好きな人

好きな人ができないのはなぜ?自然にできるのを待つのも良い

好きな人ができないのはおかしいこと?

この記事で伝えたいポイント
  • 好きな人ができない人によくあることとは?
  • みんなはどんな時に好きな人ができるのか
  • 好きな人がいた方が良い理由といない方が良い理由
  • やっぱり、好きな人がいた方がいい場合にはどう行動すればいいの?
  • 好きな人を見つけたい時のNG行為とは?

あなたは、好きな人ができなくて悩んでいませんか。できれば、早く好きな人を探したいですよね。

ここでは、そんなあなたに役立つ情報についてご紹介します。

好きな人ができない人によくあることとは?

では、好きな人ができないのには、何が原因となっているのでしょうか。ここでは、よくありがちないくつかの原因について、挙げてみました。

好きな人ができない人にありがちなこととは?

まだ、恋愛に対して積極的になれていない場合が多いです。それだけでなく、周囲の環境が好きな人を見つけるのに適していない場合もあります。

周りに異性がいない

あなたが男子校や女子校に通っているなら、異性との接点がありませんよね。また、既に社会人として働いていても、同性ばかりの職場ということもあります。

このように、周りに異性がいない環境にいることで、恋愛につながる出会いが得られない場合もあるのです。しかし、異性に対する免疫を付けたいなら、まずは異性に話しかけてみるのがいいですね。

理想が高い

恋愛相手に対する理想が高すぎる場合も、なかなか好きな人ができない原因となります。たとえば、モデルのようなルックスにこだわったり、年収1000万円以上などの条件にこだわったりしてしまうタイプです。

もう少し、理想を低く掲げればいくらでも恋愛の機会があるのに、高すぎる理想を追い求めることで恋人を作れなくしています。このタイプの人は、自分でそれを自覚しながらも、なかなか理想を変えられないことも多いのです。

恋愛の優先度が低い

恋愛以外のことに夢中になっていて、真剣に恋人を探そうとしていない場合もあります。その典型が、仕事を中心に生きる仕事人間です。朝早くから出社して、夜遅くまで残業をしているので、恋愛をする時間の余裕がありません。

あるいは、学生であっても、受験勉強や部活に夢中になっている場合もあります。もちろん、若ければそのような時期があることも大事なので、一概にそれが悪いとも言えません。

付き合うのを面倒に感じる

最近の若者の中には、恋愛を面倒くさいと感じるタイプもいるようです。つまり、好きな人ができて、心臓がドキドキと高鳴る中で相手に恋を告白する、などと言う恋愛の流れを体験するのが面倒くさいというのです。

また、現在の生活に満足しているので、特に恋人が欲しいとも思わないタイプもいます。しかし、次第に年齢を経てくると大勢の人が結婚に踏み切ります。その頃になって後悔しないのかどうかは、よく考えておきましょう。

過去の恋愛のトラウマを引きずっている

過去の恋愛において大きな心の傷を抱えていると、なかなか次の恋を探せないこともあります。たとえば、好きな人に酷い振られ方をした場合や相手に浮気されて別れてしまった場合などがそれに当たります。

これは、もうつらい思いをするのはゴメンだ、と潜在意識が思ってしまうのが原因です。このように、恋愛に対して積極的になれなくなったら、楽しい恋愛映画を観るなどして気持ちの切り替えを行うのもおすすめです。

みんなはどんな時に好きな人ができる?

では、みんなはどのような時に好きな人ができるのでしょうか。ここでは、よくありがちなときめく瞬間について、いくつか挙げてみました。

好きな人ができるのはどんな時なの?

