元彼・元カノ

元彼の誕生日に連絡してもいい?元彼の気持ちや注意点について

元彼の誕生日には連絡してもいいの?

この記事で伝えたいポイント

・元彼の誕生日に連絡する元カノの心理

・元カノから誕生日に連絡が来たときの元彼の気持ち

・元彼の誕生日に連絡をしてもいい場合

・元彼と復縁をしたい場合に連絡をする時の注意点

・元彼と復縁目的でない場合に連絡をする時の注意点

元彼の誕生日になると、連絡をしていいのか、しない方がいいのか迷っている人も多いのではないでしょうか。

元彼と復縁したいと思っている人は、誕生日に連絡をすることで相手から重いと思われないかと不安になることもありますよね。

そこで、ここでは元彼の誕生日に連絡をする元カノの心理や元彼と復縁をしたい場合の注意点などをご紹介します。

元彼の誕生日に元カノが連絡する心理とは?

元彼の誕生日が近づくと、連絡してもいいのか迷うことがあるでしょう。また、元彼の誕生日に連絡をする時の元カノの心理はどのようなものなのでしょうか。

そこで、ここでは元彼の誕生日に元カノが連絡をする時の心理についてご紹介します。例えば、今でも元彼のことを特別で大事な存在だと思っていたり、元彼に好意を持っていて復縁したいと思っていたりすることがあるでしょう。

元彼の誕生日に元カノが連絡をする時の気持ち

元彼の誕生日に元カノが連絡をする時は、単純に元彼を祝いたいという気持ちのことがあるでしょう。また、元彼の近況が気になるため連絡をすることもあります。

今でも特別で大事な存在だと思っている

別れた後でも、元彼のことを特別で大事な存在だと思っているため、誕生日に連絡をしたいと思うことがあるでしょう。

特に復縁をしたいと思っていなくても、元カノの中では無意識に特別な存在になっていることは多いです。

また、一度は好き同士だった関係なので、特別な存在であるという感情を忘れることは難しく、忘れたいと思えば思うほど元彼の存在は大きくなります。

好意があり復縁したいと思っている

元彼に対して明らかな好意を持っているため、復縁したいと思っていることもあるでしょう。元彼の誕生日というタイミングで連絡をして、復縁するきっかけにしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

別れてからすぐに連絡をするのは気が引けてしまいますが、誕生日というイベントに合わせて連絡をするのは、相手も抵抗を感じにくいでしょう。

「おめでとう」の気持ちだけ伝えたい

以前好きになって付き合っていた人だからこそ、感謝の意味も込めて誕生日を祝いたいという気持ちのこともあるでしょう。

喧嘩別れをしてしまい、絶縁関係になっている状態でなければ、お互いを尊重しあって誕生日を祝うことはありますよね。

元彼を過去の人として認めている場合に、単純にお祝いの気持ちを伝えたいと思うのです。

懐かしい気持ちになって近況が気になる

元彼の誕生日になると、元彼のことを思い出して元彼との過ごした日々のエピソードが蘇ることがあるでしょう。

そのため、懐かしい気持ちになって元彼の近況が気になるため、誕生日に連絡をしたいと思うのです。

別れてから時間が過ぎていれば、元彼は今何をしているのか、どう変わったのかなど考えることで、連絡を取りたくなることがあるでしょう。

構って欲しいと思っている

元彼と別れた時は、一人になってスッキリした、自分の時間が増えたと思っている人も多いでしょう。

しかし、別れてから時間が経つと、暇な時間が増えて構って欲しいと思うことがあります。

そこで、元彼の誕生日をきっかけに連絡をして構って欲しいと思うのです。心理的には、心に隙間がある状態なので、隙間を埋めてくれそうな元彼に連絡をした状態と言えるでしょう。

元彼の気持ちや状況を知りたい

元彼の気持ちや彼女がいるのかなどの状況を知りたい時に、連絡をすることがあるでしょう。

普段は連絡をしにくいけれど、誕生日になら連絡しやすいという気持ちもあるはずです。

元彼とよりを戻したいと思っている場合は、元彼が自分のことをどう思っているのか、新しい彼女がいるのか知りたいですよね。

もし、自分に悪い印象を抱いていなく、彼女もいないのであれば、アプローチしようと思っていることもあるでしょう。

誕生日に元カノから連絡が来たら元彼はどう思う?

