その他アイテム

iPhone向けワイヤレスイヤホンのおすすめ人気ランキング15選!

iPhone7・8・Ⅹで音楽を楽しむならワイヤレスイヤホン

最近街中でよく見かけるワイヤレスイヤホン。iPhone7以降の機種ではイヤホンジャックが廃止になったため、音楽を聴くには変換アダプターを用いてLightning端子経由でイヤホンを接続するか、ワイヤレスイヤホンを使用するかのどちらかの方法になります。

中でも特に人気なのが完全ワイヤレスイヤホンと呼ばれる、左右が完全に分離しているタイプのものです。他にも左右一体型のワイヤレスイヤホンもあり、マイク付きのものやハンズフリー通話対応のものまであります。

今まではBluetooth機能を使用したワイヤレスイヤホンは、有線イヤホンに比べると音質が劣るという意見を聞くことがありました。しかし最近では、コーデックと呼ばれるBluetoothで音を転送する際の圧縮形式に高音質なものが取り入れられるようになったため、有線イヤホンと比べても遜色ないレベルになっています。

このように、ワイヤレスイヤホンはどんどん進化しています

水川 エイミ

最近はワイヤレスイヤホンを使っている人が多いみたいですね。その魅力は一体何でしょうか?

黒川 ミカ

そうですね!今日は最新のワイヤレスイヤホンの機能や利便性など、魅力を存分に伝えていきます!

ワイヤレスイヤホンの有名メーカー・ブランド

BOSE オーディオテクニカ SONY Apple JBL AVIOT
独自の技術を開発する高音質のオーディオ機器メーカー 迫力あるサウンドが魅力
廉価な商品から高級な商品まで幅広いラインナップを展開
日本初の製品を数多く発表高い音質や優れたデザインにも定評がある 代表的な製品はiPhoneやMacシンプルでオシャレなデザインの製品が豊富 音響技術と音楽芸術の融合がテーマスピーカーの技術で世界のエンターテイメントを支えてきた 日本人オーディオエキスパートたちが音質設計に携わる日本発のオーディオビジュアルブランド

 上記のメーカーは、ワイヤレスイヤホンを開発しているメーカーで知名度の高い5社です。

BOSEは知らない人がいないくらいのオーディオ機器メーカーで、音質の良さはトップクラスです。比較的高価な製品が多くなっています
オーディオテクニカはベーシックなイヤホンからノイズキャンセリング機能を搭載しているワイヤレスイヤホンまで、幅広い製品を取り扱っています。ワイヤレスイヤホンの入門に適した製品もあります。
SONYは日本を代表する企業であり、音質だけでなくデザイン性も重視された製品が発表されています。こちらも高価な製品が多い印象です。
AppleはiPhoneと相性ばっちりの「AirPods」がありますが、性能だけではなく、iPhone同様にスタイリッシュな外見が特徴的です
JBLのワイヤレスイヤホンはスピーカーで培った技術がイヤホンに反映され、高性能かつスポーツにも適した設計になっています。
AVIOTは高音質・高品質・心地良さを追求し、軽量化や接続簡易化など使い勝手の良い製品を生み出しています。

水川 エイミ

それぞれのメーカーに特徴があるのがわかりますね!Appleは「AirPods」以外にもワイヤレスイヤホンを発表しているのですか?

黒川 ミカ

各メーカーが得意とする分野や独自に培ってきた技術が製品に表れていますね。今現在、Appleから発表されているのは「AirPods」のみです。しかし、次々と新しいものが発表されるiPhoneシリーズのことを考えると、また新製品が開発されるかもしれませんね。

iPhoneにおすすめ!ワイヤレスイヤホン人気ランキング10選

比較要素 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
商品画像 Beats by Dr.Dre ワイヤレスイヤホン BeatsX 連続再生約8時間 W1チップ搭載 Lightningケーブル充電 Bluetooth対応 密閉型 通話可能 リモコン有り ブラック 【国内正規品/メーカー保証1年】 AVIOT アビオット 日本のオーディオメーカー WE-D01b Bluetooth ワイヤレス イヤホン iPhone Android ジェラルミン 筐体 IPX7 防水 6時間連続再生 Hi-Fi 高音質 ハンズフリー CVC6.0 ブルートゥース (ダークメタリックブラウン) Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N BM : Bluetooth対応 左右分離型 防滴仕様 2018年モデル ブラック オーディオテクニカ Bluetooth対応 ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ブラック)audio-technica SOLID BASS ATH-CKS770XBT BK Bluetooth イヤホン 【高音質コーデック対応】 完全防水 IPX7 超小型 ワイヤレス イヤホン Bluetooth AAC aptX iPhone 対応 8.5時間連続 自動ペアリング CVC6.0 ノイズキャンセリング Bluetooth イヤホン ブルートゥース (黒/ロングケーブル) Zolo Liberty+ (Bluetooth 5.0 完全ワイヤレスイヤホン) 【PSE認証済 / 最大48時間音楽再生 / Siri対応 / IPX5防水規格 / 周囲音取り込み機能搭載】(ホワイト) SHURE ワイヤレスイヤホン BT1シリーズ SE215 Bluetooth カナル型 高遮音性 ブラック SE215-K-BT1-A 【国内正規品】 HAVIT Bluetooth5.0 ワイヤレスイヤホン 高音質 IPX5防水防汗 自動ペアリング ブルートゥースワイヤレス モバイル電源機能搭載 左右分離型 スポーツイヤホンSiri対応 充電式収納ケース付き iPhone/ipad/Android適用 日本語取扱説明書付き【18ヶ月品質保証】 JBL EVEREST ELITE 100 Bluetoothイヤホン 密閉型/ノイズキャンセリング ホワイト V100NXTWHTGP 【国内正規品】
商品名 BeatsX WE-D01b AirPods WF-SP700N SOLID BASS ATH-CKS770XBT Bluetooth イヤホン Zolo Liberty+ SE215-K-BT1-A ワイヤレスイヤホン EVEREST ELITE 100
価格 ¥11,226(税込) ¥7,125(税込) ¥17,315(税込) ¥16,646(税込) ¥11,457(税込) ¥3,680(税込) 14,680(税込) ¥17,416(税込) ¥4,099(税込) ¥13,134(税込)
メーカー・ブランド Beats AVIOT Apple ソニー Audio Technica JPRiDE Anker SHURE HAVIT JBL
総合評価
商品の特徴 5分の充電で約2時間再生できるFast Fuel 機能を搭載 密閉度が高いノイズや歪み感の極めて少ない 充電ケースで15分充電するだけで最大3時間再生できる 汗や水しぶきに強いデジタルノイズキャンセリング対応 高い装着性と小さくまとまる携帯性ネックバンドスタイル 人間工学に基づいた最適なフィッティング 高音域は驚くほどクリア最大3.5時間の音楽再生が可能 最大2台のデバイスを同時にペアリング可能 幅広い音域を高音質で聴かせる最大3.5時間の連続再生 高音質と高機能を備えたイヤホン

使いやすさのほかに、その時必要な機能が必ずあるものがランキング上位に入っています。特に人気があるのが充電後の使用時間が長いものです。数分の充電で数時間使用できるものが高い人気を誇っています。

充電以外では耐水性やノイズの少なさなどを注目して選ぶ人が多いです。一度使用して外出すると、充電する機会がありません。問題なく1日使用できるようにとまず充電や使用時間次に必要な機能が揃っているものが選ばれています。

水川 エイミ

スマホの充電同様、イヤホンの充電も気にする人も多くいますからね。

黒川 ミカ

外出して充電切れになると困る人もいますので、自分必要とする使用時間と機能を選んでくださいね。

1位.BeatsX

1位
編集部おすすめ商品
高音質なもの 有線と比べると少し劣る。
長時間再生が可能なもの 最高8時間使用可能。
遮音性が高いもの 非常に高い。
スポーツに適しているもの 記載はないが耐えられる程度。
コスパが優れているもの 少し高めだが、十分な機能が楽しめる。
軽くて着けやすいもの 重さはさほど感じない。

