好きな人

好きな人に嫉妬させて恋愛を上手くいかせる方法は?NG行動は?

好きな人への嫉妬心とはどういうもの?

好きな人への嫉妬は、多くの人が経験しているでしょう。好きな人が他の異性と接しているのを見て、イライラしたり怒ったり、落ち込んだりする嫉妬心は、相手を好きだと再確認させられる感情でもあります。

そんな嫉妬心について深く知り、恋愛を有利に進めるための武器にしてみましょう。好きな人に上手く嫉妬させることができれば、相手から告白されるのも夢ではありませんよ。

この記事で伝えたいポイント
  • 好きな人への嫉妬心とはどんなもの?
  • 好きな人との仲を深めるには嫉妬心も必要?
  • 嫉妬心があるとどんな気持ちになる?
  • 好きな人を嫉妬させた3つのシーン
  • 好きな人の嫉妬心を刺激する5つのテクニック
  • よくある嫉妬のサインとは?
  • 好きな人を嫉妬させるデメリット

好きな人との仲を深めるには嫉妬も必要?

好きな人との恋愛を上手く行かせるには、嫉妬は邪魔になりそうですし、実際に嫉妬心のせいで関係が悪くなってしまうカップルや友達はたくさんいます。

しかし、嫉妬心は悪いことばかりではありません。嫉妬という感情は、相手への深い関心や愛情がないと湧き上がらないものなので、嫉妬心に気が付くのと一緒に、相手への愛情を再確認することもあるのです。

嫉妬心はマイナスにもプラスにもできる
嫉妬心がマイナスに働くことは多くの人が経験していますが、プラスに働くのは稀です。しかし、モテる男女は本能的に相手の嫉妬心を上手く活用しています。

嫉妬がきっかけで仲が深まることがある

嫉妬心は、マイナスの感情のように捉えられますが、嫉妬で相手への好きな気持ちに気付くことで2人の仲が深まることがあります。

例えば、今まではただの友達だと思っていた相手が、他の異性と楽しそうに話しているのを見て無性にイライラして、嫉妬心が湧き上がるのと一緒に好きな感情に気付くという感じです。また、嫉妬心が原因で本音を言い合って、結果的に付き合うことになるという話も少なくありません。

嫉妬でマンネリ解消に役立つ

好きな人が異性と楽しそうに話していたり、他のことに熱中したりして嫉妬心が出てくることで、改めて相手への愛情に気付くことがあります。嫉妬心は、独占欲を高め相手への執着心に気付かせてくれます。

付き合いが長くなったカップルや夫婦でも、嫉妬心が原因で相手への気持ちが高まり、マンネリが解消し今まで以上に仲良くなることもあります。

嫉妬は相手を独占したい証拠

恋愛における嫉妬心は、相手を自分だけのものにしたいという独占欲の現れです。独占したいという欲求は、相手を好きでなければ湧き上がらないので、嫉妬することで相手への愛情に気付く人も多いです。

嫉妬するのは、あまりいい気分ではありませんが、どうしようもなくイライラしたり不安になったりする気持ちは、相手を好きで自分だけを見てほしいと思っている証拠で、見方によっては素敵な感情です。

嫉妬心があると人はどういう気持ちになる?

嫉妬心があると人はどんな気持ちや態度をしてしまうのか、一度チェックしておきましょう。あなたが好きな人への嫉妬心で悩んでいるなら、客観的に嫉妬心と向き合うことで解決策が見えてくるかもしれません。

また、好きな人に嫉妬させて恋愛を有利に進めたい人にとっても、嫉妬すると人はどうなってしまうのか知ることは大切です。

嫉妬心はコントロールできない
嫉妬心はとても強い感情なので、隠そうとしても態度や言葉に影響を与えます。ただし、嫉妬は怒っている人の態度と似ているので間違わないようにしないと、相手に嫌われてしまうので注意しましょう。

怒りが沸き上がりイライラする

嫉妬心があるときの代表的な態度が、好きな人や周囲の人に怒りの感情が出てイライラするというものです。これは、多くの人が経験している感情ではないでしょうか。

相手が悪くないのは分かっているのに、どうしても楽しそうな好きな人にイライラしてしまい、態度が冷たくなることがあります。怒って好きな人を遠ざけようとしているのに、気にして欲しいという感情はあるので、嫉妬されている人が戸惑うことも多々あります。

