その他アイテム

安いワイヤレスイヤホンのおすすめ人気ランキング15選!

有線と無線のイヤホン

皆様は普段どのようなイヤホンを使われていますか?
イヤホンには直接つなげて使う有線タイプと Bluetooth機能等を利用した無線(ワイヤレス)タイプと二つのタイプに分かれます。

有線タイプはただ機器と繋げれば良いのが単純で扱いやすく、100円ショップ等でも販売されている程にお手頃な価格で購入できます。しかし、注意して取り扱わないとケーブルが絡まってしまい最悪断線してしまい使えなくなってしまう恐れもあります。
更にiPhone7以降からイヤホンの差込口が無くなっている為、比較的新しい型のiPhoneを使われる方の場合、かなり不便です。

対してワイヤレスイヤホンは有線と比べると価格が上がってしまうものの絡まるケーブルがそもそも無いので絡まることもなく、また新型のiPhoneをお使いの方でも利用する事ができます。
またワイヤレスイヤホンだからといってすべてが高額な訳ではなく、価格を抑えつつも良品質を維持しているコストパフォーマンスに優れた商品もあります。

水川 エイミ

ワイヤレスイヤホンって言ってもどんなものがあるのでしょう?

黒川 ミカ

音質に優れた物やマイク機能が付いているもの等、様々なイヤホンがありますよ!

ワイヤレスイヤホンの有名メーカー・ブランド

Apple Sony JPRide(ジェイピーライド) BOSE(ボーズ) Beats(ビーツ) Soundpeats(サウンドピーツ)
iPhoneと相性が良いデザイン 機能に力を入れている 安定した通信速度 音質に優れている iPhone向けの機能が充実 防水を筆頭に多機能で充実している

AppleはiPhoneを開発し続けている会社なので、それにあわせてiPhoneも含めApple製品と相性が良い製品が多いです

Sonyは他機能がとても充実しており、例えばマイクならばマイク一つで音楽再生 音声検索 通話の開始 といった
一つ一つの機能に力を入れています

JPRide(ジェイピーライド)は通信の安定性 通信範囲に優れ、バッテリーの持ちが良いのが特徴です。

BOSE(ボーズ)は音質の良さがとてもよく、音楽を楽しまれたい方にはお勧めできるメーカーです

beats(ビーツ) はAppleと同じくiPhone向けに作られており、iPhoneユーザーにとって嬉しい機能が付いている事が特徴です

Soundpeat(サウンドピーツ)はSonyと同じく他機能が充実していますが、Sonyと比べると広く浅く まさに多機能な商品が揃います。

水川 エイミ

イヤホンのメーカーってあまり気にしたことなかったですが、メーカー毎に色んな特徴があるのですね!

黒川 ミカ

求めているイヤホンの特徴に合わせたメーカーから商品を選ぶと良いでしょう!

コスパのよいワイヤレスイヤホンのおすすめ人気ランキング15選

比較要素 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 11位 12位 13位 14位 15位
商品画像 【改善版 高音質】ワイヤレスイヤホン デュアルドライバー SoundPEATS(サウンドピーツ) Truengine AAC対応 Bluetooth5.0 完全ワイヤレス イヤホン IPX6防水 自動ペアリング 左右分離型 両耳/片耳対応 マイク内蔵 両耳通話 音量調整可能 TWS ブルートゥース ヘッドホン フルワイヤレス ヘッドセット[メーカー1年保証] ブラック ソニー SONY ワイヤレスイヤホン h.ear in 2 Wireless WI-H700 : Bluetooth/ハイレゾ対応 最大8時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル グレイッシュブラック WI-H700 B Bose SoundSport wireless headphones ワイヤレスイヤホン ブラック Bluetooth イヤホン (JPRiDE) JPA1 MK-II iphone7 対応 ブルートゥース 4.1 AAC aptX 高音質コーデック対応 ワイヤレスイヤホン 超小型 軽量 12.7g APT-X IP64 防塵防水 CVC6.0 ノイズキャンセリング マイク内蔵 ハンズフリー通話 技適認証済 (AAC APT-X 両対応 ブラック) BeatsXイヤフォン - サテンシルバー Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A AIKAQI Bluetooth イヤホン 完全ワイヤレス イヤホン 左右分離型 片耳 両耳とも対応 スポーツ 高音質 ワンボタン設計 軽量 マイク内蔵 ハンズフリー通話 IPX5防汗防滴 充電機能搭載収納ケース ステレオヘッドセット 技適認証済 B04 ブラック TaoTronics Bluetooth イヤホン スポーツ(高音質 IPX5防水 8時間連続再生) 軽量 CVC 6.0 ノイズキャンセリング MEMSマイク搭載 内蔵マグネット マルチペアリング TT-BH026 (ブラック) HolyHigh Y2 Bluetoothイヤホン スポーツ用 ブルートゥース イヤホン ワイヤレス イヤホン 防水防汗 無線 高音質 マイク付き 小さくて精巧 専用ケース付 iPhone/Androidに対応(レッド) JBL T110BT Bluetooth イヤホン ワイヤレス/マイクリモコン付き/マグネット搭載 ブラック JBLT110BTBLKJN 【国内正規品/メーカー1年保証付き】 Jabra SPORT PACE WIRELESS ブルー (Bluetooth イヤホン マイク ヘッドセット/耐衝撃/防塵防滴/音声ガイダンス/A2DP対応) 【日本正規代理店品】 Anker SoundBuds Slim+ ( カナル型 Bluetooth ワイヤレスイヤホン )【 Qualcomm® aptX™ audio対応 / マイク内蔵 / IPX5 防水規格】iPhone, Android 各種対応 JVC HA-FX33XBT Bluetoothイヤホン XXシリーズ/重低音/メタルハウジング/ネックバンド/14時間連続再生 ブラック&レッド HA-FX33XBT-Z オーディオテクニカ SOLID BASS ATH-CKS550BT BGD [ブラックゴールド] 完全ワイヤレス イヤホン Bluetooth イヤホン Bluetooth 5.0 IPX5 ブルートゥース イヤホン 自動ペアリング 防水&防汗 片耳&両耳とも対応 マイク内蔵 Siri対応 収納ケース付 iPhone Android 対応 (ブラック)
商品名 Truengine h.ear in 2 Wireless WI-H700 SoundSport wireless headphones JPA1 MK-II BeatsX AirPods B04 TT-BH026 Y2 T110BT SPORT PACE WIRELESS SoundBuds Slim+ HA-FX33XBT SOLID BASS ATH-CKS550BT Bluetooth イヤホン
価格 ¥5,580(税込) \14,193(税込) ¥16,796(税込) ¥3,480(税込) ¥11,221(税込) ¥18,144(税込) ¥3,190(税込) ¥3,542(税込) ¥2,580(税込) ¥2,169(税込) ¥2,980(税込) ¥2,999(税込) ¥5,707(税込) ¥5,300(税込) ¥3,580(税込)
メーカー・ブランド SoundPEATS SONY Bose JPRiDE Beats Apple AIKAQI TaoTronics HolyHigh JBL Jabra Anker JVCケンウッド Audio Technica idudu
総合評価
商品の特徴 充電式収納ケース付き最長約16時間の音楽再生が可能 ハイレゾ相当の音質で楽しめる軽く装着性も高い 1回の充電で最大6時間の連続使用が可能 1回約2時間の充電で約6時間の連続使用 5分の充電で約2時間再生できるFast Fuel機能を搭載 充電ケースで15分充電するだけで最大3時間再生できる 長時間の装着でも高い快適性 一回のフル充電だけで最大8時間再生ができる 一度のフル充電で最大8時間の連続再生が可能 JBLのサウンドを手軽に楽しめる 防塵防滴タイプ再生は最大5.5時間 1度の充電で約7時間の連続再生が可能 大容量バッテリー採用により最大14時間連続音楽再生 軽やかなフィット感を追求した新たなネックバンドを採用 ケース自体が充電器を兼ねた一体型