多くの人が、容姿に魅力のある異性をまず好きになります。一緒に何かを頑張って達成したような時にも、充実した連帯感と共に相手を意識するようになることが多いです。

容姿に魅力を感じた時

性別に限らず、好みの外見をした異性に出会うと一目惚れしてしまいますよね。特に、男性はその傾向が強いようです。つまり、ルックスが好みなら性格に多少難があっても気にしないのです。

もちろん、女性の場合も素敵なルックスの男性に一目惚れしてしまうことはあります。大勢の人々が、まず外見を好きになることで恋の始まりを感じます。もし、内面も素晴らしければ、改めて惚れ直すということになりそうですね。

二人で話す機会があった時

特に、男性は自分にだけに心を開いて相談をしてくれる女性を好きになる傾向があります。男性というものは、「あなただけ、特別に」という特別感に弱いのです。

女性が自分にだけ悩み相談をしてくれた場合、男性は思わず胸キュンしてしまいます。「しっかりと彼女の悩みが解決できるように、良いアドバイスをしなければ」と張り切ってくれたりもするものです。

一緒になにかをやり遂げた時

文化祭での演劇を一緒に成功させた、忙しい仕事を二人でやり遂げた、など、一緒に何かをやり遂げた時に相手に胸キュンする人も多いのです。

それは、相手との連帯感が増す経験だからなのですね。同時に、達成感を共有できた人物でもあるからでしょう。あるいは、自分の仕事が忙しい時に手伝ってくれた異性を大好きになる場合もあります。

別れる時に何だか寂しく感じた時

今まで一緒にいた異性と別れた瞬間に、寂しい気持ちが襲ってくることがあります。それは、相手のことが好きだからであり、本能的にもっと一緒にいたいと感じているからなのです。

多くの人々がそんな時に、「私は、この人のことが好きなんだ」と実感します。今まで一緒にいた異性を自然に好きになっていたことに気付いてしまうのです。これは、驚きと共に胸がときめく瞬間でもあります。

外見を褒められて嬉しく感じた時

特に、女性の場合、恋愛対象に入るような男性から「いつもキレイだね」などと言われると、簡単に恋に落ちてしまうことがあります。それは、「もしかしたら彼、私のことが好きなのかも」と思ってしまうからです。

もし、恋愛対象外である男性から同じようなことを言われても、「気持ち悪いなぁ」としか感じられません。男性側にとっては、とても残酷な現実ですね。

好きな人がいたほうがいい理由は?

では、好きな人がいた方がいい理由には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、考えられる主ないくつかの理由について、挙げてみました。

好きな人がいたほうがいい理由とは?

好きな人がいれば、何気ない一日が輝くものになります。また、友達と恋バナで盛り上がったりできるのも、とても楽しいメリットといえるでしょう。

毎日ドキドキして過ごせる

恋愛は、普通の毎日を輝いたものにしてくれます。それに、今までは努力できなかったことも、「好きな人のために、頑張りたい」と思えたりします。

恋のエネルギーは、まさに無限大です。好きな人のことを学校や職場で見るたびに、ドキドキして楽しくなったりしますよね。若ければ、恋愛話に花を咲かせるのも楽しいものですよ。あるいは、好きな人と自分の相性を占いで探るのもテンションが上がります。

自分磨きにつながる

好きな人がいれば、自然と自分磨きをするようになります。「素敵なあの人にふさわしい自分になりたい」と願うからです。そのため、恋をすると人は自然に魅力的になります。

女性の場合は、メイクやファッションに凝る原因になることもあるでしょう。自分が魅力的になれば、他の男性からもモテるようになります。好きな男性に振り向いてもらうためなら、どのような努力でも苦にならずにできる面が女性にはあります。

友達と恋バナで盛り上がれる

あなたが高校生や大学生なら、親しい友人たちと恋バナで盛り上がりましょう。たとえば、好きな人に告白した体験やキスをした体験について語り合うのもいいですね。

友人と様々な会話を重ねれば、みんな自分と同じような思いを持っていることに気づきます。悩んだり、苦しんだりしていることも、大体似ていたりするのです。友人と恋バナで盛り上がることで、友人たちとの親近感が増す結果にもなりますよ。

楽しい気持ちがあふれる感じがする

誰かを好きになると、楽しい気持ちがあふれる感じになってきます。学校や職場で好きな人を見かけるたびに、胸がドキドキして涙があふれそうになることもあります。

その結果、以前と何も変わらない生活をしているのに、環境が変化したような錯覚にさえ陥ります。初めて恋を体験すると、今までは無関心だった小さな草花や自然の美しさに感動を覚えてしまったりすることもありますよ。

何事にもポジティブな気持ちになれる

大好きな人と一緒にいれば、自然と気持ちがポジティブになります。様々なことを積極的に頑張ろうとするエネルギーが湧いてくるのです。

そして、自分のことよりも相手のことを考える優しい気持ちが芽生えてきます。自分よりも他人を優先できるのは、とても素晴らしいことです。恋をすると、今まであまり他人に優しくできなかった人が思いやりを持って行動できるようになることもあります。

好きな人がいないほうがいい理由は?

