好きな人

好きな人と目が合う意味とは?両思いかどうかを判断しよう

好きな人と目が合うのは両思いの証拠?

この記事で伝えたいポイント
  • 好きな人とはどんなときに目が合うの?
  • よく目を合わせてくれる人にはどのような心理がある?
  • 目が合ってもすぐにそらしてしまう人にはどのような心理がある?
  • 目を合わせるのはどのようなときなのか判断のポイントは?
  • 目が合うからといって好意があるわけではない?
  • よく目が合う人と今以上に仲良くなるには?

好きな人が自分のことを見てくれていたら、相手も自分のことを好きなのかもしれないと期待を抱いたり、逆に目が合わないと嫌われているのかも、と落ち込んだりします。

目が合う、そらさないというのは心理なのか、脈ありかどうかの判断のポイントはどこなのかなど、目が合うということからどのようなことがわかるのか解説していきます。

好きな人と目が合うのはどんなとき?

好きな人と目が合うと嬉しいですよね。自分が見ていたからだとは言え、視線に気付いてこちらを見てくれたということです。

ましてや自分が見ていないときに好きな人と目が合うなんて、両思いとしか思えませんよね。しかし、必ずしも好きな男性と目が合うことが、自分に好意があるという証拠にはならないのです。
ではどういう理由で目が合うのでしょうか。

好きな人と目が合わない理由は?

好きな人を幾度となく見つめているはずなのに全然目が合わないということは、あなたに気がなく、視線には気付いているけれど意図的に見ないようにしているからです。しかし稀に、どれだけ熱い視線にも気づかない人もいるので、その人のタイプで見極めましょう。

好きだから自然と目で追ってしまう

好きな人のことは自然と目が追ってしまいます。好きな人をよく見ていると、視線に気付いて目が合うことがありますよね。

しかしそれは女性だけではなく男性も同じです。好きだということをアピールするために意図的に見る、無意識のうちに目で追ってしまうなど、自分が見ていないときにも目が合うのは、あなたに好意を伝えようとしているのかもしれません

露出が多いので反射的に見てしまう

必要以上に肌を露出していると、男性だけでなく女性でもついみてしまいます。きれいだな、と体のラインを見ているか、露出しすぎてない?と思って見ているかどちらかです。

肌の露出は、セクシーだといいように見る場合と、目のやり場に困る、露出狂なのかというように悪いほうに見られれる場合もあるので、特にオフィシャルな場では控えましょう

かわいいのでつい見てしまう

好きだからではなく、ただ顔や言動、仕草や雰囲気などがかわいいと思って、つい見てしまうという場合もあります。この場合は恋愛対象としてではなく小動物のようにかわいく思っています。

恋愛対象としては見られていなくても、少なくとも嫌われてはいません。多少なりとも好意を持っているはずなので、自信を持ってもいいでしょう。

視線を感じて視線の先を見ているだけ

よほど鈍感でない限り、男性は周囲の視線に敏感なので、自分に向けられている視線にはすぐに気づきます

しかし、自分に好意を持ってくれているから見られているのだということまでは気づけません。自分に何かおかしいところがあるのか、なぜ見られているのかと不審に思ってしまうので、あまりジロジロ見るのはやめましょう。

意味はなくぼーっとしているだけ

男性でも女性でも、意味なくぼーっとしているだけということもありますよね。そのときはどこか一点を見つめているということが多いです。

仕事のことを集中して考えているとき、集中しきれなくてぼーっとしているときなど、視線がどこかに集中してしまいます。しかしこの場合は、たまたま視線の先に自分がいただけで、何も意味はありません。

よく目を合わせてくれる人の心理

好きな人のことは、気がつけば見つめてしまっているということがよくあります。視線に気づいて目を合わせてくれる人もいますよね。

言葉では伝えられない気持ちを目で伝えようとじっと見つめる、相手がどのような人なのか興味を持ち、観察する意味で見ているなど、よく目を合わせてくれる人にはどのような心理があるのか解説します。

好きな人が目を見てくれないのは?