ランキングを見てみると、使いやすさや機能などはそこそこに、コスパと使用時間の長さに注目している人が多いです。充電できるケースなども合わせると、非常に長い時間使えるうえ、価格もかなりお手頃なものが上位に来ています。

価格と使用時間の長さの二つをクリアできてから、音質やそのほかの機能性を見ていることがわかるランキングです。高いものほど音質なども保てているものも多くなりますが、安くても十分楽しめるイヤホンが多くみられます。

水川 エイミ

安いだけではなく、確かな性能なども実感できるイヤホンが多いですよ!

黒川 ミカ

価格も抑えたいけれど機能性は落としたくない人にぜひ見てほしいですね。

1位.Truengine

1位
編集部おすすめ商品
手に取りやすい価格 5,000円代の手に取りやすい価格。
使用時間の長さ 最大16時間の使用が可能。
充電時間の短さ 2時間で充電できる。
音質が良い デュアルドライバー設定でクリアに重低音まで聞くことができる。
通信の途切れにくさ 音切れや音飛びがしにくい8倍の通信容量を持つブロードキャスト。
多機能性がある 電源の自動オンオフ・自動ペアリングなどのほか、イヤホンのボタンで音量調節などが可能。

5,000円で十分な機能のワイヤレスを堪能できる

ワイヤレスイヤホンというと、1万円近い価格のものが多いです。そのため、毎日の仕事などでも活用することも考えて、素早い対応ができるリモコン操作などを目的に購入する人もいます。

しかし、高額のものでなくもっと手軽な値段でワイヤレスを使いたい人のこのTruengineは人気があります。5,000円代の価格なのにイヤホン同士をつなぐケーブルさえない完全ワイヤレスの製品です。ケーブルを完全に無くしたワイヤレスを試したい人がまず手に取る製品になります。

Truengineの良い口コミ

20代大学生

今では大満足

完全ワイヤレスのイヤホンにあこがれていたのですが、普通に1万円近いので少し諦めていました。しかし、5,000円程度で購入できるTruengineを見つけて、半信半疑で購入してみたものの、性能も非常によく、いい買い物をしたと今では大満足しています!

毎日使うイヤホンにお金をしっかりと出して購入したい人も多いです。しかし、学生などになるとイヤホンにあまりお金を出すことができないことも珍しくありません。有線イヤホンであれば問題なくとも、ワイヤレスは特に購入を戸惑うことも多いです。

ですが、Truengineは通常数万円する商品も多いワイヤレスイヤホンを5,000円程度のお手軽な価格で購入できます。まず最初にワイヤレスを使ってみたい、お手頃なものを探してみようと思うとこのTruengineが一番最初に候補に挙げられます。

Truengineの悪い口コミ

20代会社員

やっぱり5,000円程度のイヤホン

5,000円ほどで購入できる手軽さはいいですが、音質がやっぱりシャリシャリとしたワイヤレス特有の音が混ざります。また、音飛びに関しても場所によってはするので、ある程度対応できるようになったとはいえ、完全に音飛びや音切れしないのは無理です。

ワイヤレスイヤホンの難点といわれているのが、使用している最中にシャリシャリというような音が入ることです。また、場所によっては音飛びや音切れも頻繁に起こります。特に、Wi-Fiスポットなど通信が非常に交差する場所はBluetoothに影響して音飛びなどが起こりやすくなるものです。

ワイヤレスイヤホンでは困りやすいポイントが価格面でより強調されることも珍しくありません。特にシャリシャリ音の挿入や音飛びなどの対応に関しては、高価なものになればなるほど気にならなくなります。しかし、5,000円ほどのイヤホンになるとそうした点が気になる人は本当に気になってしまうのです。

水川 エイミ

5,000円でいきなりワイヤレスイヤホンを手に入れられるのは驚きですね!

