好きな人

好きな人に電話したい!注意点や緊張しない方法を知りたい

好きな人に電話をしたいときはどうすればいい?

この記事で伝えたいポイント
  • 好きな人に電話をするときは何に気をつけたらいい?
  • 好きな人にはどういうきっかけで電話をすればいい?
  • 好きな人と電話をするときはどんな話題がいい?
  • 好きな人と緊張しないで電話する方法は?
  • 好きな人にまた電話で話したいと思ってもらえる方法は?
  • 好きな人との電話を楽しんで

好きな人のことをもっと知りたい、LINEやメールだけでなく電話で声が聞きたいと思ったら、思い切って電話をしてみましょう。

LINEやメールは何か用事をしながらでもできるので意識はあっちこっちに行ってしまいますが、電話だと相手にきちんと意識が向き、声のトーンや話し方からも感情が読み取れるので積極的に電話を活用しましょう。

好きな人に電話をするときに気をつけることは?

好きな人に電話をするのは、家族や仲の良い友人にかけるのとはまた違いますよね。この電話のかけ方で、好きな人にいい印象を与えるか悪い印象を与えてしまうかが決まります。

好きな人の前では緊張してあまり話せなくなってしまっても、電話だと顔が見えないので少し緊張が和らぎます。そのため普段以上に気を付けなければいけないことがあるのです。

電話は何コールくらい鳴らしてもいい?

いつでも電話に出られる状況とは限りません。そんな状況の中あまり長く鳴らすと不快に思いますよね。だからと言って短すぎるのもよくないです。携帯やスマホなら5コール、家の電話なら10回を超えないのが無難です。

電話をしてもいい間柄かどうかを考える

どれだけ好きな人でも、親しい間柄ではないならいきなり電話をするのも考え物です。あまり親しくない人から積極的にされて引かれてしまっては元も子もありません。

メールやLINEなどのやりとりができる、よく顔を合わせるなどの環境であるなら、まずはもう一歩踏み込んで自然に日常的なやりとりができるくらいの関係性を作りたいですね。

相手に気遣いができているかどうかを考える

無理なく電話で話ができる間柄であっても、相手の状況を考えて電話をするという配慮は忘れてはいけません。

自分が話したいからと言って、忙しいとわかっているとき、仕事中、夜遅い時間や朝早い時間などに電話をするのは相手にとって迷惑以外の何ものでもありません。
いつ電話をすればいいのか判断できない場合はメールやLINEで聞いておきましょう

ゆっくり話せる場所や環境かどうかを考える

仕事帰りの駅のホーム、飲み会の途中など、気分的にも周りの環境を考えてもあまりゆっくり話せる状況ではないですよね。

ゆっくり落ち着いて話せるには、騒がしくない、一人でいる、用事がないということを確認しておきましょう。
せっかく電話で話せるのだから、何かひとつが欠けてゆっくり話せなくなるのはもったいないです。

電話の最初の一言と切り際を考える

何事も最初が肝心、終わり良ければすべて良しというように、最初と最後というものは記憶に残りやすく、印象も強くなります

用件だけの電話であっても、時間を割いてくれたことに感謝をする、楽しかったならそれを素直に言葉に表すなどして伝えましょう。
また相手よりも先に切らないという心遣いができる女性もとても印象がいいものです。

好きな人に電話をするきっかけは?

好きな人と電話で話したいと思っても、いざかけようとすると何も用事ないのにかけたら迷惑かな、と結局かけられなかったという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

好きな人の誕生日、同じ委員会活動や仕事の業務連絡、番号を交換した当日に勢いで、など好きな人に電話をするきっかけについて解説していきます。

電話をかけてもいい時間帯は?

あまり親しくない場合なら尚更電話をかける時間帯には気を遣いますよね。平日なら21時台まで、休日なら20時台、もしくはかけないという人が多いです。遅い時間になる場合は相手に了承を得てからにしましょう。

好きな人の誕生日に電話をする

好きな人の誕生日に電話をするのは、好きな人に誕生日当日に堂々とおめでとうが直接言えるし、声が聞けるし、思いがけないおめでとうの言葉にありがとうと感謝の言葉も聞けるかもしれません。

誕生日おめでとうのひとことをきっかけに、少し話もできるかもしれませんが、お祝いの言葉を伝えられただけでも一歩前進と思うことができるでしょう。

同じ委員会活動や仕事の業務連絡で電話をする

好きな人と同じ委員会、サークル、仕事をしていれば、業務連絡で電話をするというのもおすすめです。
業務連絡は自分にとっても相手にとっても必用な話なので、急な電話でも嫌がられる心配もありません。

