好きな人

好きな人と脈なしで辛い方へ。脈ありへ変える7つの方法

好きな人が脈なしかも…診断法と対処法を紹介

この記事で伝えたいポイント
  • どんな態度を見せたら脈なし?4つの診断ポイント
  • どんなLINEがきたら脈なし?4つの診断ポイント
  • どんな会話をされたら脈なし?4つの診断ポイント
  • 脈なしサインが出ても脈ありである理由は?
  • 好きな人が脈なしだと思ったときの対処法
  • 脈なしが脈ありに変わることもある7つのシーン
  • 脈ありに変えるために日頃からできることは?

好きな人がそっけない態度だと、「脈なしっぽいから諦めるべき?」「どんなにアプローチしても脈なしで辛い…」と、悩んでしまうときがありますよね。

しかし、脈なしだからと、その恋を諦める必要はありません。というのは好きな人も事情があって、脈なし態度をとっている可能性があるからです。またこちらの対応によっては、脈なしから脈ありに変わることもあります。

態度でわかる脈なし診断ポイント

脈なしだと思ったときの対処法の前に、まずは男性や女性が脈なしの相手にとる態度をいくつかチェックしていきましょう。

多くの男女は言葉ではっきりと「あなたに興味ないから」と伝えるのは可哀想、または相手がバイト先や職場の先輩なら立場的に言えないといった理由で、興味がないことを態度で示そうとします。

どんな態度を見せたら脈なし?診断ポイントは
会話をしていても目が合わない、目が合っても笑顔を見せてくれない、空いている予定を教えてくれないなどが、脈なしサインとして挙げられます。

会話をしていても目が合わない

興味のない人には会話中に目を合わせない、目が合っても笑顔を見せないようにする人がいます。このようにして話を早く切り上げたり、変に勘違いさせたりしないようにしています。

例えば、ご飯や飲みのデートをOKしてくれても、冷たい態度でどことなくつまらなそう、こちらが何を話しても興味がなさそうであれば、脈なしだと考えられます。

向こうからデートに誘われない

こちらからデートに誘うものの、向こうから誘われないという場合も、脈なしの可能性が高いです。というのは好きな人からデートに誘われたら、自分からも誘うという人が多いからです。

また、食事や飲みに誘っても「共通の友達も呼んでいい?」「グループの飲み会にしない?」など言われて、二人きりで会うのを避けられるのも脈なしサインのひとつです。

次の予定を教えてくれない

次の予定を教えてくれないのも、興味を持っていない証拠です。このとき相手ははっきり行きたくないと言うのは可哀想だから、はぐらかして自分の気持ちに気づいて欲しいと考えています。

例えば、予定を聞いても「その日は用事がある…ごめんね」だけで、空いてる予定を具体的に教えてくれない、もしくは「今忙しいから、予定分かったら教える」と言いつつ一向に連絡こない場合は脈ナシです。

デートの予定を立ててもドタキャンが多い

男性も女性も、好きな人を裏切るような行動はとりません。それゆえデートの予定を立ててもドタキャンをされる、遅刻が多いようなら、相手の本気度は高くありません。

そのほかにも、デートで髪型や服装に気合が入っていない、スマホばかりいじって誰かと連絡をとっている、もしくはゲームをやっているのも、脈なしサインとして挙げられます。

LINEでわかる脈なし診断ポイント

好きな人とLINEをしていると「返信遅いし、もしかしたら脈なしなのかも?」「向こうからLINEが来ないし、来ても続かない…」と、不安になることがありますよね。またLINEではなく、気になる人からメール来ない…と悩んでいる方も多いです。

脈アリか脈ナシかは、LINEやメールにも顕著に表れています。次にLINEで見せる男子や女子の脈なしサインを、ひとつずつ見ていきましょう。

どんなLINEがきたら脈なし?診断ポイントは
向こうからLINEを送ってこない、返事がない、既読無視や未読無視が多いなどが脈なしサインです。また返事がそっけないのも脈なしで、早くLINEを終わらせようとしていると考えられます。

LINEはいつも自分から送っている

LINEはいつも自分から送っており、相手からLINEがきたことがないなら、その恋は脈なしの可能性が高いです。というのは多くの人は好きな人と距離を縮めようと、自分からもLINEを送るからです。