誕生日に元カノから連絡が来た場合に、元彼はどう思うのでしょうか。元彼の誕生日に連絡をしたいと思っても、元彼からどう思われるのか気になりますよね。

そこで、ここでは誕生日に元カノから連絡がきた時の元彼の気持ちについてご紹介します。

元彼の誕生日に元カノから連絡が来た場合は、自分の気持ちを考えていないと思われることがあるので注意が必要です。

誕生日に元カノから連絡が来た時の元彼の気持ち

誕生日に元カノから連絡が来た時の元彼の気持ちは、相手に気があるのなら嬉しいと思うことがあるでしょう。また、友達として仲良くしたいと思うこともあります。

こっちの気持ちを考えていないと感じる

元カノから誕生日に連絡が来た時に、「自分の気持ちを考えていない」と感じる元彼もいるでしょう。

特に、元カノから振った場合は、「自分から振っておいて、寂しくなったから連絡をしたのか」と思われることもあります。

自分勝手と思われてしまっては、復縁できる可能性は低いので誕生日にガツガツした連絡をすることは避けた方が良いでしょう。

相手に気があるのなら嬉しいと思う

誕生日に元カノから連絡が来た場合は、「元カノがまだ自分に気があるのなら嬉しい」と思う人もいるでしょう。

もし、元カノから振られてしまい、元彼はまだ元カノのことが好きという場合は、復縁できるかもしれないと思いますよね。

もしかしたら、よりを戻すことができるかもしれないと期待する人も多いのではないでしょうか。

友達として仲良くしたいと思う

元カノから誕生日に連絡が来た時に、「友達としてなら仲良くしたい」と思う人もいるでしょう。

付き合っていた頃は円満に別れていて、お互いに自分に道を歩んでいる場合は友達という関係を続けたいと思っている人も多いです。

元彼と友達という関係を続けたいと思っている方は、誕生日に簡単な連絡をすると良いかもしれません。

元彼の誕生日に連絡しても不自然にならない場合とは?

元彼の誕生日に連絡をしたいと思っても、良いタイミングで連絡をしたいですよね。では、どのようなタイミングや状況で連絡をすれば不自然にならないのでしょうか。

そこで、ここでは元彼の誕生日に連絡しても不自然にならない場合についてご紹介します。

例えば、別れてから適切な冷却期間を置いている場合や、別れた後も何度か交流があった場合は自然に連絡することができるでしょう。

元彼の誕生日に連絡をしてもいい場合

元彼と別れた直後ではなく、適切な冷却期間を置いている場合には連絡をしても良いでしょう。しかし、別れてから年月が経ち過ぎている場合に連絡をすることは微妙です。

別れてから適切な冷却期間を置いている場合

元彼と別れてから適切な冷却期間を置いている場合は、元彼の誕生日に連絡をしても不自然にならないでしょう。

人間関係は、時間を置くほど落ち着いて冷静に見直すことができるようになります。そのため、元彼と別れた後に時間を置くことで、自分の気持ちの整理をつけることができるでしょう。

元彼との冷却期間を置いている場合は、誕生日に連絡をしたことをきっかけに新たな関係を築くことも可能です。

別れた後も何度か交流があった場合

元彼と別れた後も、何回か連絡をとっていたり、会ったりなど交流があった場合は誕生日に自然に連絡ができるでしょう。

お互いに未練を感じていない状況であれば、別れた後も連絡を取り合うことで一定の距離を保ちつつ定期的な交流が続くこともあります。

また、別れた後も会っているのであれば、元彼の警戒心も解けている状態と言えるでしょう。

一方的に振られたわけでは無い場合

元彼から一方的に振られてしまった場合など、完全に元彼に気持ちがない状態で連絡をしても、重いと思われることがあります。

元彼と別れた理由が元彼から嫌われてしまったなどの理由でないのであれば、元彼の誕生日に連絡をしても自然でしょう。

こちらに未練があることを匂わせてしまうと、元彼は警戒してしまうことがあるので、あくまでも誕生日を祝っているだけという気持ちで連絡をすることが大切です。

別れてから年月が経ち過ぎている場合は微妙

元彼の誕生日に連絡をする際は、別れてすぐの時期には連絡をしない方が良いでしょう。一方で、別れてから年月が経ち過ぎている場合だとしても、連絡をすると不自然になってしまうことがあります