黒川 ミカ

まずワイヤレスイヤホンを試してみたいときには手に取りやすい価格でもありますね。

2位.h.ear in 2 Wireless WI-H700

2位
編集部おすすめ商品
手に取りやすい価格 14,000円という高額な価格。
使用時間の長さ 最大8時間使用が可能。
充電時間の短さ 2.5時間で充電できる。
音質が良い 対応機器であればハイレゾ同様の最高音質で聞くことができる。
通信の途切れにくさ 場所によっては頻繁に音飛びする。
多機能性がある ハンズフリー対応やワンタッチペアリングが可能。

無くしにくいワイヤレスイヤホン

h.ear in 2 Wireless WI-H700はワイヤレスイヤホンではありますが、イヤホン同士はケーブルでつながっている製品です。そのため、完全なワイヤレスよりイヤホンを無くしにくく首にフィットする形なのでケーブルの絡みも気になりません。

無くしたりするのが怖い人や、安定した付け心地を選びたい人にはおすすめです。専用アプリでのVPTサウランドやイコライザーの設定もできます。着信などもネックが震えて教えてくれるので、気づかないことも少ないです。

h.ear in 2 Wireless WI-H700の良い口コミ

20代受付

安定した付け心地

毎日通勤の際に使用しています。あまり電話などで使用することは少ないですが、それでも友人たちから電話が電車などでかかってくるだけでも非常に楽だと感じます。また、ネック部分を首を装着してつけるので、非常に安定した付け心地で落ちたりすることもありません。

h.ear in 2 Wireless WI-H700はネック部分を首に装着してイヤホンをつけるので、非常に安定した付け心地を実感できます。ケーブルがついていても絡まったりすることもないので、有線部分があってもワイヤレスの身軽さを体感できるのです。

電話などがあればネック部分が振動して教えてくれるので、スマホが振動するよりもわかりやすいです。また、ワンタッチでペアリングができるなどの簡単な仕様が非常に人気があります。

h.ear in 2 Wireless WI-H700の悪い口コミ

20代会社員

場所によっては音飛びがひどい

満員電車などや多くの人が集まる駅などでは頻繁に音飛びします。価格がそれなりに高価なものなので、もう少し音飛びや音切れに対して対策してほしかったとも感じます。

h.ear in 2 Wireless WI-H700は通信に関してそれほどきちんとした性能をしているなどの記載がありません。そのため、ワイヤレスの中ではまずまずの価格というのもあって、通信状況による音飛びなどに不満を持つ意見も多くなります

特に満員電車や駅などによっては、頻繁に音飛びや音切れを引き起こしてしまいます。毎日人混みの多い場所を音楽を聴きながら足を運ばなければならないのであれば、非常に不快に感じるでしょう。

水川 エイミ

確かなフィット感で落とさず、ずれないのがいいですね。

黒川 ミカ

安定感がありますから運動中に装着するのも良いですよ。

3位.SoundSport wireless headphones

3位
編集部おすすめ商品
手に取りやすい価格 16,000円という高額なイヤホン。
使用時間の長さ 最大6時間使用が可能。
充電時間の短さ 充電時間は2時間。
音質が良い ボーカルから楽器の低音までしっかりと聞き取れる。
通信の途切れにくさ 通信が問題ない場所でも普通に音切れすることがある。
多機能性がある 防滴設計やリモコンによるボリューム調整、複数端末との接続・ペアリングの履歴管理も可能。

スポーツのお供に最適のイヤホン

SoundSport wireless headphonesは防滴設計をされているので、汗や雨にも一定の強さを持つ製品になっています。また、イヤホンのチップは柔らかいシリコン製ですので、つけていても痛みや圧迫感を感じにくいです。

汗や雨が入りにくい設計になっているだけでなく、柔らかくつけやすいチップが高い人気を誇ります。価格は少々高めではありますが、マイク付きリモコンでの簡単操作ペアリングの履歴管理などもできる性能の良さはおすすめです。

SoundSport wireless headphonesの良い口コミ

30代会社員

防滴設定で今でも活躍中

日々ランニングを日課としていて、休日はジムなどにも通って体を鍛えています。そのため、汗の量が大量でイヤホンが壊れやすい状態で困っていました。しかし、防滴設計で雨や汗に強いこのイヤホンが今でも活躍してくれていて、ジムでもランニングでも楽しく汗をかけています。

商品名にsportsと入っている通り、スポーツを行うのに適した設計がされている製品です。防滴設計で雨や汗に強く、入りにくいように作られているため、スポーツをしていても壊れにくいようにしています。

ジム通いやランニングなどのほか、スポーツをたしなむ人にも汗や雨による壊れにくさが高く評価されています。イヤホンの天敵である水気が入り込みにくいように作られていることから、通勤が徒歩の人なども愛用していることも多いです。

SoundSport wireless headphonesの悪い口コミ

20代大学生

別のものに切り替えることを考え中

柔らかいのはいいのですが、いつの間にかイヤホンチップがダルダルになっていることも多いです。耐久性もそれほど高いものではないので、壊れやすくて使っていても数か月で買いなおすことも多いです。そろそろ別のものに切り替えようかと思います。

シリコンで作られている柔らかいチップはどうしても伸びてだるっとした状態になりやすいです。そのため、使う頻度が非常に高く、少々乱暴な扱いであるとよりチップの状態が悪くなります。

チップを付け替えることでさらに長く使えるようにしても、耐久性がそれほど高くないことも相まってすぐ壊れることも目立ちます。意見の中には通常の電圧で充電していたはずなのに、まるで爆発したような状態に陥った人もいるようです。

水川 エイミ

柔らかいチップだと、圧迫感や痛みを感じにくくてつけやすいですよね。

黒川 ミカ

イヤホンで痛みを感じるのが嫌な人も一度使ってみてほしい製品ですね!

4位.JPA1 MK-II

4位
編集部おすすめ商品
手に取りやすい価格 手に取りやすい3,000円代の価格。
使用時間の長さ 最大6時間使用可能。
充電時間の短さ 2時間ほどの充電時間。
音質が良い 誰もがわかる高音質。
通信の途切れにくさ 定期的に音切れが起こることがある。
多機能性がある 防塵・防水のほか、自動接続などの多機能性が期待できる。

アンダー1万円でトップブランド同様

JPA1 MK-IIは防塵・防水機能のついている、高音質が売りのイヤホンです。小さくて軽く、持ち運びや装着に関しても負担にならないため、つけやすさにも人気があります。

また、高いノイズキャンセリング機能がついているため、周囲の雑音などを気にせず音楽や通話を楽しむことも可能です。付属品としても11種類のイヤーピースがついているので、その日の気分や自分の好きな付け心地で選ぶこともできます。

JPA1 MK-IIの良い口コミ

20代会社員

iPhoneユーザーなら選んで損なし!

iPhoneユーザーであるならこれを選んでおくと非常に便利です。バッテリー残量も表示されるので、イヤホン自体のバッテリーをいつでも簡単に確認できますし、自動で接続してくれるのも本当に助かります。忙しい朝などはスマホをもってバタバタと家を出るので接続している暇もないですし、さっと接続されるスムーズ感も気に入っています。