話している様子をみて忙しそう、めんどくさそうでなければ少し話を広げてみましょう。思いがけず話が弾むかもしれません。

共通の友人や知人についての用事で電話をする

好きな人と共通の友人や知人がいるなら、友人や知人が一人暮らしを始めた、地元に戻ってくるらしい、仕事を辞めたなどをきっかけに、近況を報告するという手も使えます。

共通の友人や知人の話であれば、そこから思い出話に花が咲き、盛り上がって思いがけず長電話になってしまったり、近々みんなで集まろうという話に持っていくのも簡単です。

物の貸し借りについての用事で電話をする

好きな人のお気に入りのCDやDVD、マンガが気になっているので貸してもらえるか聞いてみましょう。貸してもらえるなら次は直接会えますし、その次は感想を電話で伝える、返すときにはまた会えるなど、接する機会が増えます

これは逆に相手が好きそうなものを貸すという提案もできます。好きな人の好みを普段からリサーチしておくといいでしょう。

番号を交換した当日に勢いで電話をする

好きな人と電話番号を交換したら、その日のうちに勢いをつけて電話をしてみましょう。
別れてから今日は楽しかった、ありがとうなどその日のうちに電話をすると、改めてお礼ができるし、今日の話を振り返って話ができるので、話題にも困りません

話をしている様子から迷惑そうな感じがなければ、次に会う約束をすることもできるでしょう。

好きな人との電話ではどんな話題を選ぶ?

好きな人に電話をすると決めても、無計画に電話をしたら、何を話したらいいのかわからなくて無言になり、気まずくてすぐに切ってしまうということにもなりかねません。

せっかく電話するのですから楽しい時間にしたいですよね。好きな人が話好きな人とは限らないので、相手の興味も考えてある程度話題を考えておくといいでしょう。

電話を受けて失礼だと感じることは?

最近では、発信者番号が表示されるので名乗らない人が多いです。だからと言っていきなり用件を話始めるのはマナー違反なので、家族や仲の良い友人相手ではないならまず名乗るということを忘れないようにしましょう。

用事は後回しにしないで先に丁寧に伝える

まず、業務連絡や聞きたいことなど目的があって電話をしたのなら、それは後回しにしないで先に丁寧に伝えましょう

他の話がしたいからと言って雑に伝えたり後回しにしてしまうと、そのまま雑な人だと思われてしまうし、忘れてまたかけ直すというのは迷惑にもなり、きちんとしていない、だらしない人だと思われてしまいます

最近はまっていることについて

最近はまっていることについて話すというのは、好きな人に自分のことを知ってもらうのにとても有効な話題です。

しかし、相手が興味がなさそうなのに夢中で話していると、退屈させてしまい、話の合わない人だと思われてしまいます
少し話して食いつきが悪いようであれば、逆に興味があることを聞くように話をもっていきましょう。

恋愛について

恋愛について話すのは、お互いの関係性を深めるのにとてもおすすめな話題です。自分の恋愛観も好きな人の恋愛観も深く知ることができるので、今以上に好きになるかならないかの判断もできます

最初から深い話をしなくても、気になる人がいるかどうかを聞けば好きな人や恋人がいるかがわかるし、いなければ相手の好みのタイプを知ることもできます。

共通の友人の近況について

共通の友人の近況というのは、あれば話のネタに困ることはありません。友人と言っても、真面目な友人、性格の悪い友人、最近会った友人などいろいろな友人がいるでしょうから、一人出せばどんどん話が広がるでしょう。

久々の友人の話で盛り上がり、そこから同窓会や仲が良かったメンバーで集まるなど、会える機会を作れるかもしれません。

共通の思い出について

同級生や部活が一緒など、過去に同じ体験や経験をしていたことがあるのなら、その話題は積極的にしましょう。

脳科学的に、過去は美化されて記憶に残るということが証明されています。すてきな思い出、辛くても貴重な体験や経験をしたという思い出の中に一緒にいたという記憶は、相手を特別な存在だと思うのに十分なきっかけになるのです。

好きな人との電話で緊張しないための方法は?

電話だと顔が見えないので緊張せずに話せるという人もいれば、電話だと逆に緊張してしまってうまく話せない、言葉が出ないという人もいます。

ここでは相槌を打つ、感情を言葉にする、話したいことを前もって考えておく、実は緊張しているということを最初に言っておくなど、緊張していても楽しく電話で話せるコツを解説します。

通話時間はどれくらいが適切?