ワイヤレスならまず選びたい

ワイヤレスイヤホンであればまず選んで損はないイヤホンです。充電後の使用時間の長さ充電に必要な時間などもかなり使いやすい物なので、ワイヤレスイヤホンを選ぶなら第一候補になります。

重さもさほど感じず、軽々と使えるのでスポーツの際にも便利になります。さらに、ワイヤレスで困ることの多い再ペアリングもスムーズです。いちいちつなぎ直す手間も大幅に短縮できるので、おすすめのイヤホンになります。

BeatsXの良い口コミ

20代会社員

社会人のワイヤレス

バッテリーが長く使えるので出先でも重宝しています。なによりもリモコン操作が簡単でとても便利です!社会人が選びたいワイヤレスの一つだと思います。

ワイヤレスイヤホンとなると社会人が使用していることが多いです。時間を潰すための音楽を聴くだけでなく、中には電話を持てない為にイヤホンを付けてリモコン操作で取り出す手間を省くこともあります。

そうした手間を簡単に省きつつ、便利にリモコンで操作ができるワイヤレスイヤホンがBeatsXです。価格はやはり多少高いですが、その分の価値は十分にあるイヤホンなのです。

BeatsXの悪い口コミ

30代会社員

ケーブルを短くしてほしい

ケーブルの長さをもう少し短くしてもらえると使いやすいと感じます。長すぎると色々なところに引っかかるので、実は困っていることも多いです。

ワイヤレスと入っても、実はケーブルは一応ついています。スマホなどに繋げる訳ではないので、それほど気にしない人もいますが少し短い方が使いやすくて良いという意見は多いです。

また、ノイズキャンセリング機能防水性の記載もないので、機能が本当についているのか不安の声も多くあります。実際に多機能なのかという所も含めて、駄目な部分をしっかりチェックしてから購入を検討してください。

水川 エイミ

防水性がなくても問題ないほどの機能性ですね!

黒川 ミカ

非常に高機能ですので、普段使いのものであればこれで十分だと思うのはわかります。

2位.WE-D01b

2位
編集部おすすめ商品
AVIOT WE-D01b
高音質なもの 高音質のイヤホン。
長時間再生が可能なもの 最高6時間可能。
遮音性が高いもの 遮音性はやや高め。
スポーツに適しているもの 高い防水性。
コスパが優れているもの 防水性の高さなどからやや良い。
軽くて着けやすいもの 重すぎない丁度良い軽さ。

高い防水性が売り

WE-D01bは高音質や機能性の良さも注目されますが、何と言っても高い防水性が売りの製品です。ワイヤレスイヤホンはスポーツなどでも大活躍してくれるので、耐水性防水性の高いものを選ぶ傾向にあります。

その中でも大量の汗や突然の雨にも耐えられる高い防水性を誇るWE-D01bはスポーツを楽しむ人に高い人気を誇ります。突然の雨の時でも大量の汗をかいても使いたい人に向いています。

WE-D01bの良い口コミ

20代会社員

大助かり

外出時だけじゃなくてスポーツの時にもとても活躍してくれます。季節によっては雨の時に困ることもあったのですが、防水性の高いイヤホンだと安心ですね。

季節によっては唐突な雨が降ることも珍しくはありません。そんな時普通のイヤホンだと使えなくなったり、雨が入り込んで故障することもあります。スポーツの際などにも汗が入り込んで使えなくなることもあるのです。

そうした雨や汗にもしっかりと耐えて故障すること無く使えるのがWE-D01bです。雨の日の通勤の時も、スポーツでびっしょりと汗をかいても故障のことをあまり気にせずいられるのは大きいです。

WE-D01bの悪い口コミ

30代会社員

コツが必要だったり、傷がつく

機能性や使いやすさに少しコツがいるような気がします。また、密着度が高いので耳が傷つくこともありました。

ワイヤレスイヤホンを購入すると、リモコンをどのように使うのかをまず慣れる必要があります。ある程度の使用方法は記載されていますが、慣れるまでに時間が必要な機種も珍しくありません。

また、遮音性が高く密着度のあるイヤホンはそれだけ耳に対して接触します。接触した部分が耳を傷つけることも多いです。耳の痛みや操作の慣れに苦戦する人からは低評価を受けています。

水川 エイミ

高い防水性はスポーツを嗜む人には嬉しいですね。

黒川 ミカ

雨の日なども安心して使えるので、徒歩や自転車で移動する人にもおすすめですよ。

3位.AirPods

3位
編集部おすすめ商品
高音質なもの 非常に良い音質が楽しめる。
長時間再生が可能なもの 1回の充電で5時間音楽を楽しめる。
遮音性が高いもの 遮音性はそこそこ高い。
スポーツに適しているもの にじむ程度の汗なら大丈夫。
コスパが優れているもの 機能性は良いが、コスパ的には負担になることもある。
軽くて着けやすいもの 軽めのイヤホン。

Siriで便利なワイヤレスを楽しめる

ワイヤレスとはまさにこういうことだ、と言わんばかりの便利機能が満載のイヤホンです。耳に装着すれば自動的に接続がオンになり、外せば音楽などが一時停止されるようになっています。

リモコン操作が主だったワイヤレスイヤホンに、自動的な起動や接続などを行えるものが出てきたことで便利さが増しました。Siriによる音声サポートも充実しているので、イヤホンをつけたままスムーズに通話なども対応できます。

AirPodsの良い口コミ

10代大学生

とても便利

音声で簡単操作ができるうえ、自動的なオンオフ、一時停止ができるのですごく便利です!リモコン操作もしたことがありますが、やっぱりSiriのサポートがあると良いですね。

音声認識による操作はかなり大きいです。いちいちリモコンを操作する必要もなく、声を出すだけなので、複雑なこともあるリモコンよりも使い勝手が良いです。充電も置くだけと簡単なので、コードをつなげたりすることもありません。

使い勝手の良さはイヤホンの中でもダントツに近いものがあります。自分で一々リモコン操作をする暇もないときなどには便利に使えるイヤホンです。

AirPodsの悪い口コミ

20代大学生

便利さが仇になる

便利な代わりに価格が非常に高いです。機能性と比べても高すぎるな、と感じました。確かに声でSiriを起動できるのは良いですが、逆にSiriが勝手に起動することもあって困ったこともあります。

便利なものはやはり高額になるものです。それはイヤホンも同じで、有線であれば2,000円程度で購入できるものが、自動になることで1万円を簡単に超えるのです。ワイヤレス自体が高額になりやすいですが、機能と比較しても高いと思う人多いです。

また、Siriが音声で起動するものなので間違えて起動してしまうという面倒なトラブルも起こりえます。便利だからこそ不便になる、困ってしまうこともあるのです。

水川 エイミ

便利な自動化は忙しくて本当に取り出す暇がない人におすすめですね。

黒川 ミカ

繁忙期の時や、満員電車の中であれば特に便利だと感じやすいですよ。

4位.WF-SP700N

4位
編集部おすすめ商品
高音質なもの ノイズキャンセリングで綺麗な音になる。
長時間再生が可能なもの 最大3時間。
遮音性が高いもの それなりに遮音性も高い。
スポーツに適しているもの 左右独立型なのでケーブルに悩まされない。
コスパが優れているもの コスパ的には高くなる。
軽くて着けやすいもの つけやすく、軽い付け心地。

