元彼・元カノ

元彼の話を今彼にする心理とは?元彼の話をするリスクについて

元彼の話を今彼にするのはNGなの?

この記事で伝えたいポイント

・元彼の話を今彼にする時の心理

・元彼の話をしてしまう場面

・元彼の話をするリスク

彼氏と一緒にいる時に、つい元彼の話をしてしまうことがあるのではないでしょうか。しかし、元彼の話をすると、喧嘩や嫉妬の原因になることがあるのでしない方が良いでしょう。

では、どのような心理で元彼の話をするのでしょうか。そこで、ここでは元彼の話を今彼にする時の心理、元彼の話をしてしまう場面、元彼の話をするリスクについてご紹介します。

女性が元彼の話を今彼にする心理とは?

今彼と一緒にいる時に元彼の話をしてしまうこともあるでしょう。しかし、今彼からすれば、元彼の話を聞いていい気分になることは少ないですよね。

では、今彼に元彼の話をする時の心理とはどのようなものなのでしょうか。そこで、ここでは女性が元彼の話を今彼にする時の心理についてご紹介します。

今彼に元彼の話をする時は、元彼に未練がある場合や、ただの昔話として話をしている場合があるでしょう。

元彼の話を今彼に話す時の心理

今彼に元彼の話をする時は、今彼に嫉妬して欲しいという気持ちがあることがあるでしょう。また、今彼に元彼のようになってほしくないという気持ちがある場合もあります。

元彼に未練がある

今彼に元彼の話をする時は、元彼に未練がある場合があるでしょう。今彼も、彼女の元彼の話をされた時に「未練があるのではないか」と思ってしまう人が多いです。

今は新しい彼氏がいるにも関わらず、元彼の話をしてしまうということは、どこかで元彼のことを思い出しているということでしょう。

自分の中で元彼のことについて気持ちの整理をつけることが大切です。

ただの昔話として話をしている

今彼に元彼の話をする時は、特に何も考えずにただの昔話として話をする女性も多いです。

普段の何気ない会話の一部として、「昔元彼と〜に行ったことがある」などと話をしているのでしょう。

今彼からすれば、元彼にまだ気があるのではないかと不安になるかもしれませんが、女性からすれば全く未練がなくても話をすることがあるのです。

嫉妬して欲しいという気持ちがある

今彼に元彼の話をする時は、彼氏に嫉妬して欲しいという気持ちがある場合があるでしょう。

普段嫉妬をしないような彼氏だとしても、元彼の話ばかりされると嫉妬してしまうことがあります。そして、嫉妬されることによって自分が大切にされていると実感するのです。

わざと元彼の話をしている場合は、今彼を嫌な気分にさせてしまう恐れがあるのでほどほどにするのが一番でしょう。

裏表がない自分を今彼にさらけ出したい

今彼に元彼の話をする時は、裏表のない自分を今彼にさらけ出したいと思っていることもあるでしょう。

自分の過去も全て受け入れて欲しいという心理から元彼の話をするのです。そして、元彼の話をする彼女でも今彼が好きでいるのか試していることもあるでしょう。

また、元彼よりも大切にして欲しいという気持ちが垣間見えていることもあります。

どんな自分でも受け入れて欲しい

元彼の話を今彼にする場合は、今彼とより幸せな未来を築きたいという心理の表れでもあるでしょう。

様々な心理状態で元彼の話をすることが多いですが、そういう自分も今彼に受け入れて欲しいと思っていることがあります。

つい元彼の話をしてしまう人は、今彼にライバル視してもらいたいという小悪魔的な要素もあるでしょう。

オープンな性格なのでなんでも話してしまう

彼女がオープンな性格なので特に意味はないけれど、今彼に元彼の話をしてしまうことがあるでしょう。

もともとオープンな性格の人は、そこまで話すの?という話まで無意識にしてしまう人もいます。このような女性は、マナーがない人に見えてしまうことがあるので注意が必要です。

また、隠し事が嫌いな性格の人は、今彼は知りたいと思わないようなことまでなんでも話してしまうこともあるでしょう。

今彼に元彼のようになってほしくない

元彼と別れたことには理由があるはずですよね。そこで、次の恋愛では失敗したくないという気持ちから、今彼に元彼のようになってほしくないという気持ちで、元彼の話をすることがあるでしょう。

元彼がこんな感じだから別れたということを元彼に伝えたいと思っているのです。しかし、男性は他の男性と比較されることを嫌う人が多いです。

そのため、元彼の話をして間接的に伝えるのではなく、直接伝えた方が良いでしょう。

女性がつい元彼の話をしてしまう場面とは?

