その他アイテム

ワイヤレスイヤホンのおすすめ人気ランキング15選

最新イヤホンは完全ワイヤレスイヤホンが人気

音楽を聞きながら通勤、通学をするのは、もはや当たり前です。そんな中で最近では、ワイヤレスイヤホンを使っている人も多く見かけると思います。

ワイヤレスイヤホンと言っても、様々なメーカーから様々なモデルが発売されています。完全ワイヤレスや防水モデル、通話機能に特化した片耳モデルなどもあり、どのモデルを選べば良いのか悩んでしまいますよね。

ここでは、人気の完全ワイヤレスイヤホンについて紹介していきます。完全ワイヤレスイヤホンとは、耳に装着するイヤホン部分のみのモデルのことです。そのため、有線モデル特有の悩みやトラブルは一切ありません

ぜひ参考にして、あなたにぴったりのワイヤレスイヤホンを選んでください。

水川 エイミ

ワイヤレスイヤホンを使ってみたいのですが、どんなものを選べは良いのでしょうか?

黒川 ミカ

様々な種類があって悩んでしいまいますよね。今日は、人気の完全ワイヤレスイヤホンの魅力を紹介しましょう。

ワイヤレスイヤホンの有名メーカー・ブランド

SONY BOSE Beats by Dr.Dre audio-technica PHILIPS SHURE
日本を代表する世界的メーカー スピーカーの代名詞の世界屈指のメーカー 世界的な音楽プロデューサーが設立した高音質が売りのメーカー 日本発祥のオーディオメーカー 機能とデザインの両立が特徴のメーカー アメリカ屈指の大手メーカー

数え切れないほどあるブランドの中からおすすめの6メーカーを選びました。それぞれ簡単に紹介していきます。

まず、SONYは、説明の必要がないくらい誰でも知っている総合家電メーカーでしょう。テレビのBRAVIA、パソコンのVAIO、スマホのXperiaなど有名な商品も多くあります。アフターフォローなどサービスレベルが高いので、ワイヤレスイヤホン初心者の方はSONY製品を選ぶと良いでしょう。

BOSEは、スピーカーが有名です。飲食店やカラオケ店のスピーカーは軒並みBOSE製品というくらい普及しています。その技術を巧みに使ったイヤホンの音質は、他社に比べ良い傾向にあります。しかし高価な為、家電量販店などで試してから納得した状態で購入するようにしましょう。

Beats by Dr.Dreは、ヒップホップミュージックで有名な音楽プロデューサーたちが創設し、イヤホンのプロデュースもしているメーカーです。そのため、高音質でスマートなデザインのモデルが多いです。ヒップホップやロックが好きな人はこのメーカーを選ぶと良いです。特にネックバンドを採用しているワイヤレスイヤホンは人気が高いです。

audio-technicaは、価格の幅が広いのが魅力です。3,000円くらいから購入ができます。また日本ブランドなので、品質も良いです。ワイヤレスイヤホンに興味はあるけど1万円以上はちょっと出せないという人にはおすすめです。

PHILIPSは、男性には電気シェーバーでおなじみのメーカーです。イヤホンを作っているなんて意外ですよね。しかし高音質でありながら、デザイン性も良くて、人気があります。

SHUREは、アメリカを中心に人気のあるメーカーです。アーティスト用のモニターイヤホンなどプロ仕様のイヤホンが有名です。その技術で作られたイヤホンなので、耐久性と遮音性に優れたモデルが多いです。運動などをする人におすすめのメーカーです。

水川 エイミ

色々なメーカーがあるんですね。どれも良い商品ばかりで迷ってしまいます。

黒川 ミカ

それぞれの特色を見極めて、自分に合ったイヤホンを選びましょう。

ワイヤレスイヤホンのおすすめ人気ランキング15選

比較要素 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 11位 12位 13位 14位 15位
商品画像 Bose SoundSport Free wireless headphones 完全ワイヤレスイヤホン トリプルブラック ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X : Bluetooth対応 左右分離型 マイク付き 2017年モデル シャンパンゴールド WF-1000X N Jabra 完全ワイヤレスイヤホン Elite Active 65t コッパーブルー Alexa対応 BT5.0 マイク付 防塵防水IP56 2台同時接続 2年保証 北欧デザイン 【国内正規品】 オーディオテクニカ 完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(ブラック)audio-technica ATH-SPORT7TW-BK JBL 完全ワイヤレスイヤホン UA SPORT WIRELESS FLASH /IPX7/Bluetooth対応 アンダーアーマー ブラック UAJBLFLASHBLK 【国内正規品/メーカー1年保証付き】 JVC HA-XC70BT-B 完全ワイヤレスイヤホン XXシリーズ/Bluetooth対応/重低音/最大12時間再生 ブラック ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N BM : Bluetooth対応 左右分離型 防滴仕様 2018年モデル ブラック SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueFree+ ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 完全ワイヤレス イヤホン AAC対応 35時間連続再生 自動ペアリング 左右独立型 マイク内蔵 両耳通話 防水 小型 軽量 TWS ブルートゥース ヘッドホン トゥルーワイヤレス ヘッドセット [メーカー1年保証] ブラック 【進化版 3500mAh IPX7完全防水】Bluetooth イヤホン Hi-Fi 高音質 最新Bluetooth5.0+EDR搭載 120時間連続駆動 3Dステレオサウンド 完全ワイヤレス イヤホン 自動ペアリング ブルートゥース イヤホン AAC対応 左右分離型 Siri対応 音量調整可能 超大容量充電ケース付き 片耳&両耳とも対応 iPhone/ipad/Android適用 JBL FREE X 完全ワイヤレスイヤホン IPX5防水/Bluetooth対応 ブラック 【国内正規品/メーカー1年保証付き】 パイオニア Pioneer 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 左右分離型 マイク付き ピンク SE-E8TW(P) 【国内正規品】 Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A TWZ-1000 True Wireless Zero [Bluetooth5.0進化版] 72時間連続駆動 IPX7完全防水 Bluetooth イヤホン 完全 ワイヤレス イヤホン Pasonomi ブルートゥース イヤホン 自動ペアリング 自動ON/OFF 高音質 充電ケース付き タッチ式 マイク付き Siri対応 左右分離型 両耳 iPhone Android 対応 Bang & Olufsen 完全ワイヤレスイヤホン Beoplay E8 NFMI AAC対応 リモコン・マイク付き 通話可能 ブラック(Black) 高級オーディオブランド 【国内正規品/保証期間2年】
商品名 SoundSport Free wireless headphones WF-1000X Elite Active 65t ATH-SPORT7TW-BK UA SPORT WIRELESS FLASH HA-XC70BT-B WF-SP700N TrueFree+ Bluetooth イヤホン FREE X SE-E8TW AirPods TWZ-1000 True Wireless Zero Bluetooth イヤホン Beoplay E8 NFMI
価格 ¥22,621(税込) ¥18,535(税込) ¥23,202(税込) ¥24,320(税込) ¥16,674(税込) ¥13,876(税込) ¥17,028(税込) ¥3,980(税込) ¥6,680(税込) ¥11,628(税込) ¥12,262(税込) ¥18,144(税込) ¥21,515(税込) ¥4,980(税込) ¥28,155(税込)
メーカー・ブランド Bose SONY Jabra Audio Technica JBL JVCケンウッド SONY SoundPEATS AKIKI JBL Pioneer Apple ZERO AUDIO Pasonomi Bang & Olufsen
総合評価
商品の特徴 音量に関わらずクリアでバランスのとれた迫力のサウンドを実現 静けさをもたらす独自のノイズキャンセリング技術も搭載 イヤホンから臨場感溢れる音楽を 防水性能IPX5音もカラダも解き放つ 周囲の音を聞きやすくするアンビエントアウェア機能 迫力の重低音サウンドを両立 沈み込む低音の強烈なボリューム感IPX4相当の防滴対応 高音もクリアに聞こえ全体的に臨場感を実現 立体ステレオ機能でリアルな臨場感を JBLならではの良質なサウンドを楽しむことができる 音楽を聴きながら周囲の音も確認できる 透き通るほどクリアなサウンド 音質を損なうことなく音楽を再生できる どの音域でもバランス良くクリアで高品質なサウンド 安定した接続性で優れたパフォーマンスを提供

