好きな人

好きな人が職場にいる人へ。どうやったら振り向かせられる?

職場にいる好きな人を振り向かせたい!

この記事で伝えたいポイント
  • 職場で好きな人にアプローチするには?
  • 職場の外で好きな人にアプローチするには?
  • 職場にいる好きな人が脈ありか脈なしかを判断するには?
  • 職場の好きな人を振り向かせるには?女性編
  • 職場の好きな人を振り向かせるには?男性編
  • 職場恋愛で注意すべき点は?
  • 職場恋愛は節度を守って両思いに

職場に今好きな人がいるという人の多くは、相手は自分のことをどう思っているのか、どうしたら相手に振り向いてもらえるのかという思いでいっぱいではないでしょうか。

毎日職場で会える分、相手のことを考える時間も必然的に多くなってしまいます。中には相手のことを考えるあまり、仕事に手が付かないという人もいるかもしれません。

好きな人に職場でアプローチする方法とは?

毎日顔を合わせる職場に好きな人がいるというのは、好きな人を振り向かせたいと思う人にとって、メリットしかない環境です。

最初は自分のことを知ってもらえていなくても、毎日顔を合わせてあいさつをしていれば嫌でも覚えます。同じ職場という環境を最大限に利用して、職場ならではのアプローチ方法で好きな人を振り向かせましょう。

女性がされたら引くアプローチは?

気を遣われすぎる、マメすぎる、媚すぎると言った、何事にも「すぎる」態度が女性には引かれ嫌がられます。気を遣う、マメ、媚びるのは別に悪いことではありませんし、喜ばれることも多いのです。何事も適度なバランスが大切です。

目が合ったら笑顔を返す

同じ職場で働いていると、目が合うことは多いですよね。事あるごとに見つめているなら、その視線を感じて目が合うこともあるでしょう。

そんなときはチャンスです。ニコッと笑顔を見せましょう。「ニコッ」の加減がわからずヘラヘラしているとただ気持ち悪い人だと思われてしまうだけなので、ほんの一瞬、微笑むくらいが、相手にいい印象を与えることができる笑顔の返し方になります。

お土産を渡す

長期休暇、出張、ちょっとしたお出かけの後でも、大箱に入ったお菓子などのお土産を会社の人たちに用意する機会ってありますよね。

そのときに、「会社のみんなに」ではなく、それとは別で「個人的に」お土産を用意しましょう。相手が好きだったり興味があるものを日頃からリサーチしておいて、またまた見つけたという風を装ってさりげなく渡しましょう。

ここぞというときに相手の仕事を手伝う

好きな人の仕事が大変なときに手伝ってあげるというのも有効です。かと言って毎回何をしていても手伝っていたら、自分の仕事に支障が出るし、わざとらしすぎるので、ここぞというときに手伝えるようにアンテナを張っておきましょう

自分が大変なときに手を貸してくれる人には無条件で好感をもちますし、信頼もしますよね。

飲みやランチに誘う

嫌いな人には食べている姿を見られたくないということはありませんか?人の前で食事をするということは、思いの外相手への信頼度が現れる行動なのです。

二人で食事やお酒を楽しめるのは、それだけでも脈ありです。おまけにお酒が入ると二人の関係が急速に進むということも珍しくありません。
同じ職場にいるからこそ、仕事を口実に自然に誘うことができます

好きな人を視界に入るように席を選ぶ

最近は決まった自分の席はなく、自由に席を移動できる会社もありますよね。それなら好きな人が見える席、もしくは好きな人の視界に入る席を選びましょう。

そうでないならお茶を取りに行く、トイレに立つなどの動線の中に自分がいるようにするのです。頻繁に視界に入る人に対して親近感を持つことが多いので、目が合わなくても視界に入る頻度を増やしましょう。

好きな人に職場外でアプローチする方法とは?

同じ職場に好きな人、気になる人がいる場合、勤務時間内であればいつでもアプローチできますが、何もアプローチする方法は会社の中だけにあるではありません

勤務時間内でも外に出る機会もあれば、就業後や休日を利用する、会社の中と外での変化を利用するなど、職場の外にも好きな人にアプローチするチャンスはあります。

男性がされたら引くアプローチは?