好きな人への独占欲が高まる

付き合っているかどうかは関係なく、好きな人に嫉妬すると自分だけのものにしたいという独占欲が出てきます。嫉妬という感情は苦しいので、自分だけのものにすれば苦しさがなくなると考えるからでしょう。

他にも、自分以外の人と仲良くして欲しくない、他の異性を見て欲しくないという気持ちから、好きな人を責めたり周囲の人の悪口を言う人もいます。嫉妬心は、本人が望んでいない行動をさせてしまうので厄介です。

自分を気にして欲しいと思う

好きな人が他の人と仲良くしている、自分以外の人と遊びに行っている、他の人に告白された、などで嫉妬心が湧き上がると、単純に自分を気にして欲しくて仕方なくなります。

こんな感情になると、用もないのに好きな人に電話やLINEをしてみたり、他の人と会うのを阻止するような行動を起こす人もいます。気にして欲しいという気持ちが高まりすぎると、相手に攻撃してしまう人もいるので、嫉妬される側は嫌われたと感じることもあります。

落ち込んで辛い気持ちになる

嫉妬心は、人によって落ち込む原因になることがあります。私たちの心理の中には「嫉妬するのは見苦しい」「嫉妬する自分は性格が悪い」というものがあり、その思いが強い人は嫉妬している自分が嫌になって落ち込むのです。

嫉妬で落ち込む場合は、時として怒りの感情も出てくるので、自分の気持ちをコントロールするのが難しくなりストレスを感じる人もいます。そうしたストレスから、周囲の人が理解できないような行動を起こすこともあります。

恋愛以外のことが手につかなくなる

嫉妬心というのは、心を大きく掻きまわします。あなたも経験したことがあるのではないでしょうか?相手のことばかり考えて、怒りが湧いたかと思ったら自信をなくして落ち込んだり、相手のことばかりチェックしたりと、他のことが手につかなくなることも多いです。

仕事や勉強をしていても、相手のことが気になって集中できなくなる人もいるでしょう。また嫉妬心が悪い方に影響すると、周囲の人への態度も悪くなり人間関係を悪化させることもあります。

好きな人を嫉妬させたい3つのシーン

嫉妬心についてみていると、上手く活用すれば恋愛が有利に進められることがわかってきます。好きな人に上手く嫉妬させて、自分のことを好きになってもらえれば、相手から告白してもらえる可能性も高まりますよね。

好きな人を嫉妬させたいと思うシーンの、代表的なものを3つご紹介します。あなたも同じ気持ちなら、作戦を立てて好きな人を上手く嫉妬させましょう。

嫉妬で恋人になった人たちは多い
嫉妬心を利用して恋人になった人たちはたくさんいます。意図的にそうした人もいれば、偶然そうなった場合もあります。

両想いっぽいのに告白してくれないとき

両想いなのは分かっているのに、なかなか告白してくれないときや2人の関係に進展がないときは、嫉妬心を利用したいと思うものです。相手が嫉妬して、自分のものにしたいと強く思ってくれれば、告白してもらえるきっかけになるからです。

好きな人と良い関係が築けているほど、お互いがその関係を壊したくないと思って、付き合うまでに至らないことが多いのですが、嫉妬心はそんな2人の良い刺激剤になってくれるはずです。

好きな人の気持ちを知りたいとき

好きな人の態度が曖昧で、自分のことを好きなのか、単に友達として優しくしてくれているのか分からない期間が長くなると、嫉妬してくれるのか確かめたいと思いはじめます。

嫉妬というのは、好きな異性にだけ感じるものなので、自分のことを恋愛対象だと思っているのかどうかが分かります。また、相手が恋愛感情に気付いていない場合も、嫉妬するような状況を作ることで、恋愛が進展することにもつながります。

ライバルに差をつけたいとき

好きな人がモテる人だと、ライバルが多くヤキモキすることも多いでしょう。どうにかライバルに差をつけたいと思ったら、嫉妬心を利用したくなるものです。相手があなたに関心を持ち、自分だけのものにしたいと嫉妬してくれれば、ライバルに差をつけられます。

嫉妬心は、自分でも気付いていない恋愛感情を気付かせてくれます。または、そこまで気にしていなかった人のことを、自分のものにしたいという欲求が出てくることがあります。

好きな人の嫉妬心を刺激する3つのテクニック

好きな人との恋愛を有利にするために、嫉妬心を刺激するいくつかのテクニックがあります。上手く活用することができれば、好きな人の方からアプローチや告白をしてくれるようになるでしょう。