ワイヤレスイヤホンの中で、特に人気なのが非常に良い音質のものそのほかの性能が優れているものです。有線イヤホンのようにケーブルを直接差し込んでいるものではないので、有線と比較すると音質が多少落ちることも多くなります。

有線イヤホンのような綺麗な音、聴きやすいクリアなサウンドのものであることを前提としてまず選ぶ人が多いです。特に上位のものは満足できる音質であり、そこにそのほかの性能が加えられているものが良くみられます。

水川 エイミ

ワイヤレスイヤホンは使い心地は良いですので、音質をこだわる人が多いですね。

黒川 ミカ

音質はもちろんのこと、ノイズキャンセリングなどの性能も選ぶためのポイントにする人も多いです。

1位.SoundSport Free wireless headphones

1位
編集部おすすめ商品
音質が良い 非常に良い音質。
バッテリーが長持ちする 最高5時間連続使用が可能。
多機能のもの 防滴設計、イコライザーによる最適化などの機能がついている。
価格がお手頃 2万円越えの高額イヤホン。
付け心地が良い フィット感の良いイヤホン。
デザインが良い カラーバリエーションもある、スポーティーなデザイン。

スポーツの際にも非常に使いやすいワイヤレス

SoundSport Free wireless headphonesはスポーツを楽しむ人にも使いやすいようにできている製品です。防滴設計なので、イヤホン部分に水滴が入りにくいようにされているので、故障しにくいように作られています。

完全ワイヤレスの上、Bluetoothとの接続も安定しています。さらに、ワイヤレスで困りがちなイヤホンの片方がなくなったときなども、専用のアプリを使えば簡単に探すこともできるのです。

SoundSport Free wireless headphonesの良い口コミ

20代会社員

買い替えなくて良い

今までワイヤレスを使った時に困りがちだったイヤホンを無くしたときにも、このSoundSport Free wireless headphonesはすぐに探せて便利です!ほかの製品だと片方なくなった瞬間、完全ワイヤレスは買い替えになりますので、非常にありがたいです!

ワイヤレスイヤホンとはいえ、中にはイヤホン部分をつなぐ部分的な有線のイヤホンもあります。そうした部分的な有線のものだとイヤホンを無くしても、片側が見つかれば自然ともう一つも出てくるものです。

しかし、完全ワイヤレスでは片方が無くなると見つけられなければ買い替えなければならなくなります。片方だけでは万全に使うこともできないので、見つけるまで探すことも強いられるでしょう。けれども、SoundSport Free wireless headphonesはアプリを使えば、無くしてしまったイヤホンを探し出すことができます

SoundSport Free wireless headphonesの悪い口コミ

30代会社員

必要な機能がなく、使う場所を選ぶ

ノイズキャンセリング機能がついていないので、人混みなどで使うとひどい雑音が気になります。さらに、人混みがひどいところではBluetoothの接続が途切れることもあるので、使う場所を多少選ぶことがあります。

SoundSport Free wireless headphonesはノイズキャンセリング機能がついておらず、雑音を完全に遮断することができません。そのため、人混みがひどい場所や駅や空港といった大きな音が響くところでは雑音がひどく聞こえてしまうのです。

毎日の通勤・通学に音楽を聴くという方は非常に多いですよね。せっかくの音楽を楽しむことができず、むしろ雑音にひどく不愉快な気分になることもあります。

水川 エイミ

完全ワイヤレスで困る無くしたときのサポートもばっちりですね!

黒川 ミカ

音質も非常に良いので、通勤や通学の際の音楽をより楽しみつつ、決して邪魔にならない良い製品です。

2位.WF-1000X

2位
編集部おすすめ商品
音質が良い 音質はほどほどに良い。
バッテリーが長持ちする 連続3時間使用できる。
多機能のもの ノイズキャンセリング機能のほか、外音取り込みやワンタッチ接続が可能。
価格がお手頃 18,000円ほどの高めの価格。
付け心地が良い 付け心地は良いが、激しい運動などでは外れる可能性あり。
デザインが良い シンプルでありながら光沢のある色で、アクセサリーのようにつけられる。

外音取り込みで事故やケガも少なく

WF-1000Xはノイズキャンセリング機能がついているだけでなく、外音取り込みの機能もついています。使用しているときにはノイズキャンセリングされると危ない場所も多いです。道路や駅などになると使用を少し控えるようにする人もいます。