女性と同じくしつこいアプローチは嫌がられますが、それよりも、団体でいるのに二人きりで話そうとする、二人だけの世界を作ろうとする、他の人と態度を変える女性は特に嫌がられます。自分さえ良ければいいという態度が見えてしまうのはよくないです。

LINEやメールを効果的に使う

二人きりで出かけるのはまだハードルが高いと感じているのなら、LINEやメールを効果的に使いましょう。これだと連絡先さえ交換しておけば大丈夫ですよね。

スポーツや音楽など趣味の中から共通の話題を探しておきましょう。共通の身近な話題で会話を重ねていくと、相手のことも知れるし自分のことも知ってもらえるので一石二鳥です。

就業後一緒に帰る

好きな人と職場が一緒でもお互い仕事をしているのですから、話をする時間がないかもしれません。それなら就業後、退社時間を合わせて一緒に帰るという手があります。

就業後のタイミングでお疲れさまと声をかければ、そこから会話を広げることができます。そこで少しでも仲良くなれば、次は食事や飲みに行くなど関係を進められるきっかけにもなるでしょう。

社内と社外で呼び方や態度を変える

社内と社外で呼び方や態度を変えることで、好意をアピールすることができます。社内では〇〇さんと呼びますよね。それを下の名前に変えるだけでも相手をドキドキさせるには十分です。

相手に対しての態度は、相手が同僚なのか後輩なのか、または上司なのかによって変わります。しかし素の自分を見てもらえるので、いい意味でギャップを見せられます。

職場の飲み会を活用する

最近は職場での飲み会を断る人が多く、職場での飲み会をしないという会社も少なくありません。嫌な上司の機嫌を取る飲み会は嫌ですが、好きな人にアプローチする場としてお酒の力を借りられる飲み会は、とても有効な場なのです。

職場ではできないプライベートな話もできるし、適度にお酒が入ることで砕けた雰囲気で気軽に話をすることができます

休日に誘う

好きな人と職場が一緒だからと言って、現実に職場でできるアプローチには限界がありますよね。どれだけ仲良くなれても、それは職場の中だけの話なのです。

休日にわざわざ時間を作って会うというのは、アプローチとしては一番ハードルが高いのではないでしょうか。しかし相手の趣味に関する内容であれば、誘いやすいかもしれませんね。

職場の好きな人が脈ありか判断する方法とは?

好きな人が職場にいると、日頃から自分をアピールしているので、好意的に見てもらえていることが多いです。とはいえそれはあくまでも好意的に見てくれているだけで、脈ありとまで言えるのかどうかは微妙なところです。

好きな人に嫌われてはいない、だからといって自分に対して脈ありと思ってもいいのかどうか、どこを見れば判断できるのでしょうか

職場で脈なしの判断をする基準は?

職場において脈なしだと判断する基準は、目を合わせてもらえない、自分からは話しかけない、話をするのは必要最低限だけなど、できるだけ相手との距離を取ろうとする行動に現れます。

フォローしてくれる

仕事をする上で、どんなに気をつけていてもミスをしてしまうことはありますよね。そのときに優しくフォローしてくれる場合は脈ありだと考えられます。

他人のミスを嫌な顔をしないで率先してフォローするなんて、なかなかできません。そのせいで帰る時間が遅くなってしまうこともあるのです。もしかしたら一緒に残業できてラッキーと思っている可能性もありますね。

用もないのに席によく来る

仕事中や休憩のときなど、何かと自分の席に話しかけに来る場合は、結構好意をもってくれていると考えられます。

特に仕事の話でもなく、用事もなく他愛もない話をしにくるなんて、話したい人がいるか、ただ暇な人かのどちらかです。一度だけでなく何度も話しかけてくるのであれば、かなりの高確率で脈ありだと言えるでしょう。

仕事を手伝ってくれる

好きな人が同じ職場で、更に部署も同じであれば、自分の仕事を優先して手伝ってくれる場合は脈ありだと言えるでしょう。

自分の仕事よりも、女性が消化できない仕事に必死になっているところを見かねて手伝ってくれるというのは、いつも気にかけてくれている証拠です。
ただ本人は自分の仕事に必死なので、気づきにくいのが難点です。

会社内でメールやチャットがよくくる

最近はプライベートだけでなく、社内のメールやチャットを頻繁に使うという男性社員が多く、それを特に仕事と関係のない話で連絡をしてくるというのは、常に気にしている証拠です。

最初は飲み会や歓送迎会など、会社のイベントなどの打ち合わせから始まって、そこからプライベートの話に持っていくというパターンが多いです。

たまたま会ったときに話しかけてくる

好きな人と同じ職場で、フロアや部署が同じだと特にすれ違ったりたまたま会うことが多いですよね。そのときに軽いあいさつだけでなく、積極的に話しかけてくるのは少し脈ありかもしれません。

違う部署やフロアなのに、よく会う、会うたび毎回話しかけてくるというのは、同じフロアや部署の場合よりも脈あり度は上がります。

職場の好きな人を振り向かせるテクニック・女性編

同じ職場に好きな人がいると毎日会えるので、いつでもアプローチができますよね。同じ職場だからこそのメリットを活かしたアプローチはたくさんあります。

毎日ただ見ているだけでなく振り向いてもらうために、どのようなアプローチ方法があるのでしょうか。職場ならではの、好きな人を振り向かせるテクニックを紹介していきます。

男性を振り向かせるのに逆効果なテクニックは?