JPA1 MK-IIは様々な機種に対応していますが、特にiPhoneの場合は対応する機能がより充実しやすいことから人気も高いです。コスパも非常によく、丁寧に使えば非常にもちが良い製品になります。

防水性も完全ではないものの、洗濯機で回しても動いてくれたという意見があるほど高いです。また、忙しい朝の日が多い人などは自動接続によって手間もなくスムーズに使うことも可能になります。

JPA1 MK-IIの悪い口コミ

30代会社員

返金などの期間を長くしてほしい

購入後すぐに動作不良が起こったのですが、購入後1か月経っているということで返金や返品も受けられずにそのまま買いなおすことになりました。もう少し返金や返品できる期間を長くとってほしいなというのが不満の一つです。

JPA1 MK-IIなどをはじめとしたイヤホンの製品はトラブルがつきものです。購入後少しして動作不良を引き起こしたりなど、トラブルに見舞われる声というのは減ることはありません。

そうしたトラブルが起こっても、メーカー側は連絡を受ければ返品や返金などの対応でトラブルに対しての対処をしてくれます。しかし、こうした返金や返品の対応に関しては、それぞれ期間が決められているため、応じてくれない場合も多いです。

保証書による対応を受けることはできます。しかし、返金や返品してもらって別のものを買いたいと思う人には不満に思う期間であるのです。

水川 エイミ

スムーズな使用が可能な自動接続は忙しい毎日を送る人にはうれしい機能ですね!

黒川 ミカ

バッテリー残量の表示も、充電が必要かの有無を簡単に見分けられて便利ですよ。

5位.BeatsX

5位
編集部おすすめ商品
手に取りやすい価格 購入を検討しやすい1万円代。
使用時間の長さ 最大8時間の使用が可能。
充電時間の短さ 5分の充電で約2時間使用が可能。
音質が良い 悪くないと思える程度には良い音質。
通信の途切れにくさ 悪くはないものの、場所によっては途切れることもある。
多機能性がある FustFuel機能で迅速な充電が可能。

さっと切り替え操作が可能

BeatsXは迅速な充電と素早い切り替えができることが評価されている製品です。音楽を聴きながらランニングなどをしていても、手元のリモコンで急にかかってきた電話に切り替えて応対することができます。

また、煩わしい接続などの手間を省いた操作性はもちろん、電源のオンオフも非常に手軽に行えます。おおよそ1秒ほどで簡単にオフにできるワイヤレスイヤホンというのはそうないので、会社などに到着寸前でも速やかな電源などの切り替えが可能なのです。

BeatsXの良い口コミ

30代会社員

これさえあれば大丈夫

デザインが非常にすっきりとしていて使いやすくていいです。操作性もよく、リモコンでの簡単操作が気に入っています。毎日の通勤や外回りの際にもこれさえあれば音楽を聴きながら歩け、電話が入っても人混みで聞き取りにくいということはありません。

デザイン性が非常にすっきりとしている製品なので、男女ともに使いやすいと評価されています。また、手元にあるリモコンの操作性の良さもあまりワイヤレスイヤホンを使い慣れていない人でも大丈夫なほど簡単です。

音量調節だけでなく通話応対などへの切り替えもリモコン一つで大丈夫という手軽さも人気の理由の一つになります。この操作性やデザイン性の良さはもちろんのこと、迅速な充電のおかげもあって些細な時間の充電でしっかりと使うことも可能です。

BeatsXの悪い口コミ

20代会社員

もう少しケーブルを短くしてほしい

イヤホン自体は特に問題はないのですが、リモコンなどにつながっているケーブルが少し長いと感じます。もう少し短いほうが体などにも当たらなくて不快感などを感じないので、調節するか短めのものにしてほしいです。

ワイヤレスとはいえ、リモコンなどをイヤホン自体に接続するためにはケーブルが必要です。そのため、BeatsXは首元あたりからケーブルがリモコンにつながっています。しかし、その長さは人によっては長いと感じ、パシパシと体に当たることもよくあるのです。

そのため、人によってはケーブルの揺れや体への接触が非常に不愉快に感じることもあります。ケーブルの煩わしさから解放されるために購入した、という人も多いので、ケーブルによる不満を抱える人は多いです。

水川 エイミ

バッテリーの充電が迅速だと、忙しくて充電時間があまりとれない人には本当にうれしいですね!

黒川 ミカ

会社などで充電していても、急に出なければならないことはありますから、こうした素早い充電は助かります。

6位.AirPods

6位
編集部おすすめ商品
手に取りやすい価格 18,000円という高額商品。
使用時間の長さ 最大5時間使用ができる。
充電時間の短さ 15分の充電で最大3時間使用ができる。
音質が良い 音質は悪くない程度。
通信の途切れにくさ 不具合により、通信が途切れることもある。
多機能性がある イヤホンをつけ外しすることでの接続や、タップによる曲の巻き戻しや次に進めることができる。

付け外しによるスムーズな接続

現在は2という新しい製品も販売されているAirPodsは、付け外しを感知して接続などを自動で行ってくれるイヤホンです。さらにタップによる曲の巻き戻しなどの機能も兼ね備えているため、ほぼイヤホンの部分の操作で必要なことができてしまいます。

Apple製品の場合は互換性も非常に良いので、iPhoneユーザーからも人気です。Siriの起動もタップでできるので、何か別のものを行いたいときにも素早いSiriの起動が助かるという声もあります。

AirPodsの良い口コミ

20代会社員

操作性の良さがすごい!

ダブルタップで非常に簡単に操作できるのがいいです。ノイズキャンセリング機能はそれほど良いものではありませんが、この操作性の良さは手放しがたいと感じます。イヤホンを外せば自動で曲も止まるので、いちいちリモコンの操作もする必要がないのが本当に手軽です。

イヤホンの付け外しを感知することで自動的に接続するという技術はまさに忙しい朝やいちいちイヤホンを接続するのが手間な人に人気です。ほとんど操作するのはイヤホン部分なので、慣れてしまえばリモコン操作などより非常に使いやすいという人もいます。

Siriの起動も非常に簡単で、重量も非常に軽いため、つけていて不快感や負担を感じることも少ないという意見もあるほどです。毎日使うのですから、使いやすく軽いものがいいという人にもおすすめされています。

AirPodsの悪い口コミ

20代会社員

音量調節がしにくく、慣れないと困る

ダブルタップに慣れないと本当に使いにくいと感じます。また、音量調節などがイヤホン本体でできないので、音量を変えたいときにはイヤホンではなくスマホを取り出して操作する必要もあるので、注意が必要です。

AirPodsのタップによる操作は確かに簡単ではありますが、タップする場所を覚えて操作に慣れる必要があります。そのため、最初のうちはタップをうまく行えず、非常に面倒だと感じつつもスマホで操作する人も多いです。

また、イヤホンのタップによって操作できる項目はある程度限られているため、音量調節などの含まれていない項目はスマホで行う必要もあります。ある程度音量をすでに決定しているのならまだしも、変更したいときには手間だと感じる人は多いです。

水川 エイミ

ダブルタップで簡単操作ができるのなら、よりスマホによる操作に手間取ることもなくなりますね!

