その他アイテム

バイノーラルイヤホンのおすすめ人気ランキング15選!

バイノーラル作品に最適なイヤホン事情

その場にいるような臨場感が楽しめると近年話題のASMR動画バイノーラル録音。どんなイヤホンで聞くとより楽しめるのか知りたいところですよね。以前はバイノーラル録音に使われるダミーヘッドがとても高価であるため、プロフェッショナルな現場での利用がほとんどでした。最近は安価な録音機が出てきており、それに伴い色々なジャンルのバイノーラル作品が出てきています。

バイノーラル録音だと、自然音・旅先の街の音・インタビューの録音・趣味で聞くタッピングサウンドや囁き声等が、まるで今その録音の場にいるようにリアルな臨場感で聞こえてきます。そんなバイノーラル作品を聞くのに最適なイヤホンをここでは詳しくみていきましょう。同じ音源でもどんなイヤホンを使うかで聞こえ方が変わってくるので、あなたの好みのイヤホンがみつかるといいですね。

水川 エイミ

バイノーラル作品の臨場感を体験してみたいです。どんなイヤホンが向いているのでしょうか?

黒川 ミカ

今日はバイノーラル作品にピッタリのイヤホンを一緒にみていきましょう!

バイノーラルイヤホンの有名メーカー・ブランド

SHURE ZERO AUDIO MUIX BOSE Etymotic Researh 茶楽音人
アメリカの老舗メーカー イヤホンに特化した国内新興メーカー 韓国のメーカーの自社ブランド 世界的に業界をリードするアメリカのメーカー 補聴器も製造するアメリカのメーカー 国内の新進気鋭ブランド


Shureは、イヤホンのケーブルを耳の後ろに回して装着する「シュア掛け」の元祖です。スケルトンの外観と性能の高さに人気があります。原音を忠実に再現できるところに魅力があります。

ZERO AUDIOは、イヤホンとアクセサリのみの商品ラインナップで、安価でありながら高音質を実現しコスパの高さに魅力があります。国内メーカーで保証期間もあり安心ですね。

MUIXは、韓国のiSOUNDが手掛ける自社ブランドです。iSOUNDは世界のイヤホンブランドのOEM製造を行っていて、ノウハウが豊富にあります。お手頃価格で高音質を実現するブランドです。

BOSEは、世界の音響機器業界をリードするメーカーです。重低音に魅力があり、ノイズキャンセリングの性能の高さは有名です。

Etymotic Researhは、補聴器の開発・製造も手掛けており、声の再生が得意で解像度の高さに定評があります。

茶楽音人(さらうんど)は、特徴のあるイヤホンの形とユニークなブランド名の新進気鋭の国内ブランドです。リーズナブルなお値段で質の高い音を実現し、カワイイ見た目も魅力的です。

水川 エイミ

イヤホンのメーカーは多種多様ですね!

黒川 ミカ

そうですね!それぞれに強みがあるので、商品ラインナップもチェックしてみましょう。

バイノーラルイヤホンのおすすめ人気ランキング15選

比較要素 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 11位 12位 13位 14位 15位
商品画像 Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones - Apple devices ノイズキャンセリングイヤホン ブラック ZERO AUDIO インナーイヤーステレオヘッドホン カルボ バッソ ZH-DX210-CB ソニー SONY イヤホン MDR-NW750N : ノイズキャンセリング機能搭載ハイレゾ対応ウォークマン専用 カナル型 ブラック MDR-NW750N B オーディオテクニカ インナーイヤーヘッドホン シャンパンゴールド ATH-CKR50 CG 【国内正規品】 MUIX Hi-Fiイヤホン IX3000 ブラック IX3000-BK 【国内正規品】Etymotic Research カナル型イヤホン BA型 ER3SE ER3SE ONKYO E700M イヤホン カナル型/ハイレゾ対応 ブラック E700MB 【国内正規品】 SHURE イヤホン SEシリーズ SE215 カナル型 高遮音性 Special Edition トランススルーセントブルー SE215SPE-A 【国内正規品/メーカー保証2年】 茶楽音人 ハイレゾ対応 ダイナミック密閉型カナルイヤホン Co-Donguri Brass Noir (ノアール) エレコム ステレオイヤホン Knowles社製バランスド・アーマチュア型ドライバ シルバー EHP-BS100SV WINTORY BA-T6 イヤホン イヤホンマイク イヤフォン ハイレゾ 高音質 マイク付き 重低音 有線 カナル型 hi-res 遮音 通勤用 ゲーミング 携帯 スマホ pc ウォークマンなど対応 リモコン付き レッド BA-T6 JVC カナル型イヤホン XXシリーズ ハイレゾ対応 重低音 ブラック HA-FX99X-B パイオニア Pioneer SE-CH9T イヤホン カナル型/ハイレゾ対応 ブラック SE-CH9T-K 【国内正規品】 ZERO AUDIO ハイレゾ音源対応 カナル型イヤホン DUOZA ZH-DWX10 パイオニア Pioneer SE-CH3T イヤホン カナル型/ハイレゾ対応 レッド SE-CH3T(R) 【国内正規品】
商品名 QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones ZH-DX210-CB MDR-NW750N ATH-CKR50 CG Hi-Fiイヤホン IX3000 ER3SE E700M SE215 Co-Donguri Brass Noir EHP-BS100SV BA-T6 HA-FX99X-B SE-CH9T DUOZA ZH-DWX10 SE-CH3T
価格 ¥29,160(税込) ¥2,980(税込) ¥12,900(税込) ¥3,895(税込) ¥3,261(税込) ¥16,300(税込) ¥19,700(税込) ¥11,226(税込) ¥3,732(税込) ¥7,980(税込) ¥2,990(税込) ¥8,455(税込) ¥7,513(税込) ¥7,579(税込) ¥2,648(税込)
メーカー・ブランド Bose ZERO AUDIO SONY Audio Technica MUIX Etymotic Research ONKYO SHURE 茶楽音人 ELECOM WINTORY JVCケンウッド Pioneer ZERO AUDIO Pioneer
総合評価
商品の特徴 遮音性が高くボーズならではの本格サウンドを再生 豊かな重低音と澄んだ中高域再生を実現する 小型高感度ハイレゾリューションオーディオ 優れた装着性と高い遮音性を両立したプロダクトデザイン 低域と高域のバランスを重視したHi-Fi系のイヤホン 高い解像度と驚異的な遮音性を存分に発揮 繊細な音を再現するプレミアムクオリティのハイレゾ対応モデル 厚みのある低域を備えた高音質なディテールサウンドを提供 不要共振を抑制して引き締まった低音ナチュラルな響きを実現 透明感と広がりのある瑞々しいサウンドを実現 高・中・低三音域が非常にバランス良く実現 ハイレゾ音源の再生に対応し高解像サウンドを実現 低域から伸びのある高域まで広帯域再生を実現 ハイレゾ音源を忠実かつ臨場感豊かに余すところなく再生 躍動感のある低域再生を実現