しかし、そんな危ない場所でも使いやすい外音取り込み機能により、外の音を聞き逃さず、事故などを減らすことができます。また、この外音取り込みは電車や飛行機のアナウンスなどを聞き逃したくないときにも助かる機能です。

WF-1000Xの良い口コミ

40代会社員

周りの確認にとても便利

毎日自転車で通勤しているのですが、信号機のない交差点などを通ることになるので車や歩行者の確認ができてとても便利です。出張の際、飛行機や電車の中で音楽を聴いていてもアナウンスを聞き取れるので、乗り遅れたりすることもありません。

WF-1000Xは不要な騒音を抑えつつも、人の声を取り込むことができるアンビエントサウンドモードが搭載されています。そのため、聞き逃したくない声を逃さずきちんと聞き取れるのです。

さらにこの外音取り込み機能はスマホの専用アプリによって簡単に切り替えが可能です。この際にノイズキャンセリングの切り替えもできるので、必要な時と必要ない時とで使い分けることもできるようになります。

WF-1000Xの悪い口コミ

20代会社員

装着感と手間がかかることに不満

装着感はそれほど良くなく、ランニングをしているときに使うとポロッと取れてしまいました。また、使う時に自動接続などがされますが、この際に外音コントロールやノイキャンの機能を一々切り替えなければならないのが手間です。

WF-1000Xは蓋を開ければ簡単に接続される、いわゆるワンタッチ接続が可能な機種です。専用アプリなどを使うと外音コントロールやノイズキャンセリングのオンオフの切り替えもできます。

しかし、そうした便利さとは裏腹に装着感にはあまり満足できないという口コミが多いです。特に激しい運動などをしているときなどは、ポロッと落としてしまうという意見が見られます。また、接続ごとに機能の切り替えや設定のし直しをしなければならない手間が不満だという声も多いです。

水川 エイミ

ワンタッチまたは自動で接続されるとても簡単な仕様がいいですね!

黒川 ミカ

外音取り込みで事故も減らせ、なにより聞き逃しを減らすことができるのは大きいですよ。

3位.Elite Active 65t

3位
編集部おすすめ商品
音質が良い 解像度の高い聞き疲れのない音質。
バッテリーが長持ちする 最大5時間連続使用ができる。
多機能のもの 防塵・防水設計のほか、自分で好きに設定できる。
価格がお手頃 2万円越えの高額イヤホン。
付け心地が良い 長時間つけていても問題ない。
デザインが良い ボタン部分の色などが画像と違うことがある。

快適な接続と自由度の高いイコライザー設定が可能

Elite Active 65tは非常に良い接続が持続するため、使っていてストレスを感じにくいイヤホンとして評価されています。さらに、より高い評価を得ている理由が自分好みの音質をカスタマイズすることができる点です。

イヤホンの中にはこの音質をもう少し良くしてほしい、という機能があることもあります。けれど、イヤホン自体に設定されている以上簡単に除けてしまうことはできません。そんな必要ない機能を排除し、本当に自分が欲しい音質をカスタマイズできるのです。

Elite Active 65tの良い口コミ

20代会社員

自分で音質を設定できる

自分でイコライザーを使うことで自由に音質を設定できるのがいいですね。イヤホンを使った時に音質が気に入らないこともありましたし、低音をよりしっかりと聞きたいときもあったので自分で設定することができるのは本当に便利です。

Elite Active 65tはイコライザーを自由に使うことで音質を好きに設定することができます。もっと低音を響かせたい、高音を聞き取りやすくしたいなどの希望が徐々に出てくることも多いです。

そうした音質の希望を簡単にかなえられるのがElite Active 65tになります。その日の気分だけでなく、楽曲ごとに自分が満足できる音質で音楽を楽しめるのです。Bluetoothの接続不良による悩みも少ない、ストレスなく使いやすいイヤホンになります。

Elite Active 65tの悪い口コミ

20代会社員

あまり良さを感じられない

価格にしてはそこそこの機能ではないかと思います。音質もほかの方が言うような良さは感じられませんし、何より使っていると定期的に接続が切れて音切れが起こります。場所によるものであるとは思いますが、あまり良さを感じられませんでした。

Elite Active 65tは接続の良いイヤホンだといわれていますが、使用する場所などによっては接続が切れやすくもなります。そのため、ケーブルによる不満は抑えられても、接続不良によるストレスを感じる人が多いです。

また、音質も個人差によるとはいえ、あまり良いと感じられないという人もいます。音質はイコライザーを使うことで改善することもできますが、それでも満足できない可能性も高いです。

水川 エイミ

イコライザーによる自由があるのは便利ですね!自分が好きな音質に変えられます。

黒川 ミカ

低音高音の聞こえやすさを調整できるので、より音楽が楽しめますね。

4位.ATH-SPORT7TW-BK

4位
編集部おすすめ商品
音質が良い 有名メーカーと同等の音質。
バッテリーが長持ちする フル充電で3.5時間ほど使用できる。
多機能のもの 防水のほか、急速充電にも対応できる。
価格がお手頃 17,000円ほどの高額になりがちなイヤホン。
付け心地が良い フィットしやすい装着感の良いイヤホン。
デザインが良い シンプルな一色のみが使われている、男女ともに使いやすいイヤホン。

水洗いができるスポーツ向けのイヤホン

ATH-SPORT7TW-BKはスポーツをする人向けの、防水性に長けた製品です。その防水性はイヤホンを水やシャワーで洗うことができるほど非常に高いものになります。濡れた手でも使用できるタッチコントロール、素早い充電が可能なクイックチャージ機能も備えています。

完全ではないものの、高い防水性もあってスポーツをしている人に向いているイヤホンです。汗がついたときや汚れが気になったときには簡単に水洗いをして、清潔に使うこともできます。

ATH-SPORT7TW-BKの良い口コミ

20代会社員

防水性の高さに助かる

毎日ランニングをしているので、その際と通勤の際に使用しています。雨の日でもフードなどをかぶっていれば問題なく使える防水性の高さには非常に助かっています。汚れも水洗いで落とせるので、ほかのイヤホンと違って綺麗に使うのに困らなくていいですね。

ATH-SPORT7TW-BKの防水性の高さは、水洗いをしても大丈夫というほどしっかりした性能です。この防水性の高さは日常の雨や、暑い日の汗にも強いことでもあるのです。そのため、汗だくになるほどスポーツに打ち込んでいる人にも人気があります。