ケーブルに悩まされたくない人向け

ワイヤレスイヤホンの場合でも、イヤホンとイヤホンをつなげるコードはあります。そうしたコードが引っかかったり、邪魔だと感じたりすることは珍しくありません。

そうした時に活躍してくれるのが、コードの無い独立型イヤホンです。コードに悩まされることはなく、完全に独立しているので煩わしさも感じません。どちらかが引っかかってもう片方も取れるということもないのです。

WF-SP700Nの良い口コミ

30代会社員

スポーツの時に便利

ジムに行くときやスポーツするときに特に重宝しています。デザインもおしゃれで普段使いもできるのが良いです。

独立型なので、ケーブルに悩まされること無く使えるのが一番のメリットです。スポーツする時、首や腕などにペシペシと当たるコードを煩わしいと感じる人は多くいます。そうしたコードのわずらわしさを完全に取り除くことができます。

また、スポーツの際に使用することを前提とした汗や雨などからスピーカーを守る設計もされています。汗や雨などの水滴からもきちんと守れる使いやすいイヤホンなのです。

WF-SP700Nの悪い口コミ

20代大学生

片方だけ無くなる

独立型は確かに便利なんですが、良く片方が行方不明になります。保管に気を付けないと買い直すようになるので、その点だけ不便です。

独立型はコードでつながっているわけではないので、気づくと片方だけ無くなっていたということが多いです。一緒に片づけていたつもりでも、いつの間にか無くなっているために使えなくなったということは珍しくはありません。

保管に気を付けて、一緒にケースか何かに入れて保管することがおすすめされます。100均のケースなどでも良いので、まずは無くさないための工夫が必要です。自分はどうすれば無くさないのかを考えてみてください。

水川 エイミ

コードのわずらわしさが快勝されますね!

黒川 ミカ

保管方法に気を付けておくだけで十分な性能のイヤホンです。コードに悩まされることが減りますよ。

5位.SOLID BASS ATH-CKS770XBT

5位
編集部おすすめ商品
高音質なもの 少し低温を良くしてほしいという意見がある。
長時間再生が可能なもの 最大7時間可能。
遮音性が高いもの 普通の遮音性程度。
スポーツに適しているもの 防水性はないので、汗に気を付ける必要がある。
コスパが優れているもの 購入する際にセールなどを行っていればかなりお得。
軽くて着けやすいもの 付け心地はかなり良い。

クリアな音質とデザインの良さ

全体的に音質の良さが目立つイヤホンになっています。さらに、カラーバリエーションが多くデザイン性も優れているのでファッションアイテムとしても活躍するイヤホンです。

特に音質の良さは口コミなどでも高い評価を得ているものなので、有線には劣っていてもかなり良いです。バッテリーもかなり長続きするので、充電頻度もそれほど頻繁でないのもおすすめになります。

SOLID BASS ATH-CKS770XBTの良い口コミ

20代会社員

愛用しています

ある程度手に取りやすい価格で音質の良いものを選ぶなら、このイヤホンが一番です。おしゃれで音質も良いので、いつも愛用しています。

長続きするバッテリーも良いですが、やはり音質の良さとデザインの良さもイヤホンには重要です。実際ワイヤレスのものはシンプルなものやかっこいい物の方が多いので、女性には少し使いにくいものも多くなります。

しかし、このSOLID BASS ATH-CKS770XBTはカラーバリエーションも豊富でデザインも綺麗なものなので、男女から人気は高いです。普段使いにも使いやすいので、いつも使っている人も多く見かけます。

SOLID BASS ATH-CKS770XBTの悪い口コミ

30代会社員

ぶつ切れが駄目

ワイヤレス独特の音切れやどこか機械っぽい音が気になります。途中でぶつ切れになることもあるので、音楽などが切れるのが嫌な人はお勧めできません。

ワイヤレスというのはやはり音楽などが途中で切れることがあります周囲の電波状況Wi-Fiスポットなどが関係して途中で切れてしまうのですが、人が多いほどその頻度は高くなります。

特にワイヤレスの場合は途中で切れるとつなぎ直す必要も出てくるので、手間に思う人も少なくありません。ぶつ切れが嫌な人は有線の方が安定した音楽を楽しむことができます。

水川 エイミ

イヤホンのデザインってやはり重要ですよね!おしゃれだと使うのも楽しいです!

黒川 ミカ

使う時におしゃれなカラーだとファッションにも映えてくれます。毎日のおしゃれにもひと手間加わったように見えますよ。

6位.Bluetooth イヤホン

6位
編集部おすすめ商品
高音質なもの 高音質のもの。
長時間再生が可能なもの 8.5時間可能。
遮音性が高いもの 高めの遮音性。
スポーツに適しているもの 完全防水。
コスパが優れているもの 購入方法によっては1万円をこえる。
軽くて着けやすいもの ネックレス型のつけやすさ。

マグネット式の絡まりにくさ

多少コードが付いているイヤホンはどうしても動くと絡まります。それはワイヤレスでも同じで、首回りなどでくるくると絡まることは多いです。そうした時に非常に活躍してくれるのがマグネット式のイヤホンです。

マグネット式になることで、互いの磁気に反応して絡まりにくくなります。運動している時などにも絡まることが少なくなるので、使いやすさはぐんと高まるのです。

Bluetooth イヤホンの良い口コミ

30代会社員

使いやすい

完全防水なので色々なところで活躍してくれています。磁気による絡まりにくさもあって、コードでイライラしたことがありません。音飛びなども少なくて使いやすいです。

磁気イヤホンは何と言っても絡まりにくいのが一番のメリットです。音質もかなり良く、おまけに完全防水とくればスポーツで大活躍してくれます。動いている時に汗や雨などに困ることもなく、絡まってイラつくこともありません

価格もセールや安売りなどで購入できれば大きく抑えることができる製品です。ワイヤレスをまず試してみたいというときには、まず候補に入れてみても十分活躍するイヤホンになります。

Bluetooth イヤホンの悪い口コミ

20代会社員

普通のものでよかった

音の良さなどはありますが、音量調節が難しい部分があります。少し調節しようとともってもかなり大きく変化させることになります。難しくて普通のイヤホンの方が良いのではと思ってしまいました。

磁気イヤホンであってもワイヤレスなので、リモコンなどである程度の調整を行う必要があります。その調整がうまくいかないと、別のところでイライラするきっかけになってしまうでしょう。

調節を細かくしたい人にとっては、iPhoneやスマホに直接つないで本体で調整する有線の方が調整が効きます。リモコン操作にある程度慣れていた方が使いやすさもあるイヤホンです。

水川 エイミ

ワイヤレスの便利さも時にはこうした微調整の効かないことになるのですね。

黒川 ミカ

慣れてしまえば簡単なものが多いので、まずは使ってみることから始めてみてください。

7位.Zolo Liberty+

7位
編集部おすすめ商品
高音質なもの 音質は評価が分かれる。
長時間再生が可能なもの 最大48時間可能。
遮音性が高いもの 周囲の音を取り込む機能付き。
スポーツに適しているもの 高めの防水性あり。
コスパが優れているもの コスパはあまり良いとは言えない。
軽くて着けやすいもの 左右独立型で使いやすい。

再生時間の長さで取るならこれ

ワイヤレスイヤホンの中でも最大規模の時間音楽を連続再生することができるイヤホンです。48時間という長時間使用できるのもあって、充電などが億劫な人には重宝されています。

他のイヤホンでは適度な充電が必要とされていますが、忙しくて充電する時間がないときでも、2日は余裕で持ってくれるでしょう。

Zolo Liberty+の良い口コミ

30代会社員

使用時間が素晴らしい

たまに充電を忘れてしまうので、こうした長時間の使用ができるイヤホンがとても便利です。音楽だけでも普通に2日は持ってくれるので、通勤の際に聞く程度の自分には十分すぎます。

使用時間の長さがこのZolo Liberty+の一番のメリットです。48時間という他のイヤホンよりも頭一つ抜けている時間使えるというのは、忙しくて充電できない人たちにも嬉しいイヤホンでもあります。

途中で充電が切れてしまう心配もなく、自由に使って音楽を楽しめるというのは誰でも嬉しい製品です。バッテリーの持ちやすさも十分なので、適度な充電を忘れなければかなり使い勝手は良いです。

Zolo Liberty+の悪い口コミ

30代会社員

なくしやすい

独立型なのでなくしやすくて困ります。しまう場所を決めて置いたりすると良いのですが、たまに片方だけ取れた時などにはとても焦ります。

左右独立型の困るところがこの無くしてしまいやすいことです。イヤホン同士をつなぐコードを完全になくしてしまっているので、片方を見失うとそのまま無くすことも多くなります。

きちんとしまう場所を決めたり、ケースなどを用意して無くさないように気を付ける必要があります。楽しむだけ楽しんでその辺に置いておくなどは避けて、わかりやすい場所にきちんと保管してください。

水川 エイミ

左右独立型はケーブルのトラブルが無くていいですね!

