元彼・元カノ

元彼が結婚した時の心理とは?元彼を忘れるための対処法について

元彼が結婚。複雑な気持ちとどう向き合う?

この記事で伝えたいポイント

・元彼が結婚した時の心理

・元彼が結婚した時の考え方

・結婚した元彼にアプローチすることのリスク

・元彼が結婚してショックを受けた時の対処法

元彼が結婚したと知った時は、すでに元彼に対して好きという気持ちが無いとしてもなんだか複雑な気持ちになりますよね。

では、元彼が結婚して悔しいときや、もやもやする時はどのように対処すればいいのでしょうか。

そこで、ここでは元彼が結婚した時の心理や、元彼が結婚してショックを受けた時の対処法についてご紹介します。

元彼の結婚を知った元カノの心理

元彼が結婚したことを聞くと、なんとも言えないもやもやした気持ちになることがあるでしょう。

この複雑な心理について気になっている人も多いのでは無いでしょうか。そこで、ここでは元彼の結婚を知った時の元カノの心理についてご紹介します。

元彼が結婚したという人は、他の人がどのような気持ちになるのかを知ることで、少しは自分の心の整理ができるかもしれません。

元彼が結婚した時の元カノの心理

元彼が結婚したことを知った時は、昔は自分が一番だったので寂しい気持ちになることがあるでしょう。また、元彼との過去の思い出が美化されて切なくなることもあります。

昔は自分が一番だったはずなので寂しくなる

別れたとは言え、一度は好きになって親密な関係になった元彼が結婚したことを聞くと、昔は自分が一番だったはずなので寂しい気持ちになることがあるでしょう。

以前は自分がいた場所に、今は別の女性がいると考えると少し寂しいですよね。元彼に未練が無いとしても、一度は好きになった人が結婚すると聞いた時は、元彼が過去の人になったと実感するでしょう。

過去の思い出が美化されて切なくなる

以前付き合っていた頃の思い出が美化されてフラッシュバックされ、切ない気持ちになることがあるでしょう。

元彼と付き合っていた頃の楽しい思い出はいつまでも消えないですよね。しかし、彼と今一緒にいるのは別の女性であると実感して切ない気持ちになるのです。

また、人間は過去の思い出を美化してしまうことが多いので、付き合っていた頃を思い出すことも多いでしょう。

直接の結婚報告を聞けなかったことにもやもやする

元彼と共通の知人から結婚を聞いた場合は、直接の結婚報告を聞けなかったことに対してもやもやする気持ちになることがあるでしょう。

一時は親密な関係だったので、「誰かを通さずに、直接一言言ってくれればいいのに」と思うことがあります。

また、結婚の報告をしてくれた知人からも変に思われていないか気になることもあるでしょう。

他の人のものになってしまったことでもったいなく感じる

元彼と別れたことに対して、後悔や未練が全く無いとしても、もともと自分のものだったのに、他の人のものになってしまったことでもったいなく感じることがあるでしょう。

別の女性と結婚したことを知ることで、なんとなく欲しくなる心理になることがあり、「もし別れなければ自分が結婚していたのだろうか」と考えてしまうこともあります。

あの時こうしていればよかったと後悔の念が生まれる

元彼が結婚したことを知って、どうして別れたのかと後悔することがあるでしょう。

縁を切るほどひどい彼ではなかった場合は、もしかしたら自分が結婚したかもしれないと考えてしまうこともあるのではないでしょうか。

また、あの時こうしていれば今も関係が続いていたかもしれないという後悔の念が生まれることもあるでしょう。

復縁の可能性がほぼ無くなってしまうので悲しい

元彼と別れてしまった後も、どこかで復縁の可能性を信じていた方も多いのではないでしょうか。

しかし、結婚したとなると復縁の可能性はほぼ無いと言えるでしょう。気軽に自分の気持ちを伝えることも難しくなります。

そのため、復縁できるかもしれないと思っていても、元彼が結婚したことにより復縁の可能性はほぼ無くなってしまったため悲しいと感じることがあるでしょう。

元彼が先に幸せになったのが悔しい

結婚と聞くと、幸せと結びつける人は多いでしょう。そのため、元彼が結婚したと聞くと自分よりも先に幸せになったことが悔しいと感じることもあります。

そのため、元彼が先に結婚したことで焦ってしまうこともあるでしょう。しかし、他人から幸せに見られたいとばかり考えていると、納得できないまま彼氏を作ったり結婚したりして、後悔することがあるので注意しましょう。