黒川 ミカ

Siriの簡単操作でそのほかのアプリなどの起動も非常にスムーズなので、音楽や通話以外にも幅広く対応できます。

7位.B04

7位
編集部おすすめ商品
手に取りやすい価格 3,000円代の手に取りやすい価格。
使用時間の長さ 最大4時間の使用ができる。
充電時間の短さ 充電はおおよそ1時間。
音質が良い 少しぼやけやすい音質。
通信の途切れにくさ 大通りや駅などの人混みになりやすいところでは音飛びする程度。
多機能性がある 片耳のみでの使用のほか、イヤホンのワンボタンで通話や拒否、音楽の停止なども可能。

イヤホンで簡単タッチ操作

B04はイヤホンのボタンによってタッチ操作することができる製品です。音楽の再生・停止のみならず、電話の応対・拒否、リダイヤルも操作することができます。また、片耳のみの接続ということもできるので、誰かと片方ずつ使用するという使い方も可能です。

親・兄弟、恋人などの誰かと共有したいときにも便利なイヤホンでもあります。そのほか、片方ずつ全く別のスマホに接続して使うこともできるのです。自分の好きな使い方に合わせて使うことができるイヤホンになります。

B04の良い口コミ

20代会社員

車の中で愛用中

通勤の際に片耳だけ使用して音楽を聴きつつ運転しています。電話にも簡単に出られるので、非常に重宝しています。価格もとてもお手頃で、音質はもう少しといったところですがただ聞くだけならそれほど問題視するほどでもないので、今でも愛用中です。

イヤホンというのは今では付けて歩くことはできても、自転車や車に乗ることに対しては注意されることが多いです。そのため、片耳だけ装着して使うことができるものの人気が高まりつつあります。

特に車などに関しては一歩間違えれば命に係わることに簡単に発展しますから、周りの音の聞き逃しがないようにしなければいけません。。B04は片方のみの接続で使用もできるので、車や自転車に乗って使用する人も多くいます。

B04の悪い口コミ

20代会社員

音質が良くない

音質は良いというよりもっと安いものよりはまだまし、という程度でぼやけている感じがします。操作性は良いですが、音質にこだわりのある人は候補に入れるべきではありません。

B04は非常に性能や操作性の良いイヤホンではありますが、操作性や性能の良さとは一変して音質に不満を持つ人が多いです。特に音楽などを聴くことや電話での応対の際の音質にこだわりを持つ人はあまり選ばないほうが良いとまで言われます。

人によっては問題ない、という意見もあるので個人差の範囲での質の良し悪しになりますが、選び方の一番最初に音質が来る人は要注意です。性能などは確かに良いですが、一度試しにつけられる機会があるのであれば、確認することをおすすめします。

水川 エイミ

操作性をよりよく、簡単に便利に使いたい人にはおすすめですね!

黒川 ミカ

価格もお得なので、ワイヤレスイヤホンを低価格で購入したい人には見逃せない製品です。

8位.TT-BH026

8位
編集部おすすめ商品
手に取りやすい価格 手に取りやすい3,000円代。
使用時間の長さ 連続8時間再生が可能。
充電時間の短さ 2時間でフル充電ができる。
音質が良い 音質はあまりよくない。
通信の途切れにくさ 通信は途切れやすい。
多機能性がある 防滴防水設計のほか、リモコンによる簡単操作で音量調整や電話の応対が可能。

ボタンで通話や音量調整も簡単

ワイヤレスイヤホンというとリモコンやボタンで簡単に通話の応対や拒否のほか、音量調節ができることが特徴です。このTT-BH026は軽量のほか、防滴防水設計で汗や雨などの水がイヤホン部分に入り込みにくいようにもできています。

また、ケーブルありのワイヤレスになると、イヤホン同士をつなぐケーブル部分がずり落ちたりすることもあるのです。そうしたずり落ちもマグネットが内蔵されているため、非常に少なくなります。

TT-BH026の良い口コミ

20代会社員

軽量のものならこれ!

とても軽くて使いやすいです!マグネット内蔵なのでずり落ちたりもしないので、スポーツをするときにもつけて音楽を楽しみながら行っています。毎日使うのなら軽量のものがいいなと思っていたので、価格もお手頃で軽量のものが見つかってよかったです。

TT-BH026は非常に軽いイヤホンとしても知られています。わずか15gと非常に軽量のものであるうえ、人間工学に基づいて設計されたイヤホンです。そのため、シリコン製のイヤホンカバーと合わせてつけていて圧迫感や負担を感じにくくなっています

毎日使うからこそ、軽量化されていて負担のないイヤホンを使いたいと耳に痛みや圧迫感を感じやすい人は思いやすいです。軽く、負担のないものこそ、毎日使いやすくて良いイヤホンだと感じることもあります。

TT-BH026の悪い口コミ

20代会社員

対応が悪い

使用してしばらくすると、音量の大きさや音の途切れが悪くなり、最後には充電ができなくなってたまらず公式ホームページから連絡しました。返品したいという旨を記載してその後の動きや対応についてを待っていたのですが、全く連絡がこず、最終的にはAmazonから返品連絡をしたほどです。対応の遅さと悪さが目立ちます。

TT-BH026はサポート体制の悪さ対応の遅さについての悪い意見をよく見かけます。会社名などは変わっているのですが、公式ホームページはそのままのメーカー名なので連絡したけれど音沙汰なしの場合もあるようです。

連絡についての迅速な返答や対応がないことに不安を覚える人は非常に多くいます。どのように返品するのか、どう対応してくれるのかを知っておきたい人もいるので、対応の悪さを不満に思う意見も多いです。

水川 エイミ

リモコンで簡単に操作できるだけでなく、軽くて装着性の良いものは使いやすくていいですね!