では、好きな人がいないほうがいい理由には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、考えられるいくつかの理由について、挙げてみました。

好きな人がいないほうがいい理由とは?

勉強や仕事、好きな趣味などに集中していくことができます。また、自分一人の時間を満喫できたり、失恋を味わわなくて済んだりするのも大きなメリットです。

勉強や仕事に集中できる

恋人ができると、勉強や仕事がおろそかになりやすくなります。その点、恋をしていない状態の方が、確実に勉強や仕事に没頭できます。

そのため、大学受験を控えた受験生や仕事を覚える必要のある新入社員は、しばらく恋愛をしないようにする人も多いのです。好きな人がいなければ、勉強や仕事で成果を上げられる可能性が高まります。

自分の時間を楽しめる

好きな人がいると、自分だけの時間をなかなか取れなくなります。これは、結婚にゴールインしてからも同じです。特に、女性は好きな男性と結ばれることにより、家事や子育てに忙しくなっていきます。

つまり、自分一人でたっぷりと趣味を楽しむ時間が取れるのは、独身時代の特権です。まだ、若くて結婚を考えていない人も、その事実は知っておいた方がいいですね。今のうちに、一人だけの時間を楽しんでおきましょう。

失恋を味わわなくて済む

片思い中の異性と両思いになり、付き合うようになっても、上手くいかずに別れてしまうことも多いです。恋人との別れは、とても悲しくて落ち込む出来事になります。

しかし、好きな人がいなければ、死にたいほど落ち込むような体験をする可能性はありません。もちろん、愛するパートナーと結婚までこぎつけても、悩みや苦しみがなくなるわけではないのです。それを考えると、好きな人がいないのは気楽ですよね。

いろいろとお金がかからなくて済む

恋人がいるなら、デート代などで多くのお金が出ていきます。特に、男性はそれを実感することが多いでしょう。女性であっても、好きな人の誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントを買うお金は必要になりますよね。

好きな女性と豪華なデートをするために、必死にバイト代を稼ぐ男子学生も多いのです。しかし、恋人がいない場合は、そのような出費は必要ありません。バイトをすればするほど、お金を貯金しておくこともできます。

様々な悩みや心配事にわずらわされない

恋人と付き合っていると、様々な悩みや心配事が次々と発生します。たとえば、「明日のデートは、どんな服装で行こうか」とか、「彼の誕生日のプレゼントはどうしよう」などと悩んでしまったりします。

また、「何だか最近冷たいけれど、他に好きな人が出来たのでは?」などという苦しい心配も出てくるものです。しかし、恋人がいなければ、身が細るような心配をする必要はありません。リラックスして楽しく自由に過ごせます。

やっぱり好きな人がいたほうがいい!と思ったらどうする?

では、「やっぱり、好きな人がいたほうがいい」と思うようになったら、どうすれば良いのでしょうか。ここでは、おすすめの行動についていくつか挙げてみました。

やっぱり、好きな人がいたほうがいいなら?

積極的に、素敵な恋人を見つけられるように行動していきましょう。そうしていれば、きっとあなたにも素敵な異性との出会いが訪れますよ。

出会いの場に参加してみる

好きな人を作りたいなら、積極的に出会いの場へと出かけましょう。休みの日でも、家の中にこもっているだけでは、素敵な異性に巡り会うことはできません。

素敵なファッションに身を固めて、ぜひ街へ繰り出してみてください。どんな所に素敵な出会いが待っているのか、分からないからです。できれば、周囲の人々にも恋人を募集していることを伝えておくようにするのがいいですね。

異性と二人きりになってみる

自分好みの異性を見かけたら、二人きりになれるように工夫してみるのもいいですね。たとえば、二人でカフェに食事に行ったり、二人でカラオケに行ったりするのでもいいのです。