バイノーラルという、まさにその場にいて聴いているのと同じように聞こえる録音方法に使うとあって、非常に音質の良いものが人気です。本格的なサウンドに近いものから、音域の再生能力に長けたものがランキングの上位に入ります。

より臨場的に聞こえる音楽を楽しむこともできるので、オーケストラや映画などに使用するのもおすすめです。せっかくのバイノーラルですので、よりそれを実感しやすい、良いイヤホンを選べるようランキングを見てみてくださいね。

水川 エイミ

バイノーラルという録音方法だからこそのランキングですね。

黒川 ミカ

高音から低音まではっきりと聞けるものが上位を占めています。普段使いにしても性能の良さがわかりやすいですよ。

1位.QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones

1位
編集部おすすめ商品
価格が安い 2万円越えの高額商品。
使いやすい種類 インナーイヤー型の使いやすい種類。
低音から高音まで聞きやすい 低音から高音まで幅広くしっかりと聞くことができる。
用途に合う 普段使いからバイノーラルのためのイヤホンまで非常にマッチする。
デザインが優秀 スポーティーで使いやすいデザイン。
ノイズキャンセリング機能がある ノイズキャンセリング機能がついている。

大迫力の高音質と静かなまでのノイズキャンセリング

非常に高性能なノイズキャンセリング機能と、音質の良さがマッチしている製品です。ノイズキャンセリング機能は使用すると普段の雑音の多さを実感できるほどの静かさを体感できます。

周りの音を極力排除しつつも、マイクのボタン一つで周囲の音も拾うことができるのです。そのため、通勤や通学の最中にも事故などに合う確率を少しでも低くできます。どこでも大迫力の音楽を楽しめる製品です。

QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphonesの良い口コミ

20代会社員

鳥肌が立つほどの大迫力

映画やライブ盤のDVDなどを見るのに非常に重宝しています。まるで映画館やライブ会場で聞いているかのような大迫力は時折鳥肌が立つほどです!普段使いのイヤホンとしても文句なしの製品ですよ。

非常に良い高音質がノイズキャンセリング機能の高さも相まって、まるでその場にいるかのような迫力で聞くことができます。映画やライブのDVDやブルーレイなども、まさにそこにいて生で聞いているかのような迫力です。

そのため、普段使いのイヤホンとしての性能も言うまでもありません。この音質を知るともうほかのイヤホンを使えない、という人すらいるほどです。価格は少し高いものの、音質以外の性能も非常に充実しているので、満足することなしのイヤホンになります。

QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphonesの悪い口コミ

20代大学生

余裕があるときに購入したほうが良い

学生だと、2万円をイヤホンのために使うのには非常に勇気がいります。品質は確かで買って後悔することも少ないでしょうが、お金の出費に関しては少し後悔しているところがあります。急なお金の入用なども考えると少し余裕のある時に購入することをお勧めします。

イヤホンの中にはワイヤレスなどをはじめとした、非常に高額なものもあります。3万円や4万円など、イヤホンにこれだけ出費するのかと思わせるような価格のものが多いです。そして、非常に性能や音質が良いなどの条件が整うほど高額にもなっていきます。

このQuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphonesはその条件を達しやすいイヤホンでもあります。価格も非常に高額な部類に入るので、性能は良いもののその分価格の面で悩むことも多いです。特に収入が不安定な人にとっては手を出しにくいイヤホンになります。

水川 エイミ

これほど高性能な音質とノイズキャンセリング機能を実感できるイヤホンはそうないですよ!

黒川 ミカ

まるで周りが静まり返ったかのような環境で、大迫力の音質を楽しめます。

2位.ZH-DX210-CB

2位
編集部おすすめ商品
価格が安い 3,000円程度で買える、安価なイヤホン。
使いやすい種類 使いやすいインナーイヤー型。
低音から高音まで聞きやすい 低音から高音までしっかり聞ける。
用途に合う 有線のため、電話などには出られない。
デザインが優秀 すっきりとしたシンプルで使いやすいデザイン。
ノイズキャンセリング機能がある ノイズキャンセリング機能はなし。

有線の安さと高音質

ZH-DX210-CBは有線イヤホンになるため、スマホなどのプレーヤーに直接差し込んで使用するものになります。ワイヤレスのように多機能性ノイズキャンセリング機能はついていないものの、その分音質は最高のものです。

安さと高音質を両立させるのであれば、有線イヤホンが一番になります。安価で手に取りやすいうえ、品質は◎なので、音楽鑑賞のみが目的なのであれば十分候補に入る製品です。古いデジタルデータでも問題なく聞くことができます。

ZH-DX210-CBの良い口コミ

20代会社員

人混みでも鮮明に聞こえる

毎日通勤の際に使用していますが、音質が本当に良くて、人混みの中でもしっかりとボーカルも鮮明に聞こえます。毎日の音楽鑑賞にはもう欠かせないイヤホンになっています。

有線イヤホンの良いところは、人混みWi-Fiスポットなどのワイヤレスでは音切れや音飛びが発生する場所でも十分に音楽を楽しめることです。問題なく高音質のまま音楽を聴き続け、音飛びや音切れに悩まされることがありません。

高音質であればその分音がしっかりと聞き取りやすいように設計されているため、ノイズキャンセリング機能が無くても十分聞けます。人混みの多い場所でも多少音量を増減させる程度で音楽を聴き続けられるのです。

ZH-DX210-CBの悪い口コミ

20代会社員

絡まり、ぐちゃぐちゃになる

有線イヤホンだから仕方ないのですが、やはりケーブルが非常に邪魔だと感じることがあります。コートのすそや腕に引っかかったり、カバンの中にしまっておくとぐちゃぐちゃに絡まったりもします。こういった時には有線が困ると感じます。

ZH-DX210-CBは有線イヤホンですので、音質は非常に良いのですがコードでのトラブルが良く起こります。コードが仕舞い方によっては絡まり、動きなどによっては腕や服のすそにも引っかかるのです。スマホなどの取り方によってはカバンの取っ手に引っかかることもあります。

こうした有線だからこそのトラブルや悩みを抱えやすくなるのもデメリットの一つです。毎日使うからこそ快適さを求める人も多いので、コードの長さなどによっては不快感を感じることもあります。

水川 エイミ

有線独特の音質の良さは外せませんね。バイノーラルにも十分通用します!

