好きな人

好きな人とのLINEの頻度に悩む!毎日送るのは大丈夫?

好きな人とのLINEの頻度はどれくらいがいいか迷う!

この記事で伝えたいポイント
  • 好きな人とのLINEに関するみんなの本音は?
  • 好きな人へのLINEの頻度はどれくらいにすべき?
  • 好きな人に送るLINEの話題4選
  • 好きな人からLINEが返ってこなかったときの3つの対処法
  • 用事がなくともLINEしたいときのおすすめスタンプは?

好きな人とのLINEは、どのくらいの頻度ですべき?と悩んでいる学生さんや、社会人の方は多いです。LINEを送り過ぎて嫌われたくないため、どのくらいがベストなのか考えてしまいますよね。

この記事では、LINEに関する本音を踏まえた上で、好きな人に送るベストなLINEの頻度や話題をご紹介します。LINEがこなかったときの対処法もお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

好きな人とのLINEに関するみんなの本音は?

あなたは好きな人と、どれくらいの頻度でLINEしたいと思いますか?気になる人となら毎日でもしたい人もいれば、毎日だと話題がなくなって困るという人もいます。

このようにさまざまな意見があることから、ベストなLINEの頻度は相手によって異なるといえます。はじめにLINEに関するみんなの本音をまとめましたので、まわりはどのように考えているのか、ひとつずつ見ていきましょう

好きな人とのLINEに関するみんなの本音は
好きな人であれば毎日LINEして楽しい時間を過ごしたい、相手が忙しければLINEは控えめに送りたいなど、LINEに関するみんなの本音は実にさまざまです。

毎日LINEしたいと思っている

高校生

毎日いっぱいLINEしたい

好きな人と仲良くなりたいから、毎日LINEしたいと思っている。

これは高校生の女性からの意見ですが、好きな人となら関係を深めるため、毎日LINEしたいという人がいます。好きな人とのLINEは楽しくて、次の日もその次の日もLINEをしたい、LINEで好きな人とずっと繋がっていたいと思いますよね。

また、男性女性問わず特におしゃべりが好きなタイプ、寂しがり屋で一人が苦手なタイプの人は、毎日のLINEを苦痛に思わない傾向があります。

忙しい相手のペースに合わせたい

高校生

相手のペースに合わせる

お互いテスト勉強や部活で忙しいから、相手のペースに合わせてLINEしたい。

中学生や高校生、大学生の方の中には、テスト勉強や部活、塾や宿題でやることだらけで、なかなかゆっくりLINEをする時間がない…という人もいます。

そのため、好きな人が忙しければ、相手のペースに合わせてLINEしたいという意見もあります。好きな人のペースに合わせればまず嫌われることもないし、お互い心地良くLINEできそうですよね。

毎日LINEをするのは疲れてしまう

会社員

好きな人とでも毎日は疲れる

新入社員で覚えることがいっぱいで、好きな人でも毎日LINEするのはしんどい…。

環境が変わって忙しくなったため、好きな人であっても毎日LINEをするのは大変…という人もいます。忙しくて余裕がないと、好きな人とLINEどころではなくなってしまうときがありますよね。

また、もともとLINEが好きでない、LINEより直接会って話すほうが好きということで、LINEでのコミュニケーションを嫌がる人もいます。

好きな人へのLINEの頻度はどれくらいにする?

LINEは好きな人のペースに合わせて送るのがベストですが、相手のペースが分からないときは、週に2〜3回送るがちょうどいいといわれています。

けれども、「好きな人がLINE好きの場合は、週3回だけでいいの?」「LINEが苦手な人に週2回でも送ると、嫌われるのでは?」と疑問に思うことがありますよね。ここでは好きな人のタイプ別に合わせたLINEの頻度を、それぞれお伝えしていきます。

好きな人へのLINEの頻度は
好きな人がLINE好きなら、一日に1〜2回、逆にLINEが苦手なら用事があるときにだけ送りましょう。また恋の駆け引きとして、週末の決まった日に送り、その後送るのをやめるというものがあります。

好きな人がLINEが好きなら一日1〜2回

好きな人が毎日友達や恋人とLINEしたい、一日誰からもLINEがないと寂しい…というLINE好きなタイプなら、一日1〜2回送ることをおすすめします。

また、LINE好きな人とのやりとりでは、返信スピードは相手に合わせることがポイントとなってきます。返信が早い人には早く返信して「テンポが合って楽しい」と、ゆっくりな人にはゆっくり返信して「負担に感じないしLINEしてて楽」と思わせられます。

