好きな人

好きな人が冷たい…相手がそっけないときにとるべき3つの対処法

好きな人の態度が冷たいのはなぜ?

この記事で伝えたいポイント
  • 好きな人の態度が冷たいときの理由5選
  • 好きな人の態度が冷たくなった理由5選
  • 嫌われたと判断するときの3つの診断ポイント
  • 好きな人が冷たいときに心がけることとは?
  • 急に冷たくなった人の本音は?実例をご紹介!

好きな人から急に冷たい態度をとられると、やはり不安になりますよね。突然メールやLINEがこなくなった、2人きりのデートを断られるようになったとなると、嫌われたかもしれない…とマイナスに考えてしまう方が多いです。

けれども、好きな人の態度が冷たいものの、実は嫌われていないケースもあるのです。もしかするとあなたのことを好意的に思っているがゆえ、冷たい態度をとっていることもあります。

好きな人の態度が冷たい…そう感じた理由は?

好きな人の態度が冷たくて、嫌われてると感じた方は多いです。特に前まではそっけなくなかったのに、突然態度が冷たくなると、自分の発言や態度がいけなかったのかも?とあれこれ考えてしまいます。

好きな人に冷たい態度をとられると悲しいし、その恋を諦めようとさえ思ってしまいますよね。それでは好きな人にどんな態度をとられると冷たく感じるのか、はじめにひとつずつ見ていきましょう。

好きな人の態度が冷たいと感じた理由は
好きな人の態度が冷たいと感じたのは、話すとき自分にだけそっけないから、LINEをよく既読無視・未読無視されるから、二人きりのデートを断られるからです。

自分と話すときそっけない感じだから

好きな人と話すとき、例えば何を話しても相手の反応が薄い、相槌が適当などそっけない感じだと、嫌われたと思う人がたくさんいます。さらに自分だけ冷たい態度をとられていると、なおさら嫌われたと思ってしまいます。

ほかにも、以前は目が合うことが多かったのに、急に目を合わせてくれなくなったときや、挨拶のときに笑顔を見せてくれなくなったときも、嫌われたと思う瞬間として挙げられます。

意地悪なことを言われるようになったから

前までは言われなかったのに、好きな人から急に意地悪なことを言われるようになった、また冗談がエスカレートして、人前でもひどいことを言われるようになったときも、嫌われたと感じる人が多いです。

例えば、自分の顔立ちや体型のこと、今努力していることや将来の夢を貶されたときです。このような場合「好きな人に可愛くないって言われた…」とショックを受けてしまいますよね。

LINEが返ってこないから

急にLINEの返信がこなくなると、この恋を諦めるべきか悩んでしまうときがあります。好きな人の脈ありサインとしてLINEの返信が早いというものがあるため、どうしても嫌われてるかも?とネガティブなことばかり考えてしまいますよね。

また、LINEのほかにも、頻繁にきてた電話がパタリとこなくなったときや、電話に出てくれなくなったときも、嫌われたと感じる瞬間です。

恋愛話をしてもかわされるから

片思い中は好きな人と過去の恋愛話で盛り上がりたい、恋人のアリ・ナシを聞きたいと思いますよね。しかしいざ恋愛話をしても、うまくはぐらかされて違う話題に変えられたとき、「恋愛対象に見られていないのかも…」とショックを受ける人が多いです。

さらに、気になる男性や女性に「好きな人いるの?」とLINEしたものの、無視されたときも嫌われたと感じる瞬間のひとつです。

デートに断られるようになったから

以前はふたりきりのデートにOKしてもらえたのに、急に断れるようになったときも、嫌われたと感じる瞬間として挙げられます。

また、デートを断られないものの、「ほかの女子も誘っていいかな?」「その日はグループで遊ばない?」など、ふたりきりで遊ぶのを避けられたときも、好きな人とは脈なしだと捉える人がたくさんいます。

好きな人の態度が冷たくなったのはどうして?