さらに、ほかのイヤホンでは汚れをどう落とすのか困る人も多いです。ウェットティッシュなどを使って綺麗にしようにも、濡れたものを使うことでのトラブルも心配されます。より綺麗に使うために洗えることが高ポイントだと判断する人も多いです。

ATH-SPORT7TW-BKの悪い口コミ

20代会社員

左右で音量が違う

イヤホンの左右でそれぞれ音量が違っていて使えません。また、よく接続が途切れてしまうので一々接続しなおすことが非常に手間です。イヤホンの音量も左右で違いますし、ほかのものに買い替えました。

ATH-SPORT7TW-BKの悪い口コミのほとんどが接続が途切れやすいのと、イヤホンが左右それぞれで音量が違うというものです。使用していると左右で音量も違って聞こえるので、使っていて非常にストレスに感じることも多くなります。

そのため、接続が途切れることによる接続のし直し、そして音量が違うことでの正常な音量での音楽を楽しむことができないのです。そのため、手間に感じてしまうだけでなく、音楽をきちんと楽しめないことも相まって買い替える人もいます。

水川 エイミ

音質の良さは折り紙付きですし、より音楽や通話を楽しみたい人向けでもありますね!

黒川 ミカ

汗ガードもしっかりとついているので、汗だくになるまでスポーツを楽しむこともできますよ。

5位.UA SPORT WIRELESS FLASH

5位
編集部おすすめ商品
音質が良い 高音が人によってはシャリシャリと聞こえることもある。
バッテリーが長持ちする 最大5時間連続使用ができる。
多機能のもの 防水のほか、トークスルー・アンビエントアウェア機能が搭載されている。
価格がお手頃 16,000円ほどの価格。
付け心地が良い フィット感の良い、落ちにくいイヤホン。
デザインが良い シルバーのロゴデザインがおしゃれなイヤホン。

話したいとき、周りの音を聞きたいときにも便利な機能

UA SPORT WIRELESS FLASHは話したいときに相手の声をきちんと聴くことができるようになる機能や、周りの音を聞くための機能がついています。外すことなくそのまま話せるトークスルー機能、周りの音を取り込めるアンビエントアウェア機能です。

ほかにも防水性に長けた製品になっていることもあり、ジムなどでトレーニングしている最中にトレーナーの方と話すときにも便利になります。一々イヤホンを外して、話して付け直してという手間をはずくことができるのです。

UA SPORT WIRELESS FLASHの良い口コミ

20代会社員

手間もなくて良い

ふたを開ければ自動接続できて、つけたまま話すことができる便利さはいいですね。ジムに通っているのですが、音楽を聴きながらもトレーナーの方や仲の良い顔見知りと話せるのは手間もなくていいです。

UA SPORT WIRELESS FLASHは付けたまま、人と話すことや周りの音を取り込むことができるイヤホンです。つけたままでも、ほかの人と話したり、または周りの音を聞きのがしたくないという場面で活躍します

そのため、通勤や通学などだけではなく趣味の際にもとても便利な機能です。スポーツやジムでのトレーニングをしているときに、話しながら行う際や少し気を付けておきたい交差点などでもサポートしてくれるイヤホンでもあります。

UA SPORT WIRELESS FLASHの悪い口コミ

20代会社員

つながらないこともある

周りの人と話すときにつけたままでいられる便利さはいいですが、自動接続がうまくいかないことも多いです。片方だけつながらないこともあるので、片方だけ接続する手間がかかることもあります。

UA SPORT WIRELESS FLASHは自動接続のイヤホンですので、カバーの蓋などを開けた瞬間にBluetoothの接続がされます。しかし、時折自動接続がうまくいかないことも多いのです。

特に片方だけのイヤホンが接続されないことが多く、接続されなかったイヤホンだけ手動で接続するかことが必要になります。そうした接続ミスによる手間を面倒に思う人も多く、自動接続がきちんとできるようにしてほしいと思う意見も多いです。

水川 エイミ

自動接続のほか、防水などの多彩な機能が便利ですね!

黒川 ミカ

人とそのまま話せる、周りの音をきちんと聞けるというのは聞きながら何かするのに適しています。

6位.HA-XC70BT-B

6位
編集部おすすめ商品
音質が良い 低音や中音は非常に良いですが、高音はシャカシャカした音が聞こえる。
バッテリーが長持ちする 連続3時間使用できる。
多機能のもの フラットモードとバスブーストの切り替え・音声アシスタント機能などが使用できる。
価格がお手頃 13,000円ほどの少し高額な製品。
付け心地が良い 耳に負担を感じにくい、フィットしやすいイヤホン。
デザインが良い スポーティーなデザイン。

音声アシスタントで簡単操作

HA-XC70BT-Bは音声アシスタントが使用できるマイクとリモコンがついています。そのため、自分が行いたい操作を音声サポートで簡単に使用することができるのです。特にSiriなどの起動に関しても非常に手軽に行えるようになります。

さらに、このHA-XC70BT-Bは水没や紛失、破損に対しての補償もしっかりとついている製品です。毎日使うものになるので、どうしてもイヤホンの破損や紛失は付きまといます。簡単操作だけでなく、補償がきちんとしていることからも安心できる製品です。

HA-XC70BT-Bの良い口コミ

20代会社員

低音や中音が聞きやすい

高音質で低音や中音を聞きやすく、自分が好きなバンドの音楽も非常によく聞こえます。ただ、高音だと少しシャカシャカするようにも聞こえますが、低音がメインなのでそれほど気になりません。補償もしっかりしているので安心感が違います。

HA-XC70BT-Bは低音や中音をダイナミックに聞くことができるイヤホンです。その分高音に不満がある人も多いですが、それほど気にならない高音質さを誇ります。そのため、電話などに使うの際にもとても聞きやすいイヤホンです。

また、補償もしっかりしているため、万が一の時にも焦ることなく補償を利用しようと考えられます。水没、破損、紛失とワイヤレスイヤホンで起こりやすいトラブルに対応できるものなので、普通の補償より使いやすいです。

HA-XC70BT-Bの悪い口コミ

10代大学生

高音とつながりにくさが残念

音質などにはそれほど不満はありませんが、高音を聴くとシャカシャカした音がひどいのが残念です。また、接続するときにイヤホンを双方近づけておかなければうまくつながらないのも残念な点だと思います。

