるので相手にとってもハードルがグッと下がるでしょう。

時間帯を見計らいながら、短文をテンポ良く送りましょう。LINEの返信がないからといって、しつこく送ると嫌われる可能性があるので注意しましょう。

相手の好き・嫌いを確認しておく

好きな人と今後関わっていく上で、好き・嫌いを把握しておくことはとても重要です。

食べ物や動物に対しアレルギーを持っていた場合、カフェや動物園などで発作を起こし命の危険に晒されるかもしれません。はっきりと「ここは嫌だ」と言ってくれる人なら良いですが、気を使って我慢させる可能性があります。遊園地を計画する場合は高所恐怖症じゃないかも聞いてみましょう。

話題を考えておく

時間には限りがあります。うまく話せないと悩んでいる人は話題を考えておきましょう。会話がはずむような、相手が好きな食べ物や動物、趣味に映画や車、芸能人やアーティストなど答えやすい話題を考えておきましょう。

学校や勉強、仕事の相談もおすすめです。初対面で自分の情報を深掘りされると警戒する人もいますが、相談であれば会話のキャッチボールが続く可能性が高いです。

笑顔の練習をする

男でも女でも、話すときに不愛想だったり、そっけない態度を取られると相手は「次から会いたくない」と思ってしまいます。

逆の立場だったらどうでしょう。好きな人が無表情だと悲しく不安になりますよね。相手は自分の鏡だと考え、不快感を与えない仕草や笑顔の練習をしましょう。友人に見てもらい意見をもらうのも良いでしょう。

シュミレーションをする

お出かけの約束ができたら、まずはシュミレーションしてみましょう。実際にデート場所を下見してみるのも良いかもしれません。

歩きやすい場所か、トイレが近くにあるか、飲食店であれば混み合う時間帯、会話が聞き取れないほど騒がしい場所ではないか、タバコが嫌いな人であれば喫煙所が近くにないか探しておくと良いでしょう。相手に楽しく過ごしてもらうには思いやりが必要です

伝え方の練習をする

知り合ったばかりの異性を唐突に誘ったら、断られる可能性が高いですよね。
例えば「ご飯行かない?」と誘うと「ごめん、その日用事があるんだ」とすんなり断られてしまうかもしれません。

これを「パスタとカレー、どっちが好き?」と具体的に想像させ選択肢を与えてみましょう。好みを知ることができる上に「駅前に美味しいお店があるんだ」と会話を広げることもでき、成功する確率はグンと上がるでしょう。

好きな人の前で緊張しない方法・本番編

話題作りや仕草、デートコースのシュミレーションなど事前準備はできました?いよいよ待ちに待った本番です。
事前に何度も練習していれば自信がつき、きっと落ち着いて行動することができるでしょう。

ミスしても挽回できます
相手が楽しめる環境を用意するため、まずはあなた自身がリラックスしましょう。ミスしてもフォローすればチャンスは巡ってきます。

肩の力を抜いて落ち着く

深呼吸をして肩の力を抜きましょう。緊張状態では視野が極端に狭くなってしまい、相手が求めていることも見えなくなってしまいます

もし笑えないほど緊張してしまったのなら、一度トイレに行ってみましょう。
肩や体の緊張をほぐし、鏡の前で笑顔の練習をしてみましょう。デートの約束にこぎ着けた自分に自信を持ちましょう。きっと大丈夫です。

聞き役に徹してみる

緊張のあまり話せないと思ったら、いっそ聞き役に徹しましょう。女性は特に話すのが大好きだという人が多くいます。
相槌を打ちながら、相手の話を聞くだけでしっかりとデートは成立します。

目を見て話を聞くことで、相手は「ちゃんと話を聞いてくれる、優しい人だ」と、あなたに対して安心感を抱くでしょう。普段よく話すという人もたまには聞き役になるといいかもしれません。