元彼に頼れなくなり不安になる

元彼と別れた後も友人として関係が続いている方も多いでしょう。しかし、結婚した場合は家庭が一番になる人が多いです。

そのため、元彼に今までのように頼ったり、友人として会ったりできなくなってしまうでしょう。

今まで元彼に頼ることがあった人は、これから頼ることができなくなると考えて不安になることがあります。しかし、このままの気持ちでいると喪失感を抱えたままになるので、自立することが大切です。

周囲から惨めに見えていないか気になる

元彼が先に結婚したので、周りから「元彼が結婚したことで落ち込んでいるのではないか」などと思われていないか気になることがあるでしょう。

周囲から惨めに見えていたり、心配されるような自分が嫌に感じることがあります。人からよく思われたいと強く思う人は、周囲に対して疑心暗鬼になってしまうことがあるでしょう。

そのため、自分なりの幸せを見つけるようにすることが大切です。

自分のことを思い出すことはないと寂しくなる

結婚するほどの相手がいるのだから、もう自分のことを思い出すことはないだろうと考えると寂しい気持ちになるでしょう。

一度は好きになってくれた相手から、自分が忘れられてしまうことは辛いですよね。元彼との関係は終わってしまったとしても、思い出は大切にしてほしいと思うでしょう。

しかし、元彼がすっかり自分のことを忘れてしまったかどうかはわからないので、自分に自信を持つことが大切です。

元彼を幸せにした人物が現れたことにショックを受ける

元彼が結婚したと聞くと「幸せ」というイメージをする人が多いでしょう。元彼が結婚した話を聞くと、元彼と女性が仲睦まじく生活している姿を思い浮かべるのではないでしょうか。

自分は元彼を幸せにすることはできず、元彼を幸せにした人物が現れたということにショックを受けることもあるでしょう。

自分がたどり着けなかったところにたどり着いた人がいるということが悲しいと思うのです。

結婚した元彼に対して元カノはどうすればいい?

元彼が結婚した時に、ずっと落ち込んだ気持ちでいたり、悔しんでいたりすると悪影響を及ぼしてしまうかもしれません。

元彼が結婚した時は、辛いと感じることもあるかもしれません。しかし、前に進むためには元彼のことばかり考えるのではなく、自分の幸せを考えることが大切です。

自分の気持ちを落ち着かせてから、元彼に幸せになってほしいという気持ちに切り替えたり、自分が幸せになれるように努力したりすると良いでしょう。

元彼が結婚した時の前向きな考え方

元彼が結婚したと聞いた時は、もやもやする気持ちになることがあるでしょう。しかし、元彼の幸せを願いつつ、自分が幸せになれるように自分の生き方を決めると良いです。

自分の生き方は自分で決める

元彼が結婚したことでショックを受ける人は、自分が他人にどう見られているのかを気にする人が多いです。

そこで、自分がどう見られているかを考えるよりも、自分がどうやって生きていきたいのか、どんな人と結婚したいのかなど、自分を主体として考えてみましょう

自分の生き方を自分の意思で決めるようにすれば、元彼のことはあまり気にならなくなります。

元彼に幸せになってほしいと願う

元彼に嫌な印象があったり、不幸になってほしいという気持ちがあったりすると、元彼が結婚したと聞いた時にショックを受けやすいです。

そこで、元彼の不幸を願うのではなく、元彼に幸せになってほしいと思うことで気持ちが晴れることがあるでしょう。

自分が他人の幸せを願えるようになれば心の余裕もでき、元彼の結婚も素直に喜ぶことができます。

自分が幸せになるように努力する

元彼が結婚したと聞いて悔しい気持ちになった人は、自分も元彼に負けないくらい幸せになるように努力すると良いでしょう。

自分が幸せになることで、元彼の結婚に対する悔しい気持ちも薄れていくはずです。また、自分が幸せだと感じる人は、周りの人にも幸せのおすそ分けができるようになるでしょう。

元彼のことばかり気にするのではなく、自分が幸せになるように努力することが大切です。

既婚の元彼にアプローチするのはリスクが高い!

元彼が結婚しても、まだ元彼に未練があったり、好きという気持ちがある時は悔しい気持ちになりますよね。

しかし、既婚者となった元彼にアプローチすることはリスクが高いです。例えば、不倫は法律に触れる行為となるので、訴えられれば慰謝料を請求されたり、示談金を払うことになる可能性があるでしょう。