HA-XC70BT-Bは低音と中音に長けたサウンドであるものの、高音に対しては不満だという意見が非常に多いです。ワイヤレス独特のシャカシャカが気になる人が多くいます。音楽では女性ボーカルの曲を聴くとよりシャカシャカした高音が聞こえるようになるでしょう。

そしてBluetoothの接続に関しても、LとRを近づけておかなければ簡単に接続されないことに困る人もいます。ケースから出した時、それぞれを近づけることを意識していると困りませんが、急いでいるときにつながらないことはとても手間に感じやすいです。

水川 エイミ

補償がワイヤレスイヤホンで起こりやすいトラブルに対応しているのは本当に助かります。

黒川 ミカ

万が一紛失や水没、破損したときにも安心ですね。

7位.WF-SP700N

7位
編集部おすすめ商品
音質が良い イコライザー使用で重低音も満足の音になる。
バッテリーが長持ちする 最大連続3時間使用できる。
多機能のもの デジタルノイズキャンセリングのほか、防水・アプリによるサウンド設定が可能。
価格がお手頃 15,000円ほどの価格。
付け心地が良い スポーツの際にも大丈夫なフィット感の良いイヤホン。
デザインが良い スポーティーなデザイン。

ボタン二度押しで簡単設定が可能

WF-SP700Nはスポーティーなデザインで男女ともに使いやすいイヤホンでもあります。汗や水にも強いイヤホンなので、汗だくの時や軽い雨の時にも使うことができるイヤホンです。

イコライザーによる音声の設定が可能です。そのため、先にスマホのアプリで設定をしておくとイヤホンのボタンを2度押しするだけで適応させられます。外音コントロールも操作できるイヤホンです。

WF-SP700Nの良い口コミ

20代会社員

デザインが使いやすい

スポーティーなデザインでいつでも使いやすいのがいいです。カラーバリエーションも多いので、好きな色を選んで使うこともできます。ボタンで簡単に使うことができるので、イコライザーなどの設定だけしておけば非常に便利です。

WF-SP700Nは男女ともに使いやすいデザインをしています。カラーバリエーションも4種類あるので、自分が気に入った色でおしゃれにスポーツも楽しめるイヤホンです。デジタルノイズキャンセリングも搭載されているので、音楽も通話もストレスなく使用できます。

イコライザーをスマホのアプリで設定することで、その設定をイヤホンにあるボタンを2回押すだけで簡単に適応させられます。その場所や状況に合わせて、イヤホンに搭載されているボタンだけで簡単に操作することができるのです。

WF-SP700Nの悪い口コミ

20代会社員

充電の持ちや防滴仕様が実感できない

防滴仕様と紹介されていたのですが、汗などで壊れたことがあります。修理費も高いですし、汗かきの人はあまりおすすめできないです。また、充電の持ちもそれほど悪くてすぐ充電しなければならないです。

WF-SP700Nは防滴仕様で汗などが入り込みにくいように作られています。しかし、完璧に防げるというものではないので入り込んでしまうことも可能性は低いもののあるのです。高い防水性とはいえ、完璧ではないと覚えておく必要があります。

また、充電の持ちも充電の仕方などによっては悪いと感じることも多いです。過充電などが主な原因なことがありますが、経年劣化による持ちの悪さもあります。毎日の充電も、充電しすぎないことを気を付けなければなりません。

水川 エイミ

デジタルノイズキャンセリングが非常に良い製品です。騒音に困る人にはおすすめですよ!

黒川 ミカ

低音の響きも高評価なので、ぜひ男性ボーカルなどの低い音が中心の曲を聴いてみてほしいです。

8位.TrueFree+

8位
編集部おすすめ商品
音質が良い 音の鳴りが非常に良い。
バッテリーが長持ちする 最大4時間連続使用ができる。
多機能のもの 防滴仕様・自動接続・ハンズフリーなどの操作ができる。
価格がお手頃 3,000円代で購入できる。
付け心地が良い 装着性が非常に良い。
デザインが良い シンプルな差し込みやすい形。

価格以上を実感したい人向け

TrueFree+はワイヤレスの中でも非常に安価なイヤホンになります。そのため、学生にも手に取りやすい製品で、お得でありながら音質も良いものを選びたい人に非常に人気です。

価格以上の高性能さと音質なので、口コミなどでも本当にこの価格でいいのかという意見が多くみられます。良心的で財布に優しい価格のイヤホンですから、まずワイヤレスを試したい人におすすめです。

TrueFree+の良い口コミ

20代会社員

今後も愛用していきたい

この安価な価格でこの性能は本当にすごいです。片方だけでも使えるのもあって気分や状況に応じて片耳と両耳を使い分けています。とても便利で今後も愛用していきたいです。

TrueFree+は自動接続ができるほか、両耳と片耳双方の使い方が使用できるイヤホンでもあります。設定もとても簡単に行えるので、その日の気分や両耳で使用するのが危ない、または控えたほうがいいときに非常に便利です。

特に車などを運転して通勤や移動を行う人になると、周りの音をきちんと聞いておかなければ事故につながります。音楽を楽しみつつも運転に対しての注意力を覚えておきたい人は片耳での使用が便利です。

TrueFree+の悪い口コミ

20代会社員

もう少し小さなケースがいい

ケースがあるのは良いですが、かなり大きめでカバンに入れてもかなりの荷物になります。もう少しコンパクトになると持ち運びにも便利だと思います。またイヤホンの取り出しに対する不満もあります。

TrueFree+は付属のケースもついているため、イヤホンを無くしないように保管することができます。しかし、このケースが大きめのケースになるので、持ち運びに多少不便さを感じる人も多いです。

もう少しコンパクトで軽量なものであれば持ち運びにも問題なく使用できるという意見が良くみられます。また、イヤホンの取り出しに関してもやりにくさを感じる人も多くいるので、保管に関して使いにくさを感じることもあるでしょう。

水川 エイミ

自動接続と両耳と片耳の使い分けが非常に便利ですね!