好きな人の態度が冷たくなると、やはり気になるのがその理由です。きちんと理由を知れば、こちらがどう対処すべきかも見えてくるはずです。

また、好きな人が冷たいのは、あなたの発言や態度が原因である場合もあります。けれども仕事や体調など外的要因が引き金となって、あなたに冷たい態度をとっているとも考えられます。

好きな人の態度が冷たくなった理由は
好きな人の態度が冷たくなったのは、仕事やテスト勉強で一時的に忙しいだけだから、体調不良や生理痛がひどいから、相手も好きで照れているから…といった理由が考えられます。

一時的に忙しいだけだから

学生なら学校の授業やバイト、社会人なら仕事で忙しいという理由で、そっけない態度をとってしまっていると考えられます。疲れてると余裕がなくなって、誰に対してもつい冷たい態度になってしまう人がいます。

また、体調不良で、一時的に冷たい態度になっているケースもあります。女性なら生理痛や生理前のイライラが原因となっていることもあります。

気を引こうとしているから

大人になっても、好きな人に意地悪をして冷たい態度をとる人がいます。特にこれは男性に多く、好きな女性に意地悪をして気を引こうとしているのです。

このように好きな人が冷たい態度なのは、相手が恋の駆け引きをしているだけで、実は両思いであるときもあります。そのため好きな人がそっけないからと、恋を諦めようとするのはもったいないということを覚えておいてくださいね。

相手も好きで照れているから

奥手な男性や女性の中には、好きな人と話すと照れてしまい、つい冷たい態度をとってしまうという人がいます。いわゆる好き避けというやつです。また自分の気持ちがバレるのが怖い、やきもちを焼く自分がなんだかかっこ悪く感じるため、冷たく接する人もいます。

さらに、向こうは脈なしだと思っていて、あなたに冷たい態度をとっている可能性も考えられます。例えばあなたがほかの異性のことが好きだと勘違いしていて、早く諦めようとわざとそっけない態度で接しているケースもあります。

あなたの悪い噂を聞いたから

好きな人が冷たいのは、クラスや職場であなたの悪い噂を聞いてしまったからとも考えられます。個人的に嫌なことをされたわけではないものの、やはりその人の悪い噂を聞くと気持ちが冷める、距離を置きたいと考える人が多いです。

このような場合もあるため、片思い中は好きな人だけではなく、まわりにも好かれるよう努力したほうがいいでしょう。またその噂が間違ったものであれば、誤解を解く必要があります。

あなたのことをよく思っていないから

好きな人はあなたのことをはじめからよく思っていない、もしくは根本的に苦手なタイプであるため、冷たい態度で接して距離を置こうとしているのかもしれません。

また、あなたのちょっとした発言や、何気ない態度が原因で、一時的に気を悪くしている可能性もあります。この場合は好きな人が気にしている一言を言ってしまったか、自分からそっけない態度をとってしまったかどうか、振り返ってみましょう。

嫌われたのかどうか判断するポイントとは?

「好きな人が冷たいとき、本当に嫌われたのかどう判断したらいいのか分からない」と悩んでしまうときがありますよね。本当は嫌われてなんかいないのに、こちらの勘違いでその恋を終わらせたくないものです。

次に、嫌われたのか判断するポイントと、それぞれ考えられる理由をいくつかお伝えするので、ひとつひとつチェックしていきましょう。

嫌われたのかどうか判断するポイントは
嫌われたのかどうかは、以前は優しかったのに急に冷たくなったかどうかで判断できます。また相手にほかの異性が現れたのかどうかも、チェックすべき診断ポイントです。

以前はこんなに冷たくなかった

前まではそんなことなかったのに、好きな人の態度が急に冷たくなったかどうかが、まず嫌われたのか判断できるポイントとして挙げられます。

このように以前は冷たくなかったのに急に態度が変わったのであれば、何かがきっかけでそっけない態度をとるようになったと考えられます。あなた自身の行動、または相手の勉強や仕事の都合なのか、見極めてみましょう。

冷たい態度がずっと続いている

好きな人はあなたにずっと冷たい態度をとっているかどうかも、振り返ってみてください。そうであればあなたの第一印象が悪くて今もそれを引きずっている、もともとあなたに苦手意識を持っていたと考えられます。

また、好きな人はあなたの最初の印象で「この人の性格はこうだから、自分とは合わない」と決めつけている可能性も考えられます。

最近別の異性と仲良くなった

好きな人が最近別の異性と仲良くなったかどうかも、チェックすべき診断ポイントです。この場合は好きな人がほかの異性に夢中になっている、またはあなたのことが好きだったけどほかの人に心移りしたため、態度がそっけなくなっています。

さらに、好きな人に恋人ができたというケースも考えられます。恋人ができると変に勘違いされないようにするため、ほかの異性には距離を置いて付き合う人もいます。

好きな人が冷たいときに心がけることとは?