特に、元彼に新しい彼女がいる場合は、元カノから連絡してほしくないと感じることがあるでしょう。

また、新しい恋を始めている場合や、自分の道に進んでいる場合もあるので、相手の状況を確認してから連絡をすると良いです。

復縁したい元彼の誕生日に連絡をするときの注意点

元彼と復縁をしたいと思っていて、誕生日に連絡をする時に注意点はあるのでしょうか。

せっかく復縁したいと思っている場合には、誕生日に連絡をして元彼に悪い印象を与えたり、失敗したりしたくないですよね。

そこで、ここでは復縁したい元彼の誕生日に連絡をする時の注意点についてご紹介します。連絡する文章は短めにしたり、いきなり復縁を求めるような連絡はしないようにしたりすることが大切です。

復縁したい元彼の誕生日に連絡をする時の注意点
復縁したい元彼の誕生日に連絡をする時は、別れた原因などネガティブな話題には触れないようにすることが大切です。また、相手の状況にも気配りをすると良いでしょう。

別れてからすぐの場合は連絡をしない

元彼と復縁したい場合は、別れてからすぐに連絡をしたいと思う人が多いでしょう。しかし、別れた直後はお互いに気持ちが冷めている状態です。

そのため、別れてすぐに連絡をしても、「未練があるのではないか」「なぜ別れたばかりなのに連絡をしてくるのか」と警戒してしまうことがあるでしょう。

別れてからある程度の冷却期間を設けてから、誕生日に連絡をするのが良いです。

別れてから時間が経つと逆効果の可能性もある

別れてから時間が経っている状況で誕生日に連絡をすることは逆効果になる可能性があります。

恋人と別れてから時間が経てば、新しい恋に進もうとしたり、新しいことに没頭しようとしたりする人が多いですよね。

自分の道を見つけようとしている時に、元カノから連絡が来ても、連絡しないでほしいと感じたり、返信がなかったりするでしょう。

連絡をするときの文章はシンプルにする

誕生日に連絡をする時は、「誕生日おめでとう」くらいのシンプルな文章にすると良いでしょう。

長文になればなるほど、元彼からすると「重たい」と感じてしまうことがあります。また、一方的に自分の気持ちばかり伝える人という印象を持たれてしまうかもしれません。

文章は極力簡単に、誕生日のお祝いの気持ちだけ伝わるようにすることがおすすめです。

いきなり復縁を求めるような連絡はしない

元彼の誕生日をきっかけにして復縁したいと思う人は多いでしょう。しかし、復縁したいからと言って、誕生日にいきなり復縁を求めるような連絡はしない方が良いです。

一年に一度の記念日に、いきなり元カノから復縁を迫られるような重たい連絡が来ても、元彼は困ってしまうでしょう。

誕生日に連絡をすることは、あくまでも元彼と距離を縮める方法の一つと思うことが大切です。

ネガティブな話題には触れない

誕生日はたくさんの人からお祝いの言葉やメールをもらえる日ですよね。そんな日に、元カノから別れた原因や、嫌な思い出などネガティブになるような話は聞きたくないでしょう。