黒川 ミカ

しまう場所にさえ気を付けておけば十分優秀なイヤホンですよ。

8位.SE215-K-BT1-A

8位
編集部おすすめ商品
高音質なもの それなりに良い音質。
長時間再生が可能なもの 最大8時間再生可能。
遮音性が高いもの 高い遮音性あり。
スポーツに適しているもの 防水性はなし。
コスパが優れているもの コスパ的には良くない。
軽くて着けやすいもの 軽めでつけやすい。

日常で音楽を楽しみたい人向け

防水性などが無いので、基本的に音楽を楽しみたい人向けのイヤホンになります。高音質で遮音性も高いので、音楽に集中することが可能です。休日などに音楽を聴きながら本を読んだりするときにもおすすめです。

周りの雑音を完全にシャットしてしまうので、安全には気を付ける必要がありますが、イヤホンとしてはかなり有能な部類に入ります。

SE215-K-BT1-Aの良い口コミ

20代会社員

集中できる

遮音性の高さに満足しています。電話などがかかってきても、周りに迷惑をかけにくく話も漏れないので急にかかってきても安心して出られます。音楽自体もワイヤレスの中では音質も良く、集中できるようになっているので嬉しい機能がしっかりついています。

イヤホンにとって遮音性も重要視する人は多いです。特にマイクなどの電話機能も使用するイヤホンの場合は、周りに話が漏れたりしないように遮音性に気を付けることになります。そのため、社会人が使用するイヤホンの多くは遮音性に長けた物が多いです。

遮音性は周りの音もある程度カットしてくれるので、自分の好きな音楽に集中したいときにも活躍してくれます。毎日の通勤などで音楽を聴きながら、という時ではなく休みの日にリラックスして音楽鑑賞したい人などにもおすすめです。

SE215-K-BT1-Aの悪い口コミ

20代会社員

防水性がない

防水性がないのが非常に残念です。このイヤホンでスポーツも楽しみたかったのですが、防水性が無かったので諦めました。音楽と電話のみに現在使っています。

ワイヤレスイヤホンというと、外出先での使用やスポーツの際の使用がイメージされます。しかし、中には防水性が無く完全に音楽鑑賞と電話にのみ対応できるような形のものもあります。

防水性の無さは、そのまま水分への弱さへも直結するので、1滴の水滴だけでも故障につながります。雨の日や暑い夏の日の汗にも注意する必要があるのです。スポーツなどに使うのであれば防水性に長けたものの購入を検討するべきです。

水川 エイミ

防水性がなくても、スポーツなどを嗜む人でなければ十分ですね。

黒川 ミカ

防水性の無さは雨の日などに注意は必要ですが、その点だけに注意して使えば十分ですよ。

9位.HAVIT ワイヤレスイヤホン

9位
編集部おすすめ商品
高音質なもの 高音質のイヤホン。
長時間再生が可能なもの 最大3.5時間。
遮音性が高いもの 程ほどの遮音性
スポーツに適しているもの 完全防水・防汗イヤホン。
コスパが優れているもの あまりコスパは良くない。
軽くて着けやすいもの 超軽量型イヤホン。

スポーツの際に便利なイヤホン

充電が非常に簡単に行え、過充電などを防ぐ機能も付いている独立型ワイヤレスイヤホンです。非常に軽量で、耳にフィットしてくれるので多少激しく動いても大丈夫な製品になります。

ただし、連続再生時間が3.5時間と通勤や外出時の際に使うには少し足りない連続再生時間です。そのため、スポーツなどの稼働時間が丁度良い物の際に使うことがおすすめされます。

HAVIT ワイヤレスイヤホンの良い口コミ

20代会社員

スポーツにおすすめ

運動する時には非常に丁度いい再生時間です。普通のものより少し短いので、性能自体には満足していのですがどう使おうか迷っていました。しかし、防水や防汗であるのでスポーツの時間に使用すると丁度良かったです。

3.5時間というのは他のイヤホンに比べて再生時間が短いです。そのため、通勤時間などが長いと使い道に困りやすい製品でもあります。しかし、逆に防水や防汗などの性能は整っているので、その時間で使えるものを探すと非常にフィットする製品です。

特に丸1日行うことはそうない休みの日のスポーツに使ってみると音楽を楽しみながら、丁度良い再生時間で使用できます。防水性もしっかりとしているので、汗や雨でも故障の確立は減るでしょう。

HAVIT ワイヤレスイヤホンの悪い口コミ

20代会社員

充電忘れが痛い

再生時間がもう少し伸びてくれると嬉しかったです。3.5時間というと結構頻繁に充電しなければならないので、充電を忘れるとすぐに使えなくなります。

ワイヤレスイヤホンというのは、再生時間が長いほど使い勝手が良いです。忙しいと充電などを忘れてしまうこともありますので、使えなくなると一気に不便になります。そのため、長く使えて頻繁に充電する必要が無いほど使いやすいのです。

しかし、3.5時間という使用時間はそのほかの性能や機能が良くても使い勝手に対して微妙に困るところがあります。音楽ばかり聞いているわけでもなく、途中電話に出る可能性も考えると、もう少し欲しいと感じてしまうのです。

水川 エイミ

再生時間の長さをどう生かすかで使用する方向性を決めると良いですね。

黒川 ミカ

そう頻繁に使うわけではないのであれば、十分です。休日の外出程度なら3.5時間は意外と持ちますよ。

10位.EVEREST ELITE 100

10位
編集部おすすめ商品
高音質なもの ノイズフリーによる通話は良い。
長時間再生が可能なもの 最大6時間可能。
遮音性が高いもの 密閉型による高い遮音性がある。
スポーツに適しているもの 防水性の記載なし。
コスパが優れているもの かなり高い。
軽くて着けやすいもの 人体工学に基づくフィット感。

クリアな音声で電話をしたい人向け

ノイズキャンセリング機能と遮音性の高さにより、外部の音をカットできるイヤホンです。音質もそれなりにありますが、それ以上に良いのがハンズフリー通話の際の音声になります。

ノイズキャンセリング機能をこのハンズフリー通話に対して強く働かせることにより、相手の声もこちらの声も良く通るようになるのです。音楽もある程度楽しみたいけれど、電話を特に重要視して使うのならおすすめの製品になります。

EVEREST ELITE 100の良い口コミ

30代会社員

電話の音声が綺麗

ワイヤレスイヤホンが便利で使っていたのですが、電話の音声が鬼門でした。しかし、これを使い始めてからは相手の声も自分の声もノイズなく聞こえるので、平日は持ち歩いています。

社会人がワイヤレスイヤホンを使う理由の大きなものの一つに電話があります。急いでいる時や、スマホを取り出せない時などには簡単操作で電話に出ることができるイヤホンがとても便利なのです。