黒川 ミカ

価格が安価で手に取りやすいため、まず試してみたいという人にはぜひ試してみてほしい性能でもあります。

9位.Bluetooth イヤホン

9位
編集部おすすめ商品
音質が良い 中音域は良いが、高音や低音はあまりよくない。
バッテリーが長持ちする 120時間使用できる。
多機能のもの 安定した通信・防水性・タッチ式ハンズフリー。
価格がお手頃 6,000円ほどの価格で購入できる。
付け心地が良い 付属のイヤホンパッドは滑りやすい。
デザインが良い シンプルなイヤホン。

120時間の破格の使用時間

このBluetooth イヤホンはほかのワイヤレスイヤホンと比べても非常に破格の使用時間が特徴の製品です。そのため、充電を忘れやすい人でもたまの充電で十分使用することができます。

毎日忙しく、充電し忘れることがある人には非常におすすめの使用時間です。大容量の充電機能付きのケースもあるので、出先で充電切れになっても素早く対応できます。長く使えるバッテリー容量の多いものを選ぶならおすすめです。

Bluetooth イヤホンの良い口コミ

20代会社員

充電を忘れても大丈夫

120時間という非常に大容量だとわかる使用時間に満足しています。忙しいとどうしてもバッテリーの充電をし忘れることが多いので、充電を忘れても大丈夫な容量の多さは助かります。

Bluetooth イヤホンは大容量のバッテリーが特徴の製品になります。忙しい社会人になるとバッテリーの充電を忘れてしまうこともあります。また、何より音楽を聴きながら通話に切り替えるなどの通信でも充電を消費するのです。

しかし、バッテリー容量が非常に多いので、頻繁な充電が必要になることもありません。充電を忘れがちでも十分に使用可能な分のバッテリーの持ちの良さを実感できます。疲れて帰ってうっかり充電を忘れていても大丈夫なのです。

Bluetooth イヤホンの悪い口コミ

20代会社員

低音が満足できない

非常に便利だとは思っていますが、やはり音質はそれほどでもありませんでした。特に低音は低音を重視する人には満足できないほど籠っているので、低音ボーカルのソロはまだしも、それ以外は期待しないほうが良いです。

Bluetooth イヤホンは低音がそれほど良いという意見の少ないイヤホンです。Bluetoot独特の音質の劣化もありますが、低音の響きがどうしてもこもりがちな音質になっています。そのため、低音をよりよく聞きたい人にはあまりおすすめされていないのです。

低音ボーカルのソロであればなんとか聞ける、というレベルであるといわれています。しかし、心地よい低音を楽しみたいという方にはあまりおすすめできません。

水川 エイミ

長持ちするバッテリーは忙しい人にも非常にうれしいメリットですね。

黒川 ミカ

充電し忘れてもこれなら安心できます。

10位.FREE X

10位
編集部おすすめ商品
音質が良い 音質は問題なく聞きやすい音。
バッテリーが長持ちする 最大4時間使用可能。
多機能のもの 完全防水性・イヤホンのボタンプッシュで簡単ハンズフリー
価格がお手頃 11,000円代の購入を検討しやすい価格。
付け心地が良い 激しめなスポーツをしていてもフィットする。
デザインが良い シンプルっで使いやすいカラーとデザイン。

価格と接続の安定感がある

FREE Xは安定感のある接続購入を検討しやすい価格が特徴的なイヤホンです。充電は1回で4時間使用できるほどの充電ができます。ケースでも充電が4回はできるので、出先で充電がきれてしまっても問題ありません。

音質も非常に安定していて聞きやすく、接続も街中や電車の中でも切れにくくなっています。本体であるスマホを入れる場所にもよりますが、基本的にイヤホンに近い場所にあれば、ほとんど切れません。

FREE Xの良い口コミ

20代会社員

非常に便利

胸ポケットに入れて使用しているのですが、電車の中でも切れることなく使えて非常に便利でした。ただ、イヤホンについているシリコンキャップがホールド感を増してしまって外音をほぼ遮断してしまいます。周りの音もある程度聞いておきたい場所もあるので、その点だけは少し残念です。

FREE Xは非常に接続が安定しているイヤホンです。スマホを入れている場所がイヤホンから近いほど混雑する場所でも安定して切れることはありません。そのため、安定した接続と音切れの少なさを取るのなら、非常にお勧めできるイヤホンです。

イヤホン自体のフィット感も良く、落ちにくいように設計されています。人によっては周りの音が完全に遮断されてしまうほど聞こえにくくなる人もいるようです。しかし、十分な遮断性は補償されているイヤホンでもあります。

FREE Xの悪い口コミ

20代会社員

音切れが頻繁

価格の割に非常に良い音質のイヤホンではありますが、正直音切れは頻繁に起こります。ズボンの後ろポケットに入れているので、音切れが起こるのかもしれませんが、正直音切れがほとんどないことはありません。

FREE Xは音切れしにくい接続の安定性を誇るイヤホンではありますが、そうした安定性はイヤホンとスマホの距離感によって違います。多少距離がある場合には音切れが頻繁になり、途切れることも多いです。

しかし、スマホを胸当たりのポシェットに入れるのであれば音切れも非常に少なくなります。毎日混雑する場所に必ず足を運ぶ人であれば、スマホを入れる場所を気を付けなければ音切れが頻繁に起こることになります。

水川 エイミ

接続の安定性はワイヤレスであれば非常に重要視するところですから、安心感もありますね。

黒川 ミカ

価格も検討しやすいのがいいですね!

ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリット

メリット
  • 断線しない
  • タッチノイズがない
  • 軽量で小型
メリット
  • バッテリーのもちが悪い
  • 専用ケースを持ち歩かないといけない
  • 無くすリスクが高い

ワイヤレスイヤホンのメリット

断線しない

有線のイヤホンを使っていると、左右のどちらかが聞こえなくなったり、低音が聞こえなくなったり、高音が聞こえなくなったり、ボーカルが聞こえなくなったりと様々な不具合が出てきます。しかも予兆がなく突然やってくるので、出先で困ったなんてこともありますよね。イヤホンジャックにしっかりと接続できていなかったり、汚れが溜まっているなどの理由もありますが、断線が原因のことが多いです。

断線してしまうと自分で修理するのは困難です。しかもメーカー修理に出したとしても直る保証はありません。そのため、買い替える人が多いです。物によってはワイヤレスイヤホンより安価ですが、度々買い替えをしていると、気づいたらワイヤレスイヤホンが買えてしまうくらいの出費をしているかも知れません。

一方、完全ワイヤレスイヤホンは、コードがないので断線の不具合は全く発生しません。つまりイヤホンの不具合の原因の大半を回避できます。

水川 エイミ

ワイヤレスイヤホンは、断線のリスクを回避できるのですね。

黒川 ミカ

そうですね。故障によって買い替える頻度が低くなるので、コストパフォーマンスが良くなります

タッチノイズがない

有線のイヤホンを使っていると、「ガサガサ」「ゴソゴソ」と雑音が聞こえてくることがありますよね。これはタッチノイズという現象で、服やカバンにコードが擦れるのが原因で発生する雑音です。このタッチノイズが特に気になるのは、運動をしているときです。ジョギングやジムでのトレーニング中に雑音があると集中しにくくなります。

一方、完全ワイヤレスイヤホンは、コードがないのでタッチノイズは一切発生しません。スポーツ用にイヤーパッドを用意してくれているメーカーもあるので、ズレにくく快適にスポーツを楽しめます。さらに防水機能がついて、汗で濡れても壊れにくくなっているモデルもあります。このように完全ワイヤレスイヤホンは、スポーツをする人にもおすすめです。

水川 エイミ

雑音がなく、音楽を楽しめるのはとても良いですね。

黒川 ミカ

スポーツ中に雑音で不快な思いをしていた方には、朗報ですね!