但し、上手くやらなくては逆に関係が悪くなることがあるので、計算しすぎて相手への思いやりや素直な好きという気持ちを忘れないようにしてください。

嘘をつくと失敗する
好きな人を嫉妬させようとして、「告白されたんだ」「明日デートなの」などと嘘をつくと失敗します。相手に如何にあざとさを見せずに嫉妬させるかが重要なポイントになります。

好きな人の前で他の異性を褒める

好きな人に嫉妬させるには、他の異性のことを褒めると効果的です。あなたも、好きな人が他の同性を褒めていたら嫉妬してしまうはずです。

好きな人を含めたグループでいるときに、自然な流れで「〇〇君って頼りになるね」「〇〇ちゃんって料理上手そうだよね」と異性を褒めてみましょう。わざとらしくなると、褒めた異性に媚を売っていると思われて失敗するので、あくまでも自然な流れで褒めるようにしてください。

急にオシャレやイメチェンしてみる

人がオシャレやイメチェンをするときは、好きな人や恋人ができたときです。周囲の人たちにあなたが変わったことが上手く伝われば成功です。少し気になっている相手だと、恋人ができたのかと嫉妬心が湧き上がってくるはずです。

それ以外にも、イメチェンをすることで好きな人をドキッとさせる効果もあるので、あなたが今までしなかったような髪型やファッションに、楽しみながら挑戦してみましょう。

プライベートことを教えないようにする

好きな人に嫉妬させるには、秘密を持つこともテクニックのひとつです。次の休日何をするのか、どんな人と会っているのかなど、いくつか相手に秘密を持ちましょう。

ここで注意したいのは、何でも秘密にすると面倒な人だと思われるので、適度なタイミングで利用することです。相手に、彼氏や彼女はいるんだろうか、好きな人やデートするような相手がいるのかもしれない、などと思わせることができれば、上手く嫉妬心を引き出せます。

よくある嫉妬のサインを紹介!

好きな人に嫉妬させる場合、上手くできているかあなた自身が把握できなくてはいけません。そこで、人が嫉妬しているときのサインを理解しておきましょう。

男女で微妙に違うサインもあるので、それぞれの特徴もご紹介します。好きな人に嫉妬のテクニックを使って、これから挙げるサインが見られれば、嫉妬させるのは成功だと言えます。

相手の態度は慎重に確認
嫉妬している場合と怒っている場合は、見せる態度が似ているので慎重に確認しなくてはいけません。嫉妬させるのに失敗して相手を怒らせている場合もあるので、相手の態度は冷静にチェックしてください。

嫉妬する相手に冷たくなる

嫉妬すると、相手を好きなのに怒りの感情が湧いてきて冷たい態度をとってしまいます。好きな人の態度が急に冷たくなったら、あなたに嫉妬している可能性があります。

ただ、怒っているときも冷たい態度になってしまうので、どちらか慎重に見極めなくてはいけません。あなたが好きで嫉妬してるなら、頻繁に話しかけたり、意味もない連絡をしたりしてきます。態度も冷たく話しかけてくれなくなったら、怒らせた可能性があります。

好きな人への質問が多くなる

「さっき話していた人誰?」「飲み会は何時まで行ってたの?」と、質問が多くなるのは相手への独占欲が出てきている証拠です。この場合は、嫉妬心からあなたへの恋愛感情が出てきたということなので成功と言えます。

相手の感情が高まっているうちに、2人の関係を前進させましょう。焦らしていると、タイミングを逃してしまいます。相手の質問攻撃があっているうちに、あなたが好きなことを相手に伝えましょう。

わざと他の異性の話しをする

あなたに、他の異性の話を熱心にしてきたり、告白されたことや仲のいい子ができたなどと言ってきたら、あなたにも自分が嫉妬したのと同じ気持ちになってほしい思っています。

この気持ちに悪意はなく、むしろ同じように自分に嫉妬して夢中になってほしいと思っているのです。あなたが好きな人を嫉妬させた後、上記のような態度をしてきたら、お互い同じ気持ちなのを理解して恋を進展させましょう。

男性は嫉妬心を口に出さず態度に出す

男性は、どんなに嫉妬心があっても口に出す人は少ないのが特徴的です。しかし、嫉妬心を上手く隠すのも下手なので、明らかに態度が変わります。

嫉妬していることを無理に隠そうとするので、怒ったり優しくしたり、急に冷たくなったりと対応に困る態度を取られることもあります。嫌われているのかもと心配になるような態度なので、判断を誤らないようにしてください。嫉妬の場合は、どんなに冷たくてもあなたに関わろうとしてくれます。