話題を振ってみる

会話が止まってしまったら、相手に話題を振ってみましょう。事前準備で用意しておいた好きな事や趣味の話を聞いてみるチャンスです。

大事なことは「期待し過ぎない」ことです。聞いたら相手は必ず答えてくれるだろうと思ってしまいます。しかしあなたがそうであったように、相手も緊張して思うように話せない状態かもしれません

もしかしたら何か深刻な悩みがあり会話に集中できていない理由かもしれません。2、3話題を振ってみて空回りしていると感じたら素直に「ちょっと疲れた?」などと相手を気遣って見るのも良いでしょう。

映画を見に行く

お互いに会話が苦手なカップルにオススメなのが映画デートです。互いに緊張した顔を見られず暗闇で落ち着くことができます。好みの合う映画を見るとその後の感想を話し合うのに絶好のチャンスです。

特に見たい映画がない場合は相手に合わせてあげると良いでしょう。しかし、興味がないからといって寝たりするとあなたの評価はダダ落ちしてしまいますので注意が必要です。

グループでカラオケに行く

二人きりで会うほど距離が縮まらない・恥ずかしい場合は、友達にサポートをお願いしグループでカラオケに行きましょう。

会話ができなくても歌うことで、好みのアーティストを伝えることができます。歌が下手であれば裏方に回り、盛り上げ役に徹しましょう。笑顔でタンバリンを叩く姿に「ノリが良い頼もしい男の人」「可愛い」と印象付けることが期待できるでしょう。

好きな人の前で緊張しない方法・日頃の心がけ編

これまで事前準備や本番にすることを確認してきましたが、それでも思ったように話せない男女は多く存在します。こうなると重要なのは「日頃の心がけ」です。

異性が苦手な人は、無理に会話をする必要はありません。近い場所で楽しそうにするだけで好印象を与えることができます。

大事なことはチャンスを無駄にしないこと
いつ好きな人から誘われたり、話しかけられるか分かりません。チャンスが逃げることがないよう日頃から緊張を和らげる練習をしましょう。

異性と話す機会を増やして慣れる

異性と接することが少なかった人にとって、好きな人とふたりきりで会ったり話たりすることはハードルが高いでしょう。

まずは異性そのものに慣れる練習をしてみましょう。グループカラオケや会社の飲み会に参加して「楽しい」という経験を積み重ねることで緊張を和らげることができます。慣れてきたら自分から誘う練習をしてみても良いでしょう。

たくさんの人物と会う

人と接することが苦手だという場合は、大勢の人物が集まるパーティなどに参加してみましょう。全員と話す必要はありません。たった一人でも会話ができれば成功と思いましょう。

大勢の中に紛れると悪目立ちしていないか気になり緊張してしまいますが、よほど奇抜な行動をしない限り人はあなたを見ていません。まずは友人と参加するなどして人とのコミュニケーション能力を高めていきましょう。

気の置ける友人にダメ出ししてもらう

緊張してしまうのは自信のなさの現れとも言えます。自分で「ここがダメだな」と思うところや、日頃の姿を気の置ける友人に見てもらうのもオススメです。

緊張している時ほど、客観的に自分を見つめることができません
まずは仲の良い友人とグループで遊び、緊張した時に「無表情になってるよ」「肩の力を抜いて」「ため息をついてるよ」と注意してもらうようにしましょう。「一人じゃない」という安心感を得ることもでき、冷静にマイナス面を発見することができます。

リラックスして好きな人に会おう

緊張は誰でも経験することですが、大人になり数多くの成功体験を積み重ねることで度胸に変わります。クラスや職場で人気者なあの人も、実は緊張してるかもしれません。10代や20代の若者の場合はまだ経験が浅く、少しの緊張がストレスになってしまいます。

しかし恋愛はとても楽しいことです。すれ違うだけでドキドキするのも、実は恋愛の醍醐味と言えます。緊張の全てが悪いことではありません。

緊張をほぐすことができたら、ぜひ好きなあの人に電話をかけたり、ドライブに誘ってみてください。今まで足踏みしていた恋愛がスムーズに進展するかもしれません。

関連記事