ただし、唐突に「食事に行こうよ」「カラオケに行こうよ」と誘うのでは、露骨すぎて上手くいきません。「実は、カラオケ店の割引券を持ってて、今日までしか使えないんだ」のように、さりげなく自然に誘った方がいいでしょう。

人のいいところを探すようにする

恋人づくりにあまり興味がないような人は、元々人間嫌いであることが多いです。たとえば、友達と仲良くしていても、相手の欠点ばかりが目に付いたりしてしまうのです。

そのようなタイプの人は、他人の良い面を探してみるようにしましょう。確かに、完璧な人間はほとんどいませんが、どのような人にも長所といえる部分があります。人間の短所ばかりに目を向けてしまう癖はなくした方がいいですね。

漫画や映画などの恋愛作品を楽しむ

素敵な恋人が欲しいなら、まずは素敵な恋愛作品に触れてみましょう。恋愛映画や恋愛ドラマ、恋愛小説など、素敵な恋を描いた作品を楽しむことで、恋愛に対するモチベーションが自然とアップします。

つまり、心の底から「素敵な恋愛をしてみたい」と望むことが大切なのです。できれば、心の中で自分が素敵な恋愛をしている場面を想像してみましょう。そうすると、現実に素敵な恋人ができやすくなってきます。

好きな人を見つけたいときにやってはいけないこととは?

では、好きな人を見つけたい時に、やってはいけないことはあるのでしょうか。ここでは、そのことについて具体的にいくつか挙げてみました。

好きな人を見つけたい時のNG行為とは?

異性と適当に付き合ったり、上から目線で異性を評価したりするのは相手に失礼です。また、女性の場合はむやみに出会いを探してがっつくと下品に思われやすいので要注意です。

むやみに出会いを探してがっつく

なかなか素敵な出会いがないからといって、むやみに出会いを探してがっつくのは良くありません。特に、女性の場合は肉食系すぎると、男性側から「品のない女だな」と思われかねないからです。

たとえルックスが良くても、そういう女性はモテにくいタイプになります。確かに、最近は女性が押しまくらないと告白もしない草食系男子が多いのですが、女性は少し控えめに見せる恋愛テクニックを身に付けた方がいいですね。

好きでないのに適当に付き合ってしまう

特に、相手が好きなわけでもないのに、適当に誰かと付き合ってしまう人もいますよね。そのような態度は、相手に失礼であることを知っておきましょう。

もし、相手があなたを好きであった場合、気持ちを弄ばれたように感じてしまいます。付き合うなら、本当に魅力を感じる相手と交際すべきです。恋愛相手を誰でも良い、と考える人は、誰からも愛されない存在になりがちなので要注意です。

異性を上から目線で評価する

自分のことは棚に上げて、異性を上から目線で評価していませんか。そのようなタイプの人は、異性から嫌がられてしまいます。特に、男性の場合、女性の容姿について「あの娘は、中の上ぐらいだ」などと判断することがありますよね。

女性にしてみれば、とても失礼な行為です。もし、自分が女性から、そのように容姿を評価されたらどのような気持ちがするでしょうか。そのような男性は、決して女性からモテるタイプにはなりません。

LINEやメールをやたらと送りまくる

あなたは、異性に対してやたらとLINEやメールを送りまくっていませんか。たとえば、「おはよう」「お休み」などの挨拶メッセージがそれに当たります。

既に恋人同士ならともかく、このようなLINEやメールが毎日のように送られてくると、ほとんどの人はうんざりしてしまいます。その結果、いちいち返信を送るのが面倒になり、最終的にはブロック機能を使われてしまうこともあるので要注意です。

好きな人がいないならいないで大丈夫

まだ、あなたが若い年齢なら、好きな人がいなくてもあまり問題はありません。年齢を経れば、気になる人が自然と目の前に現れることが多いのです。恋愛については、それからチャレンジしてみても遅くはありません。

あまり心配せずに、今のうちにしっかりと自分磨きをしておきましょう。勉強や仕事、好きな趣味などに没頭して、若く楽しい時代を満喫することをおすすめします。

関連記事