しかし、その代わりどうしても音声が良くない製品が多いです。ノイズが混じったり、音が良く聞こえないなどのトラブルも多くあります。そうしたノイズ聞こえにくさをクリアできるイヤホンがEVEREST ELITE 100です。

EVEREST ELITE 100の悪い口コミ

20代会社員

買い替えを検討中

全体的にあまり音が良いとは思えません。電話に関しても音楽に関しても同じようなものなので困ってます。さらに最近はバッテリーの持ちも良く無いので買い替えを検討中です。

バッテリーの持ちはそれなりにあるはずが、使い続けるごとに消耗されていくものです。長く使った人の中にはすでに3時間程度しか持たない人もいます。音声だけでなく、バッテリー的な問題も実はネックだと言われているイヤホンでもあります。

ノイズキャンセリング機能が優秀なので、リラックスしたい時などは非常に使えるイヤホンです。しかし、こうした問題を抱えているので、中にはバッテリーの寿命を機会に買い替えを検討する人もいます。

水川 エイミ

バッテリー機能などの問題も抱えていても、十分優秀な性能はありますね。

黒川 ミカ

酷使するような使い方でなければ十分に使えるイヤホンですよ。

ワイヤレス以外のiPhoneイヤホン人気ランキング5選

比較要素 1位 2位 3位 4位 5位
商品画像 Apple EarPods with Lightning Connector/ MMTN2J/A Pioneer RAYZ Plus Lightning-Powered ノイズキャンセリングイヤホン ブロンズ SE-LTC5R-T PALOVUE Earflow Plus Lightning イヤホン In-Ear インイヤー ライトニング イヤホン 磁気 マグネット式 アイフォン イヤフォン MFi 認証製品 iPhone用 ヘッドホン マイク コントローラー付き iPhone X/XS/XS Max/XR iPhone 8 / 8 Plus iPhone 7 / 7 Plusに対応する 有線 イヤホン (金属赤) AKG N20LT イヤホン カナル型/Lightning ブラック AKGN20LTBLK 【国内正規品】 Anker SoundBuds Digital IE10 (ライトニング端子イヤホン)【ハイレゾ対応/Apple MFi認証 / IPX3防水規格 / マイク内蔵】iPhone、iPad、 iPod各種対応 (グレー)
商品名 EarPods with Lightning Connector RAYZ Plus Lightning-Powered Earflow Plus Lightning N20LT SoundBuds Digital IE10
価格 ¥2,876(税込) ¥15,560(税込) ¥3,788(税込) ¥10,016(税込) ¥15,660(税込)
メーカー・ブランド Apple Pioneer PALOVUE AKG Anker
総合評価
商品の特徴 音の劣化を最小に抑えるように設計されている 周囲に応じてノイズキャンセリングを調整する 快適なデザインが耳にフィット周囲の騒音を低減する 装着時の快適性と安定性を向上 低反発イヤーチップIPX3防水規格

ワイヤレス以外のものになると、一番の注目点は音の劣化やノイズの除去ができるかです。耳にフィットしてくれるものも重要ですが、それ以上に有線だからこその音の良さを生かせるものが選ばれています。

コスパ的な面からも選ばれますが、何よりも音を重要視して使う人が有線は多いです。音質が良く、使いやすいものほどランキングの上位にランクインしていますので注目してみると良いでしょう。

水川 エイミ

有線は何と言っても音の良さですよね。

黒川 ミカ

ワイヤレスのように電波に乗せているわけではないので、重量感のある低音もしっかりと聞くことができます。

1位.EarPods with Lightning Connector

1位
編集部おすすめ商品
高音質なもの 音質はかなり良い。
長時間再生が可能なもの バッテリー機能が無いので、iPhoneの充電分使用可能。
遮音性が高いもの 遮音性はあまりない。
スポーツに適しているもの 耐水性や防水性の記載なし。
コスパが優れているもの コスパは非常に良い。
軽くて着けやすいもの 軽量型で使いやすい。

コスパと音質の良さが特徴的

このイヤホンはコスパの良さと音質が良いのが一番の特徴です。有線独特の音質の良さは、低音もしっかりと響かせてボーカルをはっきりと聞き取れる良好さがあります。その上数千円で購入が可能というコスパの良さは見逃せません。

購入手段によってはさらに安く購入することも可能です。防水性などの記載はありませんが、スポーツなどに使用せずに音楽を楽しむだけなら十分な性能があります。

EarPods with Lightning Connectorの良い口コミ

10代大学生

今では愛用品

お金の無い学生にとっては嬉しいイヤホンです。音質の良さは言うまでもありませんが、そこにコントローラーで操作できる便利さもあるので今では愛用品です。

イヤホンにコントローラーが付いていますが、これはコードを軽く動かすだけで簡単に操作できます。そのため、一々リモコンを押したりすることもないので操作は非常に楽です。

コスパ的にもiPhoneのイヤホンでも非常に購入しやすいものですので、学生でも手を伸ばしやすいです。まだあまり複雑な機能が必要ない学生であれば、十分満足できるイヤホンになっています。

EarPods with Lightning Connectorの悪い口コミ

20代会社員

通話のノイズがひどい

イヤホンのノイズがひどく、通話に出ることを相手から控えてほしいと言われました。音質の良さなどは十分なのに、ノイズキャンセリング機能が付いていないのが特に残念。

EarPods with Lightning Connectorはノイズキャンセリング機能が付いていません。そのため通話などに対してイヤホンを使うとノイズが発生しやすい状態に陥ります。通話のたびにノイズが酷かったり音声自体が聞き取りにくい状態になるのです。

ノイズがひどいと、社会人であれば電話で重要事項を伝えられないことにもなります。話している時にも不快感がひどくなりますので、どうしても使ってほしくないと思うことも多いです。

水川 エイミ

音質が良いのでノイズキャンセリング機能があるとより良いと感じる社会人は多そうですね!

黒川 ミカ

学生であれば十分活用可能なイヤホンです。毎日の通勤や通学のみなら十分すぎる性能です。

2位.RAYZ Plus Lightning-Powered

2位
編集部おすすめ商品
高音質なもの 音質は非常に良い。
長時間再生が可能なもの 自動的に給電される。
遮音性が高いもの 非常に良い遮音性。
スポーツに適しているもの 防水性に対して記載なし。
コスパが優れているもの 高額のイヤホンになる。
軽くて着けやすいもの つけやすいもののコードが長い。

周囲の必要な音を取り込みつつ、ノイズの無い音質

ノイズキャンセリング機能や遮音性が高いと、どうしても周りの音に気づけないことも多いです。後ろから車や自転車が近づいていても気づないことは事故やケガにもつながる可能性もあります。

そうした遮音性の高さのデメリットを消すために、RAYZ Plus Lightning-Poweredには必要な音を取り込む機能も付いています。車の音や電車の音など、必要な音を取り込むことで危険性をなくすことも可能なのです。

RAYZ Plus Lightning-Poweredの良い口コミ

20代会社員

危ないところも気が付ける

周りの音も聞こえるので、事故にあいそうになることが減りました。前は遮音性の高いものを使うと後ろの自転車などに気づかないこともあったのですが、今ではある程度気づくことができます。

周りの音も必要なものが聞こえるとなると、それだけ事故やケガの予防にもつながります。特に車道に近いところになると、後ろから急接近する車やバイクに気づけるかが非常に重要です。事故をしないためにも周りの音に気づけるかも重要になります。

毎日の通勤や通学の際に、周りの音に気づけるようになるだけでも大きく違います。多少の音の大きさなどは違いますが、気づけることが重要なのです。イヤホンを使っていたときの事故も多いので、気づけるだけでも事故率は大幅に減少します。