会話をしていても目を見てくれないのは、コミュニケーションを取る気がない、相手を嫌っている、何か嘘をついていることがあるなどあまりいい理由はありません。しかし、単純に恥ずかしくて目を見ることができないという場合もあります。

好意を伝えようとして見ている

好きな人がいてもなかなかすぐに言葉に出せないですよね。でも自分の気持を知ってもらいたいとは思っています。そういうときは、目で自分の好意を伝えようとしてくれているのかもしれません。

話しかける、近くの席に座るなどアピール方法は他にもありますが、視線を合わせてくれるとき、長時間目が合っているなら、好意を持ってくれていると判断できるでしょう。

興味があって見ている

好意とまではいかなくても、興味がある場合もその対象をじっと見ていることがあります。視線に気づいて目が合う場合、興味がなければすぐに目をそらすので、目が合っているということは、今は興味だけでもその後好意に変わる可能性があるということです。

興味がある対象は、ファッションや仕草、言動など、女性本人ではない場合もあります

相手を観察している

視線い気付いて目を合わせても、相手がどのような人なのかがわからなければ不安に感じます。そのため、どういう人なのかを探るために目を合わせているのです。

そして相手が好意を持ってくれているのかどうか、自分の勘違いにならないためにも相手をよく見て観察します。相手を見つめることで好意があるかないかは判断できるのです。

目が合ってもすぐそらす人の心理

好きな人と目が合っても、すぐにそらされてしまうと悲しいですよね。それだけで気分も落ち込んでしまいますし、嫌われているのかと不安になってしまうこともあります

目が合っただけなのだから、笑顔を、とまではいかなくてもすぐにそらさないで欲しい、と思ってしまいます。すぐに目をそらす人にはどういう心理が働くのでしょうか。

目を合わせることが苦手な理由は?

男性も女性も目を合わせることに苦手意識を持っている人は少なくないです。その理由として、自分に自信がなく引け目を感じる、好きすぎて恥ずかしいといった理由が多く見られます。

恥ずかしくて照れるから

見られていると意識すると照れてしまい、すぐに目をそらしてしまうというパターンで、目を合わせるのが恥ずかしい、好きな人に見られていて恥ずかしいなど、相手の視線にドキドキしてしまうのです。

目をそらした後、ちょっと頬がほころんでたり、顔や耳が少し赤くなっていたりするのは、相手を好きすぎるから目が合わせられないということになります。

気まずいと思っているから

目が合うということは、相手のことを見ていたからですよね。その相手のことを見ていたということが気まずいと思い、すぐに目をそらしてしまうパターンです。

じっと見つめられると、自分に好意があるのではないかと思ってしまいますが、見ている側もそう思われることを知っています。そのため、見ていたことがバレたことが気まずくなるのです。

ただただ興味がないから

ただただあなたに興味がないから、目が合うことがあってもすぐに目をそらしてしまうというパターンもあります。興味がないのにいつまでも目を合わせている理由がありません。目が合ったということもたまたまなのでしょう。

前述のように相手に好意があり、それがバレるのが恥ずかしいのとは違い、本当に全く興味がなくそらされるということもあるのです。

目を合わせるのは好きだから?判断のチェックポイント

好きな人と目が合っただけで、目を合わせるのは好きだからだと判断するのはまだ早いです。もちろん好きだから見ていて、目も合わせるかもしれませんが、そうでない場合もあります。

目を合わせるということは、そこに必ずしも興味や好意が存在しているとは限らないのです。勘違いして悲しい思いをしないようにチェックしてみましょう。

目が合うのに嫌われている場合もある?

女性は特に、嫌いな人のことも意識します。好きな人よりも嫌いな人の方が感情として強いので、嫌いな人であっても見てしまうのです。そのため、この場合はあまり恋愛には発展しにくいでしょう。

目が合う頻度を考えてみる

まずは目が合う頻度を考えてみましょう。たまたま数回目が合っただけで自分のことが好きなのかも、と思うのは早すぎます。

目が合う頻度というのは意外と重要なチェック項目で、たまたま一回好きな人と目が合うだけでも嬉しくて舞い上がり、勘違いしそうになってしまうのです。そのためそこは抑えて、冷静にチェックしてみましょう。

目が合っている時間を考える

お互いが好きなら、じっと見つめ合う時間も長くなるので、目が合っている時間を考えるというのも大事です。

少し興味があるだけの人やただたまたま目が合っただけの人の場合は、それほど長く相手の目を見るということはありません。前述の目が合う頻度と合わせて、何度も目が合う、目が合っている時間が長い、となれば脈ありな可能性はかなり高いでしょう。

自分の格好が変ではないか確認してみる

最後に、自分の格好が変ではないか確認してみましょう。服や髪に糸くずがついていないか、コーヒーのシミなどはないか、ファスナーがあいたままになっていないか自分で確認してみましょう。

ありえないと思うかもしれませんが、よく目が合う人が自分のことを好きかも、と思っていたら自分の格好に問題があったという話は珍しい話ではないのです。

目が合うのが好意ではない場合もある?

最近好きな人とよく目が合うので、自分のことが好きなのかもしれないと期待していたら、恋人がいることが発覚して、ショックを受けたことがあるという人は少なくないのではないでしょうか。

冷静に考えて目が合ったのは一回や二回ではなく、勘違いするのに十分な回数だったのにも関わらず、好意を持たれていないという場合もあるのです。

男性と女性で違う、会話をしているときにきちんと目が合う心理とは?