ただ中には、LINEが苦手で自分から送らない人もいます。このようなタイプの人はLINEではなく電話がくる、実際会うとよく目が合う、相手も楽しそうで会話が弾むなら脈アリ、そうでないなら脈ナシだといえます。

LINEを既読無視されることがよくある

男子や女子のほとんどはよっぽどの理由がない限り、好きな人とはLINEを続けようとします。それゆえ頻繁に既読スルーされるのも、相手が興味を抱いていない証拠です。

また、LINEの返事が2〜3日以内なら、脈ありの可能性はあります。しかし一週間後にLINEがくるなどあまりにも返事が遅い、既読無視だけではなく未読無視されることもあるようなら脈ナシです。

疑問文なのに返事をくれない

既読無視や未読無視は脈なしサインではありますが、中でも疑問文なのに返事をくれないなら、脈なしの可能性は高くなります。理由は好意のある異性から何か質問されたら、嫌われたくないからと返事をする人がほとんどだからです。

特に、デートの予定を聞いているのに、既読スルーや未読スルーでそのまま放置されるなら脈なしです。この場合はその恋を諦めて、ほかの異性を探したほうがいいかもしれません。 

返事はあるけどそっけない

「うん」「えー」「そうですよね」「分からないやー」といったそっけない返事なのも、脈なしサインのひとつです。このとき相手は「LINEを続けたくない」「早く終わらせたい」といった心理状態であることが多いです。

また、中には本当は既読スルーしたいけど、失礼にあたるから…ということで、スタンプだけを送ってLINEを終わらせようとする人もいます。

会話でわかる脈なし診断ポイント

脈なしサインが出ているのに、それに気づかず告白して玉砕するのは避けたいですよね。しかし態度やLINEのほか会話の脈なしサインも知っておけば、下手に告白して傷つくことを防げます。

それでは次に、会話の脈なしポイントをお伝えします。好きな人とのこれまでの会話を思い返して、どれくらい当てはまるかチェックしてみてください。

どんな会話をされたら脈なし?診断ポイントは
会話の脈なしサインとして、プライベートの話をしてこない、向こうから質問がこない、話しかけてこないなどが挙げられます。

プライベートの話をしてこない

ある程度仲が深まったはずなのに、プライベートの話をなかなかしてこないのは脈なしです。これは相手と距離を縮めたいと考えておらず、それ以上踏み込まれたくないという証拠です。

また、プライベートの話をしてこないのは、バレたらマズいことがあるからとも考えられます。例えば相手は彼氏・彼女持ち、または既婚者であるなど、あなたに隠し事がある可能性もあります。

好きな人から質問が一切こない

好きな人を振り向かせたいからと、こちらが一生懸命質問しているのに、向こうからは質問が一切こないと悲しい気持ちになりますよね。しかしこれも、残念ながら脈なしサインとして挙げられます。

また、質問がこないのと同じく、向こうから話しかけてこないのも脈なしです。必要以上に話しかけないのは、距離を置いた付き合いを望んでいるからです。

自分のことを覚えてくれない

好きな人に自分の職業を伝えたのに、その後間違った職業を言われた、好きな音楽や食べ物、誕生日や血液型も伝えたのに、覚えてくれてなかった…なんてことはありませんか?もし自分のことを覚えてくれないなら、相手の関心度は低いです。

また、自分の話ばかりべらべら話して、こちらの話を全く聞いてないようなら、それは話を聞いてくれる友達だと思われているかもしれません。

「好きな人がいる」とはっきり言われた

「今片思い中で、好きな人がいる」「恋愛相談に乗って欲しい」と言われるのも、脈なしサインとして挙げられます。また恋愛相談をされているうちに、相手に恋心が芽生えたというのはよくある話です。しかし気持ちを打ち明けられた時点では脈なしです。

ほかにも、好きなタイプを聞いたとき、自分と逆のタイプを答えられる、男友達・女友達を紹介して欲しいと言われるのも、両思いになるのは厳しいでしょう。

脈なしサインが本当に脈なしとは限らない?