黒川 ミカ

軽いものはそれだけつけていて負担もないですし、痛みやイヤホンのずれも少なくなります。

9位.Y2

9位
編集部おすすめ商品
Y2
手に取りやすい価格 2,000円代の購入しやすい安価。
使用時間の長さ 8時間の連続再生が可能。
充電時間の短さ 1.5時間で充電可能。
音質が良い 音質は普通で、最小音量が少し大きめ。
通信の途切れにくさ 音飛びなどがしやすい。
多機能性がある 防水機能のほか、リモコンでの操作が可能。

耳掛け式で防水機能が欲しい人向け

軽量化された耳掛け式のイヤホンです。完全防水に近い高い防水性を持っているため、雨の日のランニングにも実は使用することができます。丸形のケースも付いているため、使わないときでも持ち運びが非常に簡単です。

また、汚れて水洗いすることもできることから、汚れたらきちんと洗ってきれいにしたい人にも人気があります。軽量化された耳掛け式なので、耳の内部に痛みなどを与えることもありません

Y2の良い口コミ

20代会社員

耳掛け式の軽量型はうれしい

カナル型などはどうしても耳が痛くなるので敬遠していたので、こうした軽い耳掛け式があると非常に便利だと感じます。ランニングをしても取れたりしないし、水に強いので毎日使うにはもってこいです。

フック型のイヤホンは耳の内部に入れて汚れたり内部に傷や圧迫感を与えたりしたくない人に人気があります。その分重たいものだとどうしても耳たぶや付け根に負担がかかりますが、軽量型なので負担も痛みも感じにくいです。

水洗いできるほど、高い防水性を誇るため、急な大雨などに見舞われても安心できます。梅雨の時期の毎日使いのほかに、大量の汗をかいてしまうランニングやスポーツでも活躍してくれるイヤホンです。

Y2の悪い口コミ

20代会社員

安い価格の音質

音質が本当に悪いです。なんだか安いラジオなどにイヤホンをつけて聴いているような感覚に陥るようなひどい音を聞くことになります。あまり音質にこだわらず、本当に音が聞こえればいいという人に向けた製品に近いです。まあ、安いのでこういった音質になるのは当然かと。

Y2はワイヤレスイヤホンの中でも非常に安価な部類に入ります。そのため、音質に関してはあまり満足できないという意見の人が多いです。毎日使うとしても、きれいな音質で音楽を楽しみたい人にはあまり向いていない製品といえます。

イヤホン部分に対しての不満はあまりなくとも、使用してから音質にがっかりするということが多いようです。音質も満足できるものにしたいというのであれば、もう少し高価な別商品を選ぶことも検討しておいたほうが良いでしょう。

水川 エイミ

耳掛け式のワイヤレスを選びたい人にはうれしいイヤホンですね!

黒川 ミカ

軽くて使いやすく、防水性も高いのでおすすめの製品ですよ。

10位.T110BT

10位
編集部おすすめ商品
手に取りやすい価格 2,000円代の非常に手に取りやすい価格。
使用時間の長さ 最大6時間の使用が可能。
充電時間の短さ 2時間の充電で使用できる。
音質が良い 音質はあまりよくなく、聞こえたり聞こえなかったりが多い。
通信の途切れにくさ 途切れやすく、ノイズなどが入ることがある。
多機能性がある ボタン付きマイクリモコンでの操作、マグネット入りの絡まないケーブル部分。

絡まらないケーブルのワイヤレスが使いたい人向け

T110BTはケーブル部分にマグネットが入っているため、ケーブルが動くことで絡まる心配がほとんどありません。運動のために使う人や、通勤や通学の際に走ったりすることもある人におすすめされます。

イヤホン部分のケーブルが絡まないことで、使用しているときに絡まりが原因でイヤホンが取れてしまうこともありません。すっきりと装着してストレスなく使おうと思う人にとっては使いやすさは抜群です。

T110BTの良い口コミ

20代会社員

コスパ重視ならおすすめ

コスパ重視で選んでいたので、絡まないうえに使いやすいワイヤレスを見つけられて満足です。少し乱暴に扱ってしまいがちなところがあるので、買い替え前提で購入するのであればまさにもってこいの製品だと思います。

T110BTの価格は2,000円代と非常に安価なものであることが特徴です。この安価さは音質やそのほかの性能に関してはあまり期待できないところがありますが、ワイヤレスとしては破格の価格になります。

毎日使うものですが少し乱暴な扱いをしやすかったり、別の高額イヤホンを壊して後悔したりした経験がある人はもう少し安いほうが使いやすいと感じます。自分が使いやすい価格というのは個人によって違うので、壊れてもいいという感覚であればおすすめです。

T110BTの悪い口コミ

20代会社員

価格同様の音質

破格の価格だったので購入しましたが、やはり音質などは思ったものではありませんでした。なんだか見られないテレビをつけた時の砂嵐の音みたいなものが聞こえますし、音楽も満足に聞けた感じがしません。

T110BTをはじめとした非常に安価なイヤホンは、その分音質などはあまりよくないという意見が多いです。そのほかの機能に関してはそれほど不満は出にくいものの、音質には期待することができないということが多くなります。

毎日きれいな音質で音楽を聴きたいという人にはおすすめされることはありません。壊れてもいい壊してしまうことが多々あるという人が安価なイヤホンを探している場合におすすめされます。

水川 エイミ

これほど安価なイヤホンがあるとは思いませんでした!コスパ重視なら候補の一つですね。

黒川 ミカ

コスパとしてはほかと比べても非常に良いイヤホンです。

ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリット

メリット
  • ケーブルが絡む事もなく断線の心配も少ない
  • 有線よりも自由に使うことが出来る
  • タッチノイズが起きない
デメリット
  • 充電が必要
  • 音質の劣化
  • 音切れ・音飛び

ワイヤレスイヤホンのメリット

ケーブルが絡む事もなく断線の心配が少ない

有線タイプのイヤホンを使ったことがある方はわかるかと思いますが、ケーブルを何かの拍子に引っ張ってしまい、いざ使おうと思い取り出すと絡まってしまっていた。そんな経験がありませんか?