軽量で小型

構造上、有線イヤホンは、イヤホン本体・コード・接続端子などの部品が、ワイヤレスイヤホンに比べて多くなります。そのため、どうしても重くなりますし、かさばります。長時間つけていると、重さによって耳が痛くなることがあります。またかさばることで、カバンの中で何かに引っ掛かって、断線の原因になります。

しかしながら、完全ワイヤレスイヤホンはイヤホン本体のみなので、軽くて小型で着用感が良いです。小型で軽量なことを売りにしているモデルでは、指先と同じくらいの大きさです。長時間つけていても痛くなりにくく、かさばらず邪魔になりません。

水川 エイミ

指先ほどの大きさのイヤホンがあるなんて驚きですね。つけていることを忘れてしまいそうです!

黒川 ミカ

そうですね。軽量化、小型化はどんどん進んでいくでしょう。

ワイヤレスイヤホンのデメリット

バッテリーのもちが悪い

完全ワイヤレスイヤホンは、イヤホン部分にBluetooth接続用のモジュールやスピーカーなど全ての機能が内蔵されています。そしてBluetooth接続する為には、イヤホン側にも電源が必要です。小型になればなるほどバッテリーの容量は小さくなります。そのため、モデルによって異なりますが、平均で3〜5時間程度しかバッテリーがもちません

専用の充電ケースに入れて充電をすれば回復はしますが、再充電が終わるまで使えません。聞きたいときにバッテリーが切れてしまったという失敗は多くなると思います。急速充電が可能なモデルもありますので、使用頻度が高い方はそのようなモデルを選ぶと良いでしょう。

水川 エイミ

完全ワイヤレスイヤホンには、充電が必要なんですね。気をつけます。

黒川 ミカ

3〜5時間再生が可能ですが、聞かないときには充電してバッテリー切れを防ぐようにしたいですね。

専用ケースを持ち歩かないといけない

完全ワイヤレスイヤホンは、大抵の場合、専用ケースに格納すると充電ができます。しかし平均で3~5時間しか持たないバッテリーなので、通勤時間や仕事中にも聞く場合、夕方にはバッテリー切れの可能性が高くなります

そのため、ケースを持ち歩かなければいけません。また仕事中や移動中にバッテリーが切れた場合には、充電している間は、音楽を聞けなくなってしまいます

またケースも充電式になっているので、充電を忘れないようにしましょう。ケースのバッテリーがないと、イヤホン本体の充電もできなくなってしまいます。

水川 エイミ

ケースを持ち歩く必要もあるのですね。

黒川 ミカ

そうです。しかし常にカバンも持ち歩いている人であれば、大きなデメリットにはなりませんね。

無くすリスクが高い

完全ワイヤレスイヤホンは、小型で軽量なのがメリットです。しかし小型で軽量なことで、移動中に落としてしまったり、洗面台やトイレに落としてしまったり、水没させてしまったりと紛失や水没のデメリットは出てきてしまいます。そういったリスクを回避する為に、GPS機能がついていて、紛失してしまったときにスマホで探せるモデルだったり、防水機能付いているモデルなどが発売されています。完全防水で、水中でも使えるモデルまであります。

しかしこのようなデメリットを回避するには、個人の意識の問題で解決することが多いです。例えば「聞かないときには必ずケースに格納する」「水場には付けていかない」など無くさないようにするルールを決めて、それを守るようにしましょう。

水川 エイミ

小型で軽量なデメリットもあるのですね。

黒川 ミカ

そうですが、きちんと管理をすれば、このデメリットも小さくできますね。

ワイヤレスイヤホンの選び方・基準

ユーザーが選んだ【商品名を入力】の選び方
  • 価格で選ぶ
  • 音質で選ぶ
  • バッテリーの持続時間で選ぶ
  • 機能で選ぶ
  • 着け心地で選ぶ
  • デザインで選ぶ

ここまでワイヤレスイヤホンのメリットとデメリットを紹介してきました。メリットとデメリットは分かったけれど、何を選べば良いのか分からないと思います。なぜなら、完全ワイヤレスイヤホンの種類は無数にあるからです。

それぞれメーカーが特徴を出して作ってはいますが、見た目ではほとんど変わらない為、違いが分かりにくいです。詳細のスペックを見ても専門用語がたくさん書いてあって、何が良いのかも分からないと思います。頑張って調べなくても良いイヤホンを手に入れたいですよね。

ここからは、そんな方の為に分かりやすく6つのポイントを紹介していきます。このポイントを参考にすれば、あなた好みのイヤホンを見つけられるでしょう。

価格で選ぶ

買い物をするにあたっては、やはり価格が気になりますよね。ワイヤレスイヤホンの価格は、かなり幅があります。安いものだと、2,000円程度からあります。高いものになると、50,000円以上するものもあります。そんな中から選ぶのは、なかなか難しいと思います。

悩まないようにする為に、使い方をしっかりとイメージして予算設定をすると良いでしょう。例えば通勤中のみなど軽めに使うのであれば、音質のこだわりやバッテリーのもちなどを気にせず、安いモデルを選ぶと良いでしょう。逆に音質にこだわったり、長時間使用する機会が多かったり、ブランド志向の方は、高品質の値段の高いモデルを選ぶようにしましょう。

音質で選ぶ

音楽を聴くときに気になるのは、音質ですよね。ワイヤレスイヤホンは、一般的にBluetoothという接続方法で端末から音楽を受信するので、受信機器のスペックが音質に影響を及ぼします。スピーカーそのもののスペックも、もちろん音質の良さを左右します。