脈なしサインが出ているのに、片思いを続けるのはかなりつらいですよね。しかしながらLINEの返信こないから、会社で目が合わないからと、脈なしと決めつけるのはまだ早いです。

次に、脈なしサインが出ているものの、脈なしとは限らない3つの理由をまとめました。片思いはしんどいし、諦めたいけど諦められない…という方は、本当に脈なしかどうか一度確かめてみてくださいね。

脈なしとは限らない理由は
脈なしとは限らない理由は、相手も恋愛の駆け引きをしているから、奥手で照れているからです。このように脈なしサインが出てても、両思いである場合があります。

相手も好きで恋愛の駆け引きをしているから

相手も好意を抱いており、恋愛の駆け引きをしていて、わざと冷たい態度をとっていることがあります。このような場合学校や職場で好きな人が冷たいからと、その恋を諦めるのはもったいないですよね。

ほかにも、本当は気になっているけど、すでに恋人・配偶者がいるから下手に動けない、忘れたいけど忘れられない恋があり、自分でもどうしたらいいのか分からないため、そっけない態度をとってしまっているケースもあります。

恋愛に慣れておらず照れているから

受け身な草食系の男の子や女の子は恋愛に慣れておらず、恥ずかしいという理由で好きな人とも距離を置きがちです。

好きな人がこのようなタイプであれば、遠くから見られておりよく目が合う、自分だけに優しい、SNSでは積極的にコミュニケーションをとろうとしているサインが出ているなら、脈アリの確率は上がります。

忙しくてたまたまそうだっただけだから

好きな人がそっけないのは仕事や転職活動などで、たまたま忙しかったからだとも考えられます。また中には職場に好きな男性や女性がいるけど、社内では仕事と恋愛を切り離して考えたいからと冷たい態度をとる人もいます。

また、中学生、高校生、大学生といった学生なら、勉強やテスト、就職活動で忙しく、誘いがあっても自分のことを優先したいという理由で断る場合があります。

好きな人が脈なしだと思ったらどうすればいい?

好きな人を振り向かせるよう努力したけども、脈なしだった場合はどうすればいいのか悩んでしまいますよね。また相手から脈なしサインが出ていてもこの恋を諦めたくない…という方は多いはずです。

そんなときは、次にお伝えする脈なしだったときの対処法をお試しください。逆転を狙って、両思いを目指しましょう。

好きな人が脈なしだと思ったときの対処法は
相手の好みのタイプになるよう努力する、距離を縮めて一気に引く、気分転換をして一度忘れるなどが好きな人が脈なしだと思ったときの対処法です。

相手の好みのタイプになるよう努力する

好きな人の好みのタイプになるよう努力するのが、まず対処法として挙げられます。好みのタイプを直接聞くのは恥ずかしい方は、好きな芸能人を聞いてみてください。少しでも好きな人のタイプに近づけば、相手が見る目を変えて恋人候補になれるかもしれません。

また、好みのタイプと、実際付き合うと相性がいい人は異なる場合があります。そのため気になる人の元恋人は、どんな人だったのか探りを入れるのもアリですよ。

どんな話題なら盛り上がりそうか考える

好きな人と会話しているとき、嬉しいからと自分の話ばかりしていたか振り返ってみてください。また盛り上がると思って、相手が嫌がる下ネタをつい話してしまった…という方もいるかもしれません。

このように、一緒に会話してもつまらないということで、相手が冷めた態度を取っているケースもあります。それゆえどんな会話だと喜びそうか考えて再度アプローチすれば、脈ありに逆転できるでしょう。

何事も相手のペースに合わせて関係を深める

相手が好きで好きで仕方なく、LINEやメールを送り過ぎた、夜遅くに電話をかけることが多かった、自分の話ばかりしていた…といったことはなかったですか?このようにしつこくすると、避けられることが多いです。

一度ついたネガティブな印象を変えるのは難しいです。けれどもこれからは好きな人のペースに合わせる姿勢を見せる、つまり適度な距離感を保ってアピールすることで、相手も見直してくれるかもしれません。

もう一歩距離を詰めて一気に引いてみる

好きな人ともう一歩距離を詰めて、一気に引いてみるのも対処法のひとつです。距離を縮めるため、告白めいたことを伝えるのもアリです。そして一度距離を置きましょう。肝心なのが会っても目を合わせない、LINEを送らないなどして一気に引くことです。