RAYZ Plus Lightning-Poweredの悪い口コミ

20代会社員

コードの長さを短くしてほしい

性能に関してはほとんど問題ないのですが、コードの長さがもう少し短いともっと良かったです。毎日使う度にどこかに引っかかるので、使いにくく感じることがあります。

有線のイヤホンで鬼門になるのがコードの長さです。どうしてもiPhoneなどに接続することになるので、本体をどこに入れるかでも使いやすさは変わります。ポケットであればまだしも、鞄に入れると色々なところに絡まることも多いです。

コードの長さは長いほどイラつくことも多いです。引っ掛かりイヤホンが取れる、抜けるだけでなく、中には断線することもあります。トラブルも多くなるので、コードをもう少し短くしてもらった方が使いやすいという声は多いのです。

水川 エイミ

コードに関してはどうしようもないですが、使い勝手の良さは非常にいいイヤホンですね。

黒川 ミカ

コードに煩わされなければ、周りの音も聞こえますし通勤や通学におすすめです。

3位.Earflow Plus Lightning

3位
編集部おすすめ商品
Earflow Plus Lightning
高音質なもの 高音質のイヤホン。
長時間再生が可能なもの iPhoneの充電などによる。
遮音性が高いもの 音漏れすることもある。
スポーツに適しているもの 防水性の記載なし。
コスパが優れているもの 機能性に対するコスパは非常に良い。
軽くて着けやすいもの 付けやすく動きやすい。

コスパの良さがピカイチのイヤホン

高い音質を保ち、さらにつけやすく機能性の高いリモコン操作のイヤホンです。さらに価格が3,000円代と非常にコスパの良いものであるので、高い人気を誇るイヤホンでもあります。

有線であればこのイヤホン一つで十分だという人もいるほどです。同じように付属されるケースもとても便利で、コードなどを絡ませること無くしまうことも出来ます。

Earflow Plus Lightningの良い口コミ

20代会社員

有線ならこれで十分!

有線イヤホンはこれ一つで十分じゃないかと思うほどの機能ぶりです。音質は良いですし、操作もリモコンだけでなくマイクでも可能なあたりがこの価格で良いのかと思うこともありますね。

有線イヤホンの中でも、実際は1万円くらいはするのではないかという機能を兼ね備えています。そのため、数千円で購入できることからもコスパは最強だという意見も多いです。リモコンやマイクで操作でき、簡単にSiriや通話を起動させることもできます。

カナル型でつけやすく、持ち運びに関してもケースがコードを絡ませることを減らします。ぐちゃぐちゃのまま鞄に入れてもコードが絡まることもありません。また、磁気コードでもあるので絡まる可能性はかなり低くなります

Earflow Plus Lightningの悪い口コミ

20代会社員

イヤホン部分だけが不満

遮音性に対して少し不満があります。カナル型よりもイヤホン部分をキノコ型にしてくれた方が、カバーがしっかり耳穴をふさいでくれるので良かったです。そのほかの機能は文句なしなので、残念だなと感じます。

Earflow Plus Lightningは遮音性にそれほど長けていないのでは、と感じられる口コミも多いです。イヤホン部分の形もあるでしょうが、それ以上に音質の良さなども影響していると考えられます。

電話などでどうしても音量を上げると、音が漏れてしまうことも良くあると報告されているのです。遮音性のほかにも防水性に対する記載がされていないことも不安になる人もいます。

水川 エイミ

多少記載なしや音漏れがあっても普段使いであれば十分すぎますね!

黒川 ミカ

高価なものを除けばかなり高機能なイヤホンでもあります。

4位.N20LT

4位
編集部おすすめ商品
AKG N20LT
高音質なもの それなりに良い音質。
長時間再生が可能なもの iPhoneの充電分。
遮音性が高いもの 程ほどの遮音性はある。
スポーツに適しているもの 適度な防水性はあり。
コスパが優れているもの コスパはあまり良くない。
軽くて着けやすいもの フィット感はある。

高音質を求めたい人向け

価格が少し高めのイヤホンではありますが、その分音質は高いです。低音なども聞きやすく、装着もしやすいのでデザイン高い機能性から選ぶ人も多くいます。フィット感があり、重低音も楽しめるイヤホンですので、普段使いにも十分です。

また、ある程度の汗や水分に対する防水性も兼ね備えているので、スポーツの際にも使用できます。

N20LTの良い口コミ

30代会社員

スポーツの際にも嬉しい

少しいいものを使いたくて購入しましたが、音質とスポーツの際にも使える防水性に満足です。毎日ではないですが、ジムに通ったりしているのでその際に問題なく使えるのはありがたいイヤホンだと思います。

有線イヤホンの音質の良さと、それなりに高い防水性があるのでスポーツを嗜む人から人気の高いイヤホンです。価格も高めのイヤホンなので、耐久性などもある程度保証されている製品でもあります。

そのため、運動に使う際になるべく良いものを選びたい人にとっては候補によく挙げられるものです。問題ない音質と防水性の高さ、そしてリモコンやマイクでの操作性など、良い点は非常に多いイヤホンです。

N20LTの悪い口コミ

10代学生

マイクは別にいらない

使ってみるとマイクの操作性があまり良くないことが分かります。リモコン操作の方がよほど簡単ですし、操作性が良いのでマイクは別にいらない気もします。

N20LTはリモコン操作のほかにマイクでの操作も可能です。しかし、多くの口コミでマイクの性能があまり良くないことを示唆するものがあります。通話の際の音質もあまり良くない、性能自体がそれほどいいものでは無いため、マイク操作を行わない人も多いです。

そのため、リモコン操作だけで十分な人にとっては通話できなくてもマイクはいらないと判断する人も多いです。他の機能は十分なため、どうしてもマイクの性能の悪さが目についてしまいます

水川 エイミ

マイク以外の性能は十分ですね!スポーツするなら持っていても問題ない防水性も嬉しいです。

黒川 ミカ

防水性の有無は使う時にかなり重要視する人もいます。通勤通学が徒歩なら雨の日も安心ですよ。

5位.SoundBuds Digital IE10

5位
編集部おすすめ商品
Anker SoundBuds Digital IE10
高音質なもの それなりに高めの音質。
長時間再生が可能なもの バッテリーはなし。
遮音性が高いもの 程ほどの遮音性。
スポーツに適しているもの スポーツに使っても問題ない防水性。
コスパが優れているもの 壊れやすさが目立つ。
軽くて着けやすいもの イヤーピース部分が良くとれる。

フィット感で選ぶなら候補に入れるべき

様々な種類が販売されているイヤホンのブランドです。そのため、iPhoneで使うのなら欲しいと思う機能や音質を抑えている製品でもあります。耳につけたとき痛みや不具合感の無いフィット感が特徴の製品です。

付けていて違和感はなく、耳の痛みや疲労もないので付けていて楽なものを選びたいなら候補に入ります。ただし、価格の高さと壊れやすさが示唆されている口コミがあるので、注意は必要です。

SoundBuds Digital IE10の良い口コミ

20代会社員

安心して使える

付けていて楽で、とてもいい買い物をしたと思います。フィット感が良いので毎日つけても耳が傷ついたりもないです。今までは傷ついたりして痛い思いをしたのですが、安心して使えます。

フィット感の良いSoundBuds Digital IE10は耳への負担だけでなく、音の良さもあります。耳により密着するので、他のイヤホンでは体感できない音も聞くことができるでしょう。

使いやすさもそれなりにあり、ケーブルもしっかりとした材質なので断線もしにくくなっています。使い方にさえ気を付ければかなりの長期間使える可能性の高いイヤホンです。iPhoneでとりあえず優先を選ぶのなら候補に入れておいて損はありません。