自分をより魅力的に見せようと、露出の高い服装をすることはよくありますが、露出が高い服を着ている女性を本命として考えられないという男性は多く、その露出も度が過ぎると引かれてしまいます。

髪型をオンとオフで変える

好きな人と職場が違うと、プライベートで会えなければオンとオフの違いは見せられませんが、同じ職場だと自分のオンとオフを簡単にその場で見せることができます

オンのときは仕事に支障のない髪型に、仕事が終わってオフになればラフにゆるい髪型にして、そのギャップを彼にアピールできます。意図的に違うシルエットを作りましょう。

退勤時に少しイメージを変える

髪型だけでなく、服の着こなしや小物の使い方もオンとオフを切り替えるポイントになります。

オンは隙をみせないきちんとした着こなしを、オフはボタンを緩めるなど少しのルーズさを出すとイメージは変わりやすいです。制服がある場合も同じように、制服とは真逆のイメージになるようなファッションを心がけるといいでしょう。

挨拶するときに目を見つめる

あいさつをするときは相手の目を見て、笑顔で元気よくと子供の頃教わりましたが、恋愛においても相手の目を見る、笑顔は基本です。

恥ずかしくてなかなか直視できないという人もいますが、あいさつのときに相手に与える印象は、その日1日ついて回ります。せっかくなら笑顔で元気よく目を見つめてあいさつすることを習慣にしてみましょう。

休憩中にLINEを送ってみる

もし連絡先を知っているなら、就業後ではなく休憩中にLINEを送ってみるのも効果的です。

好きな人と同じ職場だと、調子が悪そう、テンションが高そうなど相手の様子がわかりますよね。体調を気遣うLINEなどを送ると、彼を気にかけているということが伝わります
二人だけの秘密ができますし、自分のことを意識してもらうきっかけにもなります。

彼にだけお茶やお菓子を差し入れる

おおっぴらにすると周りの目もあるのであまりよくないですが、こっそり、好きな人にだけお茶屋お菓子を差し入れるのも効果的です。

前もってリサーチができていれば、彼のお気に入りのお菓子やコーヒーひとつとっても無糖か加糖かカフェオレかなど好みの飲み物がわかります。疲れていそうなら栄養ドリンクに一言メッセージをつけて差し入れしてもいいですね。

職場の好きな人を振り向かせるテクニック・男性編

同じ職場に好きな人がいる場合、自分のことを一人の男性として意識してもらうためには、どのようなアプローチが有効なのでしょうか。

職場が一緒だと毎日会うことができますよね。毎日会える職場だからこそ、小さなアプローチを積み重ねて印象付けることも可能ですし、職場ならではの方法で振り向かせることもできるのです。

女性を振り向かせるのに逆効果なテクニックは?

女性は基本的に一目惚れをすることが少ないです。多少強引な男性が好きだという女性は多いですが、知り合って間もない男性から急にグイグイ迫られると引いてしまいます。そして一度引いてしまうと、よほどのことがない限り印象はよくなりません。

仕事で関わりを持つ

好きな人と同じ職場だと、一緒に仕事をする機会もありますよね。一度仕事で関われば、休憩時間や車や電車での移動など、一緒に行動することも多くなるので、必然的に話す機会が増えます

仕事で関わる機会がなければ、人間関係についてなど、「忙しいのにごめんね」と一言足して質問するなど、仕事以外で関わる時間を作りましょう

あいさつに一言つける

同じ職場だと何かとすれ違ったりたまたま会ったりということも少なくありません。そのときにあいさつだけでなく何か一言つけると好感が持てます

誰にでも言う言葉ではなく、相手の仕事や体調を気遣う内容であればかなり効果的です。気遣ってくれている、大事に思ってくれているということが伝わるので、他の人とは違うということも伝わるでしょう。

力仕事を手伝ってあげる

高いところの資料を取ろうとしていたり、大きな荷物を運んでいたら手伝ってあげましょう。いくつになっても女性は女の子扱いをされると嬉しいものです。

男性と女性では当たり前ですが体格も力も違います。しかしその男性と女性の差を目の当たりにするとドキッとする女性は意外と多いのです。男らしさと優しさが同時にアピールできます。