このように距離を置くと、相手は「これまであんなにアピールしてくれていたのに、一体何があったのだろう?」と気になりはじめます。そしていても立ってもいられなくて、向こうから話しかけてくることがあります。

共通の友達に好きな人の近況を聞いてみる

好きな人に冷たい態度をとられている、LINEをしても返信なし、デートの誘いを断られているなどで脈なしっぽいのは、相手の事情が関係しているのかもしれません。

例えば、仕事や勉強が忙しい、精神的に落ち込んでおり恋愛している余裕がない、ほかに好きな人や恋人ができた…といった理由が考えられます。このように共通の友人を通して好きな人の事情を知れば、それに適したアプローチ方法で距離を縮めることができます。

気分転換をしていったん忘れる

友達と飲みに行く、カラオケで思いっきり歌う、旅行をするなどして、気分転換をしていったん忘れるのも対処法として挙げられます。

モヤモヤした気持ちのままアプローチしても、思うように気持ちが伝えられないときがあります。そんなときは一度自分だけの時間を作って、また新鮮な気持ちでアプローチすれば、案外上手くいくかもしれません。

ほかの異性にも目を向けてみる

もし好きな人と脈なしで見込みがないと感じたら、思い切ってほかの異性にも目を向けてみるのもアリです。合コンに参加する、友達に異性を紹介してもらうなどして、積極的に出会いを増やしてみてください。マッチングアプリに登録するのもおすすめです。

今は考えられないかもしれませんが、好きな人よりもっと魅力的な人に会えるかもしれませんよ。

脈なしが脈ありに変わることもある7つのシーン

今は脈なしでも、あることがきっかけで脈ありに変わることもあります。次にどんなシーンで脈ありに変わるのか、ひとつひとつチェックしていきましょう。

また、脈なしから脈ありに変わるシーンを知っておけば、そのシーンが訪れたときにアプローチすることで、付き合える可能性がアップします。いつ告白しようかタイミングを見計らっている方も、ぜひ参考にしてください。

脈なしが脈ありに変わるシーンは
脈なしが脈ありに変わるシーンは、好きな人が恋人、または片思い中の相手に振られたとき、環境が変わったとき、一緒に同じ目標を達成したときです。

好きな人が恋人に振られたとき

好きな人が恋人、または片思い中の相手に振られたときは、脈なしから脈ありになる確率がグッと上がります。というのは傷心のときに誰かに優しくされると、コロッと恋に落ちることがあるからです。

好きな人の話を聞いたり、励ましたりして、告白の成功率を上げましょう。ただし相手に未練が残っている可能性があるため、振られた直後に告白するのはおすすめしません。少し時間が経ってから、自分の思いを告げてくださいね。

意中の人が病気などで弱っているとき

失恋したときと同じく、体調不良のときに優しくされると、気持ちが揺らいでしまうという人もいます。やはり誰かに気遣ってもらうと、それだけで心がぽっと温かくなるときがありますよね。

それゆえ、好きな人が学校や会社を休んでいるときにLINEを送ったり、体調が良くなさそうなら声をかけたりするのは、二人の距離を縮めるのに有効だといえるでしょう。

仕事で困っている好きな人を助けたとき

仕事などで困っていたときに助けられると、これまで特別視していなかったのに急に気になりはじめてしまう…という人が多いです。その相手が恋心を抱いていない人であっても、かっこいい、頼りになると感じることがあります。

また、学生であれば勉強を教えてくれたとき、元気がないときに気にかけてくれたときなどが、それに当てはまります。

環境が変わって離れ離れになりそうなとき

学生でも社会人でも、転校、卒業、留学、退職、転勤…などで、環境が変わるときがありますよね。このようなときも、脈なしから脈ありに変わるタイミングとして挙げられます。

というのは、好きな人が草食系の場合は「好きな人といつ会えるか分からないし、行動に移してみよう」ということで、向こうからアプローチしてくるケースもあるからです。

一緒に目標を達成したとき

好きな人とテスト勉強を一緒に頑張る、仕事のプロジェクトに励むなど、同じ目標に向かい、さらにそれが達成したときも脈ありに変わるシーンのひとつです。

共通の目標が達成すると、お互い気持ちが高まります。また辛いことを一緒に乗り越えてきたため、お互いの良い一面も見てきています。このようにこれまでよりも関係が深まっているため、告白しても付き合える確率が上がるのです。