音質にこだわる方は、10,000円以上の商品を選ぶと良いでしょう。このくらいの価格になると、Bluetooth機器のスペックも、スピーカーのスペックも高品質である傾向にあります。その中で好みの音質を見つけたい方は、家電量販店などで試聴するのもおすすめです。また完全ワイヤレスのヘッドホンタイプもあります。イヤホンタイプよりも大きく作れる為、Bluetooth機器、スピーカーともに高スペックであることが多いです。そのため、ヘッドホンタイプの方が比較的音質が良い傾向にあります。

バッテリーの持続時間で選ぶ

完全ワイヤレスイヤホンは、バッテリー式の為、充電が必要になります。イヤホンは携帯電話と同様にほぼ毎日使うものですので、充電回数は少ない方がストレスは少ないですよね。そのため、短時間の充電で長時間聴けるモデルを選ぶのをおすすめします。いわゆる急速充電という機能で、およそ5,000円以上のモデルから搭載されている傾向にあります。

また充電方式もイヤホンに直接充電するモデルや専用ケースに入れて充電するモデルやワイヤレス充電をするモデルもあります。方式によって優劣はほとんどありませんが、ほぼ毎日使うものだからこそ、あなたにとって使いやすいかどうかの観点もあわせて選ぶようにしましょう。

機能で選ぶ

ワイヤレスイヤホンを発売しているメーカーはとてもたくさんあります。その中で特色を出す為に、メーカー独自の機能が搭載されているモデルがたくさんあります。

例えば、無くしてしまったときに役立つ、GPSでイヤホンの場所を探知できる検索機能や、スキューバやプールでのエクササイズなどの時に便利な完全防水機能や、周りの雑音を聞こえなくしてくれるノイズキャンセル機能などです。

何の機能もないイヤホンを使っていて「もっとこうだったらいいのに」と思ったことのある人は、その不満を解消してくれるような機能は必ずあると言っても過言ではないくらい、たくさんの機能が搭載されています。どのような機能が欲しいのかしっかりとイメージして選ぶと失敗を防げるでしょう。

着け心地で選ぶ

完全ワイヤレスイヤホンと言っても、モデルによって着け心地は大きく違います。

最も違う点は、形状です。大きく分けてインナーイヤー型とカナル型が主流になっています。インナーイヤー型は、耳に引っ掛けるようにつけるので、カナル型より耳への負担が少ないところが最大のメリットだと思います。また周りの音が聞こえやすいので、車や自転車の接近に気づけるメリットもあります。カナル型は、耳の中にすっぽりと入れ込むタイプなのでインナーイヤー型より遮音性に優れています。また耳に密着するように着けられるので、インナーイヤー型よりも外れにくいのもメリットです。

さらに意外と大切なのは、イヤーピースの素材です。メーカーや素材によってかなり着け心地は変わってくるので、家電量販店などで実際に試してみるのをおすすめします。

デザインで選ぶ

イヤホンは、ほとんど毎日使うものなので、お気に入りのものを使いたいと思います。特に女性の方は、デザイン性も無視は出来ないですよね。

使っている素材だけで見ても、金属やシリコン、プラスチック、布地などかなりの種類があります。素材によって音質や着け心地に多少の影響はありますが、基本的に見た目で選んで問題はありません。またカラーリングや柄も蛍光色、キャラクターのプリントやアーティストのコラボデザインなど様々です。

このように音質や機能ではなく、個性を感じられる部分を大切にして選ぶのも楽しみになります。あなたの好みにマッチするイヤホンを見つけたときの喜びは大きくなります。

水川 エイミ

この基準を参考にすればそこまで迷わずに選べそうです。

黒川 ミカ

そうですね。早速選んでみてください。

ワイヤレスイヤホンに関するよくある質問を編集部が解説!

Q1.デバイスに接続するのは簡単ですか?

はい。設定方法はメーカーやモデルによって違いはありますが、説明書を少し読めば誰でも接続設定ができます。

水川 エイミ

接続設定は簡単なのですね。

黒川 ミカ

そうですね。イヤホンの電源を入れると自動的に接続設定をしてくれるモデルもあります。

Q2.壊れたら修理してもらえますか?

はい。先ほど紹介したようなきちんとしたメーカーであれば、買ってから1年くらいは保証期間ですので、新品交換や無料で修理してくれます。しかし保証書を無くしてしまうと保証してもらえませんので、必ず保管しておきましょう。

水川 エイミ

保証してくれるなら安心ですね。

黒川 ミカ

そうですね。いざというときの為に、保証期間と内容をしっかりと読んでおきましょう。

Q3.イヤホンをしたまま通話はできますか?

はい。リモコンとマイクを搭載しているモデルであれば通話は可能です。完全ワイヤレスイヤホンであれば、片耳だけから音声を出すことも可能です。

水川 エイミ

通話もできるなんて便利ですね。

黒川 ミカ

車の運転中など手が離せないときに重宝しますね。

Q4.高価なモデルの方が良いものですか?

いいえ。デザインや音質は人それぞれ好みが違います。そのため、高価であれば良いという判断は出来ません。色々調べてお気に入りのモデルを選ぶと良いでしょう。

水川 エイミ

高ければ良いというものではないのですね。

黒川 ミカ

その通りです。好みに合っているモデルを選んでください。

Q5.ユーザーの感想を聞けますか?

はい。通販サイトでクチコミを確認するのが良いです。ユーザー目線の貴重な意見を得ることができます。またクチコミの多い商品は人気があるともいえるので、参考になります。

水川 エイミ

クチコミの意見は大切なのですね。

黒川 ミカ

良い点も悪い点も確認できるので、見ると良いでしょう。

あなたに合ったワイヤレスイヤホンを選びましょう

ここまで色々なポイントやおすすめ商品を紹介してきました。ここで紹介できたのは、ほんの一部です。

イヤホンを使うのは、あなた自身です。そのため、あなたが気に入ったものを買うのが大切です。気に入っていれば、愛着が湧いて大切に使えますよね。一番大切なのは、どのように使うのかをしっかりとイメージして、ぴったりのイヤホンを選ぶことです。

ぜひ参考にあなたにとって最高のイヤホンを見つけてください

水川 エイミ

とても参考になりました。ありがとうございます。

黒川 ミカ

これで迷わずぴったりのイヤホンを見つけられますね。

関連記事