SoundBuds Digital IE10の悪い口コミ

20代会社員

困ることが多い

なんだかすぐに不具合が出ます。1度購入したら修理に出したこともあるので、性能はあまり悪くなくても使うのには多少困ることも多いです。

SoundBuds Digital IE10は口コミなどで短期間のうちに不具合や故障により修理や不良品の交換に出した人が多いです。十分に使えている人もいますが、そうした口コミも半数近く存在します。

また、曲を聴きながら何かをするというのにあまり向いていないイヤホンでもあります。曲を聴こうとすると充電ができない他、イヤホンのホワイトノイズなども関係してゲームなどに遅延が発生します。

水川 エイミ

音楽のみのイヤホンと割り切れば十分使えますね。

黒川 ミカ

何かトラブルがあってもメーカーに連絡するときちんと対応してくれますよ。

ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリット

メリット
  • コードレスによる快適性
  • 機能が豊富
  • iPhoneを充電中でも使用できる
デメリット
  • 価格が高い
  • イヤホンの充電が必要

ワイヤレスイヤホンのメリット

コードレスによる快適性

有線・無線問わず、イヤホンを使用する場面は数多くあります。通勤・通学中の電車やバスの中で有線イヤホンを使用していると、ケーブルが何かに引っかかってイヤホンが外れてしまった経験がある人もいると思います。しかし、ワイヤレスイヤホンなら長いケーブルが無いのでそのような心配はありません。スポーツをしているときもケーブルが邪魔になって動きが制限されることもありませんし、ケーブルが服や体に擦れることがないのでタッチノイズも起こりません。

また、有線イヤホンだとカバンの中に収納して時にケーブルが絡まってしまってストレスを感じることがあります。ワイヤレスイヤホンだとケースの中にコンパクトに収納することができ、ケーブルの絡まりでイライラすることはありません。

水川 エイミ

ワイヤレスイヤホンは、今までケーブルがあることによって起きていたトラブルをいくつも軽減してくれますね!

黒川 ミカ

ケーブルの絡まりはなかなか解けなくてイライラしますよね。ワイヤレスイヤホンによってストレスを感じることなくに音楽を楽しみましょう。

機能が豊富

iPhone7が発売されて以降、ワイヤレスイヤホン市場は急速に発展しています。AppleはもちろんソニーやBose、オーディオテクニカなどの多くのメーカーが開発を進め、優れた機能を搭載した製品を発売しています。防水機能がついているワイヤレスイヤホンはスポーツには打って付けですし、大容量バッテリーを搭載しているモデルは、連続再生8時間も可能で長時間ランニングをする人にも適しています。軽量化が進んだ製品も多くあり、耳への負担も軽減することができます。

その他にもマイク付きのモデルやリモコン付きのモデルもあります。マイクやリモコン付きのイヤホンだとハンズフリー通話もできますし、iPhoneがすぐ近くになくてもイヤホンのリモコンで再生や停止、音量の上げ下げ等の操作が可能です。

水川 エイミ

ワイヤレスイヤホンには便利な機能が搭載されているのですね!音楽を聴くだけでなく、通話も楽にできますね。

黒川 ミカ

そうですね!自動車を運転しながらでも使用できる、片耳用の製品もありますよ。自分に必要な機能を備えたものを検討してみましょう。

iPhoneを充電中でも使用できる

最近、iPhone等のスマートフォンを使用して音楽を聴くのが主流になってきています。音楽だけではなく、英語や中国語などの外国語の勉強、ゲーム、映画やドラマなどを観るときにもiPhoneを使う人が多くいます。このような場合は長時間にわたってiPhoneを使用することになるので、充電が無くなってしまう可能性があります。Lightning端子経由でイヤホンを接続している場合、充電ケーブルも同じ端子に差し込まなくてはならないので、勉強や作業を途中で切り上げなくてはなりません。ワイヤレスイヤホンを使用すれば、端子にアダプターを差し込む必要はないので、充電をしながら作業を続けることができます。

iPhoneを充電しながら音楽を聴いたり通話をしたり動画やゲームを楽しんだり、いくつかの作業を同時にできるのは時短にもなって助かります。

水川 エイミ

音楽や動画が好きでiPhoneを手放せない人には嬉しいですね!

黒川 ミカ

Lightning端子は充電時だけではなく、パソコン等の周辺機器に接続する際にも使用されます。例えばパソコンとiPhoneとを接続して作業している時でも、ワイヤレスイヤホンのおかげで音楽を聴くことができますよ。

ワイヤレスイヤホンのデメリット

価格が高い

従来の有線イヤホンの価格は安いもので2000円以内、高いものでも1万円あれば高音質な音楽やハイレゾ音源を楽しむことができます。しかし、ワイヤレスイヤホンは安いもので3000円、高いものだと3万円を超えるものもあります。あまり安すぎるものだと音質が悪かったり、動画の音声が遅れて聞こえてきたりするというデメリットも指摘されています。ワイヤレスイヤホンの中でも、完全ワイヤレスイヤホンの方が左右一体型のものより高価になります。有線イヤホンと比べると便利だとは言っても割高に感じますし、購入のハードルが上がります。

ある程度の音質や機能を備えているものを選びたいのであれば、1万円から2万円程度のものを検討すると良いでしょう。検討する際に大切なのは、自分が使うシチュエーションを想像し不必要な機能は省くことです。

水川 エイミ

あの機能も欲しい、この機能もほしいと欲張ってしまうと予算をオーバーしてしまいますね!

黒川 ミカ

自分に必要な機能に優先順位をつけてみましょう。価格と照らし合わせながら製品を検討してみるのも1つの方法です。

イヤホンの充電が必要

ワイヤレスイヤホンは有線イヤホンと違い、充電しなければ使用できません。バッテリーの持続時間も製品によって様々で、連続再生時間が3時間のものもあれば、5時間や8時間、長いものでは12時間とかなりばらつきがあります。ここでもやはり、完全ワイヤレスイヤホンよりも左右一体型のモデルの方が長時間の再生が可能な製品が多い傾向があります。イヤホンを充電しながらの使用は原則不可能なため、バッテリーが切れてしまえば使用を中止するしかありません。

この対策として、例えば15分の充電で2時間の再生が可能なものや、イヤホンケース自体が充電器になっているものもあります。ケースに収納するだけで充電できるので、充電し忘れることもなく安心です。

水川 エイミ

デメリットをカバーするために、メーカーが工夫を凝らしているんですね。

黒川 ミカ

ユーザー側のデメリットを改善してきた結果、機能がどんどん充実してきたと言えます。これからまだまだ優れた製品が開発されそうで楽しみですね。

ワイヤレスイヤホンの選び方・基準

ユーザーが選んだ【商品名を入力】の選び方
  • 高音質なもの
  • 長時間再生が可能なもの
  • 遮音性が高いもの
  • スポーツに適しているもの
  • コスパが優れているもの
  • 軽くて着けやすいもの

 高音質なもの

音楽をじっくり楽しむなら、音質が良いものを選びたいです。通話での聞き取りや動画を観るときにも音質は重要になってきます。多くのメーカーがワイヤレスイヤホンを開発していますが、中でもオーディオメーカーが開発した製品は、高音から低音まで高音質を実現するための工夫がなされている製品もあります。ノイズキャンセリング機能を搭載したモデルもあり、騒音でイヤホンの音が聞こえにくい駅や電車の中でも快適に使用することができます。

他にも、コーデックの形式(Bluetoothで音を転送する際の圧縮形式のこと)により音質が異なってきます。標準的なコーデックは「SBC」方式でしたが、近年では「AAC」方式や「apt-X」方式、さらに進化した「apt-X HD」や「LDAC」というコーデックも登場しました。「SBC」は音質が劣化してしまう可能性があるので、iPhoneで使用するワイヤレスイヤホンを選ぶ時には「AAC」のものを選ぶと良いです。