恋愛経験が少なそうなら三日に1回

男女の中には、異性から恋愛アプローチがぐいぐいくると怖い…と感じる人もいます。特にまだ知り合って間もない異性から積極的にLINEがくると、引いてしまうという意見もあります。

そのため、好きな人が恋愛経験が少なそう、恋愛に奥手そうだと感じたら、三日に1回くらいのペースで送りましょう。相手に怖いと思われないことが大切です。

忙しそうなら週に1〜2回

好きな人がテスト勉強に励んでいる、大事な大会前で部活に精を出しているなど忙しそうであれば、週に1〜2回がベストな頻度です。

また、もし既読無視されるなら相手は忙しいかもしれないので、LINEの回数を減らすことをおすすめします。さらに「忙しかったら、返信しなくていいからね」と一言添えると、相手も返信のプレッシャーを感じません。

週末の決まった日に1回送る

恋愛テクニックとして土曜日の夜に1回送るなど、週末の決まった日に送り続け、ある日急にやめてみるというのが挙げられます。好きな人は「最近連絡が減ったけど、何かあったのかな?」と気になりはじめます。そして今度は相手からLINEがくるようになります。

このテクニックはLINEをするのはいつも自分からなのだけど、たまには好きな人からLINEが欲しいな…と感じたとき、恋愛の駆け引きをして相手の気を引きたいときに使えますよ。

LINEが苦手なら用事があるときだけ送る

過去にLINEで友達とトラブルがあったため、必要以上にLINEはしない、LINEより電話が好き、中には一人の時間が大切で、意味のないLINEを送られても困る…という人もいます。

このように好きな人がLINEが苦手なタイプなら、用事があるときだけ送るようにすれば、相手を不快な気持ちにさせません。またLINEでアプローチしても逆効果になる可能性があるため、直接会って話すときに距離を縮めていきましょう。

好きな人に送るLINEの話題はどうする?

好きな人とLINEの頻度も大切ですが、実はそれよりもLINEの内容のほうが大切です。好きな人が興味を持たないLINEを送り続けても、相手はつまらない…と感じて、そのうち返信をくれなくなることがあります。

けれども、友達には特に考えずに話題を振れるのに、好きな人となると慎重になり過ぎて、どんな話題で会話していいか分からなくなるときがありますよね。こちらに好きな人に送るLINEの話題をまとめましたので、参考にしてください。

好きな人に送るLINEの話題は
好きな人に送るLINEの話題でおすすめなのが、今日学校や職場であったことの話、好きな音楽や趣味の話などです。また好きな人が興味を持ちそうなお店の話も、話題のひとつです。

今日学校や職場であったことの話

今日学校や職場であったことの話は、好きな人と何を話していいか分からない方におすすめです。このとき聞き役になることで、好きな人にLINEしてて楽しいと思わせられます。

また、好きな人から逆に今日あったことを質問されても、「授業がまじでダルくて…」「上司がうざくてさー」など、マイナスな出来事を答えるのはNGです。できるだけポジティブな返事を心掛けて、相手を楽しませてくださいね。

好きな音楽や映画など趣味の話

音楽や映画、漫画やアニメなど、趣味の話も盛り上がります。好きなテレビやドラマでももちろんOKです。片思い中の人が芸能人に詳しい、お笑い好きなら、好きな芸能人やインスタグラマー、お笑い芸人の話も盛り上がるでしょう。

また、趣味の話をすれば、好きな人のことをもっと知れるのがポイントです。どんなものが好きなのか知れば、のちのちデートにも誘いやすくなります。

片思い中の人が好きそうなお店の話

片思い中の人が好きそうなお店の話も、好きな人とのLINEにぴったりの話題です。「このカフェって行ったことある?」「○○の好きそうな雑貨屋があったよ」と切り出して、会話を広げていきましょう。

また、「○日の××でライブやるみたいだけど…もう知ってた?」「この前△△が好きって言ってたよね?××でこんなイベントやるみたいだよ」といったイベントに関する話題でもOKです。

誰にも話していない秘密の話

好きな人に「あなたは特別な人です」とアピールしたい方におすすめの話題が、誰にも話したことがない秘密の話です。「まだ誰にも話したことがないのだけど…」「○○さんだから相談したくて…」と切り出せば、相手にも特別感が伝わります。

また、秘密の話といっても重い話ではなく、友達へのサプライズのアドバイスが欲しい、元カレ・元カノから連絡がきて、どうするべきか知りたいなど、軽い話がいいでしょう。

好きな人からLINEが返ってこなかったらどうする?