黒川 ミカ

音質の良さはノイズキャンセリング機能いらずでもあるので、人混みなどでも問題なく使えるのが良いですね。

3位.MDR-NW750N

3位
編集部おすすめ商品
価格が安い 12,000円程度の少し悩む価格。
使いやすい種類 ノイズキャンセリング型のカナルイヤホン。
低音から高音まで聞きやすい カナル型でも十分聞くことができる重低音。
用途に合う 普段使いまで使用できる。
デザインが優秀 シンプルできれいな白と黒のカラー。
ノイズキャンセリング機能がある ノイズキャンセリング機能搭載

ノイズキャンセリング機能が自動選択される

MDR-NW750Nは使用しているとノイズキャンセリング機能が自動選択されるイヤホンです。装着して電源をいれるだけで周囲の雑音を一切除去してしまいます。そのため、高音質を保ちながらより音楽に集中して楽しむことができるのです。

さらに、このMDR-NW750Nは音質のバランスが良いので、どんな曲でも楽しむことができます。安定した聴き心地と音質で、さらにハイレゾのイヤホンですので、よりバイノーラルの音質を実感することが可能です。

MDR-NW750Nの良い口コミ

30代会社員

こんなに綺麗に聞けるのだなと感じる

ウォークマンを使用している人にはぜひ使ってみてほしいと感じるイヤホンです。毎日使っているとノイズキャンセリングによって雑音などに困ることなく聞けている音質の良さに気づきます。こんなにも綺麗な音楽だったんだなとしみじみ思いながら聞いています。

MDR-NW750Nはノイズキャンセリング機能によって音を綺麗に聞き取ることができるイヤホンでもあります。自動選択されるため、手間もなくそのまま使うだけで大丈夫というのも人気の理由の1つです。

接続の手間のほか、価格の面でも非常に優秀なイヤホンですので、音質の良さを重視するのであれば、この商品は特におすすめです。毎日の音楽をよりバイノーラルのような音質で聞きたいのであれば、選んでみても後悔はないでしょう。

MDR-NW750Nの悪い口コミ

20代会社員

耐久度と装着感に不満と不安

ケーブルの耐久度と装着感に少し不安があります。固めのケーブルですし、音も聞こえにくいことがあるのでそちらも多少不満ではありますが耐久度と装着感のほうが不安と不具合ばかりです。対応機種が多く装着感はそれほど良くありませんし、ケーブルも意外とボロボロになりやすいです。

MDR-NW750Nのお値段は少し高価ですが、検討することができる範囲のお値段です。対応機種もかなり多いのですが、その分装着感が非常に不安定に感じることも多くなります。

ケーブルも固めではありますが、強度がそれほど強いものではないので、使い方によっては簡単にボロボロになってしまうのです。毎日の使い方を振り返って、少し乱暴だと思っている人の場合は購入後の使い方を考えることがおすすめされます。

水川 エイミ

12,000円でこのクオリティは十分お得ですね!

黒川 ミカ

対応機種も多いので、自分の使用するプレーヤーやスマホが対応している可能性は非常に高いですよ。

4位.ATH-CKR50 CG

4位
編集部おすすめ商品
価格が安い 3,000円代で購入可能。
使いやすい種類 装着のバランスの良いインナーイヤー型。
低音から高音まで聞きやすい 伸びやかな低音まで聞こえる。
用途に合う 普段使いにも最適なイヤホン。
デザインが優秀 シンプルでシャンパンゴールドのイヤホン部分が特徴。
ノイズキャンセリング機能がある ノイズキャンセリング機能はなし。

伸びやかな低音まで聞こえるアコースティック向け

ATH-CKR50 CGは楽器の低音までしっかりと聞くことができるイヤホンです。骨格もしっかりとしていてぼやけていないので、繊細な音が多い楽曲にも使用することができます。

特にアコースティック系の楽器には相性が良く、伸びやかな低音や細やかな高音に至るまできちんと聞き届けられるのです。このイヤホンを持っていると毎日曲を聴くのが楽しみになるという声も聞かれます。

ATH-CKR50 CGの良い口コミ

30代会社員

断トツで音が良い

クラシックが好きで、イヤホンを使って毎日通勤中に聞いているのですが、今までのイヤホンの中で断トツで音が良いのがこのATH-CKR50 CGです!目の前、とは言いませんが少し遠めの客席から聞いているような鮮明さに毎日の通勤が楽しみになっているほどです。

ATH-CKR50 CGはクラシックやジャズなどの音楽と相性が良く、演奏によっては聞き取りにくい音までしっかりと聞くことができます。音も激しく響くのではなく、透明感のある響き方をするので、負担に思うことも少ないです。

インナーイヤーという装着感のバランスも良い型のイヤホンでもあるので、圧迫感なども感じにくくなっています。長時間つけても疲れにくい人も多いのも、人気の理由の一つです。

ATH-CKR50 CGの悪い口コミ

40代会社員

片方が聞こえない

購入して1か月半ごろに片方だけが聞こえなくなってしまいました。私としては高音も少しうるさく響くような感じがして、耳も痛いです。価格が安価なものなので、まあこんなものだろうと思っています。

ATH-CKR50 CGの低評価の意見で多いのが、片方のイヤホンが聞こえなくなったという意見です。コスパ的には非常に優秀ではありますが、その分耐久性には優れていないという一面もあります

片方のイヤホンが聞こえなくなる時期や期間は個人差があるものの、早い人では1か月程度から2か月程度で片側だけが聞こえなくなるようです。扱いの問題か、不具合なのかはメーカーに問い合わせる必要があります。しかし、ある程度のトラブルは承知で購入を検討しなければなりません。

水川 エイミ

価格面でも優秀で、音質も優れているのなら安く買いたい人にはうれしいイヤホンですね!