冷たい態度を好きな男性や女性にとられた場合、どう対応すべきか悩んでしまいますが、これまでと同じように接することがカギを握っています。

ここで「相手がその気ならこちらも…」と、やけになって悪態をつくのはやめましょう。そうすれば余計に好きな人に嫌われてしまいます。ほかにはどんなことを心がけたほうがいいのか、ここでは見ていきましょう。

好きな人が冷たいときに心がけるべきことは
好きな人が冷たいときに心がけるべきことは、明るくときに寂しそうな表情を見せる、何があったのか理由を聞くなどです。また勇気を出して、告白するのもアリです。

明るくときに寂しそうな表情を見せる

好きな人が冷たいときはどうするべき?と悩んでいる方は、できるだけ明るい態度で接してください。相手が心の余裕がなくて冷たい態度を接しているなら、あなたの明るい笑顔や振る舞いに癒されるはずです。

そして、ときおり寂しい雰囲気を醸し出してみてください。そこで好きな人が自分が冷たい態度をとって傷つけていることを知れば、今後態度を改めてくれるかもしれません。

思い切って理由を聞いてみる

態度が冷たくなった理由を、さりげなく聞いてみるのも対処法のひとつです。けれども「最近冷たいけど、なんで?」と直接聞くのはNGです。「最近元気ないから、心配しているよ…」と切り出し、悩み事がありそうなら話を聞いてあげましょう。

また、理由を聞くのは気が引ける方は、普段の会話から相手がどんな悩みを抱えてそうか推測してみてください。共通の友達に好きな人に何があったのか、聞いてみるのもいいでしょう。

勇気を出して自分の想いを伝える

好きな人の態度が冷たいのは、あなたのことが好きで好き避けしている、脈なしだと勘違いしていて恋を諦めようとしているとも考えられます。

そのため、あなたから勇気を出して告白してみるのもいいでしょう。告白はまだちょっと早い、好きな人から告白して欲しいと考えているなら、「○○さんと一緒にいると楽しい」「○○くんなら、付き合ってもいいかも…」とストレートに好意を伝えてみてください。

急に冷たくなった人の本音とは?実例を紹介

これまでは冷たい態度をとられた側の対処法をお伝えしましたが、では冷たい態度をとった側はどんな気持ちでいることが多いのか、最後にその本音を見ていきましょう。

実際の体験談をチェックすれば、あなたの好きな人は今どんな気持ちで、冷たい態度をとっているのか見えてくるかもしれません。ここでは中学生、高校生、社会人の体験談をお伝えします。

急に冷たくなった人の本音は
急に冷たくなった人の本音は、相手を意識してなんだか急に恥ずかしくなった、みんなの前でコンプレックスを指摘されたのが嫌だったなどです。

急に恥ずかしくなった

中学生

急に恥ずかしくなった

クラスの男子が自分のことが好きなのだと意識すると、急に恥ずかしくなって冷たい態度をとってしまった。

自分に好意を持っている異性を意識するだけで、なんだか恥ずかしくてそっけない態度をとってしまう…という中学生男子や女子がいます。

また、異性から告白されて嬉しかったものの、付き合うこととはどういうことかイマイチよく分からなくて、その後気まずくて冷たい態度をとってしまったという学生さんもいます。

コンプレックスを指摘された

高校生

気にしていることを言われた

いい感じの男友達がいたけど、コンプレックスを指摘されてから苦手になった。

この体験者の場合、その男性は冗談のつもりで言ったのかもしれません。しかし冗談のつもりだったとしても、異性の友達のとある言葉がどうしても引っかかってしまい、苦手になったという意見もあります。

また、普段どんなに優しい人でも、自分が気にしていることを言われると恋心が冷める…という人が多いです。

自分の気持ちに素直になれなかった

会社員

嫉妬

好意が相手に伝わるのが嫌で、素直になれず冷たい態度をとってしまった。

好きな人の前だと素直になれず、冷たい態度をとってしまったという人もたくさんいます。また好きな人の前でオドオドしてしまうのを隠すため、クールぶって冷淡な態度をとったことがあるという声も寄せられています。

このような実例があることから、好きな人が冷たいからといって、嫌われているわけではないことが分かりますよね。

悩みすぎずに自分にできることをしよう

好きな男性や女性が職場にいるときは、仕事中は自分のやるべきことに集中したいという理由で、好きな人にもそっけない態度をとってしまう人もいます。

このようなことから、好きな人がそっけないからといって、嫌われているとは限らないのです。むしろ両思いである可能性があるため、悩み過ぎるのはよくありません。まずは自分にできることからはじめて、好きな人の本心を探ってみましょう。

関連記事