恋人同士、仲の良い友人同士であれば1時間以上電話で話す場合もあるでしょう。しかしまだそこまで親しくない間柄の相手には10分を目安にしてみましょう。脈なしならそろそろ切ってもいいかなと思う時間です。

相槌を打つ

電話をかけたい、話したいけれど、緊張しているときに自分の話をするのは苦手だという人は、相槌を上手に打てるようにしておきましょう。
相槌を上手に打てるようになれば、彼にたくさん話してもらうことができます。

聞き上手な人相手の会話は気持ちよく話せるので、話しやすい、また話したいと思ってもらえるかもしれません。

感情を言葉にする

緊張してうまく会話ができない人は、彼が話すことをもっと聞きたいと思っているということをきちんと言葉にして伝えるようにしましょう。

電話は相手の顔が見えません。緊張を退屈していると思われると残念なので、直接会っていれば言葉にしなくても伝わる感情も、顔が見えない電話では言葉にして伝えることを忘れないようにしましょう。

話したいことを前もって考えてメモしておく

好きな人に電話をするとき、前もって話す内容を考える人は多いと思いますが、せっかく考えてもいざ電話が繫がると緊張して頭が真っ白になってしまうこともありますよね。

そんなときは、話したいことを考えておくだけでなくメモしておきましょう。
聞きたいこと、今日あったこと、新しくできた話題のお店など、メモがあるとお守り代わりになります。

実は緊張していることを最初に言っておく

思い切って電話をしてみたものの緊張して頭が真っ白になってしまったら、正直に、実は今すごく緊張しているということを伝えると、言葉が出てこずパニックになってしまうより印象がよくなります

緊張しているということをわかってもらえれば、思うように会話が進まなくても変に思われませんし、だんだんと緊張もほぐれてくるでしょう。

好きな人にまた電話で話したいと思わせる方法は?

好きな人に電話をするときは何に気を付ければいいのか、どういうきっかけで電話をすればいいのか、話題は何がいいのか、緊張しないで電話をするにはどうしたらいいのかを解説してきましたが、ではその先の、好きな人にまた電話で話したいと思わせるにはどうすればいいのでしょうか。

声や話し方、会話の内容について解説していきます。

LINEやメールと電話、どちらが好き?

今はLINEで連絡を取ることがほとんどで、電話をすることが少なくなりました。しかし男性のほうが少し多くはありますが、男女ともにコミュニケーションとしては電話のほうが好きだと思う人が多いです。

よく笑う

電話は相手の顔が見えないので、会って話しているときとは違って、楽しいと思っているのか退屈しているのかわかりづらいですよね。

男性は、電話に限らず自分の話でよく笑ってくれる女性をかわいいと思うそうです。今好きな人と電話で話せることを嬉しく思っている、楽しくて思わず笑ってしまうという無邪気な笑い方が好きな男性は多いです。

少し高めの柔らかい声を意識する

電話では声のトーンは思いのほか重要な役割を果たします。電話の相手の声が優しそう、楽しそうならもちろん自分が受ける印象はいいですよね。

それと同じように、普段より少し高めの柔らかい声は、もっと電話したいと相手に思わせる力を持っています。
声が低めだと思っている人は意識して少し高めの声を出してみましょう。

ゆっくり話す

電話で好きな人と話をするときは、普段よりも少しゆったり話すようにしましょう。緊張はしているかもしれませんが、ずっと早口で話す人と長く話していたいと思わないですよね。

電話では声しか伝わるものがありません。少しゆっくりめの話し方の方が早口で話されるよりも格段に心地よく、もっと話していたいと思ってもらえます

会話の内容に気を付ける

よく笑う、柔らかい声、話すスピードなど大切な要素はありますが、どれだけいい雰囲気で話していても、自分ばかり話していたり、誰かの悪口を言ったり、仕事の愚痴ばかり話していては、また話したいなとは思ってもらえないでしょう。

悪口や愚痴は聞いていて気持ちのいいものではないので、好きな人との電話での会話は内容にも気を付けましょう。

相手の話に興味を持つ

自分のことを知ってもらいたいので自分の話もいいですが、相手が話しているときは話の内容に興味を持って聞きましょう。

男性は、興味を持って自分の話を聞いてくれる女性のことをかわいいと思うものです。
自分の話よりも相手の話を聞き出して、興味を持って上手に話を引き出しましょう。気持ちよく話せるので、また話したいと思ってもらえます。

好きな人との電話を楽しもう!

どれだけ対策を練っても、好きな人との電話は緊張するものです。思い切って電話をかける人もいれば、何度挑戦してもかけられないままの人もいるでしょう。

しかし、悩んでいるばかりでは状況は何も変わりません。好きな人を不快にしないように、話題を考えて、緊張はするものだと割り切って、せっかくの好きな人との電話を楽しみましょう。

関連記事