黒川 ミカ

付け心地も悪くないインナーイヤー型なので、使いやすいと思う人も多いでしょう。

5位.Hi-Fiイヤホン IX3000

5位
編集部おすすめ商品
価格が安い 3,000円代で購入可能。
使いやすい種類 耳に入れこむカナル型。
低音から高音まで聞きやすい 高音が非常に聞き取りやすいが、低音は個人差がある。
用途に合う 普段使いにも問題ないリモコン付き有線イヤホン。
デザインが優秀 シンプルで飾り気のないデザイン。
ノイズキャンセリング機能がある ノイズキャンセリング機能はなし。

原音をそのまま聞ける原音サウンド

Hi-Fiイヤホン IX3000は低音と高音それぞれのバランスが非常によく聴きやすいイヤホンになります。音質もよく、基本的に原音そのままを聴くのに近い状態の音で楽しむことができるのです。

価格帯も非常に安価で、有線でリモコン操作による操作性とほぼ原音の音質を選ぶときにはまず間違いのない製品です。シンプルで飾り気のあまりないデザインではありますが、その分男女ともに使いやすく、ファッションを選びません

Hi-Fiイヤホン IX3000の良い口コミ

20代会社員

バランスの良い音質

低音の厚みはそれほど感じませんが、非常によくまとまった音質のバランスをしていると感じます。特化しすぎて聴きにくいのも嫌なので、私としてはこのイヤホンで非常に満足です。リモコンで軽く操作して電話などにも応対できるので、外回りの際にも使用しています。

Hi-Fiイヤホン IX3000はその前の製品であるIX1000と比べてみると、低音と高音のバランスが良く、聴きやすくなっています。バンドのインパクトからボーカルの高音に至るまで聞き取れるため、普段使いとしてはコスパも含めて十分優秀です。

また、リモコンの操作性も合わせると非常に楽に操作して音楽を楽しめる製品になっています。コスパも含めて操作性と音質の良い製品を選ぶのなら、十分候補に入り、検討する価値のあるイヤホンです。

Hi-Fiイヤホン IX3000の悪い口コミ

30代会社員

耐久力が弱い

コード部分が以前断線して買い替えることになったので、今回はきしめんタイプと呼ばれるL字型のフックのHi-Fiイヤホン IX3000を選んでみましたが、また簡単に断線しました。おそらくコードがそれほど強いものではないのだと思いますが、もう少し耐久力があればよいなと感じます。

Hi-Fiイヤホン IX3000のイヤホンフック部分は断線にそれなりに強いL字型をしていますが、実は断線などのトラブルの意見が多いです。耐久性はそれほど強いというわけではないので、片耳が聞こえなくなるなどのトラブルの意見もあります。

使い方によっては簡単に断線してしまうことも考えられるのです。そのため、引っ張ったり乱暴に扱ったりなどはしないように気を付けなければなりません。壊れたり断線したりした時には、自分が引っ張ったり力強い扱いをしたりしたかを確認してみましょう。

水川 エイミ

3,000円でまとまりのある高音質が楽しめるのならお得ですね!

黒川 ミカ

音質だけでなく、リモコンで簡単に操作できる操作性の優秀さもポイントですよ。

6位.ER3SE

6位
編集部おすすめ商品
価格が安い 16,000円ほどの高額イヤホン。
使いやすい種類 耳に入れこむカナル型。
低音から高音まで聞きやすい フラットに低音も高音も聴きやすい。
用途に合う 電話などの応対などには使えないが、普段使いには◎。
デザインが優秀 独特のイヤホンチップとシンプルな黒のデザイン。
ノイズキャンセリング機能がある ノイズキャンセリング機能はなし。

音質を追求したい人向け

ER3SEは音質の良さに重点を置き、ノイズキャンセリング機能はないもののそれ以上の遮音性を誇る製品です。ケーブルも取り外しが可能なので、使っていないときなどには取り外して丁寧に保存すれば長持ちします。

低音域はしっかりと出て高音域は突き刺さらないような絶妙な音質を楽しめるイヤホンですので、音質を追求する人からも人気です。イヤホンでより良い音質で曲を聴きたいときには選ぶ人も多いイヤホンになります。

ER3SEの良い口コミ

20代会社員

使って納得

音を鳴らしておくとほぼ外の音が入ってこない遮音性の高さにびっくりです。確かにこれはノイズキャンセリング機能が無くても大丈夫だな、と感心しました。毎日使っていますが、人通りの多い道路や駅などでも雑音が入り込むことはあまりありません。

ER3SEは非常に高い遮音性を持つ製品としても人気です。ノイズキャンセリング機能が無くても確かな遮音性が周りの音を入り込ませません。音楽のみに集中することができます。

人通りの多いところや雑踏としてしまう駅などでも遮音性の高さは変わらないので、普段使いに使用している人も多いです。これまで安価なものを使用していた人などは、まるで靄が晴れたような鮮明な音に驚いたなどの意見をしていることもあります。

ER3SEの悪い口コミ

30代会社員

イヤホンチップが独特

イヤホンチップが非常に独特で、奥まで入れこまないと音が聞こえません。慣れないと非常に使いにくいですし、違和感がすごいです。あまり奥まで入れるのが好きではない人はおすすめできないイヤホンになります。

ER3SEのイヤホンチップは非常に独特な形をしています。ほかのイヤホンチップとは全く違うので、奥まで入れこまなければ音が聞こえてこないのです。3つの段になっているかのような独特さになかなか慣れない人も多くいます。

きちんと入れこまなければ音が聞こえてこない以上、慣れなければならないのですが、違和感が強い人のほうが実は多いです。早々に慣れてしまえるかの個人差によって、使い心地の良さも変わってきます。

水川 エイミ

高音質で遮音性も高いので、普段使いにもおすすめですね!

黒川 ミカ

音質にこだわりのある人はチェックしてみてください!

7位.E700M

7位
編集部おすすめ商品
価格が安い 19,000円ほどの高価格。
使いやすい種類 ハイレゾ対応のカナル型。
低音から高音まで聞きやすい 豊かな低域を持つ低音が聞きやすいイヤホン。
用途に合う 通常のイヤホン以外に、電話応対への切り替えも可能。
デザインが優秀 人間工学に基づいたデザイン。
ノイズキャンセリング機能がある ノイズキャンセリング機能はなし。

癖のない音源で聞きやすい

E700Mは高音質でありながら、癖がなく万人が聞きやすい音質で音楽を聴くことができます。特に中高音は輪郭がはっきりとしているので、ボーカルから楽器に至るまで聞き取りやすいです。

音質の良いイヤホンというのはどこか癖のある音質であることも多いです。低音が良い代わりに高音が突き抜けるようなものであったり、片方が埋もれてしまうこともあります。しかし、癖がないからこそ困ることもなく音楽を純粋に聞きやすくなるのです。

E700Mの良い口コミ

20代会社員

自然で聞き疲れしない音

聞き疲れしない音が聞けるので、長く使用していても負担がないのがいいですね。イコライザなしでも非常に綺麗な音で聞くことができるのもあって、自然な音で毎日音楽が楽しめます。

E700Mは自然で癖のない音が非常に人気のある製品です。長く使っていても聞き疲れせず、ずっと使っていられるという意見も多くみられます。負担がない分毎日使うことに対しても忌避感もなく、通勤や通学にも手軽に使用可能です。

中高音が非常に綺麗に聞こえるので、アーティストや曲などによっては非常に良い音質で聞くこともできます。負担なく、あまり大きな音でなければ音漏れの心配もありません。

E700Mの悪い口コミ

20代大学生

すごく簡単に切れそう

ケーブルが非常に細くて簡単に断線しそうで怖いです。絡まりやすいですし、毎日使うたびに絡まりをほどくのに困っています。下手すると自転車などに乗っていて引っかかった瞬間に切れるかもしれないとも考えます。

E700Mのケーブルはツイストのデザインで作られています。そのため、全体的に細く作られているため、最悪の場合はちょっとした引っかかりが原因で断線する可能性を秘めています。

さらにツイストデザインが相まって、絡まりがひどくなりやすいです。細い分絡まりが非常にこまかくなりがちなので、絡まりをほどくのも一苦労な人も多くなります。自転車などに乗って移動するときなどは、特に気を付けないと絡まりがひどくなる可能性も高いです。

水川 エイミ

安定した聞きやすさと癖のなさが良いですね!