男性は会話をしながら、ターゲットに定めた獲物をじっと見つめ、精査しています。しかし女性は、相手のことをよく知ろうとするために、見つめることで相手を観察をしているのです。

礼儀として目を合わせているだけ

好きな人が視界に入るところにいれば、無意識に目で追ってしまいますよね。あまり見すぎては失礼なのはわかっていても、つい見てしまいます。

自分はこっそり気づかれないように見ているつもりでも、見られていると気になるのは当たり前です。ただ見られているから礼儀として視線を返すだけで、好意があるわけではありません。

仕事なので仕方なく目を合わせているだけ

好きな人と同じ職場だった場合、仕事なので仕方なく目を合わせているだけだという可能性もありますよね。

一緒に仕事もしていてよく目が合うのは自分に好意があるのかも、と期待しそうになりますが、仕事上必要であるから目を合わせているだけです。仕事から離れても同じように目が合うかどうかチェックしてみるといいでしょう。

頼み事があるので目を合わせているだけ

実はあなたに頼みたいことがあるため、いつ話そうかタイミングを見計らっているのかもしれません。

それは他の人ではだめなことだから、確実に受けてもらいたくて、機嫌がいいとき、受けてもらえそうなときなどを観察しているのでしょう。
よく目が合うと思っていた矢先声をかけられたら、告白ではなく頼み事をされる可能性があります。

よく目が合う人とさらに仲を深めるには?

好きな人とより仲を深めるにはどうすればいいのでしょうか。好きな人とよく目が合うだけでも嬉しいですが、できればそこから関係を進めたいですよね。

よく目が合う人は、最初は好きではなくても、頻繁に目を合わせているとその人のことを好きになっていくということがありえます。このことを利用して好きな人との仲を深めましょう。

苦手ではなく目を見ることができない人もいる?

目を見ることが苦手なだけであれば克服はできますが、対人恐怖症や強迫観念が強い場合など、目を見ることを強いると息苦しくなる、体、特に手足が震える、声が出なくなる、尋常ではない汗をかくなどという症状が現れます。

相手を見つめる頻度を増やす

まずは、相手を見つめる頻度を増やしましょう。相手を見つめる頻度を増やそうと思うだけでも、今までよりも目が合う頻度は増えるでしょう。

男性は一度自分のことが好きなのかもしれないと期待すると、ますます好きな気持が大きくなっていくという特徴があるので、好きな気持を高めるためにも目が合う頻度を増やしましょう。

相手を見つめる時間を増やす

好きな人と目が合ったら、見つめている時間を増やしてみましょう。前述の目が合う頻度を増やすのと同時に、長く見つめられると相手はドキドキするし、期待もします

好きな人と見つめ合うなんて緊張しますが、柔らかい表情で見つめるようにしましょう。せっかく好きな人と見つめ合う貴重な時間なのに、顔がこわばっていると効果も半減してしまいます。

目があったときに笑顔を返す

目があったら笑顔を返しましょう。相手が好きな人なら緊張して表情がこわばってしまうかもしれませんが、見ていることを好意的に受け取って欲しいものです。

好意を持っていても自分からなかなか行動にうつせない男性は思いの外多いものです。軽くニコっとするだけで、そんな消極的な男性に少し勇気を与えることができるでしょう。

「よく目が合うね」と話しかけてみる

「よく目が合うね」と、思い切って自分から話しかけてみましょう。勘違いではないくらい目が合っているのなら、相手も何か行動を起こしたくてウズウズしているのかもしれません。

よく目が合うことをネタに話しかけると言っても、相手をからかうような口調では相手の気持ちが急降下してしまいます。緊張もしますがくれぐれも言い方には気を付けましょう。

目が合ったらデートに誘ってみる

よく目が合うのに、それ以上のアクションを何も起こされないなら、自分から積極的にアプローチしましょう。

何もないときにデートに誘うのは少しハードルが高い気がしますが、目が合ったすぐ後なら比較的スムーズに誘うことができるのでおすすめです。相手が自分に好意を持っているというタイミングを逃さずにアプローチしましょう。

好きな人とのアイコンタクトを両思いに繋げよう

好きな人と目が合うというのは、あなたに好意がある場合が少なくありません。男性は女性よりも、視線に好意が現れやすい生き物なので、脈ありかどうかもわかりやすいことが多いです。

目が合うからといって積極的な男性ばかりではありませんから、今の状態から関係を進めたいのなら、自分から目が合うというきっかけをうまく使って、両思いに繋げましょう。

関連記事