例えば外出先で音楽を聞こうと思ってイヤホンを取り出したものの、カバンの中で絡まってしまっていて、ベッドに寝転んで音楽を聞いてたら寝返りの拍子に線を引っ張ってしまって断線してしまって使い物にならなくなってしまった。有線ケーブルではよくある話です。

そういった煩わしさが無くなる という事だけでもワイヤレスイヤホンの大きなメリットです。

水川 エイミ

確かに線があるイヤホンって、ふとした拍子に絡まってしまいますね
そのたびに解かないといけないからなのだか憂鬱になってしまいます。

黒川 ミカ

そうですね。またもし万が一人や物に絡んでしまったら危険な事にも
成りかねないので有線イヤホンは注意して取り扱わないといけませんね。

有線よりも自由に使うことが出来る

有線イヤホンの中には接続する機器と距離が離れていた場合でも使用できるようにケーブルが長いものもありますが、利用には注意が必要です。
伸ばしたケーブルがテーブルの物に絡んでしまったりすると非常に危ないですし、ケーブルが長く伸ばせば伸ばすほど絡みやすいです。
そして長ければ長い程、絡んだ時に解くのも大変です…

ワイヤレスイヤホンであれば距離を気にせず使うことが出来るので例えば自室のコンセントでスマートフォンを充電しながら音楽を流して、それを聞きながら机で勉強することも出来ますし、家事等の何らかの作業をしながら友人と通話するといったことも可能です。

中にはワイヤレスイヤホンだけをもって浴室に行き、音楽を聞きながらお風呂を楽しむ なんて方も居られます。(もちろんその場合は防水機能がついていないと危ないです)

水川 エイミ

ワイヤレスだといろんな場面で使えるようになるのですね!

黒川 ミカ

普段お使いのスマートフォンがもっと便利に使えますね!

タッチノイズが起きない

有線イヤホンで音楽を聞いていると、ケーブルが服と擦れた時などに音が混じることがありませんか?
ケーブルレスであればそのような事はありませんので、快適に音楽を楽しむことが出来ます。
特に外出時はケーブルが擦れる場面が多いので、電車通勤で音楽を聞きたい方やスポーツをしている方、健康の為に毎朝ジョギングを行っている方等にもお勧めできます。

水川 エイミ

確かに音楽を聞いている時に変な音が混じると気になってしまうかもしれません。

黒川 ミカ

普段よく音楽を聞かれる方にもおすすめです!

ワイヤレスイヤホンのデメリット

充電が必要

ワイヤレスイヤホンは有線と違って機器と直接繋がっているわけではないので充電が必要になります。
充電が無くなると使えなくなってしまうので充電の残量には気を付けましょう。

また充電が残り少なくなると通信が不安定になってしまうこともあります。
使っている最中に充電が切れてしまわないように電池の残量には注意しましょう。

水川 エイミ

突然イヤホンが使えなくなるとびっくりしちゃいますね。

黒川 ミカ

毎日使う方はその都度充電を欠かさないようにしましょう!

音質の劣化

音を送り出す側の機器と、音を流す側のワイヤレスイヤホンの通信速度や通信距離によっては
有線イヤホンよりも音質が劣化する可能性があります。

しかしながら、安価な有線イヤホンと比べるとさほど変わらないので音質にそこまでこだわらない方には気にならないでしょう。
音楽を聴くためにイヤホンを使っていて、音質もこだわりたい!といった方は高音質を保っているワイヤレスイヤホンもあるので、そういった商品を選ぶようにしましょう。

水川 エイミ

音質にこだわる人は有線のほうが良いのでしょうか?

黒川 ミカ

近年ではワイヤレスイヤホンにも高音質で使える物も出てきているので
音質の劣化が気になる方は高音質の物をチェックしてみてください!

音切れ・音飛び

ケーブルではなく、携帯電話のように電波で通信を行っているので満員電車の中など人の多い場所の場合、電波が飛び交っている影響で音飛びや音切れを起こすことがあります。
通勤中に音楽を聴きたくても音切れや音飛びが頻繁に起こるようでは音楽を楽しむ事が出来ませんよね…

混雑した場所で使用する場合は注意しましょう。
また通信が安定しているイヤホンは音飛び音切れが起こりにくいので、通信が安定しているメーカーのイヤホンを選ばれるのも良いでしょう。

水川 エイミ

電波が多い所では安定しないことがあるんですね。

黒川 ミカ

複数の機器を同時に接続している場合も
音飛びや音切れが起こる事があるので注意してくださいね!

ワイヤレスイヤホンの選び方・基準

ユーザーが選んだワイヤレスイヤホンの選び方
  • 価格に合う
  • 使用時間・充電時間
  • 通信の安定性
  • 音質の良さ
  • 防水機能の有無
  • その他機能

価格 使用時間 通信の安定性 の三つが特に重要ですが、他のポイントも意識するようにしましょう。
自身の利用用途 利用頻度 どこまでコストを掛けられるのか 充分考慮して、後悔のない商品を選べるようにしたいですね。

価格に合う

最初にも触れましたが、ワイヤレスイヤホンは有線イヤホンよりも価格は高くなる傾向にあります。
なので価格がまず一番に目が行くところで、特にこだわりが無い方でしたら出来る限りコストを抑えたいと考えると思います。

しかし、安物買いの銭失いとも言いますし 価格だけで選ぶのではなくコストを抑えつつも、自身が長く使いたいと思える商品を選ぶようにしましょう。

使用時間・充電時間

自身のライフスタイルを振り返り、それにあった時間の商品を選びましょう。
例えば通勤時間が長い方で外出する事が多い方は、その時間に合わせた物を選ばれた方が不自由なく使うことが出来ます

逆にイヤホンを室内でしか使われない方、在宅のお仕事の方等は電池が無くなればいつでも充電出来るので、使用時間が短くてもある程度の融通は利くかもしれません。

どちらに関しても、一日の中でイヤホンをどれほど使っているのか 使いたいのかをよく考慮して
それに合った商品を選ぶようにしたいですね。

通信の安定性

満員電車や都心部など、人の多い場所や電波が多く飛び交う場所で使われる場合は特に重要視したいポイントです。

しかし、具体的に判別するのが難しいポイントになりますのでネット上で商品を検索し、どのような評価 口コミを貰っているかで判断するかお店に足を運んでいる場合はスタッフさんに聞いてみるのも良いでしょう。