自分で企画したイベントに誘う

好きな女性、気になる女性と二人で出かけるのが難しければ、季節に合ったイベントを自分で企画して、そこに好きな女性と仲のいい友人を集めましょう。

バーベキュー、お花見、花火、鍋パーティーなど、季節に合ったイベントが企画しやすく、参加もしやすいです。イベントに集める人数を減らしていくと、少しずつ相手との距離を縮めることができます。

お土産で差をつける

ちょっと遠出したり旅行したときに職場に持っていくお土産は、好きな女性にだけ他の人たちとは違うお土産をこっそり渡して、周りと差をつけましょう。

女性はいくつになっても特別扱いしてもらえると嬉しいものです。自分にだけ他の人たちと違うものをもらえたとわかったら喜んでくれるし、あなたを意識するきっかけにもなります。
ただ他の人たちに気付かれないように要注意です。

知っておきたい職場恋愛の注意点

職場に好きな人、気になる人がいるとなると、振り向いてもらいたい、好きになってもらいたいと思うのが自然で、そうなるように、相手によく思われたい一心でアプローチしますよね。

毎日職場で会えるからこそできるアプローチもありますが、それとは逆に、場所が会社だということ、同じ職場に相手がいるからこそ注意しないといけない点もあります。

そもそもどうして社内恋愛はだめなの?

社内で恋愛関係の相手がいると、職場の規律や風紀が乱れ、仕事への集中力も下がります。恋愛関係がこじれたときに最悪訴訟問題になってしまうこともありますし、元が上司と部下なら、情報漏洩という危険もあることから、社内恋愛が禁止の会社がなくならないのです。

仕事に支障が出ないようにする

好きな人と毎日会える環境にあれば、いつでも見ていたい、いろいろ話したい、一緒にいたいという思いは高まりますよね。

しかしそれを想いのまま行動にうつしてしまうと、自分の評判を悪くするだけでなく、相手の仕事の邪魔をしていることにもなるので、相手にも嫌われてしまいます
会社なのですから、休憩中や就業後など、相手の都合を考えて話しかけましょう。

特別扱いをしない

誰でも好きな人には特別扱いをしたくなりますよね。好きな人にだけお土産を渡す、仕事は好きな人の分しか手伝わないなど、気持ちはわからなくもないですが、このような行為は自分の評判を悪くし、相手にも気まずい思いをさせる可能性があります。

それでも好きな人にさえ振り向いてもらえればそれでいいと思う人もいますが、周りからの評判が悪い人を好きになる人はいないと考えてもいいでしょう。

周りに気を遣わせないようにする

仕事中に頻繁に仕事と関係ない話をしていたり、ベタベタしている人が近くにいると、仕事に集中している人からは迷惑ですし、やる気がないと判断されてしまいます。

話しをしていたら相手が嫉妬したり、一緒にいるだけでその二人の仲を疑われたりするのは嫌ですから、恋愛中の二人にはできるだけ関わらないようにと気を遣うこともあるのです。

お酒の席でベタベタしない

お酒の場ではいつでも無礼講だと勘違いしている人がいますが、職場でのお酒の席でベタベタするのは大人としてみっともないです。

お酒の席とはいえ、職場の人が一緒だということはオフィシャルな場だということです。
例え周囲の人が二人の関係を知っていたとしても見苦しく、見ていていい気はしません。
あくまでも職場での人付き合いの一貫だということを忘れないようにしましょう。

目立つ場所で二人きりにならない

就業後のデートは、会社の近くは避けたほうがいいでしょう。できるだけ職場の人に見られないように、会社から離れた場所で会うのがおすすめです。

会社の近くだと、二人きりでいるところを職場の人たちに見られてしまい、本人たちの知らないところでその噂が社内で広まってしまうと、後々やりづらくなってしまいます
中途半端に隠すなら徹底的に隠しましょう。

自分たちの関係を周りに漏らさない

社内恋愛において、自分たちの関係を周りに漏らさないということは大前提であり、絶対条件でもあります。

誰かに言いたい気持ちもあるかもしれませんが、信頼できる人なら、と口止めをしたからと安心して一人に話してしまったら、そこから爆発的に広まります。こと社内恋愛においては、自分と相手以外信頼できる人はいないと思ったほうがいでしょう。

節度を守って職場の好きな人と両思いを目指そう

友人の紹介やコンパなどで知り合った人よりも、職場で出会った人のほうが会う頻度は高く、仲良くなれる確率も高いですよね。

毎日のように顔を合わせられるのは、好きな人との関係を発展させるのにとてもいい環境です。だからと言って何をしてもいいわけではありません。節度を守って両思いになれるようにがんばりましょう。

関連記事