女性は嫉妬心を口に出してしまう

女性は、自分の気持ちを言葉で吐き出したくなる特徴があります。「一緒にいた子って誰なの?」「もう告白された?」などと平気な顔で質問してきますが、心の中はかなり乱されていることでしょう。

女性は、自分の気持ちを隠すのが上手いのですが、心の中に感情を閉じ込めておくことは下手です。嫉妬した相手に何も言わなくても、周囲の友達には嫉妬したことを話したり、共通の友達にリサーチしたりしているはずです。

好きな人を嫉妬させるのはデメリットもある?

嫉妬させて恋愛に活かすことは十分可能ですが、一歩間違えると相手に嫌われることがあります。これから好きな人に嫉妬させようと思っているなら、デメリットもしっかりチェックしてください。

ここでは、嫉妬させるデメリットや間違った方法などを紹介します。好きな人が相手だと冷静な判断ができなくなることがあるので、事前にしっかり確認しておいてください。

嫉妬心は強い感情なだけに要注意
嫉妬という感情は、他の感情に比べてとても強いものです。あなたも経験があると思いますが、他のことが手につかなくなることもあるほど強力な感情なので、その点は理解しておきましょう。

駆け引きが面倒だと思われる

嫉妬させようとしているのが相手にバレると、面倒な人だと思われてしまう危険があります。特に年齢が上がってくると、落ち着いた恋愛を好む人が増えるので、駆け引きをしてくる異性に対して嫌悪感を抱く人もいます。

嫉妬心を利用して、相手に恋愛感情を持たせたいなら、絶対にバレてはいけません。また、面倒だと思われるような言動は控えて、上手く嫉妬心を沸かせるよう作戦を立てる必要があります。

軽い人だと勘違いされる

他の異性と仲良くしているのを好きな人に見せつけたり、他の異性の話を頻繁にしたりすると、好きな人から「軽い人」「男好き(女好き)」などと勘違いされる危険があります。

どんなに好きでも、恋人にするなら軽い人は避けますよね。嫉妬させたいという一心で、他の異性と仲良くしすぎると逆効果になるので注意してください。あくまでも、好きな人を嫉妬させるのが目的なのを忘れず、他の異性とベタベタしすぎないようにしましょう。

嫉妬でストーカー化する人もいる

好きな人を嫉妬させようとして、相手の気持ちをかき乱しすぎると、ストーカーのようになってしまう人もいます。普段、友達として仲良くしているだけだと分からないのですが、恋愛となると嫉妬深い人がいます。

あなたが気付いていないだけで、相手が嫉妬深い人だったら不本意な結果になってしまうことがあります。あまり親しくない相手や、素敵な人なのに恋人と長続きしないような人は、嫉妬させるのは危険なので注意してください。

付き合ったら束縛されるようになる

好きな人を嫉妬させて上手く付き合えた場合、相手の性格次第では束縛が激しくなることがあります。あなたが、他の異性と仲良くしたり褒めたりしているのを見ていて、嫉妬で苦しい気持ちになったのを、付き合った後も覚えているからです。

好きな人と付き合えたら、このような気持ちを理解して、誠実さを相手にしっかり伝えてあげましょう。束縛する方もされる方も、付き合うのが辛くなれば恋愛は長続きしません。

嫌われることもある

嫉妬させる行為は、バレると相手から嫌われる可能性があります。わざと相手を嫉妬で嫌な気持ちにさせるわけですから、人によっては信用できないと思う人もいます。

その点を十分考慮して、嫉妬させるときは相手に絶対バレないようにしましょう。また、嫉妬してくれなければ、すぐにやめて時期を開けてみましょう。まだ、相手の気持ちがあなたに向いていないケースもあるので、まずは今より仲良くなることに注力してください。

うまくヤキモチを焼かせられたら恋はほぼ成功

好きな人に上手く嫉妬させることができれば、恋は成功したようなものです。相手は独占欲から、あなたに何らかのアクションを起こしてくれるでしょう。

しかし注意点もあるので、そちらもしっかりチェックして失敗しないようにしてください。好きな人のことを思いやりながら、上手くヤキモチを焼かせて、あなたの恋を成功させてくださいね。

関連記事