元彼にとっても、元カノとの過去の別れ話を掘り起こされては、復縁したいという気持ちにはならないはずです。

そのため、元彼の誕生日に連絡をする時は、お祝いの言葉だけ送るようにすると良いでしょう。

深夜0時ぴったりには送らない

元彼の誕生日の0時ぴったりに連絡をするのは、未練があるイメージを与えるので避けた方が良いでしょう。

誕生日になったら連絡をしようと思っていた気持ちがひしひしと伝わるので、元彼からすると引いてしまうこともあります。

元彼の誕生日の連絡は、誕生日から1日ずらしたくらいのタイミングで送るのがちょうど良いでしょう。

プレゼントを贈るのは重たい印象を持たれる可能性がある

元彼の誕生日に連絡をして、プレゼントも送るのは重たい印象を持たれる可能性があります

プレゼントは事前に用意する必要があるので、プレゼントをもらった元彼からすれば、事前に準備していたとわかってしまうでしょう。

そのため、元彼の誕生日にはお祝いの言葉を送るのみで、プレゼントを贈るのは避けるようにした方が良いです。

相手の状況にも気配りをする

元彼と別れてから時間が経っている場合は、誕生日の連絡をする前に元彼の状況を確認しておくと良いでしょう。

もしかしたら、新しい彼女ができていたり、結婚していたり、子供ができていたりする可能性があります。

元彼が自分の人生を歩んでいる時に、元カノから連絡が来ると嫌だと感じることもあるでしょう。

元彼の状況によっては連絡をしない方がいいこともあるので、連絡をしない気配りも大切です。

返事を期待せずに無いものだと思っておく

元彼の誕生日に連絡をしたら、当然返事を待ってしまいますよね。しかし、返事は期待せず、無いものだと思っておく方が良いでしょう。

もし、返事が来たらラッキーくらいに思っておきましょう。また、元彼に返事を催促するような連絡をすることはNGです。

元彼から「うざい」と思われてしまい、一生返事が来ないこともあるでしょう。

返事が来たら彼と同じテンションで返事をする

元彼に誕生日の連絡をして、返事が来た場合は元彼は元カノに対して嫌悪感を抱いているというわけでは無いでしょう。

そして、元彼から返事があった場合は、元彼と同じテンションや文章量、タイミングで返事をすることが大切です。

また、元彼が「ありがとう」くらいの簡単な返事だった場合は、返事をしない方が良いでしょう。

復縁目的でない元彼の誕生日に連絡をするときの注意点

元彼と復縁したいという気持ちはない場合でも、元彼の誕生日に連絡をすることもありますよね。

では、元彼と復縁目的でない場合に、元彼の誕生日に連絡をする時はどのように連絡をすればいいのでしょうか。

そこで、ここでは復縁目的ではない元彼の誕生日に連絡をする時の注意点についてご紹介します。

元彼から復縁を迫っていると思われないように、連絡する内容は簡潔な文章にまとめると良いでしょう。

復縁目的でない元彼の誕生日に連絡をする場合

復縁目的でない元彼に連絡をする場合でも、連絡する時の文章は簡潔にまとめることが大切です。また、昔のことを掘り返したりしないようにすると良いでしょう。

連絡する内容は簡潔な文章にまとめる

元彼と復縁したいという気持ちがない場合でも、誕生日に連絡をする内容は簡潔な文章にまとめた方が良いでしょう。

文字数が多くなってしまうと、元彼から重たいと思われてしまい、返信が来ないこともあります。

そのため、2、3行くらいの簡潔な文章にまとめて、お祝いの気持ちを簡単に伝えるくらいがちょうど良いでしょう。

昔のことを掘り返したりしない

元彼の誕生日に連絡をする時は、昔のことを掘り返したような内容の連絡はしない方が良いでしょう。

例えば、過去の自分の反省や、別れた時の話などをすると、元彼は気持ちが落ち込んでしまったり、暗い気持ちになってしまうことがあります。

そのため、誕生日に連絡をする時は、簡単に誕生日のお祝いをする内容だけに留めておきましょう。

連絡をする時間帯は日にちをずらした夜がおすすめ

元彼に誕生日のお祝いの連絡をする時は、日付が変わる瞬間は避けた方が良いでしょう。また、朝早い時間帯は出勤前の準備で忙しいことがあります。

誕生日のお祝いをする時は、夜の21時頃がちょうど良いでしょう。相手の生活リズムによりますが、仕事から帰ってきてご飯を済ませ、落ち着いていることが多いです。

また、日にちをずらして連絡をすることで、元彼から未練があるかもしれないと思われることは少ないでしょう。

誕生日をきっかけにどうしたいのかよく考えよう

ここでは、元彼の誕生日に連絡をする元カノの心理、誕生日に元カノから連絡が来た時の元彼の気持ち、元彼の誕生日に連絡をしてもいい場合、元彼と復縁したい場合と復縁目的でない場合の注意点についてご紹介しました。

元彼の誕生日には、連絡していいのか、連絡をしない方がいいのか迷うことがありますよね。

まずは、元彼と復縁をしたいのか、友達として付き合っていきたいのかを考えると良いでしょう。

関連記事