音質の良さ

音楽を高音質で楽しみたい!といった方は音質に優れた商品を購入すると良いでしょう。
音質にそこまでこだわらない方であればそこまで重視しなくても大丈夫です。

音質の良さの見分け方ですが、商品の詳細には~Hz という 低音 高音がどこまで出るか等は載っている事が多いです。しかしそれだけで音質の良さは判別することは難しいです。

なので通信の安定性と同じく、商品の評価・口コミを確認したうえで購入するか
お店によっては試聴が出来る所もあるので利用させてもらうのも手でしょう。

防水機能の有無

スポーツする方や家事での水仕事をする時等に使いたい方は防水機能がある商品を選ぶと良いでしょう。
上記でも例を挙げましたが、お風呂でバスタイムを楽しみながら音楽を聴きたい!といった方もこの機能は要注目です。
防水機能が無いイヤホンを無理に使用することは故障・感電の恐れもあるので間違っても使わないようにして下さい。

また、防水機能と一口に言っても様々です。
流水が掛かっても平気なタイプや水中に沈めても平気なものなど、防水にもランクがあります。
当然そのランクに満たしていない使い方の場合は防水機能が上手く働かず、故障・感電の恐れがあります。

感電の事故は年々増えてきています。
使われているイヤホンがどの程度の防水でどんな使い方なら安心して使えるのかよく考え、間違った使い方をしないようにしましょう。

その他機能

マイクや通話機能、GPSが付いている物など
近年では様々な機能が付いたイヤホンが販売されています。
用途次第ではそういった機能付きイヤホンの方が便利に使える場合もあります。

様々な用途に使いたい!という方向けに一つのイヤホンに多種多様な機能を搭載した商品もあるので、色んな用途を想定しているのであればそういった商品を購入されるのも良いですね。

水川 エイミ

イヤホンと一口に言っても色んな機能があるのですね!

黒川 ミカ

ご自身の生活を振り返り、どんな使い方をしたいか 充分に考慮して選びましょうね!

ワイヤレスイヤホンに関するよくある質問を編集部が解説!

Q1.ワイヤレスイヤホンはどこで購入するのがお勧めですか?

ワイヤレスイヤホンは主にネットショッピングか家電量販店で購入できますが
それぞれにメリット・デメリットがありますのでご紹介致します。

ネットショッピングの場合 家電量販店の場合
メリット 商品数が多い
レビューと口コミが見られる
サイト独自の割引がある
実物の商品が見れる
その場で購入できる
不明点を店員に尋ねられる
デメリット 送料が掛かる
配達に時間が掛かる
実物を見られない
商品数が少ない
実際に足を運ぶ必要がある
水川 エイミ

ネットか電気屋さんで購入できるのですね。

黒川 ミカ

それぞれに良い所悪い所がありますのでご自身にあっている方を選びましょう!

Q2.うまく接続することができません。どうすればいいですか?

接続する機械側でBluetooth機能がOFFになっていないか ワイヤレスイヤホンの電源が入っているか接続の方法に誤りが無いか確認してみてください。
また、接続したい機器がそもそもBluetoothに対応していない場合は接続できないので、対応しているかどうかも要注意です。

折角購入したのにも関わらず対応してなくて使えなかった…というのは出来る限り避けたい物です
イヤホンも接続したい機器も対応しているかどうかどちらもきちんと確認してから購入しましょう。

水川 エイミ

付属の説明書をよく確認しないといけませんね

黒川 ミカ

どうしてもわからない場合は購入されたお店に問い合わせてみましょう

Q3.使うときは毎回接続しないといけませんか?

スマートフォンなどの接続機器には、一度Bluetooth接続した機器を記憶する機能が付いているのでそちらの機能を利用することで、ワイヤレスイヤホンのスイッチを入れただけで自動接続されます。
使うたびにイヤホンとスマホを接続しなおさないといけない、といった面倒はありません。

また前とは違うイヤホンを登録しなおして使う、といったことも可能です。

水川 エイミ

スマートフォンにはそんな機能があるのですね!

黒川 ミカ

一度接続すればイヤホンの電源を押すだけですので快適ですよ!

Q4.一つのワイヤレスイヤホンに対して複数の機器を繋げる事は出来ますか?

マルチポイント対応の商品であれば可能です。
ですが、機器の通信速度の違いなどにより 通信が不安定になったり音割れ・音飛びが発生する場合があります。
そこに満員電車の中など、電波が混雑した環境が加わるとさらに不安定になるので注意です。

また複数接続する分、充電の減少も早いので電池残量にも注意しましょう。

水川 エイミ

商品によっては複数繋げることも出来るのですね。

黒川 ミカ

マルチポイント非対応の物は繋げることが出来ないので注意して下さい!

Q5.防水機能はどうやって見分けたらいいですか?

商品の詳細に防水機能付き といったわかりやすい表記がある場合もありますが
IP表記というもので示されている事もあります。

これは防塵・防水の強さを表しているもので、数字が大きい程防護機能が強いです
実際にはIP〇▢ IPX▢ と掛かれており、〇は防塵 ▢は防水の強さを表していて例えばIPX8と示されているものは水中でも使用できる程も防水機能があります。

水川 エイミ

防水機能にもランクがあるんですね!

黒川 ミカ

イヤホンの防水機能をしっかり把握していないと故障や感電のリスクがあります。しっかりチェックしておきましょう!

イヤホンの必要性はスマートフォンと共に

スマートフォンで手軽に音楽を聞けるような時代になりましたが、それに合わせてイヤホンという存在も必需品ともいえる商品になりつつあります。
携帯電話の開発・発展と並ぶようにイヤホンも改良されてきた…といっても過言ではないかもしれません。
それほどイヤホンの存在は近年では身近な存在になってきています。

発展に伴い、様々な人向け・機器向けに作られたイヤホンが存在していて、最初はどれにしようか悩んでしまうかもしれません。
人それぞれのライフスタイルがあり、イヤホンに求める機能・特徴 割けられるコストの違いはありますが、折角購入するのであれば長い間満足して使いたいですよね

勢いで適当な商品を購入するのではなく、しっかりと商品の特徴や仕様を理解してご自身にベストマッチした商品を選べるようにしましょう。

水川 エイミ

自分の暮らし方、やりたいことをよく考えて選ぶようにします。

黒川 ミカ

今後もワイヤレスイヤホンの需要は高まって行くと思われます。ご自身にあったイヤホンを選んでくださいね!

関連記事