結婚した元彼と復縁できる可能性は低いので、早めに諦めて前に進むことが大切です。

既婚者となった元彼にアプローチする危険性

既婚の元彼にアプローチをすることはリスクが高いです。不倫関係になってしまえば、法律に触れる行為となったり、裁判に発展することがあるでしょう。

不倫は法律に触れる行為

元彼のことが好きだったり、未練があったりする場合は、元彼が結婚した後もアプローチしたいと思うこともあるでしょう。

しかし、既婚者と関係を持つことは不倫です。そして、不倫は法律に触れる行為となるでしょう。

相手の奥さんの権利を侵害したとして、民法上では不法行為とされているので、損害賠償の責任を負う可能性があります。

周りが見えなくなると親友が離れていく

元彼のことを忘れることができず、不倫をしてしまうと他の友人たちとの人間関係も壊してしまうかもしれません。

例えば、友人に既婚者となった元彼との関係について相談していて、「やめた方がいい」というアドバイスを無視して不倫をしてしまった場合は、友人から縁を切られてしまう可能性があります。

元彼のことを思いすぎると、周りのことが見えずに理性を失ってしまうことがあるでしょう。

慰謝料を求められることもある

相手の妻に不倫していることがバレてしまった場合は、裁判を起こされる可能性があります

そして、慰謝料は50〜300万円程度請求されることがあり、弁護士費用も30万円程度かかるでしょう。

もし裁判に負けた場合は相手の弁護士費用の一部も負担しなくてはいけないことがあります。このように、不倫をすることで金銭的な負担も大きいでしょう。

結婚した元彼を早く忘れるための対処法

元彼が結婚したことを聞くと、複雑な気持ちになってしまい元彼のことをなかなか忘れられないことがあるでしょう。

では、結婚した元彼を早く忘れるためにはどうしたらいいのでしょうか。例えば、元彼が結婚したらもやもやするのは当たり前だと思ったり、元彼と付き合っていた頃の嫌な思い出を思い浮かべたりすると良いでしょう。

結婚した元彼を忘れる方法

元彼が結婚した時は、元彼よりも素敵な男性を探してみることで忘れることができるきっかけになるかもしれません。また、自分磨きを頑張ることで気を紛らすことができるでしょう。

元彼が結婚したらもやもやするのは当たり前

未練や後悔が無いとしても元彼が結婚したらもやもやするのは当たり前だと思うことで楽になるでしょう。

元彼のことが好きだとしても悲しい気持ちになり、嫌いだったとしても悔しい気持ちになります。

どんな相手だとしても、もやもやしてしまうことはあると言い聞かせることで、早く忘れることができるでしょう。しかし、言い聞かせすぎると、自分の気持ちが見えなくなってしまうことがあるので注意が必要です。

元彼と付き合っていた頃の嫌な思い出を思い浮かべる

元彼が結婚して寂しい気持ちや悔しい気持ちになっているときは、元彼と付き合っていた頃の嫌な思い出を思い浮かべることで忘れることができるかもしれません。

例えば、「あの時浮気された」「束縛をしてきた」などを思い出すことで、元彼が結婚しても気にならない、清々したと考えてみましょう。

元彼との悪い出来事ばかり思い出してしまうと、ストレスになってしまうことがあるのでほどほどにすると良いです。

元彼とSNSで繋がっている場合は離れる

元彼とSNSで繋がっている場合は、元彼本人から聞かなくてもSNSを通して分かってしまうこともあるでしょう。

その場合は、元彼とのSNSをブロックしたり、見ないようにしたりすると良いです。元彼のSNSを見て自分に悪影響があるのであれば、わざわざ見ることはありません

知らなくても良い情報は入れないようにすることで、元彼を忘れることができるかもしれません。

自分磨きを頑張ることで気を紛らす

元彼が結婚して幸せになったことに対して悔しいと感じている場合は、自分が元彼よりも幸せになることで気持ちを落ち着かせることができるでしょう。

そのためには、自分磨きをして努力することで幸せに近づくことができます。ダイエットをしてみたり、知識をつけるために勉強をしてみたりすることで、自分に自信がつくでしょう。

元彼以上に素敵な男性を探してみる

元彼が結婚をして悲しい気持ちになった場合は、まずショックを受けるほど元彼が素敵な男性だったのか考えてみましょう。

思い出は美化されているだけのこともあります。そこで、自分の周りにいる男性で、元彼よりも「かっこいい人」「笑顔が素敵な人」「仕事ができる人」を探してみましょう。

気になる人ができれば元彼のことを忘れることができるはずです。

結婚した元彼のことは早く忘れてしまおう

ここでは、元彼の結婚を知った時の心理、元彼が結婚してもやもやする時の考え方、結婚した元彼にアプローチをするリスクの高さ、元彼が結婚してショックを受けた時の対処法についてご紹介しました。

元彼とはいえ、一度好きになって付き合っていた人が結婚したと聞くと、少なからずショックを受けたり、悔しい気持ちになったりするでしょう。

もやもやすることは当たり前と思って、早く忘れて自分の人生を歩むことが大切です。

関連記事