黒川 ミカ

スマホで音楽を聴くときに音をよりよくしたい人におすすめです。

8位.SE215

8位
編集部おすすめ商品
価格が安い 11,000円程度の少し高めの価格。
使いやすい種類 耳に入れこむカナル型。
低音から高音まで聞きやすい 温かみのあるディテールサウンド。
用途に合う 普段使いしやすいイヤホン。
デザインが優秀 透明感のあるカラーデザイン。
ノイズキャンセリング機能がある ノイズキャンセリング機能はなし。

ダイナミックドライバーでより良い低音を

SE215は強化された低音域を兼ね備えているため、低音のベースなどの楽器も非常に良く聞こえます。好きなバンドやボーカルの低い声や音も聞き逃すことはありません。カラーデザインも透明感のある中にさし色が含まれているので、おしゃれに使うことができます。

男女ともに使いやすいカラーで、さらにバリエーションも豊かなのでいつものファッションをよりおしゃれに見せることも可能です。ファッションに合わせて、さらに曲や歌の低音を楽しめます。

SE215の良い口コミ

20代会社員

音質の良さが非常に良い

好きなバンドの曲がベースまでしっかりと聞けるので非常に驚きました。ほかのイヤホンを使って聞いていたのがウソみたいな音質の良さなので、今後もこのイヤホンを使いたいと思っています。

使ってみると、1曲に多くの楽器が使われているほどの音を聞くことができます。1曲1曲の楽器の種類だけでなく、どこに音が入っているのかすらわかりやすいので、より曲を深く楽しめるのです。

音質の良さは折り紙付きですし、遮音性の良さも高い製品なので満員電車などでも問題なく使えるイヤホンなのです。ケーブルもそれなりに丈夫なものが使われているので、断線しないように気をつけておけばかなり長期間使用し続けられます。

SE215の悪い口コミ

30代会社員

ノイズでせっかくの音質が台無し

使っていると接続不良に陥りやすいのが困りものです。音質の良さを買って使い続けていたのですが、ノイズが聞こえることも多いので、せっかくの音質が台無しです。

SE215は有線イヤホンではありますが、接触不良などによるノイズなどのトラブルの意見をよく聞くこともあります。そのほかにも装着感の悪さに関しても意見を聞くことも多いです。

特にノイズに関してはケーブルの部分が回転しやすいのもあって、断線しやすくなる状態に陥ります。そこに引っ張ったりするなど少し力強く手荒に扱うことでより断線やノイズの原因が起こってしまうのです。

水川 エイミ

遮音性と音質の良さが非常に良い、購入も検討しやすい価格のイヤホンですね。

黒川 ミカ

ちょっと高めのイヤホンを使いたいときにはおすすめの製品です。

9位.Co-Donguri Brass Noir

9位
編集部おすすめ商品
価格が安い 3,000円代で購入できる。
使いやすい種類 密閉型のイヤホン。
低音から高音まで聞きやすい 真鍮素材による共振抑制で、クリアできれいな低音が聞こえる。
用途に合う 普段使いであれば問題なし。
デザインが優秀 大人っぽいカラーバリエーションのみ。
ノイズキャンセリング機能がある ノイズキャンセリング機能はなし。

音質の良さとコスパの良さが◎

Co-Donguri Brass Noirは有名な茶楽音人から販売されているイヤホンです。コスパが非常によく、音質も良いこともあってコスパ最強のイヤホンいう意見も聞くほどです。癖も少なく、万人受けしやすい音質ですので、どんな曲でも非常に聞きやすくなります。

低価格の中では特に良いイヤホンとしても知られているほどです。オーディオ機器などによっても音質の良さがさらに良くなる可能性があるので、自分の使用している機器が良いものだと本当に化けます。

Co-Donguri Brass Noirの良い口コミ

10代学生

買って損はない

使ってみると本当に音質の良いイヤホンだと思います。高音から低音までしっかりと聞き取れるので、この価格であれば買って損はないと思います。

Co-Donguri Brass Noirは価格が非常に安価で購入しやすいイヤホンです。学生でも手を伸ばしやすく、音楽を聴くだけであれば持っていて損はありません。はっきりとした音質が非常に評価が高く、聴きやすい癖のなさも人気です。

安価でイヤホンを購入したいときには候補に挙げて損はありません。ケーブルも絡みにくく取り回しがしやすいので使っていてケーブルが気になることも少ないです。学生の通学の際にも使いやすいイヤホンの一つになります。

Co-Donguri Brass Noirの悪い口コミ

20代会社員

音が固め

金属製だからか、どこか音が固めで聞いていて柔らかさを感じません。それ以外のものには特に不満はないので、音がもう少し柔らかければ満点のイヤホンでした。

Co-Donguri Brass Noirは金属製のイヤホンということも関係しているのか、音が固めだと感じる人が多いです。そのため、中には音がきれいに聞こえる範囲とそうでない範囲がはっきりしているという意見も見られます。

音楽によってはある程度の音域が決まっているので、とてもきれいに聞こえる曲と似た音域なら非常にクリアに聞けます。しかし、そうでない音域のものは固い音のほかにボソボソとした音になる可能性もあるのです。

水川 エイミ

クリアな音域とコスパの良さの両立ができるのが良いですね!