好きな人に意外なギャップを見せたとき

男性も女性も、異性のギャップに弱いです。特に何も思っていない異性がふとしたときに見せたギャップに惹かれて、思わずときめいてしまったという人がたくさんいます。それゆえ脈なしの相手にギャップを見せるのも、効果があります。

ちなみに、女性は男友達のゴツゴツした腕や、さりげなく車道側を歩く姿を見たときに男らしさを感じます。逆に男性は女友達からいい匂いがするときや、制服と私服姿で印象が変わったときにドキッとします。

急に態度が冷たくなったと感じたとき

自分にアプローチしてくる人の態度が急に冷たくなったとき、気になってしまうという人も多いです。例えば頻繁にメールやLINEがきてたのに急にこなくなった、デートの誘いがよくきてたのに誘われなくなったときです。

このようなシーンで、多くの人は「あの人はもう自分のことは好きじゃないのかも?」「もしかして自分もあの人のことが好きだったのかも…?」といった心理状態になります。そして今度は、自分からアプローチして気を引こうとします。

脈なしを脈ありに変えるために日頃からできること

脈なしから脈ありに変わるシーンは多々あります。しかしチャンスをただ待つだけではなく、自分でも努力して脈ありに変えたいところですよね。

脈なしを脈ありに変えるには、自分を魅力的に見せることがカギを握っています。それではどのようにしたら自分を魅力的に見せれるのか、最後にお伝えしていきます。

脈ありに変えるために日頃からできることは
見た目の清潔感を大切にする、感謝の気持ちを忘れないようにする、そして恋愛以外のことにも一生懸命取り組むのが、脈ありに変えるために日頃からできることです。

清潔感を大切にした見た目を心掛ける

好きな人を惚れさせるには、外見を磨くことが大切です。しかし外見を磨くとなると「生まれ持った顔立ちは変えられないし…」ということで、なんだかハードルが高く感じてしまいますよね。

そんなときは、清潔感を大切にしてください。男性も女性も、艶のある髪や綺麗な肌を見て清潔感を感じます。またヨレヨレの服は着ない、露出の激しい服や個性が強過ぎる服は着ないなど、ファッションにも清潔感を出すことで相手に好印象を与えられます。

感謝の気持ちを忘れないようにする

好きな人を振り向かせるには、外見だけでなく内面を磨くことも大切です。例えば感謝の気持ちをいつも忘れないことでも、両思いに一歩近づけます。

感謝の気持ちを持っている人はどこか穏やかで、一緒にいると安心感を覚えます。それゆえ好きな人にもポジティブな印象を与えられ、「この人といると落ち着くし、付き合ってもいいかも…」と思わせることができます。

言葉遣いに気をつける

心に余裕がなくてイライラしているときや嫌なことが続くときは、つい職場やクラスでも口調が荒くなってしまうときがありますよね。

けれども、言葉遣いが悪い人は、やはり男女から避けられやすいです。女子でも男子の攻撃的な言葉遣いを聞くと、荒っぽい印象を受けるという人が多いです。それゆえ自分を魅力的に見せるには、言葉遣いにも気をつけることが大切です。

恋愛以外のことにも一生懸命取り組む

恋愛をしていると、好きな人のことばかり考えてしまう…なんてことはありませんか?中には頭の中が恋愛一色になり、何事も手をつけられなくなる人もいます。

しかしながら、恋愛以外のことにも一生懸命取り組むことも、脈なしから脈ありになるためにできることとして挙げられます。というのはどんなことにも一生懸命な人は輝いていて、それだけで異性を惹きつけられるからです。

好きな人が脈なし確定かどうかはまだわからない!

好きな人から脈なしサインが出ていると、どうすれば脈ありになるのか悩んでいる方は多いです。さらに占いをやってみて脈なしだと分かった日には、もうこの恋を諦めよう…とすら思うときもありますよね。

しかし、好きな人の性格や、仕事・学校の事情により脈なしサインが出ている場合もあるため、絶対に付き合えないとは限りません。今回お伝えした脈なしだったときの対処法を元に、適切なアプローチをして両思いを目指しましょう。

関連記事