今彼と一緒にいる時に、元彼の話をしてしまうこともあるでしょう。では、どのような場面でつい元彼の話をしてしまいやすいのでしょうか。

そこで、ここでは女性がつい元彼の話をしてしまう場面についてご紹介します。例えば、デートの行き先を決める時や、元彼に似た人を見かけた時に元彼の話をしやすいでしょう。

今彼と一緒にいる時に、元彼の話をしてしまう人は、ぜひ参考にしてみてください。

元彼の話をしてしまう場面

今彼と一緒にデートの行き先を決める時に、元彼と一緒に行った場所だとつい元彼の話をしてしまうことがあるでしょう。また、喧嘩中に元彼のことを話に出して比較してしまうこともあります。

デートの行き先を決める時

今彼と一緒にデートの行き先を決めている時に、つい元彼と一緒に行ったことのある場所の話になると、「元彼と一緒に行ったことがある」と話をしてしまうことがあるでしょう。

お互いに昔付き合っていた人がいたり、過去があったりすることは仕方ありませんが、今彼とデートの計画を立てている時に元彼の話をすると、今彼はショックを受けてしまうことがあります。

喧嘩中に元彼と比較をしてしまう

元彼と喧嘩をしている時に、つい元彼と比較してしまうことがあるでしょう。喧嘩して気持ちが高ぶった時に、勢い余って過去と現在を比較することがあります。

例えば、「元彼はそんなことしなかった」などと言われてしまうと、今彼は傷ついてしまったり、腹が立ったりすることがあるでしょう。

元彼は過去の人だと気持ちの整理をつけて、自分の心の中にそっとしまっておくことが大切です。

元彼に似た人を見かけたとき

今彼と一緒に外でデートをしている時やテレビを見ている時に、元彼に似た人を見て「この人元彼に似てる」と言ってしまうことがあるでしょう。

しかし、元彼の話をされて嬉しく思う人は少ないのでなるべく避けた方が良いです。また、今彼からすれば「まだ元彼のことが気になっているのかな」と不安になってしまうことがあるでしょう。

元彼の話をするとこんなリスクがある!

今彼に元彼の話をすることにはある程度のリスクがあります。そこで、ここでは元彼の話を今彼にすることのリスクについてご紹介します。

元彼の話を今彼にすることで、周りから構ってちゃんだと思われることがあるでしょう。また、今彼に元彼と復縁したがっていると思われることがあり、関係が悪くなってしまう恐れもあるので注意が必要です。

元彼の話をすることのリスク

元彼の話を今彼にすることで、今彼に元彼と復縁したがっていると思われる恐れがあるでしょう。また、自分の全てを知って欲しい面倒な人だと思われることもあります。

無意識に頭の中が元彼のことでいっぱいになってしまう

今彼に元彼の話をたくさんすることで、無意識に頭の中が元彼のことでいっぱいになってしまうことがあります。

少しでも元彼のことを引きずっていたり、まだ未練がある場合は元彼に対する気持ちが大きくなってしまうことがあるので、元彼の話はしない方が良いでしょう。

元彼と付き合っていた頃は、常に元彼のことを考えて、常に元彼の話をしていた人も多いはずです。別れた後も同じ思考回路が続いていることがあります。

自慢できることが他にないので自尊心がなくなってしまう

今彼に元彼の話ばかりしていると、他に自慢できることがなく自尊心がなくなってしまうことがあります。

これは、自分が常にモテていることをアピールしたい女性に多いでしょう。特に自慢できるようなことがない場合に、今彼に元彼のことを話すことで、自分の恋愛自慢をしているのです。

仕方なく元彼の話ばかりしていると、だんだんと自尊心がなくなってしまうことがあるでしょう。

周りから構ってちゃんだと思われる

周りの人に心配してもらいたいだけのタイプの女性は、元彼との辛かったエピソードを話すことで今彼に心配して欲しいという気持ちであることがあります。

しかし、元彼の話ばかりしていると、周りから構ってちゃんだと思われることがあるでしょう。

周囲の同情を買うことで満足感を得るタイプの女性は、元彼との別れ話をドラマティックに話してしまうことがあります。

復縁したいと思われてしまう

今彼に元彼の話をたくさんすると、今彼に元彼と復縁したいと思われてしまうことがあります。

今彼からすれば、彼女が昔付き合っていた人の話など聞きたくないと思う人が多いでしょう。また、元彼の話ばかりすると、彼女と一緒にいることが辛いと感じてしまうこともあります。

そして、元彼との関係が悪化してしまう恐れもあるので、元彼の話はしないことが吉でしょう。

自分の全てを知って欲しい面倒な人と思われる

とにかく自分の全てを受け入れて欲しいと思っている女性は、自分の過去の話も全てさらけ出してしまうことがあります。

今彼に元彼の話をなんでも話してしまうと、今彼からは自分の全てを知ってもらわないと気が済まないような面倒な人だと思われることがあるでしょう。

承認欲求が強い女性は、「元彼はこんなことをしてくれた」など自慢したい願望が強い傾向があります。

元彼の話はしないに越したことはない

ここでは、元彼の話を今彼にする時の心理、元彼の話をしてしまう場面、元彼の話をするリスクについてご紹介しました。

元彼の話を今彼にすることによるメリットはあまりないでしょう。そのため、今彼には元彼の話はしないに越したことはありません。

また、元彼の話をたくさんしてしまうと、周りに悪いイメージを持たれる可能性があるので注意が必要です。

関連記事