黒川 ミカ

価格と音質がどちらも丁度良いものはそうそうないので、かなりお買い得なイヤホンです。

10位.EHP-BS100SV

10位
編集部おすすめ商品
価格が安い 7,000円ほどの購入しやすい1万円以下。
使いやすい種類 耳栓タイプのイヤホン。
低音から高音まで聞きやすい 低音が聞き取りやすく、質感のある音。
用途に合う 音楽を聴くほか、電話の応答なども可能。
デザインが優秀 メタル系の見た目。
ノイズキャンセリング機能がある ノイズキャンセリング機能はなし。

ケーブルの強さで選ぶならこれ

EHP-BS100SVはケーブルの線がほかの製品と比べると強めに出来ています。そのため、多少引っ張ったとしても簡単に切れたりすることはありません。有線イヤホンに取って、ケーブルの強さはかなり重要視することも多いです。

そのため、ケーブルの強いものは使いやすさや長持ちのしやすさにも直結することも珍しくありません。毎日使うことで消耗品にも等しい品にもなるイヤホンですので、長く使うのであればケーブルが強く、切れにくいものを選びます。

EHP-BS100SVの良い口コミ

20代会社員

安心して使える

音量調整が非常にやりやすく、ケーブルの強さも十分です。バタバタと慌てて出かけることもあるので、断線などを起こしやすい扱い方が多い私には、強めのケーブルだととても安心して使えます。

忙しい社会人の中にはイヤホンの付け外しがどうしても雑に行われることも多いです。軽くケーブルを引っ張って、イヤホン部分を抜くという方法で行う人も珍しくはありません。

そうした外し方はケーブル部分に負担がかかりやすく、断線しやすくもなるのです。しかし、ケーブルが強いものになると引っ張って外す際の負担にも普通のケーブルよりもずっと耐えてくれます

EHP-BS100SVの悪い口コミ

30代会社員

ケーブルは強くなく、イヤホンが重たい

ケーブルが強いといいますが、それほど強いものだとは感じません。また、イヤホン部分がどうしても重たくてつけているだけで負担に感じます。耳にもフィットしませんし、それほど使わずに終わりました。

EHP-BS100SVはケーブル部分が強いといわれているものの、一部の人たちにはケーブルの強さを実感できないことも多いようです。また、イヤホン部分がどうしても重たいので耳につけると負担に感じることもあります。

重たいだけでなく、フィットしにくさもあるのでイヤーピース部分を取り替えて使っている人も多いです。耳に負担を感じると、痛みやこすれによる傷も作られてしまいます。毎日使うことで負担をかけないためには、フィットしないものは避けたほうが良いです。

水川 エイミ

ケーブル部分が丈夫だと、安心感もありますね。

黒川 ミカ

イヤホンを使う時には断線することを避けたいと感じられます。少し乱暴に扱いがちな人はこちらの製品がおすすめです。

バイノーラルイヤホンのメリット・デメリット

メリット
  • 価格帯が広い
  • 豊富な種類から選べる
  • 臨場感を味わえる
メリット
  • 実際に試さないと音質が分かりにくい
  • 耳への影響

様々な種類のイヤホンが販売されているので、豊富な種類の中から選べるということが最大のメリットでしょう。低価格でもバイノーラル作品の臨場感をしっかり楽しめるものも出ています。安価だと気軽に購入することもできますよね。

ただ、選択肢が多すぎて迷ってしまうこともあります。さらに、同じイヤホンでも人によって聞こえ方が違う場合もあります。レビューなどを見ても、あるイヤホンが最高だと思う人もいれば、同じイヤホンでもイマイチだと感じる人もいるのです。感覚的なことですし、好みもあるので実際に試してみないと分かりにくいというのがデメリットになります。

バイノーラルイヤホンのメリット

価格帯が広い

リーズナブルなエントリーモデルから高価格のハイエンドクラスまで様々なイヤホンが出てきています。最近のイヤホン業界では安い価格重視のものが多いです。バイノーラル作品専用のイヤホンというものは存在しなく、今お持ちのイヤホンや、スマートフォンに付属のイヤホンでも聞くことは可能です。より高い音質や性能を求めご自分にあったイヤホンを探される場合も、様々な機能と価格帯の中から選ぶことができます。

聞きたい音に合わせてイヤホンを使い分けたり、高性能なイヤホン1つを使いまわしたりするのもいいですね。種類が豊富にあるので、ご自分の予算にあった納得のいくイヤホンをじっくり探してみましょう。

水川 エイミ

価格が安いと、スマホに付属のイヤホン以外にも、新しいイヤホンを試してみたくなります!

黒川 ミカ

そうですね!安くても音質が良いものが出てきています。価格と性能のバランスが取れたものが見つかると良いですね!

豊富な種類から選べる

イヤホンの種類は、耳穴に引っ掛けるように使うインナーイヤー型と耳の中に差し込んで使うカナル型があります。インナーイヤー型は、耳への密着性が低く装着感が軽めで音にも開放感があります。その分雑音が入ってきますし、音漏れの心配があります。

現在主流なのがカナル型で、耳栓のようにイヤホンを耳穴に押し込むようにして装着します。遮音性が高く音漏れの心配はありませんが、周りの音が聞こえにくいので通勤時にはあまりオススメできません。道を歩く際にも車や自転車の音が聞こえないので危険です。音を出す仕組みには、低音がよく響くダイナミック型と、中音から高音のクオリティが高く細かい表現が得意なBA型があります。その他の性能としてノイズキャンセリングBlue tooth対応など様々な種類のものがあり、それぞれに特徴があります。

どんな音をどんなシチュエーションで聞きたいかによって、豊富な種類の中からご自分にあったものが選べます。

水川 エイミ

色々なタイプのイヤホンが出てきているのですね!

黒川 ミカ

それぞれの特徴をチェックして、バイノーラル作品がたっぷり楽しめるイヤホンに出会えると良いですね!

臨場感を味わえる

臨場感が感じられるバイノーラル作品を楽しむためにはイヤホンまたはヘッドセットが必須です。右耳と左耳に聞こえる音を完全に分離することによって音に立体感を出すので、両耳から同じように聞こえてしまうスピーカーでは臨場感は感じられません。

また、遮音性の高いものノイズキャンセリング機能があるものですと、周りの音が聞こえないのでより作品に入り込むことができます。音源によって、どのタイプのイヤホンだとより臨場感が感じられるかが違ってきます。性能や機能は、メーカーのHPから確認できるのですが、実際にどう聞こえるかを知るためには、Amazonや楽天のレビュー口コミをみると情報収集ができます。お好みの音源をスマホに入れて家電量販店イヤホン専門店に行き、実際の装着感と音質を確かめて見ることもおススメです。

水川 エイミ

バイノーラル作品が得意なイヤホンだと、より作品の世界に入り込めるのですね!

黒川 ミカ

そうですね!メーカーのHPや口コミをチェックして、実際お店で試してみるのがオススメです!