長時間再生が可能なもの

1日に長時間イヤホンを使用する人は、バッテリー切れの心配がないものを選びたいです。一般的に、完全ワイヤレスイヤホンはバッテリーの容量が少ないというデメリットがありますが、前述のように急速充電に対応しているモデルや、ケースに充電機能が付いているモデルもあります。

1回の充電で長時間再生が可能なのは左右一体型モデルのイヤホンです。このタイプだと、12時間も連続再生が可能な製品があります。

バッテリーの持続時間が長いものは、イヤホン全体の重量が大きくなる傾向があります。長時間使用できるメリットがあっても重くて使いにくいと感じる場合もあるので、実際に装着して着け心地を確かめた方が良いです。

遮音性が高いもの

電車の中や周囲に人がいる場所でイヤホンを使用するとき、音漏れしないように気を遣う必要があります。そのためには遮音性の高いイヤホンを選ぶと良いです。おすすめなのは、イヤーピースを耳の中に直接入れるタイプのカナル型になります。音漏れしにくくなるだけではなく、低音までもしっかりと聴くことができます。外からの騒音もシャットアウトしてくれます。また、イヤーピースは取り換え可能なので自分の耳の形に合ったものを選ぶとさらに遮音性が高まります。

しかし、遮音性が高いということは自動車や自転車などの音も聞こえにくくなってしまいます。交通量が多い道路では使用を控えるなどの注意が必要です。

主流で人気の高いイヤホンなので、種類が豊富な上に価格も高価なものから廉価なものまで自分の予算や好みに合わせて選ぶことができます。

スポーツに適しているもの

ランニング等の運動中にイヤホンで音楽を聴く人は多いと思います。スポーツをするときに適しているのは、防水機能が付いているものです。防水機能が搭載されていないと、激しい運動による大量の汗や屋外での突然の雨に対応できません。防水の保護等級は「IPコード」で表され、IPX4以上であれば多少の雨や汗にも耐えられますし、中には水中でも使用できるIPX7以上のモデルもあります。先日ソニーが発売したイヤホンは、海やプールでも使えるモデルとして話題になりました。

激しい運動を行う場合には、きちんとフィットしてズレたり落下したりしないものを選ぶ必要があります。一番フィットしやすいのはカナル型のイヤホンで、完全ワイヤレスイヤホンであれば全くケーブルは邪魔になりません。

コスパが優れているもの

デメリットの部分でも触れましたが、ワイヤレスイヤホンは割高に感じてしまう人もいるでしょう。しかし、自分に本当に必要な機能のみが備わった商品を選べば価格は抑えられますし、音質についてもこだわりすぎないことが大切です。また、左右一体型のイヤホンの方が完全ワイヤレスイヤホンよりも低価格で手に入ります

中には完全ワイヤレスイヤホンでも、1万円以内でバッテリーが長時間持つ上に、素晴らしい音質で音楽を聴くことができる製品もあります。例えば、Ankerから発売されている「Liberty」や、soundPEATSの「Truengine 完全ワイヤレスイヤホン」です。このように、安い製品全てが音質や機能が劣るとは言い切れません。最近では、性能と低価格を兼ね備えた製品が生み出されているのです。

軽くて着けやすいもの

ワイヤレスイヤホンは、重いものは装着性が優れていないため、軽くて着け心地の良いものを選ぶと良いです。特に長時間使用することがある場合には、軽いイヤホンの方が耳に負担がかかりません。完全ワイヤレスイヤホンの中で言うと、軽いものは片耳4グラムを切り、重いものでは片耳10グラムを超えるものまであります。

耳への負担を軽くするためには、ネックバンド型タイプも検討対象に入ります。このタイプのワイヤレスイヤホンは、左右一体型で左右のイヤホンをつなぐコード部分が太いバンドのようになっています。このバンドの部分を首にフィットさせることで耳への負担は軽くなり、フィット感もぐんとアップします。そのため運動時にもおすすめです。

水川 エイミ

ワイヤレスイヤホンは種類が豊富でどれを購入しようか迷いますね。機能面だけではなく、完全ワイヤレスイヤホン、左右一体型、片耳型、ネックバンド型等、イヤホン自体の形状もきちんと考えないといけませんね。

黒川 ミカ

今のところ一番製品の種類が豊富なのが左右一体型のものです。この製品は価格も抑えられるので、初めてワイヤレスイヤホンを買おうと考えている人にもおすすめです。

ワイヤレスイヤホンに関するよくある質問を編集部が解説!

Q1.ワイヤレスイヤホンはiPhone5S・6・6Sでも使用できますか?

はい、使用できます。これらの3機種はBluetoothに対応しているので使用可能です。使用するときは他の機種と同様にBluetoothを使用して接続してください。

ただし、Apple純正の「AirPods」はiOS10以降を搭載しているiPhoneが対応しています。iOS10非対応のiPhoneでは一部の機能が使用できない場合があります。iPhone5以降はiOS対応機種ですので、もし使用する場合はiOSをアップデートしてから使用して下さい。

水川 エイミ

ワイヤレスイヤホンは、幅広い機種で使用可能なのですね。

黒川 ミカ

古い機種でも快適に音楽を楽しめますね。ただし、iPhone4以前のものはiOS10に対応していません。自分のスマートフォンで使用できる製品かどうかをきちんと確認しましょう。

Q2.気になる製品が多すぎてどれを購入すべきかわかりません

まずは自分がどのようなシチュエーションでイヤホンを使用するのか考えましょう。通勤・通学のときだけであれば防水機能は必要ありませんが、遮音性とある程度の音質は必要になると考えられます。長時間使用するならバッテリーが長く持つものを選ぶべきですし、価格を抑えたいなら左右一体型を検討するなど、自分の生活スタイルや予算を考えて絞り込むのが良いです。

水川 エイミ

好きなメーカーがあるので、そこの製品が欲しいです。他のメーカーのものも検討すべきでしょうか?

黒川 ミカ

そのような選び方も良いですね!まずはお気に入りのメーカーの製品を調べてから、他のメーカーの製品も調べてみるべきだと思います。そうすることにより、メーカーそれぞれの特色や独自の技術に気づくことができます。もしかすると、他のメーカーでお気に入りの製品が見つかるかもしれませんよ。

Q3.ワイヤレスイヤホンの使い心地を教えてください

製品・また人によって、使い心地は異なります。ある人の評価は満点だった製品が、また別の人からの評価はよくなかったということもあり得ます。自分で確かめてみるのが一番なので、実際に店頭で試しに使ってみると良いと思います。長期的に使用している人の意見を参考にしたい場合は、インターネットの口コミを活用すると良いです。

水川 エイミ

インターネットの口コミを参考にするには、どこの口コミサイトを観れば良いですか?

黒川 ミカ

インターネットのショッピングサイトは、口コミが豊富に投稿されています。代表的なのはAmazon、楽天市場、価格ドットコム等です。実際に使用している人たちの意見を参考にしながら、検討してみましょう。

ワイヤレスイヤホンで生活を楽しいものに

イヤホンが毎日の生活に欠かせないアイテムになっている人もいると思います。そういう人はストレスを感じず快適に音楽や動画を楽しむために、ワイヤレスイヤホンを使ってみるのがおすすめです。ワイヤレスイヤホンの開発は急激に進んだので、かゆい所に手が届くような製品もたくさんあります。

求める機能や形は人によって異なりますが、お気に入りのアイテムが見つかれば、その製品と長く生活を共にしていくことになります。インターネットの口コミや実際に店頭に行ってみて試してみるなど、事前のリサーチが大切です。

水川 エイミ

これからじっくり検討してみます!

黒川 ミカ

多くの企業から、多種多様な製品が発売されています。きっと満足のいくものが見つかりますよ。

関連記事