好きな人からLINEが返ってこないと、「変なこと言ったかもしれない…」と焦りますよね。好きな人から返信がないと、中学生や高校生だけでなく、30代や40代の社会人の男性や女性でも悩んでいる方は多いです。

それではLINEの返信がこないときはどうすればいいのか、こちらにまとめました。間違った行動に出ると「しつこい人…」と思われるので、少しだけ注意が必要です。

好きな人からLINEが返ってこなかったときの対処法は
とりあえず待ってみる、時間が経ってから再度送ってみるなどが、LINEが返ってこなかったときの対処法です。

しつこくせずにとりあえず待つ

好きな人からLINEの返事がないと、気になって仕方ありません。けれどもしつこく送らずに、とりあえず待つことが大切です。返事がないのにしつこく送ると、相手のペースや気持ちを考えられない人と、マイナスな印象を与えてしまいます。

また、ここで「おーい」「ねぇねぇ」「ちょっと既読無視しないでよー」といった催促LINEを送るのもNGです。最悪の場合めんどくさい奴…と思われて、ブロックされることがあります!

相手のペースを測る良い機会だと思う

好きな人へのLINEは多いほうがいいのか少ないほうがいいのか、実は相手のペースがよく分からない…という方は多いのではないでしょうか?

そのため、LINEの返事がないときは、好きな人のペースを測る良い機会だと思いましょう。ここで好きな人のペースが掴めれば、今後はそれに合わせてLINEを送ることができて、よりアピールしやすくなるはずです。

一週間ほど経ってから再度送ってみる

好きな人から返事がこないのは、相手はLINEが終わったと思っているからだとも考えられます。そのため一週間ほど経ってから、再度送ってみるのもアリです。

このときは前回の話の続きをするというよりは、新しい話題を振ってみましょう。またLINEは2行ほどにまとめる、質問はひとつだけにする、好きな人が興味を持ちそうな話題にすれば、相手が返事しやすくなります。

用事がなくともLINEするためのおすすめスタンプ3選

好きな人につまらない人と思われたくないものの、LINEではいつも同じような話題になってしまう…好きな人は退屈していないか心配…と悩むときがありますよね。

このように話題に困ったときは、スタンプを送るのも効果があります。可愛いスタンプやくすっと笑えるスタンプを送って、好きな人と仲を深めていきましょう。

用事がなくともLINEしたいときのおすすめスタンプは
おすすめのLINEスタンプは、可愛らしいテイストの「くまいぬといろいろ生き物」スタンプ、ウケを狙える「父のつぶやき」スタンプなどです。

ほんわか可愛いくまいぬといろいろ生き物スタンプ

黄色いくまいぬが可愛らしい「くまいぬといろいろ生き物」のスタンプは、可愛いもの好きにはたまらないLINEスタンプです。好きな人が動物好きであれば、喜ぶこと間違いないでしょう。

さらに、「くまいぬといろいろ生き物」のスタンプはほんわか優しいイラストなので、勉強や仕事で忙しくて、癒しが必要な人にもぴったりです。

くすっと笑えるうさぎ100%スタンプ

「うさぎ100%」のスタンプは、可愛いのにちょっと怖い…でもなんだかくすっと笑えるスタンプです。好きな人が王道の可愛いものより、シュールなもののほうが好きであれば、「うさぎ100%」のスタンプをおすすめします。

また、「うさぎ100%」のほかにも、「ぬこ100%」「くま100%」「パンダ100%」があります。好きな人の好みの動物に合わせて、ダウンロードするのがいいかもしれません。また関西弁バージョンや死語バージョンのスタンプもあります。

ウケを狙える父のつぶやきスタンプ

「父のつぶやき」スタンプは、ツッコまずにはいられない面白スタンプです。「何これ、面白いね」「なんでこんな変なスタンプ持っているの?」といった返事が返ってくるかもしれませんが、そこから会話を発展させていきましょう。

ちなみに、学生でも社会人でも、自分を楽しませてくれる面白い人が好きという人が多いです。そのため好きな人が笑えるような面白スタンプを送って、ウケを狙ってみるのもアリです。

ちょうどいいLINEの頻度は人それぞれ

好きな人へのLINEは、どれくらいの頻度で送るべきか悩んでいる人は多いです。けれどもちょうどいいLINEの頻度は人それぞれで、好きな人がLINE好きかどうか、恋愛に奥手かどうかでも答えは変わってきます。

そのため、LINEのやり取りを通じて、好きな人のLINEのペースを掴むことが大切です。相手に「この人とLINEしてても負担に感じない」と思わせて、一歩ずつ距離を縮めていきましょう。

関連記事