バイノーラルイヤホンのデメリット

実際に試さないと音質が分かりにくい

イヤホンによって得意分野と不得意分野があります。また聞こえ方や好みの響かせ方は人それぞれで、自分が望む音質を再現できるかどうかは実際に試してみないと分かりにくい場合もあります。想像していた音と違う!とガッカリしないためにも、実際に視聴してから購入するのがベストです。しかし、お近くに実際試せる家電量販店や専門店がなく、欲しいイヤホンの視聴ができない場合は、Amazonや楽天などのレビュー口コミをチェックしてみてください。

購入したものが、万一気に入らなかった場合は、イヤーピース(カナル型イヤホンの耳に入れる部分)を変えてみるだけで音質が変わってくるので、是非試してみてください。イヤーピースの素材は、ウレタンに変えると装着感が良く、またジェル内蔵タイプですと遮音性が高まるので、バイノーラル作品の世界に入り込みたい時にはオススメです。いろいろ試して是非満足のいくイヤホンをみつけてください。

水川 エイミ

イヤーピースを変えてプチカスマイズできるのですね。

黒川 ミカ

色々試して、お気に入りのイヤホンを見つけてくださいね!

耳への影響

イヤホン全般に言えるのですが、長時間使用は耳の健康にあまり良くありません。大きな音量で長時間使用すると難聴のリスクが高まります。電車の中での使用の際や、バイノーラルの囁き声を聞く際にボリュームをあげがちで、耳への負担がかかります。YouTubeの作品を聞く際には、途中で大音量の広告が入ってびっくりすることもあります。

また特にカナル型は耳の中に入れて使用するので、外耳道を傷つけたり、蒸れることでカビが繁殖したりすることもあります。音量や使用頻度に気をつけて、耳を休める時間を作ることが大事です。ノイズキャンセリング機能が付いているものですと、周りの騒音を消してくれるので音量をあまり上げなくても作品が楽しめ耳への負担も軽減されます。

水川 エイミ

ノイズキャンセリングは魅力的ですね!

黒川 ミカ

そうですね!音のボリュームを上げなくて済むので、音漏れ防止にもなりますね!

バイノーラルイヤホンの選び方・基準

ユーザーが選んだ【商品名を入力】の選び方
  • 価格の安さ
  • イヤホンの種類
  • 音の出し方
  • 用途・目的
  • デザイン性
  • その他の機能

近年新しいイヤホンが続々登場しています。イヤホンを選ぶ際に、ご自分にとって一番の決め手となることは何でしょう?価格重視の方もいれば、身に着けるものですしファッションの一部と考え、デザイン重視の方もいらっしゃると思います。あなたにとっての優先順位を決めた上で、どのような音をどのような場所で聞きたいかと考えるとピッタリのイヤホンがみつかるかもしれません。聞こえ方も、装着感もご自分の好みにあったものを選ぶことが大切です。

価格の安さ

イヤホンは価格帯が非常に広いです。安いものだとパナソニックRP-HJE150やダイソーのイヤホンなど1,000円以下からあります。スマホに付属のイヤホンではなく、初めてのイヤホンを購入される場合は、3,000円前後ですと挑戦しやすいと思います。3,000円前後でも音質の高いイヤホンが出ていて、例えばZERO AUDIO ZH-DX200-CTは、3,000円台とは思えない中高音域の透明感と臨場感には定評があります。女性の囁き声や炭酸水のバイノーラル作品にピッタリと言えます。

一般的に5,000円前後ですと、ハイレゾ対応や高性能なものが出てきます。10,000円前後から高級イヤホンメーカーのエントリーモデルが出てきています。安価なイヤホンの場合にも、イヤーピースを変えるだけで音質がぐっと高くなる場合もあります。

イヤホンの種類

イヤホンの種類は、大きく分けて2種類あります。耳栓のように耳の中に差し込むカナル型は、慣れないと違和感を覚える場合があります。低音に強いものが多く、外部の音が入ってきにくいので、細かい音も聞き取りやすいです。近年ではカナル型が主流になってきています。遮音性が高いので、バイノーラル作品の世界に没頭できるのですが、音場が狭く耳の中でなっている感じもあります。

一方インナーイヤー型は、耳穴に軽くのせるタイプで、高音に強く音に開放感がありますが、その形状上、外部の音も入ってくるので、細かい音が聞きにくく音漏れの心配もあります。音場が広く音を耳の周りにも拡散できるので、より自然でリアルな感じでバイノーラル作品を楽しめます。どのような音をどんな風に聞きたいかは人それぞれですし、聞こえ方も人によって違います。是非両方のタイプをお試しになって好みのものがみつかるといいですね。

音の出し方

電気信号を音に変換するのがドライバーユニットです。ドライバーユニットには、以下の駆動方法がありそれぞれに特徴があります。

ダイナミック型
低音がよく響く。一般的なイヤホンやスピーカーのほとんどで使われている。

BA(バランスド・アーマチュア)型
中音から高音のクオリティが高い。繊細な音にも対応できる。補聴器の技術が応用されていて、声の再生も得意である。20,000円から30,000円以上のハイクラスのイヤホンによく使われている。

ハイブリッド型
ダイナミック型とBA型の両方を搭載するドライバー。全音域をカバー。高価格であり、製品ラインナップは少ない。

一般的にバイノーラル録音を聞く際には、繊細な表現が得意な、BA型の方が向いています。家電量販店やイヤホン専門店で視聴をして、違いを実感してみることをオススメいたします。

用途・目的

イヤホンにはそれぞれ特徴があります。どんなバイノーラル作品を、どんなシチュエーションで聞きたいか考えてみましょう。

一般的にバイノーラル作品には、低音が強いイヤホンや、ドンシャリ(低音と高音が極度に強調されているもの)が強いイヤホン、ロック用のイヤホンは避けたほうが無難です。また作品によっては、空間が感じられるように音場が広く、細かい演技を聞き取れるように解像度が高いものが必要となることもあります。

聞こえ方は、遮音性が高いカナル型で耳の中で鳴っている感じを好むか、インナーイヤー型の開放感があり自然に響く感じを好むのかでお好みの聞こえ方を選んだり、音源や聞く場所によって使い分けたりすることもできます。眠るときに使うのであれば、背の部分が平らで耳が痛くならないタイプがオススメです。

高価格で高性能なイヤホンでも、ご自身にその性能が必要なかったり、あまり違いが分からなかったりする可能性もあります。ご自分の用途・好み・予算のバランスが取れたイヤホンがみつかるといいですね。

デザイン性

イヤホンは日常的に身に付けるものです。性能だけではなく見た目もこだわりたいものですよね。イヤホンのデザインには種類が豊富です。

例えば、qdc ブルーイヤホンNEPTUNE QDC-5915 は、フェイスプレート部に鉱物の1つである雲母を使っており、深い青と淡い青のグラデーションが楽しめる、1つとして同じデザインのものがないイヤホンです。

SHURE SE215SPE-B-UNI-Aは、品質にも定評があり、イヤーピースもトランスルーセントブルーでファッション性が高いです。アーティストもおすすめのブランドで遮音性が高く、バイノーラ作品を楽しむ時にも没頭できます。

茶楽音人 カナルイヤホンCo-Donguri Brass は、ハイレゾ対応のどんぐり形のイヤホンです。装着感が良く遮音性も高いです。カラーバリエーションも豊富で和テイストのおしゃれなデザインはプレゼントにも喜ばれそうですね。

その他の機能

その他の機能として、Bluetoothタイプ有線タイプがあります。有線タイプは、伝送時に音のデーターをカットしないので、高音質であるのが魅力です。デメリットとしては、コードがあるという煩わしさです。Bluetoothのワイヤレスタイプには、右耳のイヤホンと左耳のイヤホンの間をコードで繋いでいるものと、そのコードすらない完全ワイヤレスのものとがあります。

バイノーラル作品を楽しむ際に注目したいのが、ノイズキャンセリング機能です。ノイズキャンセリングとは、騒音と逆位相の音波を重ね合わせることで騒音を消す技術のことで、耳栓のように耳を密閉して騒音を遮断する方法とは異なります。騒音を消し静かな環境でバイノーラル作品を楽しむことができます。

また最近普及してきているCDよりも高音質と言われるハイレゾ音源に対応しているイヤホンもあります。その他、バイノーラル録音が可能なイヤホンもあります。Sennheiser ambeosスマートヘッドセットは、iPhonenに接続することでバイノーラル録音ができます。普通に音楽再生用のイヤホンとしても使えます。

[talk_left text=”音質も大事ですが見た目にもこだわりたいです。”]

[talk_right text=”そうですね。聞こえ方もデザインもご自分の好みにあったイヤホンを選んでくださいね!機能が充実したものも続々出てきていますよ!”]

バイノーラルイヤホンに関するよくある質問を編集部が解説!

Q1.飛行機の中ではどんなイヤホンがオススメですか?

エンジン音や走行時の様々なノイズがある環境でバイノーラル作品を楽しむ場合は、ノイズキャンセリング機能が付いているイヤホンがオススメです。ノイズキャンセリングは、騒音を軽減できる技術で、静かな環境で作品を楽しむことができます。音量を上げなくても良いので、耳に優しく音漏れの心配もありません。周りの騒音を気にせずに、飛行機の中でゆっくり休みたい時にも役に立ちます。

水川 エイミ

飛行機の中でもエンジン音を気にせずにバイノーラル作品が楽しめるのですね!

黒川 ミカ

音量を過度に上げなくても、聞きたい音だけを聞けるのでリラックス出来ますね。

Q2.イヤホンの耳への密着感が苦手なのですが対策はありますか?

カナル型イヤホンは、耳栓のように耳の中に差し込むタイプのイヤホンなので、慣れないと違和感を覚える場合があります。耳が痛くなり、圧迫感が苦手と感じる方もいらっしゃいます。そういった場合は、インナーイヤー型イヤホンをオススメします。インナーイヤー型は、耳穴に乗せるように装着するので、カナル型の様な密着感はなく開放感が楽しめます。iPhoneに付属のイヤホンも、インナーイヤー型です。

水川 エイミ

着け心地は大事ですよね。不快感があると音に集中できないです。

黒川 ミカ

そうですね!実際に装着感をお試しになってからご購入いただくのがベストですね。イヤーピースを変えてみるのも1つの方法です。

Q3.ズバリ初心者にオススメなのはどのイヤホンですか?

イヤホンは種類が豊富で、どれがご自分に合っているのか迷いますよね。初めてイヤホンを購入される場合は、3,000円前後のイヤホンがオススメです。ZERO AUDIOのカルボテノーレは、3,000円台でありながらクリアでバランスの取れた音を実現していて、Amazonのレビューでもコスパが高いと定評があります。バイノーラル作品も存分に楽しめますね。

水川 エイミ

3,000円台ですと初めてでも挑戦しやすいですね!

黒川 ミカ

3,000円台でもその価格以上の性能のものが多くあるのでコスパが最高ですね!是非一歩上をいく音を楽しんでみてください!

Q4.イヤホン難聴はどうやったら防げますか?

長時間大音量で音を聞いていると、知らず知らずのうちに耳へ負担がかかります。イヤホン難聴は本人が気づかないうちに症状が進行していることもあるので注意が必要です。対策としては、外の音が入ってきにくい遮音性のあるイヤホンを使い周りの騒音を遮断するか、ノイズキャンセリング機能が付いているイヤホンを使うことです。外の騒音が減少すると、過剰に音量をあげることを防げます。長時間使用はせず、耳を休ませながらイヤホンを使うことも大切です。

水川 エイミ

つい没頭して長時間使用していることもあります。

黒川 ミカ

耳を休ませる時間を作りましょう。ご自分にとっての最大音量を予め決めておくのもいいですね!

Q5.試聴する以外で聞こえ方をチェックする方法はありますか?

お店で実際にイヤホンを試してから購入できると実際の聞こえ方が分かりベストなのですが、近くにイヤホンを試せるお店がない場合は、Amazonや楽天のレビュー口コミサイトを参考にしてください。他の方がそのイヤホンを使ってどう感じたかが分かり、とても参考になります。良いレビューにも悪いレビューにも目を通して総合的に判断することが大切です。Amazonのレビューの数から今話題のイヤホンを知ることもできるのでオススメです。

水川 エイミ

実際に使用した人の意見は参考になります。

黒川 ミカ

そうですね!書いてあることを鵜呑みにせず、総合的に判断することが大事です。

バイノーラルイヤホンをみつけよう!

イヤホンは種類がとても豊富で価格帯も広いです。ご自分にぴったりのイヤホンをみつけて、臨場感のあるバイノーラル作品を存分に楽しみたいですよね。イヤホンには、それぞれに得意な音域があり、またそれぞれ装着感が違い、機能も異なります。家の外でも身につけるものなので、好みのデザインであることも大切ですよね。

メーカーのHP、Amazonや楽天のレビュー口コミサイトをチェックしたり、実際にお店で試してみたりする際には、是非ご自分がどんな音をどんなシチュエーションで聞きたいかを考えてみてください。ご自分のライフスタイルに合ったお気に入りのイヤホンがみつかるといいですね。

水川 エイミ

着け心地が良くてバイノーラル作品に没頭できるイヤホンを探します!

黒川 ミカ

色々試して、音の世界を存分に楽しんでくださいね!

関連記事